2010/09/18

黒執事II 第十二話

 ハンナはシエルの魂ごとアロイスと契約。その契約が成就するまではシエルの魂はアロイスの中に封印されたまま。

 そして、アロイスの願いはセバスチャンとクロードの決闘。悪魔は本来不死身だが、ハンナの剣でつけられた傷は癒えることはなく、悪魔殺しが可能らしい。

 決闘はセバスチャンの勝利に終わり、アロイスはクロードの最後の主人の座を手に入れ、満足して消えていく。

 セバスチャンはようやくシエルをその手に取り戻せる、と思ったのもつかの間。ハンナはシエルとともに海に身投げ。それを追ってどうにかシエルを見つけるが…

 ハンナはクロードの死体の傍らで眠りに就く。クロードを愛していたからこそ今まで従っていたのか?もしかして初めからこれを狙った無理心中だったのか?
 アロイスはハンナの中でルカと再会し全員全部幸せだ!と叫ぶが、悪魔って死んだらどうなるんだ?地獄行き…じゃ悪魔にとっては今までと変わらないだろうし。

 セバスチャンはやっとシエルの魂を味わえると思ったら…シエルが悪魔になっていて永遠にお預けってなんじゃそりゃ?
 それでも主従の誓いは有効なので二人は永遠に主従関係。悪魔で悪魔の執事だそうな。

・総評
 一期の最後、復讐を完遂したシエルは契約通りセバスチャンに魂を捧げる。それで綺麗に終わっていたのに…完全に蛇足な上に台無しなんじゃないかこれは?
 復讐に全てを捧げ、それが終われば消える。その決意の強さと儚さが同居する様が良かったのに。誰得ですかこれは?この結末を望んだ人がどれだけ居るんだろう?

 アロイスの存在も中途半端だったし。一番の活躍の場がサプライズの第一話ってのは使い捨てと変わらないんじゃ?

 ハンナがルカに惹かれる物語は良いと思ったが、クロードは結局何だったのかという話に。最後までセバスチャンの対等のライバルになり得てなかったしな。せいぜいシエルをかすめ取った手腕くらいか。

ストーリー:2
キャラクター性:3
画:4
演出:3
音楽:4
総合的な評価:2
総合点:18

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2010/09/11

黒執事II 第十一話

 シエルを人質に取られ、セバスチャンとクロードは迷路庭園でスタンプラリーをする羽目に。

 抱きしめて。世界の果てまで!ってマクロスFか!?

 そこはアロイスの心の迷宮。チェックポイントごとにアロイスは質問を投げかけ、真実ではなくアロイスが望む答えのみが正解となる。

 そのルールを知りながらも、クロードは何故アロイスを殺したのか?との質問に、シエルの魂を手に入れるためだと答え続ける。アロイスの自己満足に付き合ってやる義理なんかないってか。

 ルカと契約し、町を滅ぼしたのはハンナだった。今まで契約してきた人間とは違い、私利私欲ではなく、純粋に兄のために行動する姿に衝撃を受けたハンナ。その無垢なる魂に惹かれ愛しいとさえ思っていた。だが、悪魔である彼女に出来るのはその望みを叶え、魂を喰らうことのみ。

 ならば、せめてルカが大好きだったアロイスの側に仕えることに喜びを見出していたらしい。

 いきなり「お兄」とか言い出したときには、ルカが悪魔化した姿なのか?とか、ルカって実は女の子だったの?とか思ってしまったが(--;

 ルカの魂に影響を受けているのか?私と契約して、私の中でルカと再会しようとアロイスに持ちかける。結局、喰らうことしかできないわけだが。

 シエルは自分が復讐を遂げていたことを思い出し、早く魂を喰らいに来いとセバスチャンに命令するが、セバスチャンとクロードが呉越同舟で辿り着いたときには、既にハンナは契約を終えていた。

 シエルの魂ごと契約したというハンナ。目的はアロイスの魂だけじゃなかったの?行きがけの駄賃とかせっかくだからとか?

