2011/01/02

屍鬼 第二十二話

 囮になった辰巳を追い詰める村人達。容赦なく発砲し、車で跳ねて、蜂の巣に。

 川に落ちたことでかろうじてその場から脱した辰巳の前に夏野が立ちふさがる。

 辰巳は夏野に人間の味方をしても、受け入れられはしないと告げるが、夏野は、人間の味方をしている訳じゃない。人を好き放題襲っておいて、起き上がったら勝手に仲間扱いするお前らが気にくわないと返答。辰巳を道連れにダイナマイトで散る。

 夏野は人間のためではなく、自分のしたいことをやり抜いただけなのか。かおりたちのためというのもあったのかもしれないが、あくまで個人レベルの域を出ないと。

 恵は村を出て憧れの街に出る寸前に発見されて、トラクターに何度も跳ねられ、轢かれ続けて。自分が分からないのかと縋るが村人は聞く耳持たず。

 おかしいのはあんた達の方だ。変化を恐れ、新しいことをする者をつまはじきにしていつまでも同じ事を繰り返し続ける。こんな村、無ければ良かった。こんな村に生まれてこなければ良かった!

 人間と変わらない恵の言葉に戸惑う者もいたが、それを封じるように恵の顔はトラクターで潰され、胸に杭を打ち込まれる。

 恵の不幸は、この村に生まれてしまったこと。この一点に尽きるな。

 追い詰められた沙子は教会へ。何故、自分を起き上がらせて罪を重ね続けざるを得ない存在にしたのか?自分は望んでこんな存在になったのではない。それなのに何故、救いの手を差し伸べてくれないのか?

 会ったら挨拶をすること。若い者は老人より先に死なないこと。そんな村のルールを壊し、滅茶苦茶にしたお前らは許さないと告げる大川。沙子に杭を突きつけるが、打ち込む寸前に人狼になった静信が大川を殺害。

 自分を捨て去る決心が付いた。室井さんもここにいて。と燃えさかる教会と共に灰になる道を選んだ沙子だったが、静信は、自分たちは起き上がった時点で神に見捨てられている。神の救いの手から除外されているのだと語る。

 神への信仰故に罪を犯すことを恐れていた沙子。神から解放され、彼女は救われたのか?

 静信に連れられ、村から脱出した沙子。保護者が彼女を肯定するだけだった辰巳から語り合える静信に代わったことは、彼女にどんな変化をもたらすのか。

 山火事が燃え広がり、村は全焼。結局、村は滅びてしまう。自分は勝ったのか負けたのかと独りごちる敏夫。勝ち負けなのか?と問う村人に彼は答えず。

 自分のしたことはただの悪あがきにすぎなかったのかも知れない…タバコを燻らせながら、彼は村を去る。

・総評
 狩る者と狩られる者。加害者と被害者の逆転。前半の描写が冗長に感じて退屈だったけど、思い返せば、あれは何が起ころうとも頑なに変わろうとしない停滞した村そのものを表していたのか。

 まさか、屍鬼側視点でこんな悲壮感を語っていく展開になるとは思わなかった。静信のカインとアベルの話でその片鱗は初期からあったとはいえ。

 食べなければ死んでしまう。そのために狩りをすることは罪なのか?生きるために敵を排除することは罪なのか?視点を変えればその答えはいとも容易く逆転してしまう。人間は結局、自分を中心とした考え方しかできず、自分のためにしか生きられないということか。

 生物が生きるためには他の生物の命を犠牲にせざるを得ない。食べることが罪ならば、死ぬしかない。そんな生命の放棄が果たして正しいといえるのか?

