2007/09/30

魔法少女リリカルなのはStrikesS 第二十六話

 魔法を完全に封じられ、ゆりかご内に取り残されてしまったなのは達。そして、スカリエッティの拠点の自爆を食い止めようとするフェイト。そんな隊長達を、かつて救われたスバルとエリオが救出。それは恩返しであるのと同時にその想いが確かに受け継がれたという証。

 魔法は使えなくても戦闘機人モードなら撃てるし走れる。世の中何が幸いするか分からないよな。こんな体だったからこそ、スバルはなのはを救い出せる。
 だから、ヴィータ、おとなしく寝て居てよ。それ以上無理したらホントに死ぬよ?

 ヴァイス、大型ガジェットドローンを射撃一発で撃墜なんて凄すぎだよ?

 シグナムとユニゾンしてガジェットドローン60機を一薙ぎで全滅させたアギト。理想のマスターにようやく出会えたことを実感して感涙。

 事件は解決し、機動六課の試験運用期間も春で終了。みんなはそれぞれの道を歩み出すことに。そして、最後の日。桜の下でなのはが提案したのは最後の模擬戦。みんな大乗気の中、一人、困っておろおろしているフェイトが可愛い♪

 フェイトの下で執務官補佐として執務官になる道を進むティアナ。
 自然保護活動をするキャロとそこに押し掛け転属してきた竜騎士エリオ。
 高町ヴィヴィオとして聖王教会系列の魔法学院に通うことになったヴィヴィオ。
 昇進を断り、現場で後進の教導を続けるなのは。
 そして、今日もスバルは災害救助に走り回っている。

・総評
 キャラが多すぎてそれをまとめ切れていない上、冗長でテンポが悪いという印象がぬぐえなかった。2クールと言うことで個人ではなく組織に焦点を当てて、丁寧に描いていこう、という方向性は良かったと思うけどペース配分に失敗したと言うべきか。

 でも、かつて救われた者が救う者になる、受け継がれる思いというテーマはしっかりと描ききったと思う。スタッフの皆様、お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2007/09/22

魔法少女リリカルなのはStrikesS 第二十五話

 ついに駆動炉(字幕では路になってたけど)に辿り着いたヴィータ。しかし、体力も魔力も限界近い中での一撃は防御障壁を破るには至らず、防衛機構を作動させてしまうことに。
 それでもそれを全滅させる辺りは流石だけど。

 なのはのため、ハヤテのため、その想いと全魔力を込めた渾身の一撃の結果、砕けたのはグラーフアイゼンの方で…力及ばなかったことを皆に謝りながら落下していくヴィータ。それを抱き留めたのは他でもない主・ハヤテだった。

「鉄槌の騎士・ヴィータとグラーフアイゼンがこんなになるまで頑張って、壊せへんもんなんてこの世にあるわけないやんか」ハヤテの労いの言葉通り、わずかに届いていたグラーフアイゼンの切っ先を起点に駆動炉は砕けその機能を停止した。

 ヴィータが生き残れて良かった。命と引き替えにくらいの勢いだったし。せっかくユニゾンしたハヤテの活躍はお預けか。でも、ヴィータを助けるためだけに、というのもそれはそれでいいかも。

 スカリエッティごと施設の爆破を決意したクアットロ。お腹にはコピーがいるからオリジナルをわざわざ救出する必要はなく、スカリエッティ本人も了承済みとはいえ、外道な判断には違いはない。

 延々とブラスターモードで強化したバインドをヴィヴィオにかけ続けるなのは。肉体の限界を超えたブーストであるブラスターモードは使うたびにその体を蝕んでいくと看破したクアットロはもはや、なのはの自滅は確定だと高笑い。しかし、彼女はなのはを甘く見すぎていた。

 WAS(広域エリアサーチ?)でクアットロの居場所を特定したなのはは、その場所に向けて一直線にブラスター3のディバインバスターをぶち込むという問答無用の力業に。
 途中の壁などまるで初めから何もなかったかのように通過し、クアットロを巻き込み蹂躙する魔力の濁流。溶解したクレーターの中で彼女の意識が途切れると共にガジェットドローンや召喚虫は沈黙。

