2006/12/23

Gift ~eternal rainbow~ 第十二話

 ギフトの消滅と共に消えていくギフトの象徴だった消えない虹。

 莉子の記憶も回復し、二人の関係はすっかり元通りに。

 死期を悟った母がもう一緒にいられない自分の代わりに春彦に、人と人の繋がりを、いろいろな感情を見せるために贈った「ギフト」。それは母そのものであると同時に、春彦が自分で虹を追いかけられるようになったら必要の無くなる物。

 母さんは自分がギフトを消そうとすることを分かっていた、と語る春彦。初めからギフトは春彦に消されることを前提にしていたのかも。

 春彦がギフトで「ギフト」を消したのではなく春彦にはもう「ギフト」が必要なくなったから「ギフト」はその役目を終えて消えていったんだろうな。

 春彦の母は本物の魔法使いだったらしい。となると千紗の偽ギフトも千紗の母の魔法だったのか?どうやら遺伝はしないらしい…魔法が使えるなら自分の心臓を治せばとか思ったのは秘密だ。自分には使えないとか?

 そして、Bパートはまるまる霧乃のケアに。

 あの日聴けなかったピアノを聞きたいという春彦。あの日以来どうしても最後まで弾けないと拒否する霧乃の前に春彦が取り出したのは糸電話。
 実は大事に糸電話をとってあった春彦。春彦にとっても大切な物だったその糸電話の糸を結び直し、自分の部屋に放り込む。

 春彦と莉子の心の中での声援に支えられ、二人の前で見事ピアノを弾き終えた霧乃。霧乃と莉子は和解し、三人はようやく前に進み始める。

 奇跡の力なんて必要ない。贈り物はいつでも出来る。ふたりが一緒にいる限り。

・総評
 見事な大団円だった。それもこれも霧乃のケアが良かった事に尽きる。霧乃が立ち直れたからこそ、気持ちのいいラストを飾れたんだと思う。やっぱり最後はみんな幸せじゃないと。

とか思っていたら、EX?温泉?霧乃の逆襲はこれから始まるのか?(^^;;;;

★初回限定ラジオCD付!Gift eternal rainbow COLOR.1(ギフト)

| | コメント (2) | トラックバック (11)

2006/12/16

Gift ~eternal rainbow~ 第十一話

 春彦との思い出を失い、苦悩する莉子。そして、莉子が引っ越しの日、どんな思いで春彦と別れたのかを自分の思い出として体験することでようやく理解した霧乃。

 江戸に促され、春彦はギフトを消すことを決意。まずはギフトのことを調べることに。

 ギフトの生まれた日が自分の誕生日であることを知った春彦。自分の命は母のギフトにもらった物だと聞いていた春彦はその矛盾点に気づく。ギフトが生まれた当日にその日に死んでしまった母がその日に生まれた自分にすぐにギフトを使ったりする物なのか?

 その日のことを父に聞き、自分の本当の誕生日が4/1であること、母の命日はその日に間違いないことを知った春彦はギフトの秘密が自分にではなく母にあると確信。
 4/1からずらす理由はわかるけど、二週間もずらしてわざわざ母の命日にする理由がよく分からないんだけど…これにも何か意味が?

 墓石に語りかける春彦。そんなコトしても意味ないだろ、と思っていたら墓石が光った!?
…ここにツッコミを入れるのは野暮という物か?

 その二週間のことを垣間見た春彦は、母が自分にくれた物は命などではなく、もっと大切なものだと知る。そして、ギフトを消すために自分のギフトを発動。

 てっきりギフトを消したら、ギフトによってもらった春彦自身の命も消えるなんて展開になる物かと思っていた(^^;;;;

「ギフト」そのものを消せば今までのギフトの結果も消える。でもギフトで「ギフト」そのものを消したら「ギフト」そのものを消したというギフトの結果も消える。でも「ギフト」そのものがなければギフトの結果自体が存在しないわけで…あれ?自己矛盾?パラドクス?

