2009/04/03

マリア様がみてる 4thシーズン 第十三話

 残り5分、遂に動いた祥子。しかし、実際に祐巳を立たせたのは瞳子の妹にしてください宣言で。呆然と立ちつくす皆の中、乃梨子だけが笑顔とか。そのあまりのインパクトは先ほどまでは話題の中心だったカードの方がうやむやになりかける程。

 祥子が譲ったのでデートの権利は瞳子の手に。そして、瞳子が選んだデートの行き先は彼女の人生の原点である祖父の病院だった。

 自分が養女だったことを知った瞳子は、医者にならなかった養父の代わりに祖父の病院を継ぐことこそ、自分を引き取りここまで育ててくれた松平家への恩返しだと思っていた。
 しかし、病院を継がなくてもいいのだと聞かされて、自分はもういらないのだと思い詰めてたのが以前の家出の真相だったと。

 両親にしてみればそんなことに囚われずに自由に瞳子の人生を歩んで欲しいという事だったんだろうけど、瞳子にしてみれば自分が松平の娘であるという証を失い、大好きな両親との絆を断たれるのだと感じてしまっていたわけで。お互いのことを思っての考えているが故の擦れ違いか。

 そもそも両親は瞳子が自分が養女だと知っていることを知らなかったらしいし、実の娘と全く変わらない接し方をしてきたんだろう。母に至っては養女だと知られて、いらない子なんだと感情をぶつけられて寝込んじゃうくらいだしな。

 でも、演劇部だったという実の母の血もちゃんと受け継いでいるし、母同士が実はリリアンでクラスメイトだったというエピソードまで付いちゃうのは出来すぎっちゃ出来すぎなんだが。むしろ、友人だったから引き取ったのか?

 瞳子に彼女が養女だと教えたのは、別荘にいた陰険成り上がりお嬢様方?そりゃ、カナダ旅行をドタキャンして祐巳を守りに来るわな。結局、祐巳は独力でうち破っちゃったけど。

 そんな瞳子の内面の全てを受け止めて、祐巳は彼女を優しく包み込む。でも、ロザリオ授受の儀式は寸止めで第5期にお預け。

・総評
 瞳子が紆余曲折の末、祐巳の妹になるまでの話…のダイジェスト版。原作をリアルタイムで追ってきて散々牛歩戦術で焦らされてきた身としては、こんなスピーディー展開(スピーディーなんだよ!?)も小気味良くもあったが、ホントに本筋のみで脇のエピソードほぼ全面カット。いろいろもったいないったら。できれば、それも含めて2クールでやって欲しかった。それでも足りなさそうだけど。
 当時、可南子を応援していた身としては、あっという間に可南子エピソードを消化されてフェードアウトしてしまったことが悔やまれる。そもそも、アバンの集合絵とかEDとか完全に瞳子仕様だし。いいんだ、可南子はマリア様の星で天使祐巳とスールになってるんだもん。
 第5期があるとしたらいきなり祐巳と瞳子のロザリオ授受の儀式から?あとは丸ごとエピローグみたいな物かな。スタッフの皆様、お疲れさまでした。

ストーリー:4
キャラクター性:4
画:5
演出:4
音楽:5
総合的な評価:4
総合点:26

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2009/03/28

マリア様がみてる 4thシーズン 第十二話

 全ては自分の勘違いだったと知り絶望する瞳子。でも、だからといってすぐ態度を変えられるくらい素直だったらそもそもこんな事になってはいないわけで。祐巳のことを見くびっていた事自体は事実だしな。

 そんな瞳子に乃梨子はやきもき。でも、仮面をかぶり直した瞳子は乃梨子の忠告を聞こうともせず。意地を張ったままカード探しも不参加かと思われたが、祥子の挑発により参加決定。

 まっすぐで純粋な祐巳を見ていると、自分の弱いところが浮き彫りになって辛いこともある。でも、それでも尚、祐巳が好きだから自分の弱さを直していこうという気持ちになれる。祥子をしてここまで言わしめる祐巳ってホントに凄いよな。

 しかし、当の本人は白薔薇姉妹のチョコ受け渡しに鉢合わせて、百面相していたり…先週の落ち着きぶりはどうしたんだよ?

 カード探し、のはずが薔薇の館ですっかりお茶会モード。今年も蓉子さまの夢だった、一般生徒でにぎわう薔薇の館が実現。しかし、祥子の目論見は祐巳がぼろを出すまでの持久戦。というか、既にわかってて祐巳をからかってるだけなんじゃ?