 この間、バインドされたヴィヴィオは一歩も動けず…もしかして適当にバインドを破らせてクアットロを油断させていただけなのか?流石は魔王様(^^;;;;

 この辺、クアットロの狼狽えッぷりより、むしろなのはの「見つけた」以降の一挙手一投足の方に大笑いしたよ。

 ヴィヴィオの洗脳は解けた物の、今度は聖王のゆりかごの自己防衛モードが発動。駆動炉が停止、聖王戦意喪失したら聖王自身を無理矢理戦わせるってどんな防衛モードだよ!?ヴィヴィオが言うように聖王は部品で換えが効くからゆりかご本体を守らせるってか?

 自分はこの世界にいらない存在なんだというヴィヴィオに、なのはは自分にはヴィヴィオが必要なんだと告げ、ちょっとだけ痛いの我慢できる?と断ってから全力全開スターライトブレイカーによる全方位攻撃を敢行。いや、物理ダメージはなくてもちょっとどころか、これ痛みで発狂しかねないレベルなんじゃ?ヴィヴィオの絶叫はどう聞いても断末魔だし…魔王様、人間はそんなに頑丈に出来ていないんです(T-T)

 クレーターの底で横たわるヴィヴィオに駆け寄ろうとするなのは。しかし、ヴィヴィオはそれを制止する。そりゃこんな目に遭わされたらな(--;
 一人で立てると告げ、立ち上がるヴィヴィオ。よろめきながら一歩一歩頑張って歩いてくるヴィヴィオに、なのはは我慢できずに駆け寄って抱きしめる。二人が母娘に戻れた瞬間。

 なのはとヴィヴィオの会話の末の「助けて」のくだりで沙都子を思いだした(^^;

…そういや、聖王の鎧の絶対防御って、なのは相手じゃまるで無意味だったわけね(--;;;;

 スカリエッティは逮捕され、ルーテシアは保護されたと聞いたゼストが最後に望むのもの。それは騎士として戦いの中で死ぬこと。その意を酌んだシグナムは決闘を承諾。そしてゼストはルーテシアとアギドの事を託して、苦難に満ちたその生涯をようやく閉じることが出来た。どうか安らかに眠って欲しい。

 あとは、ゆりかごに閉じこめられたなのは達とアジトに閉じこめられたフェイト達の救出でルーキーズに華を持たせて後日談かな?

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2007/09/15

魔法少女リリカルなのはStrikesS 第二十四話

 地上の平和を守る使命感に燃えていた頃のレジアス。そのためには上に上り詰める必要があった。ゼストもそれを応援していたが、ある日、スカルエッティの実験施設の一つにゼストの部隊が突入し、返り討ちにあったことから全ては狂い始める。

 レジアスが意図的に罠に嵌めたわけではなかったにしろ、ゼスト達を殺した戦闘機人は彼が資金提供していたもの、間接的に殺したのも同然か。しかも、死体を実験体に使われて死後の安息もままならないし。それについてはレジアスも知らなかった様だけど。

 自分のことは構わないが、部下を巻き込んだことは許せないというゼスト。しかし、その直後、レジアスは突如現れたドゥーエの凶刃に倒れることに。

 あの秘書、レジアスの娘だったのか!?

 ドゥーエをおそらく一撃の下に倒したゼストは駆けつけたシグナムに俺が殺したと語る。おそらく、ゼストはレジアスに生きて罪を償って欲しかったんだろうな…結局、彼らの夢は叶わずじまいか。

 ルーテシアの説得を続けるキャロ。しかし、ルーテシアは聞く耳を持たず、ガリューや召喚獣達に更なる力を注ぐ。
 主人のためを思うならそんな命令に従うなとガリューに問いかけるエリオ。ガリューだってそんな命令には従いたくないはず。だけど召喚されている以上、命令には絶対服従しなきゃいけないわけで。

 ハクテンオウとヴォルテールの怪獣大戦争。もはや作品が違うよな…

 ライオットで拘束を断ち切ったフェイト。しかし、スカリエッティは余裕の表情。ここで自分を殺してもゆりかごは止まらず、戦闘機人が一体でも生き残っていれば、戦闘機人達に仕込まれたデータを元に、今の記憶をそのまま受け継いだクローンが作られると告げる。

 その中にギンガやルーテシアの母も入っているのか?それによって話が随分違うぞ?