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2006/12/09

Gift ~eternal rainbow~ 第十話

 莉子の夢の中の霧乃、怖すぎ…あれが莉子視点の霧乃のイメージなのか(--;;;

 霧乃に謝ることしかできない莉子。
 ギフトを使わないと約束したのも破ったのも莉子。私は偽ギフトを使ってしまったことをちゃんと言ったのに、莉子はギフトを使ったことを隠していた。こんなことなら春彦を毎日起こしに行けば良かった、ご飯を作りに行けば良かった。謝ればそれで済むと思っているの?だったら春彦と別れるの?出来ないんでしょ?と莉子を責め続ける霧乃の言い分ももっともではある。

 春彦のこと以外なら何でも言うことを聞くという莉子に霧乃が出した条件は、これまでの春彦との思い出の全て。ギフトによって思い出の全てを奪われてしまった莉子は春彦への好意こそそのままではある物の、春彦が自分を受け入れてくれているという根拠も、自分がこの家にいても良いんだという根拠も全て失い、パニック状態に。

 なんか、あさっての方向。のからだと重なるのものが…

 一方、霧乃は思い出を全部返してもらったはずなのに、それでもピアノが最後まで弾けないと独白。
 霧乃がピアノを最後まで弾けなくなった理由。それはコンクールの日に春彦が来なかったこと、それは莉子がいなくなった日だったからということ、優勝したのに春彦から返ってきたのは拒絶の言葉だったこと、そして絆と共に断ち切られた糸電話…思えばこの時に春彦は莉子を選んでいたのかも知れない。

 人の思い出を奪ってもそれは所詮他人の想い。それで幸せになることは出来ない。
 今回は偽ではなく、正真正銘のギフト。しかも、双方合意の上なので歪んでもいない。ギフトは人を幸せにする物。そんな春彦の思いはもっとも残酷な形で否定されることに。

 次回、ギフトの秘密が明らかに?

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2006/12/01

Gift ~eternal rainbow~ 第八、九話

 霧乃にお守りを買っていくべきかどうか悩む春彦。でも、それを莉子に相談したってどうにもならないし。それを決めるのは春彦自身。

 お父さんいたのか…ちっとも出てこないから単身赴任でもしているのかと(^^;

 お守りのことで頭が一杯で観光地巡りも上の空の二人。その上、莉子のことが話題に出るたびに春彦が照れ隠しで「妹」を連発するので莉子は自分が妹としか思われていないと落ち込み気味。

 しかし、春彦がのぞきを撃退しようとしたのは、妹だからではなく、他の奴に見せたくなかったからだと聞いて仲直り。翌日の自由行動は二人で楽しむことに。

 結果、お守りのことをすっかり忘れていた春彦。ぎりぎりでそれに気づいて神社に。忘れている時点でつまりはそういうことだろう?今更取り繕っても…とか思っていたら、莉子を同伴させ、お守りは買わない宣言。そして、莉子に告白。莉子も今回はそれを受け入れる。

 いつまでもあやふやな関係を続けてちゃ三人ともいつまでも先に進めないし、大事なのは本人達の気持ちだからこれで良かったんだとこの時は思っていた。

 春彦にお守りではなく八つ橋を渡され、それでも気丈に振る舞い二人を祝福した霧乃。しかし、部屋に戻った途端泣き崩れる。そして、深夜。糸電話に話しかけ続ける霧乃。ついに壊れた?傍らのゴミ箱にはつぶされた八つ橋の箱が…

 恋人になれたことで、今まで我慢していた分を取り返すようにベタベタの莉子。思い出の丘に春彦を誘い、虹が自分のギフトだと告白。そしてそれを一方的に送ったことを後悔しているという莉子に春彦は二人の思いが一緒だったからこそ虹は歪むことなく今でもあるのだと語る。

 一方的に、という意味では今までの暴走ギフトと変わらないんだよな。実は歪んでないように見えるだけで…という可能性も考えられるし、莉子自身がキスについて語ったことは、そのまま虹にも当てはまるわけで。
 ギフトの暴走に反応して黒くなったりするところにも何かありそう。

