2008/04/02

ARIA The ORIGINATION 第十三話

 ARIAもとうとう最終回。ついにこの時が(T-T)

 灯里のプリマ昇格と同時に寿引退することにしたアリシア。今後はゴンドラ協会の常務理事としてウンディーネ全体のために働いていくことになるらしい。

 自分がなかなかプリマになれなかったせいで、今までアリシアをここに引き留めてしまったのだと思っていた灯里。でも、実際はアリシアの方が灯里と離れたくなくて、既にプリマの実力を持っていたにも関わらず今まで引き延ばしてしまっていたのだとか。
 さすがにアリスと藍華がプリマになって一人取り残されて寂しい想いをさせてしまう段に至っては、これ以上我が儘で引き延ばし続けるわけにも行かなかったと。

 お互い、一緒にいたい気持ちは同じ。でも、いつまでも立ち止まっているわけには行かない。前を向いて自分の道を進んでいかなければならない。それは灯里とアリシアに限らず、藍華やアリスも同じで。今までは平行した道を助け合いつつ並んで歩いていたけど、ここからはお互い違う道を自分の力で歩いていかなければいけないのだ。
 でも、だからといって今生の別れというわけでもなく、道の先は時には交差し、時にはまたしばらく平行になることがあるかも知れない。たまには寄り道したって良いわけだし。困っていたら助けに行けばいい、困ったら助けを求めても良い。全ては自分が決めること。

 アリシアの引退セレモニー。水の三大妖精最後の共演。そして、アリシアのオールは灯里に引き継がれる。

 後日談。
 郵便屋さんを初めとする知り合いや、その紹介で順調に予約を取る灯里。
 協会の仕事の合間にグランマと一緒に度々訪ねてきてくれるアリシア。
 支店長の仕事をこなしつつ、二人で合うときは泣き虫セレナーデな藍華。
 天才として注目を集め忙しい日々を送りつつも、遊びに行くときは三人一緒という自分ルールがブームのアリス。
 オペラ歌手としてもデビューしたアテナ。その姿に感動の涙を流すアリス…はでっかい内緒です!
 現役No.1プリマとして君臨する晃。藍華としては早く自分たちの時代にしたい、と言いつつ嬉しそう。
 一人前のノームになったアル君…って、背が伸びすぎだろ!その隣には藍華が。
 毎朝卵を届けてくれるウッディーといつの間にかそこにいるストーカー?アカツキは…灯里争奪戦なんだろうか?

 そして、アリシアに似た雰囲気の美人に成長した灯里についに弟子が。それはアイちゃん!?こっちはまるでかつての灯里のようで…こうして、アリアカンパニーの伝統は受け継がれていくんだな。

・総評
 完結編ということで、今までの癒し空間を維持しつつも、もうすぐ手の届くところまで来たプリマ昇格。しかし、決してそこが終点ではなく、まだまだ先があるのだと言うこと。むしろプリマ昇格後、どんなプリマウンディーネになるのかが大切なのだと示しつつ、プリマになれずに消えていく者がいること、プリマだけが到達点ではなく、トラゲットなどの道を選ぶことも出来ること、プリマにはプリマの苦悩があること、と憧れが現実になるからこその光と影も描いた今シリーズ。
 そして、それを知り、乗り越えてのプリマ昇格。水の三代妖精の愛弟子として受け継いだ物を自分達なりに開花させた灯里達が水の三大妖精と呼ばれる日もそう遠い日のことではないかも知れない。

 素晴らしい作品を本当にありがとうございました。ARIAの魅力をこれ以上ないほどに描ききったスタッフの皆様に心からの拍手を送りたいと思います。お疲れさまでした。

| | コメント (2) | トラックバック (24)

2008/03/26

ARIA The ORIGINATION 第十二話

 アリスがいなくなってしまってちょっと寂しいけど二人きりの合同練習はまるで出会った頃のよう。お互い頑張ってプリマを目指そう、と張り切る灯里。しかし、藍華の表情は暗い。