 自分の命令に絶対服従の戦闘機人を作り出した自分と、自分の部下を自分の思い通りになるよう教育し、戦場に駆り出しているお前のどこが違う?愛情を失うことを極端に恐れるのは母とそっくりだと語るスカリエッティ。

 心挫かれかけたフェイトだったが、キャロとエリオの言葉に励まされたフェイトはスカリエッティをバスターホームラン。刃自体は魔力ダメージでも壁に激突したのは思いっきり物理ダメージだよね?普通の人間だったら即死じゃ?(^^;;;;

 ティアナを救った一発の銃弾。ヴァイス格好良すぎるよ!シャッハ達もここぞとばかりの大活躍で、残るはゆりかごとクアットロのみ。

 しかし、なのははその頃、大ピンチに陥っていた。
というより、手が出せずに防戦一方だったんだろうな。ヴィヴィオが無傷なのがその証拠。聖王の鎧なんて魔王の前には金魚すくいの網だろうし(笑)
 それでも、あのなのはをここまで追い込む力は侮れない。肩で息してるけど(^^;

 動力炉に向かったヴィータは…まさか瀕死のまま、クアットロと戦うことになるの?

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2007/09/08

魔法少女リリカルなのはStrikesS 第二十三話

 ディエチのチャージ砲と抜き撃ちで互角。そしてそのままブラスターモードのリミット1を解除して押し返したなのは。ディエチ、リミット解除させただけでも善戦した方だと思うよ?一撃で戦闘不能になったおかげで必要以上に魔王の恐怖にさらされずに済んだし。
追記:TB先の皆様のディエチの「本当に人間か?」への返答が概ね「いいえ、魔王様です」だったことに吹いた

 ブラスターモードの反動?で腕に血が伝うなのは。それを見て、ブラスターなんて大仰な名前が付いている割にはくだらないと未だに余裕を崩さないクアットロ。なんでそんなに余裕なのかと思ったら、実はこの場にいないと来たか。自分は安全圏にいるんだからそりゃ余裕だわな。本体は動力炉の方か?

 もちろん、置きみやげも忘れない。外での仲間達の苦境を見せて動揺を誘い、更にヴィヴィオを聖王として覚醒させた上で洗脳し、なのはにけしかける。

 どうやら本人の意思と関係なく発動するらしい全自動絶対防御・聖王の鎧。それ以前になのはがヴィヴィオを攻撃出来るわけが…いや、魔王だからな。魔力ダメージなら大丈夫(笑)

 ナカジマ母の遺伝子情報を使って生み出されていたスバルとギンガ。なら実の娘と呼んでも差し支えないかも?ゲンヤは不憫かも知れないけど(--;

 ギンガとの実力差に一旦は諦めかけたスバル。しかし、マッハキャリバーに鼓舞され、自分が強くなろうとした原点―みんなを守るための力―を思いだし、ついにギンガを撃破する。ギンガが消し飛んだようにしか見えないけど…魔力ダメージ、魔力ダメージ(^^;

 結界を張るオットーを撃破したのはシャマルとザフィーラ。ザフィーラ、さっきまで包帯まみれで寝込んでたとは思えないほどの元気さだな。まあ、気力でカバー出来る間にカタをつけるための短期決戦か。

 自分は幻影を使って逃げ回るだけ。そんな相手の侮りを利用したティアナ。同じ陣形なら同じ攻撃を同じタイミングで仕掛けてくる。効率を重視するが故にパターン化したその動きの起を制し、カウンターで逆転に成功。

 そして、ゼストはレジアスとの邂逅を果たす。あの日、自分と部下を罠に嵌めて皆殺しにしたのはお前の差し金か?問いと共に投げよこした写真に写っていたのは…ルーテシア(もしくは母)とナカジマ母!?もう一枚の写真に写っているゼストとレジアスの姿は、彼の心情を代弁していて悲しいな。