 虹が莉子のギフトだったと聞いて、ついに爆発した霧乃。
 自分は春彦の妹になりたかった。幼なじみじゃ不安だけど妹ならずっと変わらない関係でいられる。なのに莉子は後からやってきて妹という場所と春彦との時間を奪い、そのあげく、約束を破ってギフトを使ったと糾弾。
 虹のこととは関係なくその前から莉子の事が好きだったという春彦の言葉にも耳を貸さず、あの時はもう会えないと思ったからという莉子の言葉もただの言い訳にしか聞こえない霧乃は、莉子がいなくなってやっと妹という場所を取り戻したと思っていたのに何で帰ってきたのか、何で私の居場所を奪っていくのかと更に莉子を責め、自分にはまだギフトがあると言い捨てて走り去っていく。

 なんかもうろくなことにならないことが目に見えているというか。今までは一色が黒くなるだけだった虹が真っ黒になってるし…春彦君のこれからはあげるけど、今まではちょうだいってどういう意味だ?莉子から春彦との思い出の全ての記憶を奪うとか?

 妹になりたかった発言は地獄少女の多恵を思い起こさせるけど、あっちはまた別次元の方向に超越しちゃってたからなぁ(--;

 ギフトを使ってしまった莉子に非がないとは言えないけど、霧乃の言っていることは結局のところ春彦を奪われたことに対する恨み言なわけで、ギフトの件が無くてもいずれこうなったんだろうな。なまじ希望を抱かせてしまったせいでそれがブースターになってるし。
 この世界に地獄通信が無くて良かったかも(--;;;;

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2006/11/19

Gift ~eternal rainbow~ 第七話

 偽ギフトの効果を解除してもらうため、魔女っ子を探す春彦。ようやく探し当てた魔女っ子の正体に驚くことに。

 ずっと母の言うとおりに生きてきた千紗。それが幸せになる方法だと言う母の言葉を信じていた千紗だったが、お見合いの話が来た段にいたって初めて疑問を抱く。

 幸せはもらえる物なのか?そんな疑問を対する母の答えは自分で試してみればいい物。そして、母のギフトにより千紗は偽ギフトの力を得ることに。

 偽ギフトは個別に解くことは出来ない。自分がこの力を母に返せば全ての偽ギフトの効果が無くなるが、それでは偽ギフトで幸せになった人たちの幸せも消えてしまうと千紗に聞き、春彦は一旦帰宅。

 偽ギフトが発動したのは夜。しかし、自分が莉子に母の面影を重ねたのは夕方。なら、莉子が母に見えるのは自分のせいだと結論づけた春彦は、偽ギフトの力で母の思い出の象徴である虹を消そうと決意。

 その決意を聞いた千紗は、やっぱり幸せは簡単にもらえる物ではないと答えを出し、母に偽ギフトの力を返す。

 偽ギフトがギフトによる物って、劣化版とは言え回数無制限になっちゃ反則では?
それとも、千紗の母自身が元々持っていた力で、ギフトでそれを千紗に貸しただけ?「返す」という言葉からするとこっちなの?

 虹を消したらギフトそのものが無くなりそうな気が…ギフトならともかく偽ギフトじゃ消せない気もするけど。

 今まで偽ギフトで恩恵を受けてた人たちは、いきなりそれを失ったことになるけど、所詮は偽りの幸せだったわけだし、これでいいのか。

 偽ギフト騒動が終わり、次のイベントは修学旅行。霧乃が春彦にお土産として指定したのは縁結びのお守り。それも莉子の目の前で。
 ついに霧乃が宣戦布告。でも、言いたいことも言わずに我慢して鬱々ドロドロの思いを貯めているよりは遙かにマシだ。
…ただ限界に達してあふれ出しただけか?