 一方、黄色のカードは参加資格がなく見つける気もないのに、一瞬にして令が発見。校舎の外壁に貼ってあるという大胆不敵すぎるやり方に、いろんな意味でため息が。大変だなぁ…令はスルーしたので、カードは田沼ちさとの手に。こっちはこっちで大変だが、例によって予告で終わっちゃうのね。って、白薔薇もか(T-T)

 社会科資料室で白地図を漁る瞳子。しかし、それこそ祐巳を見くびっている証拠だと乃梨子に突きつけられることに。祐巳さまは瞳子だけを特別扱いしたりしない。みんなに平等に振る舞える大きな人。だからこんな狭いところにはいない。それはそれで過大評価な気もしないではないけど。

 乃梨子の言葉に自分の小ささに気づかされた瞳子は、祐巳のいる薔薇の館へ。一方、祥子も祐巳のカードの在処に気づいたようで。カードは一体どちらの手に?

| | コメント (2) | トラックバック (11)

2009/03/20

マリア様がみてる 4thシーズン 第十一話

 曇りガラスの向こう側で見えなかった瞳子側の話。家での瞳子はやたら素直に見えるな。これが瞳子の仮面の下の素顔と。

 柏木の待ち伏せ。これで目立たないつもりだというのが凄い。瞳子が下世話なお嬢様どもに傷つけられたと珍しく激昂する柏木。てか、瞳子が止めなかったら今頃二人揃って原型とどめてないぞ(--;;;

 自分に好意が向けられることに不慣れで戸惑うばかりの瞳子。自分にそんな価値があるとは信じられず、何か理由があるのだと勘ぐるばかりに、結局、周囲から人間を遠ざけてしまう。そんな瞳子を心の底から心配する柏木だったが、こればかりは瞳子自身が変わらなければどうにもできないわけで。

 求めなければ傷つくこともないって、白薔薇ファミリーの専売特許だったんだが、乃梨子がそれを継がなかったので瞳子が代わりに伝承者に?自虐が加わってるので更にタチが悪くなってるけど…

 そんな瞳子がテンパってるときに何を言ってもむしろ逆効果。深追いせずに姿を消す祐巳の対処は多分正解。そして、フォローは上下関係が存在しない親友の乃梨子の役目。仏像よりも優先順位が高いって時点でどれほど心配しているのか分かるという物だし。

 自分がいかに致命的な自爆をしたのかに気づき、絶望に駆られる瞳子。しかし、それで祐巳が瞳子を見限るだなんて、それこそ祐巳を見くびってるという物だぞ?

 ところで久しぶりに可南子の顔を見た気がしますよ?

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009/03/13

マリア様がみてる 4thシーズン 第十話

 瞳子の目的は負けること、その言葉に祐巳も同意してくれたが、理由についてはまるで見当が付かない乃梨子。その理由を聞き出せるのは祐巳だけ。なのに祐巳はそれを聞きに行かないと言う。瞳子が祐巳に見捨てられてしまったのではないかと、乃梨子はヤキモキ。

 そして、そんな祐巳の行動の真意を祥子ですら把握できず。でも、こちらは姉として妹を信じて見守るだけ。

 柏木は柏木で瞳子のことを心配しているよう。というか家出の原因も知ってるんだし気が気じゃないんだろうけど。そのせいかいつもの飄々とした態度にも隙が出来て、祥子に内心をかいま見せてしまったり。それでも、以前の祥子だったなら煙に巻けたんだろうけど。祥子も成長してるって事で。

 で、さーこ様は相変わらず(^^;

 珍しく志摩子と乃梨子が口喧嘩、とまでは行かないけど言い争い。乃梨子のカードを探してみたかった、とは言うけど、乃梨子が選挙に当選するとは限らないとか何げに酷いことを言っているわけだが…そこはスルーしとけと。

 すっかり達観してしまった雰囲気の祐巳の姿を見て焦る由乃。私を置いて一人で大人にならないで、と言いつつ、それに触発されて少しは落ち着きが?

 自分側の窓ガラスはもうすっかり拭き上げてしまった。もはや自分のすることは何もない。あるとすればいつまでもその場に立って待っていたら近づいて来づらいだろうからちょっと離れてみることだけ。でも、決して向こうから拭いてくれる瞬間を見逃さないように。そして焦らずゆっくり落ち着いて。

 祐巳自身の視点だと全く自分の成長に自覚がないけど、周りから見てみると次期薔薇様としての貫禄を身につけつつあることが発覚。親しみやすさだけが取り柄の庶民薔薇様なんて評価はどこへやら。次期山百合会は祐巳の天下か?