 矛盾する命題に答えは出ない。

ストーリー:3
キャラクター性:4
画:3
演出:3
音楽:4
総合的な評価:3
総合点:20

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010/12/26

屍鬼 第二十一話

 人間による屍鬼虐殺はますますエスカレート。ついに地下室の存在もばれ、辰巳は沙子を静信に託し、囮に。

 静信は村人に見つかり寺に逃げ込むが、追ってきた村人は何も知らない寺の人々を静信を匿ってると惨殺。静信も見つかって重傷を負うことに。

 何とか山に逃げ込んだ静信だったが、血の跡が点々。追跡されるのは必至の状況で、沙子の入ったトランクを隠す。

 ここまで人間の醜さを描かれると屍鬼側に同情せざるを得ないわけだが、そもそも屍鬼側が村の人間を全滅させて乗っ取ろうとしていたのも忘れてはいけない。生きるってきれい事じゃないよね。

 人間同士すら殺し合うのに、それが相手が人間じゃなかったら、遠慮も倫理観も躊躇も何もかもなくなってしまうわけで。それに肉親が殺されたという怒りが加わったら、人間はどこまで残酷になれるのか。

 普通に生活していても蚊は躊躇なく殺すし、クマが街に下りてきたら射殺。言葉が通じると言うだけで屍鬼もそれと違いはないと。

 他の作品なら、屍鬼に逆襲して全滅させて大勝利にカタルシスを感じる所なんだろうけど、この作品はそういうのとは完全に無縁そう。

 全てが終わった後、この村には何が残るのか?果たしてどんな結末が待っているんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010/12/19

屍鬼 第二十話

 人間達の逆襲。隠れ潜む屍鬼を陽の下に引きずり出し、皮膚が爛れてもがき苦しむそれを抑え付け、胸に杭を打ち付けてとどめを刺す。それはもはや虐殺の様相を呈して。

 狂気は狂気を呼び、もはやそれが屍鬼の協力者の人間であってもおかまいなし。どっちが鬼だか分からない惨状に。

 ただ殺されてしまったら起き上がることも出来ない。起き上がりになってまで生き続けたいのか?人間の尊厳と生への執着の葛藤か。

 共生の道は元から無く、どちらが生き残るかお互いの存続を賭けた殺し合いにきれい事なんて言ってられないか。

 脈があるか無いかで判断してたら人狼を取り逃がすしな。もっとも人狼だったら楽々逃げ出せるだろうけど。

 沙子は自分の胸が貫かれる様を想像し恐怖する。私たちは食事をしただけ。そうしなければ生きていけないのだからどうしようもない。果たしてそれは罪なのか?

 狩られる側はもうたくさんだ。私は狩る側に、加害者になりたかったと語る征四郎VS夏野の戦いの行方は?

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010/12/04

屍鬼 第十八話

 夏野の父が良い具合に壊れちゃってるけど一体何が?

 人狼は屍鬼の亜種で昼でも活動できて脈もあり、五感も強化される。だが、血を飲まなければその真価は発揮できない。

 夏野は辰巳に為す術もなかったが、人狼はレアものだということでこの場は見逃されることに。

 正志郎は人狼でもなく、本当にタダの人間なの?

 敏夫は千鶴を祭りに誘う。デートだと浮かれる千鶴だったが、神事が行われている神社本殿に向かう途中で、断崖絶壁に立たされているような気分に。恐怖を覚えて帰ろうとする彼女を押しとどめた上に、敏夫は千鶴が屍鬼なのだと暴露。

 敏夫の腕には千鶴の物ではない噛み跡が。夏野が先に敏夫を噛んでいた?

 ってことは、夏野はあえて辰巳に抵抗しなかったのか。あそこでばれたら計画が水の泡だけど、殺されずに見逃してもらえるかどうかは賭だったな。

 ついに人間側の反撃開始?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/11/28

屍鬼 第十七話

 屍鬼が勝利を確信した瞬間。その最期にして最大のチャンスを待ち続ける敏夫。しかし、その間にも犠牲者は増え続け、遂に律子まで餌食に。

 静信は屍鬼となった徹と出会い、罪の意識に苛まれる彼に生存本能に逆らえないのは仕方がないのだと諭す。脳裏に特別に酷い死なんてない。死は万人に平等との沙子の言葉を思い浮かべながら。