 修学旅行を機に春彦と莉子の仲が進展することも阻止できて一石二鳥、なのか、逆に莉子が積極的な行動に出ることになるのか、全ては莉子次第。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2006/11/12

Gift ~eternal rainbow~ 第六話

 とりあえず、ギクシャクした関係を修復して仲のいい「兄妹」に戻った春彦と莉子。朝、起こしに来た妹に向かって「夜ばいか!?」とか言い放つのが普通かと言われると困るが(^^;

 告白の返事だった「ごめん」を「今はまだ答えられない」という意味にして欲しいという莉子。こんなこと言い出した時点で「YES」の方が比率が上になっているよななぁ(^^;

 突然、莉子が母に見えて困惑する春彦。姿どころか声も口調まで変わってるし。母のことは写真でしか知らないのに?声と口調は理想像で補完なのか?

 莉子が母に似ているから好きになったのか?と悩む春彦は自己嫌悪して莉子を避け始め、二人はまたギクシャクした関係に逆戻り。莉子にしてみれば告白の返事の保留をした途端だし色々考えちゃうよなぁ…

 莉子が母に見えるようにするって、どんな嫌がらせだよ!?とか思っていたら、霧乃が偽ギフトに願っていたのは、「春彦と昔のように仲良くしたい」というもの。どうやらそれを偽ギフトが勝手に拡大解釈した結果らしい。本人の意図に沿わない時点でとんだ欠陥品だな。所詮偽物か。

 でも、偽ギフトが霧乃自身気づいていない、もしくは気づかない振りをしている深層心理に反応した結果だとすると…

 いつでも春彦と一緒にいるのは家族なんだからしょうがない。でも、恋人の位置まで独占されたら、春彦の中に私の居場所が無くなってしまう。とか、そんなところ?

 幼なじみという位置は残ってるけど、かなりないがしろにされているしなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2006/11/04

Gift ~eternal rainbow~ 第五話

 好きな人に渡す弁当を何故味見しないのか?そんなお約束展開に対する疑問に対する解答の一つ。そもそも当人が味音痴だから、味見しても意味がない。むしろ、本人は絶品だと思っているし、好みの味を追求すればするほど、その破壊力が増すおまけ付きとか(^^;;;;

 そして、弁当の味が好みに合わないと素直に言えないために、恋人がいる。その恋人は晴彦。恋人っぽく見せるためにデート。と嘘に嘘を重ねていくことになる綸花。デートの予習は少女漫画雑誌。本棚にも同じ雑誌が詰まっているところから見て、予習のために買ってきたわけではなく、毎号購読のよう。本来は乙女チックな性格なのか?

 嘘をついてまで自分を拒絶されたと思った奈美はギフトを使い、当然の結果としてギフトは暴走。なんか、今のところギフトって暴走して迷惑かけることの方が多いような…
 一人でも中途半端に発動しちゃうから始末が悪いよな。

 綸花の流派の奥義を極めるには二人の剣士が必要。しかし、綸花の姉は他界してしまい、綸花は一人で姉の分まで流派を守り抜こうと頑張ってきていた。自分ではダメなのかと問いかける奈美。普通だったら無理だろうけど、奈美の執念ならどうにかしてしまいそうな気もするな。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2006/10/30

Gift ~eternal rainbow~ 第四話

 誰かのギフトのおかげで真夏になってしまったということで海に行くことになった晴彦達。

 そこで展開されたのはスイカ割りなんだかスイカ叩きなんだかスイカ打ちなんだか(^^;;;

 仲の良い兄妹に戻って欲しいという江戸の画策で、
晴彦と莉子ペアで肝試し。しかし、千紗の魔法で大量のモンスターが出現してしまったせいで大パニックに。

 茂みから半裸のカップルがわらわら出てくるのはシュールというか、何というか(^^;

 モンスターに襲われていた霧乃を助けた
晴彦。怯えた霧乃は晴彦に抱きつく。その現場を見てしまった莉子は、その場から逃げ出してしまう。

 お互い譲り合おうとしつつも、心の底では
晴彦への想いを消せないことを知っている二人。それなら晴彦に選んでもらえればあきらめもつくはずが、晴彦に選ばれたはずの莉子がそれを拒否。にも関わらず、莉子は晴彦への想いは消せない。だから、晴彦は莉子を諦められない。霧乃は進退の判断が付かない。これじゃあ、三人とも八方塞がりでどこにも行けないよなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006/10/22