 ところで、ヴィータもだけどヴァイスのことも思い出してあげてください(T-T)
追記:あぁ、ヘリから超精密射撃をしてたのがヴァイスか。気付かなくてごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (17)

2007/09/01

魔法少女リリカルなのはStrikesS 第二十二話

 クアットロ、マジ外道の一言に尽きる今回。

 苦しむヴィヴィオを目の当たりにして心を痛めるX。復讐のためとは言え、ここまでするべきなのか?と悩むXに復讐は建前で、思う存分生命操作技術を研究出来る環境こそが真の目的と明かした上で、そのために「無意味な命」が何千消えようが教授が新たな命を生み出すのだからつじつまが合うのだと言い放つ。

 キャロの説得に心揺れるルーテシア。それを見ていたクアットロは彼女に精神操作を施し、目の前の敵全ての殲滅を指示。涙を流すルーテシアをキャロは救えるのか?

 病院で目を覚ましたヴァイス。それを見舞いに来たのは眼帯の女の子。誤射事故の被害者だった彼女は、もともとヴァイスの知り合いだったらしい(追記:妹らしい)。事故以来疎遠になったことを悲しむ彼女は、もう傷も消えて眼帯をしなくても良くなるのだと眼帯を外す。しかし、その下にあったのは光を灯さない瞳…気持ちは分かるけど、ヴァイスにとっては辛いよ。

 魔力ダメージ設定でも目に当たったらタダじゃ済まないのか、それとも、魔力ダメージ設定ではなかったのか…それだったらそれこそ生死の問題になるか。

 シグナム+リィンVSゼスト+アギドの第1ターンはゼスト組に軍配。シグナムを撃ち落とした隙を突いて、余計な追撃もかけずにさっさと離脱。もはや、自分の限界を感じているゼストは、シグナムの騎士としての実力、古代ベルカ正統の剣技、同じ色の魔法光などからアギトとの相性の良さを見いだしアギトをシグナムに託そうと考えているよう。もちろんアギトがそんなことを了承するはずもなく…

 ナンバーズ二人と戦うフェイト。対策を練られて攻撃は防がれ、隙のないコンビネーションに防戦一方の上、AMFは徐々にしかし確実にフェイトの疲労と共にその体を蝕んでいく。そして、スカリエッティの映像とその物言いに激昂した隙を突かれ、姿を現したスカルエッティの作り出した檻に閉じこめられてしまうことに。
 後のことを考え、切り札を温存しているフェイト。でも、ここに至ったらもう出し惜しみしている場合ではない…けど、下手なタイミング出だすと丸ごとスカリエッティに封じ込まれそうだしなぁ。

 ギンガ相手に既にボロボロのスバル。その上、ギンガがスカルエッティの改造を受けていることを知り精神的にもボロボロ。ドリルは漢のロマンとはいえ、酷すぎる(T-T)

 人海戦術で防衛線どころか通路に詰まっている状態のガジェットを真っ正面からの突撃でまとめて撃破しつつ突破するなのは。さすがは魔王様…頬のかすり傷が一応AMFの影響を受けている証か?しかし、そんな無敵ぷりもクアットロには予想の範疇らしい。一体何を仕掛けてくるのやら。

 今回のクアットロの外道ッぷりの極めつけは、瀕死の重傷を負っているヴィータに更なる大群をけしかけたこと…ではなくマジで放置プレイされたティアナかも(--;
 それでも敵を全滅させたヴィータには鬼気迫る物が。動力炉で力尽きて爆死という展開は勘弁して欲しいところ。無事帰ってきて欲しい。

 ハヤテもイマイチ見せ場が無いなぁ…指揮官だし仕方がないか。

| | コメント (0) | トラックバック (16)

2007/08/25

魔法少女リリカルなのはStrikesS 第二十一話

 それぞれの担当に散った機動六課。スバル達の担当はAMF戦に不慣れな地上部隊に先んじて、防衛線の手前で召喚士と戦闘機人を食い止めること。しかし、XIの策略によりティアナは閉じこめられ、3対1の上、足を負傷、しかも捕獲対象でないと言うことで初めから殺しにかかられて四面楚歌。足止めという目的としては上々だけど、それも生きて帰ってこそ…

 ルーテシアを説得しようとするキャロ。話してくれれば協力出来るというキャロの言葉にルーテシアは何も答えず。エリオVSガリューはほぼ互角?