 かおりは家族全てを失い、半ば発狂。恵ちゃんは何でか知らないけど怒ってる。次は絶対に自分の番。だから自分で墓穴も掘ってきた。でも、戒名は自分では付け方が分からないから付けてくださいと静信に懇願。

 死は誰にでも平等に訪れる。しかし、気軽に投げ出して言い命などないと諭した静信だったが、屍鬼と人間、どちらにも都合の良いことしか語れない自分に気付き、沙子の許へ。彼女との会話で何かを見出すため?

 律子を失い、静信に裏切られ、決戦のために作り続けてきた杭を千鶴に廃棄されて、敏夫は絶望。

 敏夫は異変を訴えても何もせず、解決策を示しても訳の分からない事を言って否定してきた村人に絶望していた。自分では何も考えず動こうともしない人間達が自業自得で滅んでいく様を見たいと黒い感情を暴露。

 あなたみたいな男、好きよ。と告げられ、気を抜いた隙に千鶴の毒牙にかけられ操られて、今までの研究成果も破棄。

 好きな男はすぐに味わわないと気が済まないって、正志郎の立場は?
妻の浮気を手伝わなければならないって涙してたし。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/11/21

屍鬼 第十六話

 沙子の昔話。桐敷家では彼女が一番上位で、正志郎と千鶴は彼女に屍鬼にされて、両親を演じているってこてでいいのか?

 奈緒は家族が誰一人として起き上がらなかったため発狂。完全に鬼に堕ちてしまったらしい。

 かおりたちの父は恵に唆されたのもあるけど、妻に拒絶されたことが最終的な引き金となって妻を襲い、それを知った昭が反撃に出ることを誓うも逆に捕らえられて餌に?

 夏野は敏夫に屍鬼を滅ぼし、最後に自分も殺すのだと宣言。
デビルマンみたいなポジションになるわけか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010/11/14

屍鬼 第十五話

 葬儀社の葬儀が酷すぎる。何このエンターテインメントショー?

 敏夫は役場に乗り込むが、そこは既に屍鬼の巣窟と化していた。

 今月の村の死亡者は0。みんな死亡前に村から転出しているので村の死亡者にはカウントされないという詭弁。

 敏夫は転出先に問い合わせると強気に出るが、自分は泳がされていただけで、屍鬼たちがその気になれば自分はとっくに殺されていたのだという事実に気付かされて。

 敏夫の前に起き上がった夏野が。でも、肌がそんなに白くない。まだ血は吸ってないっぽい?でも、血を吸わなければまた死体に戻るだけ。

 死体に戻るまでの時間でどうにかするのか、それとも戦うために血を吸うのか。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2010/11/07

屍鬼 第十四話

 屍鬼と化した自分の妻を解剖すること決意した敏夫。医学に犠牲はつきものです?

 麻酔が効かないんだから意識があるまま解剖するのはしょうがないよね?農薬まで注入したのに。

 屍鬼はどうやったら死ぬか?切開創はあっという間に跡さえ残らず治癒。腕の動脈を切断しても出血はすぐに止まり、開いた腕ごと治癒。耳と鼻から器具を入れ脳を破壊しても再生。

 結局、首を落とすか、心臓を杭で破壊するしかないのか?

 そういや、紫外線を浴びせるとか太陽光に曝す実験はしてないな。

 妻が元々性格が悪そうだったからまだあれだが、これ、もしラブラブ夫婦だったら、インパクト凄まじかっただろうな。その方が敏夫の非情さが良く出た気も。

 生きたまま解剖している時点で十分非情だからそんな追い打ちいらない?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2010/10/31

屍鬼 第十三話

 夏野は死に、妻は失踪。夏野の父は一夜にして全てを失い呆然。自業自得だから仕方ないな。

 敏夫の妻も被害者に。辰巳と親しげに話してたから屍鬼側の人間なのだとばかり思っていたが違ったのか。

 屍鬼は獲物が病院に匿われないよう、病院に行くなと言い含めている。それに気付いた敏夫は妻を使っての実験を決意。

 静信の父は何かを知っているのか?