 とりあえず、残りは大きな扉小さな鍵の後半、クリスクロス、あなたを捜しに、でエピローグに薔薇の花かんむりの前半ってとこ?

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2009/03/06

マリア様がみてる 4thシーズン 第九話

 次期薔薇様を決める生徒会選挙。通例ならば薔薇の妹がそのまま繰り上がりの信任投票のようなもの。昨年は白薔薇の妹・志摩子が1年生だったため、2年生であるロサカニーナの出馬という波乱があったが、今年は全員2年生。何事もなく順当に行くかと思われていたが…

 まさかの瞳子の出馬で祐巳は困惑、由乃はお怒り。そして志摩子は由乃の自分の意見をはっきり言うところが好き♪と突然の告白。もはや。落ち着きも着眼点も次元が違うよ?

 ぶっちゃけ、三人の中で落選するとしたら由乃だよなぁ…志摩子は別格、祐巳も下級生に慕われまくってるからなぁ。いや、由乃も描写がないだけで慕われてはいるんだろうけどさ。

 瞳子は当然のごとく落選。しかし、瞳子の目的は負けることだった?
…そんなこと言われても何が何やらさっぱり分からないよなぁ(--;

 とりあえず、今回のキーパーソンは瞳子の母。娘も応援しているという言葉と上履きを受け取ったときの瞳子の態度から瞳子の仮面の中がかいま見えた?
 家出するほどの大喧嘩をしたはずなのに、母娘の間柄はとっても良好にみえるわけで。

 何やら思い詰めているらしい瞳子の態度とは裏腹なこの事実が指し示す物とは?
…原作既読で瞳子の事情を知ってるとこの辺りは凄まじく感想を書きづらいな(--;;;

| | コメント (2) | トラックバック (8)

2009/02/27

マリア様がみてる 4thシーズン 第八話

 祐巳が瞳子にスールの申し出を断られた事を告げた上で、二人を見守っていて欲しいと告げた祥子。ま、釘差しとかないと由乃辺りが何をしようとするか分からないからな。
 逆に菜々辺りはそんなことを言われてもまるで事情が把握できないから何も出来ないわけだが。

 その上で、私はお姉さまなのだから特別、という理屈で女性だけの新年会という名目で祐巳癒しタイムを発動。
 なんだかんだで祥子さま、結構好き放題しているような…

 ジャンクフード大好きさーこさまは人間双六という大技を発動。双六が出来るほどの部屋数があること自体が既に次元が違うわけで。遭難したら帰ってこられないよ?

 存分に癒された祐巳だが、それでも心にはすきま風が。お姉さまの部屋や親友の部屋は暖かさで目一杯に満たされているけど出来たばかりの妹の部屋は無人だから寒くて凍えてしまう。曇りガラスの向こうに瞳子ちゃんはいるけど、こっちからいくら拭いてもその顔は見えない。瞳子ちゃんからも近づいて拭いてくれないと…どうしたら瞳子ちゃんはそうしてくれるのだろう?

 その方法も分からないまま新学期。久しぶりに会った瞳子は普通に挨拶をしてくる。まるであの日のことがなかったかのように…その態度に祐巳は困惑。次の一手は未だに見えず、うかつに動けば逆効果。とはいえこのままずるずる行くわけにも…さてどうしよう?

 要はきっかけとタイミングなわけだが。

 令VS菜々もまさか予告で終わりなの!?

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2009/02/20

マリア様がみてる 4thシーズン 第七話

 クリスマス会。瞳子がちゃんと来てくれるのか気が気でない祐巳。でも、一番緊張しているのは、由乃に菜々を連れてくると宣言された令だったりして。テンパリ過ぎです、黄薔薇さま。

 菜々が自己紹介をそつなくこなして一安心の由乃だったが、令がリリアン大に進学しないと聞かされて大パニックに。由乃がそんなんじゃ菜々が困って…無いかも知れない。江利子がこの場にいたら大喜びのシチュエーション?