 そして、スバルの前にはギンガが。スバルを目にしても冷たい視線を向けるだけのギンガ。真剣勝負は初めて、模擬戦では完敗続きの上、振動破砕は使えず、魔力ダメージだけで気絶させなければならないという条件まで付いてスバルはギンガを取り戻すことが出来るのか?

 シグナムの問いかけに答えず、問答無用のゼスト。恩に報いるために戦うアギドと皆を守るために戦うリィン。ユニゾン同士、武人同士、小細工一切無しの一騎打ちの行方は?

 スカルエッティのアジトに潜入したフェイト達。そこに並ぶ実験素体を見て、怒りを新たに。ここに戻ってきたのは帰還か裏切りかと問われ、どちらでもないと答えたフェイト。おそらくフェイト対策を万全に固めているであろう二人を相手に、それを打ち破ることが出来るのか?

 なのはの魔力を温存するために露払いを務めるヴィータ。魔力の使いすぎを心配するなのはだったが、ヴィータはそれが前衛の役目だと答えるばかり。
 ヴィヴィオのいる玉座をなのはに任せ、正反対側の動力炉を潰しに向かったヴィータは、一瞬だけ見せた隙を突かれ、背後から凶刃を受けてしまう。普通の人間だったら即死してもおかしくないだけの重傷を負ったヴィータの前に現れたのは、かつてなのはを再起不能一歩手前まで追い込んだガーディアンの大群…ヴィータに勝ち目はあるのか?

 死亡フラグ満載だったヴィータ。でも、これで本当に死んじゃったら、ことあるごとになのはに言っていた無理するなという言葉を自分で破ることになっちゃうし(突入時からここまでで既に破っている気もするけど)、アバンの台詞がそのまま遺言になっちゃ洒落にならないし、なんとか生き残って欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2007/08/19

魔法少女リリカルなのはStrikesS 第二十話

 聖王の遺伝子情報から作られた存在だったヴィヴィオ。聖王のゆりかごは聖王の遺伝子情報で動くらしい…あれ?聖王本人が座っていたときも、あんな放電バリバリだったんデスカ?

 ゼストは、かつてレジアスの親友だったらしい。そして、ルーテシアも蘇らせられた存在なの?
 そういえば、レジアスはずっと頭抱えたままだけど、最後までずっとあのままなのか?

 スカリエッティに生命操作技術を研究させ、自分たちの肉体を作ってもらうのが目的だったらしい最高評議会の脳みそ3個。あぁ、出てきた途端死亡フラグが立ったと思ったら案の定…スカリエッティを見切るつもりが先に見きられてるし。
 かつての英雄も権力と命に執着し始めたら後は墜ちるばかりか…

 カリムの承認で、副隊長以上の全てのリミッターが解除。なのはのエクシードモードは、おぉ、袖と裾が伸びて防御力アップ?なのははやっぱりロングスカートの方がしっくりくるな。

 なのはには散々注意しておいて自分のことは棚上げのフェイト。それを発端に痴話喧嘩を始める二人に、ハヤテとヴィータはあきれ顔。ほっといたら延々とやってそうだし(^^;

 それぞれの謎と因縁が明かされたところで、後は一気に突き進むのみ!

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2007/08/11

魔法少女リリカルなのはStrikesS 第十九話

 徐々に傷を癒しつつある機動六課の面々。スバルの傷もほぼ癒えたが、マッハキャリバーはまだもう少し時間がかかるよう。マッハキャリバーに謝るスバルだったがマッハキャリバーはスバルの全力に応えられずに申し訳ないと、自分の強化プランまで進言していた。なんて健気でいい奴なんだ(T-T)

 ヴィータ達の回復力が以前より低下していることを心配するシャマル。しかし、ヴィータは、これは守護騎士システムの不具合なのではなく、限られた生を懸命に生きられるようにとの初代リィンフォースからの贈り物なのだと解釈。