 

村に出来た葬儀屋は、おきあがりやすくするための施設?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/10/16

屍鬼 第十二話

 正志郎が起き上がりではないことが証明されたことにより、起き上がりなどただの与太話だという風潮に。

 今まで通り警戒されないどころか、むしろ正体の露見が遠のいて、屍鬼達にとってはますます良い環境に。

 徹の様子があまりにも生前と変わらないため、敵として見ることが出来ない夏野は共存案を持ちかけるが…

 屍鬼は人間を襲わずには居られない。血を提供してもらっても無理。人間は豚を生かしたまま肉を削いでいったりしないだろう?って、その例えは何かが違う気がするが。

 激しい渇きの前には、人殺しの罪の意識など吹き飛んでしまう。そして辰巳が恐ろしい。逆らうことなど出来るわけがないと。

 ところで、外界から途絶されたこの村を屍鬼の村にしたいというのは分かるが、人間を完全に排除していいの?食料としての人間は必要じゃないのか?
 人間は外部調達で、ここは安住の地にしたいの?

 屍鬼を増やすとそれだけ食料となる人間も必要だし、犠牲者が多いほど警戒されて正体発覚のリスクも高まるし、良いこと無いんじゃ?
 そうやって、ひっそり隠れて生きるのに飽きたとか、それで溜まったストレスの発散とかか?正志郎とかひっそり生きるのに向いてなさそうだしな。

 自分の感性のままに生きる夏野の父。最初にかおりたちを追い返そうとしたのは、この前の人形幼女の一件を反省してかも知れないが、その後の行動が酷すぎる。

 自分の常識以外は何一つ認めない上に、その常識自体が自分ルールとか自己中にも程があるって物だ。そのくせ、外面だけ取り繕うとするから事態は最悪の方向へ(--;