 ハンナって今までセバスチャンの相手になってなかったのに、それでラスボスが務まるのか?とも思うが。手を抜いていたわけでもなさそうだし。それは契約してなかったからで、契約した今は大幅にパワーアップとかなんだろうか?

 ハンナを倒した後にセバスチャンとクロードでラストバトル?

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2010/09/04

黒執事II 第十話

 シエルを手に入れたクロードは浮かれまくり。逆にセバスチャンは森に八つ当たり。緑は大切にしましょう(--;

 それでも怒りの収まらないセバスチャンはナイスポーズを餌にグレルに同行を要請。もはやなりふり構っていられないというか。普段なら絶対にしないようなことを。

 アロイスのいた町を滅ぼしたのはクロードで、その契約者はアロイスの弟。契約を遂行したのでその魂はクロードの腹の中。これは予想してなかった。クロードはつくづく自作自演が好きなんだな。

 グレルを連れてきたのは三つ子のシネマティックレコードを見るためか。その中で、シエルがハンナの手を取ってるのを見て、セバスチャンは私のディナーに汚い手で触れるなと完全に逆上。

 セバスチャンとクロードの誓約内容はシエルの譲渡ではなく、シエルの魂を熟成させるまでの休戦協力協定だったらしい。セバスチャンが先に無視したわけではなく、クロードが抜け駆けしたのか。
 どちらにしろ、悪魔が契約不履行は頂けないな。契約の穴を付くととか曲解するとか履行不能になって破棄するのならともかく。
 人対悪魔ではなく悪魔体悪魔だから絶対性がないのか?

 ハンナが暗躍。アロイスからえぐり取った目を使って、シエルの中のアロイスの魂を表に。ハンナはアロイスに執着しているみたいだけど、魂だけが目的だったら、シエルに付与される前に指輪を奪って逃げちゃえば良かったわけで。彼女の目的は一体?

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010/08/28

黒執事II 第九話

 復讐を果たした達成感よりも初めて人を刺した嫌悪感に苛まれるシエル。やっぱり偽りの復讐じゃカタルシスがないのか。

 そんな中、女王から、少年の目玉がくりぬかれる事件の調査を命じられる。目撃証言からも、犯行場所を結んだ線が蜘蛛の巣を描くことからも、アロイスとクロードの仕業だと断定するが…あからさまに罠だよな(--;

 セバスチャンはハンナがクロードに仕えるような悪魔ではないと思っている。何か弱みを握られているのかそれとも別の目的があってあえて従っているのか。

 ハンナにはめられてアロイスと誤認されて逮捕されてしまったシエル。人違いだと主張するシエルに待っていたのは魔女裁判そのものの拷問。

 クロードの目的は拷問で弱ったシエルにアロイスの記憶を植え付けること。悪魔の能力を使えばそのくらい出来るだろうに、わざわざ拷問して洗脳することを選ぶ辺りが実に悪魔っぽい。

 アロイスの記憶を植え付けられ、セバスチャンが弟を殺した仇だと認識してしまったシエルはセバスチャンに出て行けと命令。執事にとって主の命令は絶対。セバスチャンはシエルを残して出て行かざるを得なくなる羽目に。

 シエルを横取りされた上に執事の誇りも怪我されてセバスチャンは怒り心頭。どんな報復をしてくれることか。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2010/08/22

黒執事II 第七、八話

 アロイスの誘いを受けて、決闘に赴くシエル。まずは執事バトル。

 って、なんでドルイット子爵が。空気嫁。

 三つ子が仲良く串刺しに。でも、その後、そのまま給仕してるし。

 執事達が決闘している隙にシエルはアロイスを誘い出して決闘を。しかし、全てに於いてアロイスの方が上。アイロスはシエルを嬲って遊び出すが、その油断を突かれて腹に剣を突き立てられることに。そこで執事達が現れて中断。