 聖王のゆりかごを蘇らせたスカルエッティ。その動力はヴィヴィオの魔力?それとも命そのものなのか?動力源兼人質ってタチが悪いな。そして、ナンバーズに混じって侵攻をかけてきたギンガに愕然。
 ギンガのリボルバーナックルって破壊されてなかったっけ?スカルエッティの手で凶悪な改造がされていそう…

 次回から総力戦?

| | コメント (0) | トラックバック (20)

2007/08/05

魔法少女リリカルなのはStrikesS 第十八話

 新OP。スバルのリボルバーナックルが片手だけで安心したのと残念だったのと半々。

 スバルの腕の件はどうするのかと思っていたらどうやら、ティアナや機動六課の上層部、もちろんゲンヤにも周知の事実だったらしい。しかも、スバルは自分が「タイプゼロ」だという自覚もあるのか。

 とある実験施設を制圧したときに救出したスバルとギンガを子供の出来なかったナカジマ夫妻が養子にしたとか。髪の色が同じで顔も似ている、どころか血が繋がっていないことの方が信じられないよ。

 戦闘機人は人工臓器や義手では拒絶反応が出るところを逆の発想で、人間の方を拒絶反応が出ないように調節して生み出しているとか。そりゃ人道的に問題ありすぎだよな…

 スカルエッティとレジアスは繋がっていたよう。おそらくはハヤテの推測通りで、レジアスに利用するだけ利用されて切り捨てられる前に先手を打ったと言うところか。
 ナカジマ母はこの辺りを内偵していて消された?

 スバルとギンガはスカルエッティの技術は使われているが作成者は不明。でも、戦闘機人のプロトタイプ。研究資料をレジアスから横流しされてナンバーズを作ったと言うことか?

 ルーテシアの母は適合する11のレリックが見つかれば生き返るらしい。ということは他のナンバーズも元は死体で、レリックに適合するよう調整されて生き返ったのか?

 ゼストも一回死んでいるらしい。でも、戦闘機人とは別の方法で命をつないでいる。それもどうやら限界が近いよう。フルドライブはゼストの命を長らえている何かそのものに大きな負荷をかけるか、本来生命維持に回している分のエネルギーまで攻撃に使ってしまうといったところ?
 レジアスの動揺ぶりから見て余程ゼストに生きていられては困る事があるらしい。

 

覇王の器に王の証を。ヴィヴィオが最高傑作になると宣言するスカルエッティ。ヴィヴィオは果たしてどうなってしまうのか?

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2007/07/28

魔法少女リリカルなのはStrikesS 第十七話

 ヴィータ+リィンVSゼスト+アギド。勝負はユニゾンの相性もコンビネーションも上回るヴィータ組に分があるよう。ゼストはユニゾンを解除してフルドライブを使えば一撃で落とせると考えるが、それはゼストの寿命を縮めるらしくアギドは反対。

 シグナムの接近に気づき、撤退することにしたゼスト。しかし、リィンに嫉妬するアギドはせめて奴だけは、と最後の攻撃に出る。もちろん、それをヴィータがおとなしく待つはずもなく、迎撃。アギドが危険だと判断したゼストはフルドライブでそれに横やりを。

 結果、アイゼンは半壊、ヴィータをかばったらしいリィンも意識不明に。でも、我を忘れた自分のせいでゼストにフルドライブを使わせてしまったアギドのショックも相当なものだから痛み分けか?

 ティアナの幻影を使って窮地を脱したスバル達。しかし、離れた場所で闘っていたギンガは撤退の機を逃してしまう。1対1ではむしろおしていたギンガ。しかし、相手が三体では為す術もなく、スバルが救出に駆けつけた時には既に血まみれで倒れ、回収されかけていた。

 それを見てスバルは暴走。瞳の色がナンバーズと同じになり、圧倒的なパワーを見せつけるが、そのパワーに彼女自身の体もマッハキャリバーも耐えきれず、結局ギンガはさらわれ、ナンバーズにも逃げられてしまうことに。傷ついたスバルの左腕からは機械の骨格が覗いていた。
 ここまであからさまに機械だとは思わなかったなぁ。でも、ならどうやって成長していたんだ?仮に腕だけだったとしても…身体検査と称して少しずつ部品交換?