Gift ~eternal rainbow~ 第三話

 雨でもやっぱり虹は見えるんだなぁ…とか思いつつ(^^;

 莉子が雑誌に載ったことで一躍、学園のアイドルに。次々と莉子に男が言い寄ってくることが気に喰わずに不機嫌になった晴彦を見て、怒っていると思った莉子は、仲直りしようと雨の中、トマトを探しに出かけて寝込むことに。

 莉子を看病できないことを残念がる晴彦。「女の子なんだから」という霧乃に、「家族なんだから」と返す。
 ちょっと運命が違っていたら自分と莉子の立場は逆だったかも知れない、という霧乃の必死の訴えも晴彦には届かず。

 てか、お前ら全員一度腹を割ってとことん話し合った方がいいぞ…とか思っていたら。

 おでことおでこでなんて兄妹の熱のはかり方じゃないから(^^;

 雑誌のインタビューを聞いて、
莉子も自分が好きなんだと確信した晴彦は、莉子に告白。しかし、莉子の返事は、ごめんなさい。どう見ても莉子が晴彦のことを好きなのは明白なのに何故?

 答えようとした直前に聞こえてきた霧乃のピアノと「約束を破っちゃった」という言葉から考えるに霧乃と何か約束したんだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006/10/14

Gift ~eternal rainbow~ 第二話

 春彦の義理の妹・莉子が帰ってきた。霧乃は気を遣うものの心中複雑な様子。

 先生。義理の妹とか家庭の事情を言及するのは問題がないか?当然、男子どもの嫉妬のリンチを受け、春彦はボコボコに。まあ、お約束というか通過儀礼というか。

 夜でも綺麗な虹だねぇ。光源があるわけではなく、虹自身が発光しているとしか(^^;;;