 助けてくれと懇願するアロイス。しかし、クロードはシエルの血を舐めて放心中。ようやく気付いても、冷たい目で見下ろすのみ。

 アロイス絶命…と思われたが一命は取り留めたらしい。

 しかし、クロードのアロイスを見る視線はそのまま。俺の血は美味いか?と聞かれたときのクロードの笑みは…思わず吹き出してしまった感じだな。

 ハンナに命じてファントムハイヴ邸に向かったアロイスだったが、そこにグレルが襲来。それに応戦するハンナ。彼女も悪魔なのか。

 アロイスの過去。孤児となって弟と暮らしていた彼の望みは自分たちはバカにする町の連中を皆殺しにすること。ある日、それは突然叶えられる。

 死体から金品を漁り、これで弟と何不自由なく暮らしていけると喜んだ矢先、その弟もちょっと目を離した隙に死んでいてアロイスは絶望することに。

 トランシー家に慰み者として連れてこられたアロイスは、そこで妖精を呼び出す呪文を聞き実行。しかし、現れたのは妖精ではなく、悪魔。

 その悪魔、クロードはアロイスに望みを問うが、アロイスに望みなど無かった。それでもあると言い張るアロイスの矛盾に興味を覚え、クロードは願いを保留として仕えることに。

 クロードから町を滅ぼしたのはセバスチャンだと聞いたアイロス。自分の復讐対象ととばっちりで弟を奪われた復讐としてアロイスが選択したのはセバスチャンの命ではなく、彼が執心するシエルを奪うこと。

 殺してしまったらそれで終わり。かけがえのない者を奪うことで、その苦しみを永続させる…その悪魔的思考こそクロードが望んでいた物だったが。

 豚を見下すような目で見るな。あの時の俺自身を見てくれた目をもう一度見せて欲しい。俺にはお前しか居ない。そう言って足にすがりつくアロイスの魂にはもはや誇りも自尊心も失われ、豚の餌に成り下がっていた。クロードはアロイスを殺し、食べる価値もないその魂を懐に入れて去っていく。

 ハンナはその死体にまたがり、私があなたの願いを叶えてあげるとつぶやく。あれは目を潰しているのか、それともくりぬいているのか。ハンナの潰された目の代わりにアロイスの目がはめ込まれるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/07

黒執事II 第六話

 復讐を終えたシエルに手を伸ばすセバスチャン。ようやく味わえる至高の味を想像しセバスチャンは思わず舌なめずりを。しかし―

 セバスチャンVS三つ子。三つ子の連携は見事な物だが、やっぱりセバスチャンの敵ではなく。ジェットストリームアタック位してくるかと思ったけど、無表情無言で襲ってくる以外は特筆する物はなかったかな。悪魔見習いでもなく、クロードの操る人形なのかな?

 パーティー会場ではハンナが弾くアルモニカの音色で皆が苦しみ出す。音波兵器?アグニの秘孔突きでそれは逃れたシエル組だが、今度は凶暴化した来賓に襲われることに。
 殺さずに気絶させなきゃいけないから大変だな。

 ハンナやアルモニカを狙えば良いんじゃ?と思ったが、一応、ハンナは人垣で守りは固めてたか?

 戻ってきたセバスチャンがグラス演奏でアルモニカ音波を無効化。更に共鳴で破壊。

 清らかな心を持つ者でなければ出せない音色とか言われていたけど、マイナス×マイナスでプラスになったってことか?

 あの日何があったのか?

 セバスチャンがシエルの魂を食べる直前。シエルの魂はクロードに横取りされていたらしい。

 しかし、魂を奪った物のクロードは魂と肉体が揃わなければ意味がないと気づき、セバスチャンは魂を取り戻した物の、復讐を遂げた記憶を失ったシエルの魂は再び復讐の完遂という味付けを施す必要があるため、復讐相手を探していた。

 二者の利害は一致し、密かに同盟を結成。アロイスを復讐相手としてでっち上げ、シエルが復讐を完遂した後にシエルを引き渡す。

 あれ?それじゃセバスチャンがシエルの魂を食べられないんじゃないの?その場になって契約破棄なんて認められないだろうし。何か抜け道があるのか?