  シャマルとザフィーラによる防衛戦が突破され、最後の砦となった ヴァイス。射撃魔法で地道に一体ずつ、だが的確に仕留めていく。しかし、ルーテシアを見た途端、かつて、籠城犯を狙撃しようとして人質の少女を誤射してしまった記憶がフラッシュバック。その隙に撃沈され、ヴィヴィオは連れ去られてしまう。

 ストラーダのVer.2でガリューに空中戦を挑むエリオ。ストラーダの推進力で飛んでるだけだから飛行出来るガリューとじゃ分が悪いかと思ったけど、そこそこに闘いに。しかし、横やりを受けて轟沈。

 ナンバーズ2体と互角以上の戦いを繰り広げていたフェイト。しかし、ナンバーズは目的達成を知ると撤退。「次にはもうあなたは私には勝てない」という捨て台詞から考えるにヴィヴィオを手に入れたことでナンバーズは更に強くなるのか?

 そして、いくら最強を誇る魔王様でも相手がいなくちゃ何も出来ないわけで…なのはの前に立たなかったのがナンバーズ最大の勝因かも(^^;;;

 スカルエッティの目的は治安維持と規制の元に有用な技術を作り出したにもかかわらず、罪人とされた科学者達の無念を晴らすことと、自分の技術の宣伝らしい。彼の目的は完全な形で達成され、管理局側は完敗。機動六課もけが人だらけ。はたして、はやては起死回生の一手を打つことが出来るのか?
 とりあえず、一番の問題はスバルの傷口から見える機械の件か?

 タイプゼロ確定がスバルとギンガ。Fの遺産がフェイトとエリオ。なら、残る一体のタイプゼロって誰?

| | コメント (0) | トラックバック (9)