 一方、祐巳は祥子がリリアン大に進学すると聞いて大喜び。でも…

 志摩子に家業を継ぐのか聞いたり、白地図すら自分の思い通りには描くことが出来ないと嘆いたり、ナーバスになっている瞳子。思い描いたとおりの道を歩める人ばかりではないのだと語る彼女に祐巳はロザリオを差し出すが、それを哀れみから来る施しなのだと感じた瞳子はそれを拒否。

 勢い余ってフライングで失格というか、浮かれて思いっきり状況判断をミスったというか…痛恨の大失敗。一度失敗しちゃうとなかなか挽回のチャンスは巡ってこない…か?

 瞳子からしてみれば、自己紹介の時に既に表明したようにクリスマス会に呼ばれた時点で一貫して小公女の心境。そして、施しを受けるのはプライドが許さない。

…というのは、表向き。瞳子は祐巳が家出の理由を柏木辺りから聞いて自分の事情を知ったから優しくしてくれるんだと思いこんでいるよう。そんな優しさの振りをした哀れみをかけられたら余計自分が惨めになる…なんて考えてしまう自分にも自己嫌悪。祐巳さまは純粋に自分を心配してくれているのに。だからこそ、ロザリオを受け取るわけには行かない。祐巳さまの同情を引いてロザリオを貰うなんて最低だ。とかそんな感じかと。

 そもそも祐巳が事情を知っていることを前提に会話しているから、祐巳には話が全くちんぷんかんぷん。瞳子がどうしてそう言う反応をしてくるのかも理解できず、やぶ蛇を出しまくった挙げ句に思いっきり地雷を踏んだ格好に。仕方がないと言えば仕方がないんだが…

 祥子さまの婚約破棄は予告で終了?確かに原作でもそんなんでいいのか?と言うほど軽く流されてたけど…祥子にしてみれば人生を賭けた山場の一つだったのに(T-T)

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2009/02/13

マリア様がみてる 4thシーズン 第六話

 結局、令の見合い話は予告のアレで終わりなのか。でも、祥子と令の友情話はあって良かった。

 由乃が菜々を紹介してくれないとご不満の令ちゃん。その勢いで由乃離れを決意。極端から極端に突っ走るのは黄薔薇のお家芸ではあるが…令、お前もか(--;
 それでもヘタレて身動きできなくなってるよりもなんぼかマシだし。祥子も令の成長を祝福してるからまぁ、いいか。

 まるでついでのようにあっさり祥子の卒業後の進路が明らかに。

 さて、小笠原家の玄関から外門まで何Kmあるでしょう?

 瞳子が家出したと連絡を受けて気が気でない祐巳。でも、その瞳子を祐麒がキャッチアンドテイクアウト。祐麒、何気に恐ろしい奴(--;;;

 結局、家出の原因は聞けずじまい。柏木に聞いてみれば、それは祐巳の覚悟次第とか意味深なことを言われて…そりゃ躊躇するわな…

 由乃が菜々をクリスマスパーティーに誘う口実に祐巳も瞳子と可南子を誘うことに。でも、乃梨子に仲介を頼んだらまさかの拒否。思わぬ反乱にオタオタしてたら、志摩子さんがお怒りに…いや、志摩子自身はそんなこと思ってないんだろうけど、乃梨子にとってはこの世の終わりが来たも同然の大惨事に発展。

 あの由乃が乃梨子に謝るという辺りでそれがいかほどの物かお察しください(--;;;;

 一見、ほわわ~んとしているように見えて、その実、完璧な主従関係が構築されている辺りが白薔薇の恐ろしいところ…って、冗談だから真に受けないでね?

 可南子が瞳子を完全ロック。確実に連行してきてくれる模様。退路を断たないとどこまでも逃げるからなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2009/02/06

マリア様がみてる 4thシーズン 第五話

 ついに念願のお姉さまとの遊園地デートが実現して大はしゃぎの祐巳。しかし、遊園地の入り口には柏木と祐麒が。つかず離れずの位置をキープする柏木を疎ましく思う祐巳だったが、柏木は自分はもしもの為の保険。出番がないことを願っていると祐巳だけに告げる。

 嫌がらせなどではなく純粋に祥子の為を思っての行動なのだと理解は出来ても納得はしかねる祐巳だったが、祥子が実際に体調を崩した段にいたって柏木の迅速な行動と何も出来ない自分との違いを見せつけられることに。

 柏木に嫉妬していることを素直に認め、真っ正面から挑んだ祐巳だったが、柏木は祐巳より遙かに高みにいた。自分に嫉妬しているようじゃまだまだ。もっと高いステージを目指せ。自分を倒したところで勝ちにはならない。好きにも色々ある。自分は敵なのではなく同志なのだと柏木は告げるが今の祐巳には何がなんだか…