 でっち上げるまでもなくアロイスが復讐相手だから無効とか、別の真の復讐相手が見つかってアロイスが復讐相手の資格を失って無効とか。

 第一期でどんなに餓えてもジャンクフード食べ放題より至高の一皿と語ったセバスチャンがえせ復讐で適当に味付けした魂で満足するかなぁ?アロイスをとりあえずの復讐相手に設定するすることでそれを足がかりに更なる何かを狙っているのか?

 当て馬にされるアロイスが哀れだが。クロードにとってはアロイスの魂も価値があるみたいだから捨て駒にはならないだろうけど。

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2010/07/31

黒執事II 第五話

 シエルの記憶喪失が確定。前作の辺りの記憶は丸ごと無いらしい。セバスチャンの頼みで皆は口裏を合わせてシエルに気付かれないようにしていると。

 劉にとっては敵対したことを忘れられて好都合か。唯一の肉親だったマダムレッドの死を忘れているのはシエルにとって幸か不幸か…

 しかし、存在そのものを忘れられているソーマにとってはたまった物ではなくて。フォローするアグニもさすがだけど大変だな。

 初見のはずのトランシー邸に既視感と強烈な不快感に襲われるシエル。もしかして、シエルを陵辱したのはトランシー家の連中なのか?で、シエルが召喚したセバスチャンに皆殺しにされた?

 と思っていたけど、第一話の状況をトランクの中から垣間見ていた?

 アロイスが仮装舞踏会にシエルを招いた目的は警戒されずにシエルに近づくことと、人質を取ることか。アロイスの女装を素で見抜けなかった(--;;;

 人質を取られても、好きにしろと告げるシエルを見てセバスチャンは満足げ。

 エリザベスとドジッ子メイドはともかく、他の連中は心配無用な気もするが。トランシー家がまた炎上しかねないよ?

 それぞれの主人の命を果たすため対峙するセバスチャンとクロード。あの三つ子も悪魔で執事見習いとかなんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2010/07/24

黒執事II 第四話

 誘拐犯からさらわれた貴族子息を無事奪還する指令を受け、電車に乗ったシエル。しかし、列車内は変人ばかり。

 えせ考古学者、鉄オタ、日本人頑固爺さん、入れ墨神父、護送中の殺人鬼とアバーライン(兄)。

 第一期で死んだアバーラインの双子の兄なのか。しかし、シエルはアバーラインのことも覚えてないよう。復讐の無意味さを説き、シエルをかばって死んだ彼を忘れているのは異常。逆にセバスチャンにとってはシエルの復讐心を揺るがせる彼の存在は邪魔なだけってか。

 ミイラの名前を聞いて、生前会ったことがあるけど、著しい水分不足とは言えお顔が違うような。とか言い出すセバスチャン。何千歳なんだよ!?とかつっこむのも野暮か。

 誘拐事件はセバスチャンがあっさり解決。しかし、電車には誘拐犯が仕掛けた止まると作動する爆弾が仕掛けられていた。

 それを偶然乗り合わせた変人改めその道のエキスパート達が華麗に解決!というお約束展開をちゃぶ台返しして、セバスチャンが一人で全て解決。今回、ギャグ回だったのか。

 クロードは何でここに?敵情視察兼、招待状手渡しのためだろうけど、その間、彼の監督下にないアロイスがどんな残虐行為を行っているか考えるだに恐ろしい。

 次回、ついにシエルとアロイスの顔合わせ?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/07/17

黒執事II 第三話

 ロンドンで起こった人体発火事件の調査を命じられたシエル。犬と蜘蛛に任せるとの一文に、自分がまだ女王の番犬の全てを把握しているわけでは無いのだと考える。

 女王生きているのか?別の女王が即位したのかも知れないけど。

 マダムレッドも生きているらしいし、シエルはまだ復讐を果たしていないと思っている。時間を巻き戻しての過去話で進行しているのか?それとも、シエルがその辺の記憶を失っているとか?

 シエルの魂が美味しかったから、反芻して味付けしなおしている?

 人体発火の絡繰りはストロボに使うマグネシウム。それをカメラを起爆装置にして発火させているらしいが…いや、それで人体が消し炭どころか骨まで綺麗に灰になるとかあり得ないだろ!?