| | コメント (0) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Aチャンネル Dororonえん魔くん メ~ラめら あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 まりあ†ほりっく アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ゲーム ゲーム FE新紋章の謎・ルナティック ゲーム うみねこのなく頃に ゲーム ヴァルキリープロファイル -咎を背負う者- ゲーム ヴァルキリープロファイル2 -シルメリア- ゲーム 魔法少女まどか☆マギカ オンライン ココロ日記(BlogPet) パソコン・インターネット 成恵の世界 日記・コラム・つぶやき 神のみぞ知るセカイ 終了アニメ評価 終了・あ ARIA 終了・あ RD 潜脳調査室 終了・あ あさっての方向。 終了・あ アニアニランド 終了・あ 荒川アンダー ザ ブリッジ 終了・あ 青い花 終了・い いちばんうしろの大魔王 終了・い いぬかみっ! 終了・い 苺ましまろ 終了・う うみねこのなく頃に(アニメ) 終了・う うみものがたり 終了・う ウィッチブレイド 終了・え Angel Beats! 終了・え H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND 終了・え N・H・Kにようこそ! 終了・え エル・カザド 終了・え 永久アリス輪舞曲 終了・お おおかみかくし 終了・お オオカミさんと七人の仲間たち 終了・お 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 終了・お 奥さまは魔法少女 終了・お 桜蘭高校ホスト部 終了・お 狼と香辛料 終了・か CANAAN 終了・か かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 終了・か かなめも 終了・か かみちゅ! 終了・か かんなぎ 終了・か 仮面のメイドガイ 終了・か 怪物王女 終了・か 神様家族 終了・か 陰からマモル! 終了・が GUN×SWORD 終了・が がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 終了・が ガンパレードオーケストラ 終了・き Canvas2~虹色のスケッチ~ 終了・き キスダム 終了・き キミキス 終了・き 今日の5の2 終了・き 狂乱家族日記 終了・ぎ Gift ~eternal rainbow~ 終了・ぎ 銀盤カレイドスコープ 終了・く CLANNAD -クラナド- 終了・く くじびきアンバランス 終了・く 紅 終了・く 鉄のラインバレル 終了・く 黒執事 終了・く 黒神 The Animation 終了・ぐ グレネーダー 終了・け けいおん! 終了・け ケロロ軍曹 終了・げ げんしけん 終了・こ コードギアス 反逆のルルーシュ 終了・さ ささめきこと 終了・さ さよなら絶望先生 終了・さ 咲-Saki- 終了・し シゴフミ 終了・し シャングリ・ラ 終了・し 侵略!イカ娘 終了・し 屍鬼 終了・し 灼眼のシャナ 終了・し 真マジンガー 衝撃!Z編 on television 終了・じ 地獄少女 終了・す School Days 終了・す STAR DRIVER 輝きのタクト 終了・す すもももももも ~地上最強のヨメ~ 終了・す スクールランブル 終了・す スケッチブック ~full color's~ 終了・す スレイヤーズREVOLUTION 終了・す 涼宮ハルヒの憂鬱 終了・せ Saint October 終了・せ 世紀末オカルト学院 終了・せ 戦国BASARA 終了・せ 戦場のヴァルキュリア 終了・せ 瀬戸の花嫁 終了・せ 生徒会役員共 終了・せ 聖剣の刀鍛冶 終了・せ 閃光のナイトレイド 終了・ぜ ゼロの使い魔 終了・ぜ ゼーガペイン 終了・ぜ 絶対可憐チルドレン 終了・そ そらのおとしもの 終了・そ ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 終了・そ 宇宙をかける少女 終了・そ 宙のまにまに 終了・だ DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 終了・だ ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 終了・て テガミバチ 終了・て 鉄腕バーディー DECODE 終了・で デュラララ!! 終了・で 伝説の勇者の伝説 終了・と ToHeart2 終了・と true tears 終了・と とある科学の超電磁砲 終了・と とある魔術の禁書目録 終了・と とらドラ! 終了・と 図書館戦争 終了・ど ドルアーガの塔 終了・ど ドージンワーク 終了・な ながされて藍蘭島 終了・に にゃんこい! 終了・ぬ ぬらりひょんの孫 終了・ね ネギま! 終了・ね 練馬大根ブラザーズ 終了・は はなまる幼稚園 終了・は ハヤテのごとく! 終了・は 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 終了・ば BAMBOO BLADE 終了・ば バカとテストと召喚獣 終了・ば バクマン。 終了・ば 化物語 終了・ぱ PandoraHearts 終了・ぱ ぱにぽにだっしゅ! 終了・ぱ パンティ&ストッキングwithガーターベルト 終了・ぱ パンプキン・シザーズ 終了・ひ ひぐらしのなく頃に 終了・ひ ひだまりスケッチ 終了・ひ ひとひら 終了・び Venus Versus Virus 終了・ふ Fate/stay night 終了・ぶ BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 終了・ぶ 武装錬金 終了・ぷ プリズム・アーク 終了・ぷ プリンセスプリンセス 終了・ぺ ぺとぺとさん 終了・ぼ 忘却の旋律 終了・ま マリア様がみてる 終了・ま 舞 乙HiME 終了・ま 魔法少女まどか★マギカ 終了・ま 魔法少女リリカルなのはStrikesS 終了・ま 魔界戦記ディスガイア 終了・み みつどもえ 終了・み みなみけ 終了・み 美鳥の日々 終了・む 無敵看板娘 終了・よ 吉永さん家のガーゴイル 終了・ら らき☆すた 終了・ら 落語天女おゆい 終了・ろ ロザリオとバンパイア 終了・ろ ローゼンメイデン 終了・わ 我が家のお稲荷さま。 花咲くいろは 逆境無頼カイジ