 スールとしていくら親密な関係を築いてきたと言っても、それは高々1年あまり。最近は疎遠になっているとはいえ従兄妹として今まで過ごしてきた年月の分、柏木の方が祥子に関する情報量も多くフォローが的確なのは致し方ないところ。祐巳は柏木の及ばないところで祐巳にしかできないフォローをすればいい。
…なんて答えは既に開示されてるわけだけどな。

 それはそれとして、今更柏木実はいい人説を提唱されてもなぁ…普段のKYな言動は実は演技でした~なんてのは裏設定か同人に任せていればいいのですよ。

 もしかしてわざと?いや、そんなわけないじゃん。偶然偶然。とかそんなレベルで良いんですよ、もう(--;

 ところで、黄薔薇エピソードは前回の予告で終了ですか?白薔薇に至ってはエピソード自体消滅?ミルフィーユだけ残されても(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009/01/30

マリア様がみてる 4thシーズン 第四話

 茶話会では二組のスールが誕生した物の祐巳と由乃には妹は出来ず。由乃に至っては参加者の大半が祐巳目当てと来ては…今の由乃を見て、去年、妹にしたい下級生No1だったなんて誰が信じようか(--;

 笙子は一人だけ自己紹介できて優遇されてるんだかされてないんだか…日出実はちゃっかり真美の妹になってたわけだが…どれだっけ?

 約束の大会の日。結局妹は出来ずじまいで江利子と顔を合わせる前に逃げ出すことにした由乃。当然、こんな面白いことをあの江利子さまが見逃すはずなんてなく、あっという間に追い込まれる羽目に。窮した由乃はたまたまぶつかった有馬菜々を妹だと紹介するが…

 なんかもう、江利子は全て分かった上で、由乃があたふたしまくる様を思う存分楽しんでるわけで、完全に由乃を手のひらの上で転がしてご満悦状態。菜々が中等部だと言うことも見破ってるし…由乃はライバルだと言ってるけど完全に格が違うよな(--;

 自分を「支倉令様の妹様」呼ばわりした菜々に興味津々の由乃。その菜々は令のライバル田中四姉妹の末っ子で祖父の有馬道場の養子に出されていてリリアン中等部に通っていて、来年は高等部に入学してくるとまあ、なんか複雑なプロフィールの持ち主。どこか江利子に似ている彼女を由乃は妹にすることが出来るのか?

って、そうなると乃梨子の代のロサフェティダは今の志摩子のように菜々が繰り上がりになるわけだが…乃梨子の負担がちっとも減ってないよ(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (7)