その他のカテゴリー

Aチャンネル | Dororonえん魔くん メ~ラめら | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 | まりあ†ほりっく | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | ゲーム | ゲーム FE新紋章の謎・ルナティック | ゲーム うみねこのなく頃に | ゲーム ヴァルキリープロファイル -咎を背負う者- | ゲーム ヴァルキリープロファイル2 -シルメリア- | ゲーム 魔法少女まどか☆マギカ オンライン | ココロ日記(BlogPet) | パソコン・インターネット | 成恵の世界 | 日記・コラム・つぶやき | 神のみぞ知るセカイ | 終了アニメ評価 | 終了・あ ARIA | 終了・あ RD 潜脳調査室 | 終了・あ あさっての方向。 | 終了・あ アニアニランド | 終了・あ 荒川アンダー ザ ブリッジ | 終了・あ 青い花 | 終了・い いちばんうしろの大魔王 | 終了・い いぬかみっ! | 終了・い 苺ましまろ | 終了・う うみねこのなく頃に(アニメ) | 終了・う うみものがたり | 終了・う ウィッチブレイド | 終了・え Angel Beats! | 終了・え H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND | 終了・え N・H・Kにようこそ! | 終了・え エル・カザド | 終了・え 永久アリス輪舞曲 | 終了・お おおかみかくし | 終了・お オオカミさんと七人の仲間たち | 終了・お 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 終了・お 奥さまは魔法少女 | 終了・お 桜蘭高校ホスト部 | 終了・お 狼と香辛料 | 終了・か CANAAN | 終了・か かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | 終了・か かなめも | 終了・か かみちゅ! | 終了・か かんなぎ | 終了・か 仮面のメイドガイ | 終了・か 怪物王女 | 終了・か 神様家族 | 終了・か 陰からマモル! | 終了・が GUN×SWORD | 終了・が がくえんゆーとぴあ まなびストレート! | 終了・が ガンパレードオーケストラ | 終了・き Canvas2~虹色のスケッチ~ | 終了・き キスダム | 終了・き キミキス | 終了・き 今日の5の2 | 終了・き 狂乱家族日記 | 終了・ぎ Gift ~eternal rainbow~ | 終了・ぎ 銀盤カレイドスコープ | 終了・く CLANNAD -クラナド- | 終了・く くじびきアンバランス | 終了・く 紅 | 終了・く 鉄のラインバレル | 終了・く 黒執事 | 終了・く 黒神 The Animation | 終了・ぐ グレネーダー | 終了・け けいおん! | 終了・け ケロロ軍曹 | 終了・げ げんしけん | 終了・こ コードギアス 反逆のルルーシュ | 終了・さ ささめきこと | 終了・さ さよなら絶望先生 | 終了・さ 咲-Saki- | 終了・し シゴフミ | 終了・し シャングリ・ラ | 終了・し 侵略!イカ娘 | 終了・し 屍鬼 | 終了・し 灼眼のシャナ | 終了・し 真マジンガー 衝撃!Z編 on television | 終了・じ 地獄少女 | 終了・す School Days | 終了・す STAR DRIVER 輝きのタクト | 終了・す すもももももも ~地上最強のヨメ~ | 終了・す スクールランブル | 終了・す スケッチブック ~full color's~ | 終了・す スレイヤーズREVOLUTION | 終了・す 涼宮ハルヒの憂鬱 | 終了・せ Saint October | 終了・せ 世紀末オカルト学院 | 終了・せ 戦国BASARA | 終了・せ 戦場のヴァルキュリア | 終了・せ 瀬戸の花嫁 | 終了・せ 生徒会役員共 | 終了・せ 聖剣の刀鍛冶 | 終了・せ 閃光のナイトレイド | 終了・ぜ ゼロの使い魔 | 終了・ぜ ゼーガペイン | 終了・ぜ 絶対可憐チルドレン | 終了・そ そらのおとしもの | 終了・そ ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | 終了・そ 宇宙をかける少女 | 終了・そ 宙のまにまに | 終了・だ DARKER THAN BLACK -黒の契約者- | 終了・だ ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド | 終了・て テガミバチ | 終了・て 鉄腕バーディー DECODE | 終了・で デュラララ!! | 終了・で 伝説の勇者の伝説 | 終了・と ToHeart2 | 終了・と true tears | 終了・と とある科学の超電磁砲 | 終了・と とある魔術の禁書目録 | 終了・と とらドラ! | 終了・と 図書館戦争 | 終了・ど ドルアーガの塔 | 終了・ど ドージンワーク | 終了・な ながされて藍蘭島 | 終了・に にゃんこい! | 終了・ぬ ぬらりひょんの孫 | 終了・ね ネギま! | 終了・ね 練馬大根ブラザーズ | 終了・は はなまる幼稚園 | 終了・は ハヤテのごとく! | 終了・は 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST | 終了・ば BAMBOO BLADE | 終了・ば バカとテストと召喚獣 | 終了・ば バクマン。 | 終了・ば 化物語 | 終了・ぱ PandoraHearts | 終了・ぱ ぱにぽにだっしゅ! | 終了・ぱ パンティ&ストッキングwithガーターベルト | 終了・ぱ パンプキン・シザーズ | 終了・ひ ひぐらしのなく頃に | 終了・ひ ひだまりスケッチ | 終了・ひ ひとひら | 終了・び Venus Versus Virus | 終了・ふ Fate/stay night | 終了・ぶ BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | 終了・ぶ 武装錬金 | 終了・ぷ プリズム・アーク | 終了・ぷ プリンセスプリンセス | 終了・ぺ ぺとぺとさん | 終了・ぼ 忘却の旋律 | 終了・ま マリア様がみてる | 終了・ま 舞 乙HiME | 終了・ま 魔法少女まどか★マギカ | 終了・ま 魔法少女リリカルなのはStrikesS | 終了・ま 魔界戦記ディスガイア | 終了・み みつどもえ | 終了・み みなみけ | 終了・み 美鳥の日々 | 終了・む 無敵看板娘 | 終了・よ 吉永さん家のガーゴイル | 終了・ら らき☆すた | 終了・ら 落語天女おゆい | 終了・ろ ロザリオとバンパイア | 終了・ろ ローゼンメイデン | 終了・わ 我が家のお稲荷さま。 | 花咲くいろは | 逆境無頼カイジ