 グレルが言うには魂さえも燃え尽きているらしいDEATH!カメラで魂を吸い取ってるのか?

 グレルの目的は犯人の魂の回収。しかし、その魂まで燃え尽きて回収失敗。犯人を唆した「あの方」による口封じ?カメラに言及がないと言うことは、カメラ自体はただの起爆装置だったのか?制作者はR・田中一郎じゃないよね?

 蜘蛛とは現場の後始末専門の闇の貴族らしい。そして、それはトランシー家が行っている。ここでアロイスとの接点が。でも、シエル自身は死んでたんだから潜入劇を知るはずもなく。セバスチャンは何を考えるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2010/07/10

黒執事II 第二話

 領内の水門の完成式典を開いたシエル。スピーチだけして帰る予定だったが、エリザベスがこの辺りにいるという噂の幸せの白い鹿を探すと言い出して。

 復活したばかりのシエルのリハビリ?でも、シエルの事業の成功をやっかんだり、エリザベスとの破談を期待したり、他の貴族が下世話で心が貧困なのは相変わらず。

 エリザベスはホントに良い娘だな。白い鹿探しもシエルに幸せになって欲しいからだし。少々ウザイところがあるけど、このくらいじゃないとシエルを押し切れないしな。

 ラウがちゃっかり再登場しているのに誰もツッコミを入れないのは誰もラウが死んだなんて信じてなかったからか?ラウだしなー

 それを言ったらシエルも行方不明期間とかあったんじゃないかと思うが、その辺全くスルーなのか?ま、ロンドンの惨状考えれば、その後、多少音信不通でも疑問には思われないか。

 洪水を止めろと命令されたのにセバスチャンは水門を破壊。この川は不自然な形になっていた。だから洪水が起こる。ありのままの自然の形に戻してやればもう二度とここで洪水は起こらないとセバスチャンは語る。

 白い鹿の正体は地上絵。洪水で堆積していた土砂が洗い流されて再び日の目を見たらしい。田中さんが良いところを持っていった!?

 ありのままの自然な姿が美しいというのなら、蘇った自分は?シエルの新たな苦悩の始まり?

 ところで、新主従、まるっきり出てこないとは…次回も出番なさそうだよ?

| | コメント (0) | トラックバック (14)