その他のカテゴリー

Aチャンネル | Dororonえん魔くん メ~ラめら | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 | まりあ†ほりっく | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | ゲーム | ゲーム FE新紋章の謎・ルナティック | ゲーム うみねこのなく頃に | ゲーム ヴァルキリープロファイル -咎を背負う者- | ゲーム ヴァルキリープロファイル2 -シルメリア- | ゲーム 魔法少女まどか☆マギカ オンライン | ココロ日記(BlogPet) | パソコン・インターネット | 成恵の世界 | 日記・コラム・つぶやき | 神のみぞ知るセカイ | 終了アニメ評価 | 終了・あ ARIA | 終了・あ RD 潜脳調査室 | 終了・あ あさっての方向。 | 終了・あ アニアニランド | 終了・あ 荒川アンダー ザ ブリッジ | 終了・あ 青い花 | 終了・い いちばんうしろの大魔王 | 終了・い いぬかみっ! | 終了・い 苺ましまろ | 終了・う うみねこのなく頃に(アニメ) | 終了・う うみものがたり | 終了・う ウィッチブレイド | 終了・え Angel Beats! | 終了・え H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND | 終了・え N・H・Kにようこそ! | 終了・え エル・カザド | 終了・え 永久アリス輪舞曲 | 終了・お おおかみかくし | 終了・お オオカミさんと七人の仲間たち | 終了・お 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 終了・お 奥さまは魔法少女 | 終了・お 桜蘭高校ホスト部 | 終了・お 狼と香辛料 | 終了・か CANAAN | 終了・か かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | 終了・か かなめも | 終了・か かみちゅ! | 終了・か かんなぎ | 終了・か 仮面のメイドガイ | 終了・か 怪物王女 | 終了・か 神様家族 | 終了・か 陰からマモル! | 終了・が GUN×SWORD | 終了・が がくえんゆーとぴあ まなびストレート! | 終了・が ガンパレードオーケストラ | 終了・き Canvas2~虹色のスケッチ~ | 終了・き キスダム | 終了・き キミキス | 終了・き 今日の5の2 | 終了・き 狂乱家族日記 | 終了・ぎ Gift ~eternal rainbow~ | 終了・ぎ 銀盤カレイドスコープ | 終了・く CLANNAD -クラナド- | 終了・く くじびきアンバランス | 終了・く 紅 | 終了・く 鉄のラインバレル | 終了・く 黒執事 | 終了・く 黒神 The Animation | 終了・ぐ グレネーダー | 終了・け けいおん! | 終了・け ケロロ軍曹 | 終了・げ げんしけん | 終了・こ コードギアス 反逆のルルーシュ | 終了・さ ささめきこと | 終了・さ さよなら絶望先生 | 終了・さ 咲-Saki- | 終了・し シゴフミ | 終了・し シャングリ・ラ | 終了・し 侵略!イカ娘 | 終了・し 屍鬼 | 終了・し 灼眼のシャナ | 終了・し 真マジンガー 衝撃!Z編 on television | 終了・じ 地獄少女 | 終了・す School Days | 終了・す STAR DRIVER 輝きのタクト | 終了・す すもももももも ~地上最強のヨメ~ | 終了・す スクールランブル | 終了・す スケッチブック ~full color's~ | 終了・す スレイヤーズREVOLUTION | 終了・す 涼宮ハルヒの憂鬱 | 終了・せ Saint October | 終了・せ 世紀末オカルト学院 | 終了・せ 戦国BASARA | 終了・せ 戦場のヴァルキュリア | 終了・せ 瀬戸の花嫁 | 終了・せ 生徒会役員共 | 終了・せ 聖剣の刀鍛冶 | 終了・せ 閃光のナイトレイド | 終了・ぜ ゼロの使い魔 | 終了・ぜ ゼーガペイン | 終了・ぜ 絶対可憐チルドレン | 終了・そ そらのおとしもの | 終了・そ ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | 終了・そ 宇宙をかける少女 | 終了・そ 宙のまにまに | 終了・だ DARKER THAN BLACK -黒の契約者- | 終了・だ ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド | 終了・て テガミバチ | 終了・て 鉄腕バーディー DECODE | 終了・で デュラララ!! | 終了・で 伝説の勇者の伝説 | 終了・と ToHeart2 | 終了・と true tears | 終了・と とある科学の超電磁砲 | 終了・と とある魔術の禁書目録 | 終了・と とらドラ! | 終了・と 図書館戦争 | 終了・ど ドルアーガの塔 | 終了・ど ドージンワーク | 終了・な ながされて藍蘭島 | 終了・に にゃんこい! | 終了・ぬ ぬらりひょんの孫 | 終了・ね ネギま! | 終了・ね 練馬大根ブラザーズ | 終了・は はなまる幼稚園 | 終了・は ハヤテのごとく! | 終了・は 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST | 終了・ば BAMBOO BLADE | 終了・ば バカとテストと召喚獣 | 終了・ば バクマン。 | 終了・ば 化物語 | 終了・ぱ PandoraHearts | 終了・ぱ ぱにぽにだっしゅ! | 終了・ぱ パンティ&ストッキングwithガーターベルト | 終了・ぱ パンプキン・シザーズ | 終了・ひ ひぐらしのなく頃に | 終了・ひ ひだまりスケッチ | 終了・ひ ひとひら | 終了・び Venus Versus Virus | 終了・ふ Fate/stay night | 終了・ぶ BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | 終了・ぶ 武装錬金 | 終了・ぷ プリズム・アーク | 終了・ぷ プリンセスプリンセス | 終了・ぺ ぺとぺとさん | 終了・ぼ 忘却の旋律 | 終了・ま マリア様がみてる | 終了・ま 舞 乙HiME | 終了・ま 魔法少女まどか★マギカ | 終了・ま 魔法少女リリカルなのはStrikesS | 終了・ま 魔界戦記ディスガイア | 終了・み みつどもえ | 終了・み みなみけ | 終了・み 美鳥の日々 | 終了・む 無敵看板娘 | 終了・よ 吉永さん家のガーゴイル | 終了・ら らき☆すた | 終了・ら 落語天女おゆい | 終了・ろ ロザリオとバンパイア | 終了・ろ ローゼンメイデン | 終了・わ 我が家のお稲荷さま。 | 花咲くいろは | 逆境無頼カイジ