 莉子もしたいだろうからと、朝起こしたり、ご飯を作るのを控えなきゃダメかな?とか言い出す霧乃。仲良く二人でやるわけには行かないのね。相手に気は遣っていても、本音は独り占めにしたいんだろうしなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (10)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Aチャンネル Dororonえん魔くん メ~ラめら あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 まりあ†ほりっく アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ゲーム ゲーム FE新紋章の謎・ルナティック ゲーム うみねこのなく頃に ゲーム ヴァルキリープロファイル -咎を背負う者- ゲーム ヴァルキリープロファイル2 -シルメリア- ゲーム 魔法少女まどか☆マギカ オンライン ココロ日記(BlogPet) パソコン・インターネット 成恵の世界 日記・コラム・つぶやき 神のみぞ知るセカイ 終了アニメ評価 終了・あ ARIA 終了・あ RD 潜脳調査室 終了・あ あさっての方向。 終了・あ アニアニランド 終了・あ 荒川アンダー ザ ブリッジ 終了・あ 青い花 終了・い いちばんうしろの大魔王 終了・い いぬかみっ! 終了・い 苺ましまろ 終了・う うみねこのなく頃に(アニメ) 終了・う うみものがたり 終了・う ウィッチブレイド 終了・え Angel Beats! 終了・え H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND 終了・え N・H・Kにようこそ! 終了・え エル・カザド 終了・え 永久アリス輪舞曲 終了・お おおかみかくし 終了・お オオカミさんと七人の仲間たち 終了・お 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 終了・お 奥さまは魔法少女 終了・お 桜蘭高校ホスト部 終了・お 狼と香辛料 終了・か CANAAN 終了・か かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 終了・か かなめも 終了・か かみちゅ! 終了・か かんなぎ 終了・か 仮面のメイドガイ 終了・か 怪物王女 終了・か 神様家族 終了・か 陰からマモル! 終了・が GUN×SWORD 終了・が がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 終了・が ガンパレードオーケストラ 終了・き Canvas2~虹色のスケッチ~ 終了・き キスダム 終了・き キミキス 終了・き 今日の5の2 終了・き 狂乱家族日記 終了・ぎ Gift ~eternal rainbow~ 終了・ぎ 銀盤カレイドスコープ 終了・く CLANNAD -クラナド- 終了・く くじびきアンバランス 終了・く 紅 終了・く 鉄のラインバレル 終了・く 黒執事 終了・く 黒神 The Animation 終了・ぐ グレネーダー 終了・け けいおん! 終了・け ケロロ軍曹 終了・げ げんしけん 終了・こ コードギアス 反逆のルルーシュ 終了・さ ささめきこと 終了・さ さよなら絶望先生 終了・さ 咲-Saki- 終了・し シゴフミ 終了・し シャングリ・ラ 終了・し 侵略!イカ娘 終了・し 屍鬼 終了・し 灼眼のシャナ 終了・し 真マジンガー 衝撃!Z編 on television 終了・じ 地獄少女 終了・す School Days 終了・す STAR DRIVER 輝きのタクト 終了・す すもももももも ~地上最強のヨメ~ 終了・す スクールランブル 終了・す スケッチブック ~full color's~ 終了・す スレイヤーズREVOLUTION 終了・す 涼宮ハルヒの憂鬱 終了・せ Saint October 終了・せ 世紀末オカルト学院 終了・せ 戦国BASARA 終了・せ 戦場のヴァルキュリア 終了・せ 瀬戸の花嫁 終了・せ 生徒会役員共 終了・せ 聖剣の刀鍛冶 終了・せ 閃光のナイトレイド 終了・ぜ ゼロの使い魔 終了・ぜ ゼーガペイン 終了・ぜ 絶対可憐チルドレン 終了・そ そらのおとしもの 終了・そ ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 終了・そ 宇宙をかける少女 終了・そ 宙のまにまに 終了・だ DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 終了・だ ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 終了・て テガミバチ 終了・て 鉄腕バーディー DECODE 終了・で デュラララ!! 終了・で 伝説の勇者の伝説 終了・と ToHeart2 終了・と true tears 終了・と とある科学の超電磁砲 終了・と とある魔術の禁書目録 終了・と とらドラ! 終了・と 図書館戦争 終了・ど ドルアーガの塔 終了・ど ドージンワーク 終了・な ながされて藍蘭島 終了・に にゃんこい! 終了・ぬ ぬらりひょんの孫 終了・ね ネギま! 終了・ね 練馬大根ブラザーズ 終了・は はなまる幼稚園 終了・は ハヤテのごとく! 終了・は 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 終了・ば BAMBOO BLADE 終了・ば バカとテストと召喚獣 終了・ば バクマン。 終了・ば 化物語 終了・ぱ PandoraHearts 終了・ぱ ぱにぽにだっしゅ! 終了・ぱ パンティ&ストッキングwithガーターベルト 終了・ぱ パンプキン・シザーズ 終了・ひ ひぐらしのなく頃に 終了・ひ ひだまりスケッチ 終了・ひ ひとひら 終了・び Venus Versus Virus 終了・ふ Fate/stay night 終了・ぶ BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 終了・ぶ 武装錬金 終了・ぷ プリズム・アーク 終了・ぷ プリンセスプリンセス 終了・ぺ ぺとぺとさん 終了・ぼ 忘却の旋律 終了・ま マリア様がみてる 終了・ま 舞 乙HiME 終了・ま 魔法少女まどか★マギカ 終了・ま 魔法少女リリカルなのはStrikesS 終了・ま 魔界戦記ディスガイア 終了・み みつどもえ 終了・み みなみけ 終了・み 美鳥の日々 終了・む 無敵看板娘 終了・よ 吉永さん家のガーゴイル 終了・ら らき☆すた 終了・ら 落語天女おゆい 終了・ろ ロザリオとバンパイア 終了・ろ ローゼンメイデン 終了・わ 我が家のお稲荷さま。 花咲くいろは 逆境無頼カイジ