その他のカテゴリー

Aチャンネル Dororonえん魔くん メ~ラめら あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 まりあ†ほりっく アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ゲーム ゲーム FE新紋章の謎・ルナティック ゲーム うみねこのなく頃に ゲーム ヴァルキリープロファイル -咎を背負う者- ゲーム ヴァルキリープロファイル2 -シルメリア- ゲーム 魔法少女まどか☆マギカ オンライン ココロ日記(BlogPet) パソコン・インターネット 成恵の世界 日記・コラム・つぶやき 神のみぞ知るセカイ 終了アニメ評価 終了・あ ARIA 終了・あ RD 潜脳調査室 終了・あ あさっての方向。 終了・あ アニアニランド 終了・あ 荒川アンダー ザ ブリッジ 終了・あ 青い花 終了・い いちばんうしろの大魔王 終了・い いぬかみっ! 終了・い 苺ましまろ 終了・う うみねこのなく頃に(アニメ) 終了・う うみものがたり 終了・う ウィッチブレイド 終了・え Angel Beats! 終了・え H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND 終了・え N・H・Kにようこそ! 終了・え エル・カザド 終了・え 永久アリス輪舞曲 終了・お おおかみかくし 終了・お オオカミさんと七人の仲間たち 終了・お 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 終了・お 奥さまは魔法少女 終了・お 桜蘭高校ホスト部 終了・お 狼と香辛料 終了・か CANAAN 終了・か かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 終了・か かなめも 終了・か かみちゅ! 終了・か かんなぎ 終了・か 仮面のメイドガイ 終了・か 怪物王女 終了・か 神様家族 終了・か 陰からマモル! 終了・が GUN×SWORD 終了・が がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 終了・が ガンパレードオーケストラ 終了・き Canvas2~虹色のスケッチ~ 終了・き キスダム 終了・き キミキス 終了・き 今日の5の2 終了・き 狂乱家族日記 終了・ぎ Gift ~eternal rainbow~ 終了・ぎ 銀盤カレイドスコープ 終了・く CLANNAD -クラナド- 終了・く くじびきアンバランス 終了・く 紅 終了・く 鉄のラインバレル 終了・く 黒執事 終了・く 黒神 The Animation 終了・ぐ グレネーダー 終了・け けいおん! 終了・け ケロロ軍曹 終了・げ げんしけん 終了・こ コードギアス 反逆のルルーシュ 終了・さ ささめきこと 終了・さ さよなら絶望先生 終了・さ 咲-Saki- 終了・し シゴフミ 終了・し シャングリ・ラ 終了・し 侵略!イカ娘 終了・し 屍鬼 終了・し 灼眼のシャナ 終了・し 真マジンガー 衝撃!Z編 on television 終了・じ 地獄少女 終了・す School Days 終了・す STAR DRIVER 輝きのタクト 終了・す すもももももも ~地上最強のヨメ~ 終了・す スクールランブル 終了・す スケッチブック ~full color's~ 終了・す スレイヤーズREVOLUTION 終了・す 涼宮ハルヒの憂鬱 終了・せ Saint October 終了・せ 世紀末オカルト学院 終了・せ 戦国BASARA 終了・せ 戦場のヴァルキュリア 終了・せ 瀬戸の花嫁 終了・せ 生徒会役員共 終了・せ 聖剣の刀鍛冶 終了・せ 閃光のナイトレイド 終了・ぜ ゼロの使い魔 終了・ぜ ゼーガペイン 終了・ぜ 絶対可憐チルドレン 終了・そ そらのおとしもの 終了・そ ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 終了・そ 宇宙をかける少女 終了・そ 宙のまにまに 終了・だ DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 終了・だ ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 終了・て テガミバチ 終了・て 鉄腕バーディー DECODE 終了・で デュラララ!! 終了・で 伝説の勇者の伝説 終了・と ToHeart2 終了・と true tears 終了・と とある科学の超電磁砲 終了・と とある魔術の禁書目録 終了・と とらドラ! 終了・と 図書館戦争 終了・ど ドルアーガの塔 終了・ど ドージンワーク 終了・な ながされて藍蘭島 終了・に にゃんこい! 終了・ぬ ぬらりひょんの孫 終了・ね ネギま! 終了・ね 練馬大根ブラザーズ 終了・は はなまる幼稚園 終了・は ハヤテのごとく! 終了・は 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 終了・ば BAMBOO BLADE 終了・ば バカとテストと召喚獣 終了・ば バクマン。 終了・ば 化物語 終了・ぱ PandoraHearts 終了・ぱ ぱにぽにだっしゅ! 終了・ぱ パンティ&ストッキングwithガーターベルト 終了・ぱ パンプキン・シザーズ 終了・ひ ひぐらしのなく頃に 終了・ひ ひだまりスケッチ 終了・ひ ひとひら 終了・び Venus Versus Virus 終了・ふ Fate/stay night 終了・ぶ BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 終了・ぶ 武装錬金 終了・ぷ プリズム・アーク 終了・ぷ プリンセスプリンセス 終了・ぺ ぺとぺとさん 終了・ぼ 忘却の旋律 終了・ま マリア様がみてる 終了・ま 舞 乙HiME 終了・ま 魔法少女まどか★マギカ 終了・ま 魔法少女リリカルなのはStrikesS 終了・ま 魔界戦記ディスガイア 終了・み みつどもえ 終了・み みなみけ 終了・み 美鳥の日々 終了・む 無敵看板娘 終了・よ 吉永さん家のガーゴイル 終了・ら らき☆すた 終了・ら 落語天女おゆい 終了・ろ ロザリオとバンパイア 終了・ろ ローゼンメイデン 終了・わ 我が家のお稲荷さま。 花咲くいろは 逆境無頼カイジ