 まさか、試験に落ちたんじゃ?とも思ったけど、いらぬ心配で無事合格してローゼンクイーンは誕生していた。そればかりか支店長も任される大出世。でも、それ故に忙しくなって余り会えなくなるらしい。
 自分の昇格を喜ぶより灯里を一人にしてしまう負い目の方が先に立つ辺り藍華の性格が出ているよなぁ。ホントに良い娘だな、藍華は。OPの試験風景もとても良かった。特に感極まって涙する二人にその絆の深さが良く表れていて。

 それを早速アリシアに伝える灯里。親友のプリマ昇格と大抜擢を心の底から喜んでいるのは本当。でも、寂しさも隠しきれなくて。そんな灯里にアリシアは明日、プリマ昇格試験をすると切り出す。

 藍華が姫屋の跡取りなら、灯里だって一子相伝(というわけでもないんだろうけど)のアリアカンパニーの次期エースなわけで。スペアがいない分、灯里の方がよっぽど責任重大ではないかと…アリシアがなかなかプリマ昇格試験を言い出さなかったのはその重圧を考慮してというのもあるのかな?

 眠れずに夜に練習に出た灯里。そこへ巾着を落としたというアカツキが落ちる落ちた落としたと連呼しまくり。ウッディーまで一緒になって…久々に出てきたと思ったら何をしてくれるんだお前ら。

 翌日はあいにくの雨。延期しようとのアリシアの提案に、灯里はせっかくアリシアさんの決めてくれた特別な日なのだからと、午後まで待って晴れたら決行して欲しいと答える。その熱意が実り午後には日差しが。
 寝不足も午前中の居眠りで解消し、満を持しての試験開始。

 灯里らしさを存分に発揮した観光案内の後、おそらく最終試験なのだろう普段は進入禁止の狭い水路を抜け、灯里自身が選んだ最終目的地はアリアカンパニー。

 グランマのようなアリシアさんのようなアリアカンパニーそのもののようなプリマになりたいと語る灯里を、アリシアは貴女に会えて良かった。貴女のおかげで私の世界は変わった。貴女はこのアクアを優しく包み込むこの青い空と海のようと賛美し、その想いを込めた通り名・アクアマリンを最早不要になった手袋の代わりに贈る。

 ついにプリマに昇格した灯里。その灯里にアリシアが語る大事なこととは?なんとなく噂では伝え聞いているけど…

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2008/03/19

ARIA The ORIGINATION 第十一話

 藍華の通り名を考える晃。バリバリやる気姫、乙女プリンセス、わがままクイーン、流石の姫っ子、禁止姫、泣き虫セレナーデ…って、なんで無茶な言葉の組み合わせばかり(--;

 これは晃が良い通り名を思いつくまで藍華のプリマ昇格はお預けか?とか思ったり。

 ライバル会社の次期エースと目されるアリスの衝撃的なプリマ昇格よって、老舗・姫屋の跡取りである藍華に内外からかかる有象無象のプレッシャーは相当な物。にもかかわらず明るく元気に振る舞う藍華が相当の無理をしているのではないかと心配を隠せない晃。

 その上、藍華がアリスのプリマ昇格の場に居合わせたと聞いた晃は、もはや黙っていられなくなって強がらなくていいんだと声をかけるが、振り向いた藍華は笑顔で。
 ここまで、藍華の表情を見せない演出は基本的とは言えうまいなぁ。

 アリスがプリマになったことで、それに引っ張られて自分も加速している感じがすると語る藍華を見て、かつて自分を救ってくれた彼女の強さを思い出し、自らの杞憂を吹き飛ばした晃は藍華に通り名候補を書いた紙を。来月にはまた新たなプリマが誕生か?
…これで落ちたら洒落にならないしな(--;

 プリマとして忙しい日々を送るアリス。今までは毎日のように一緒にいた灯里と藍華ともう半月以上会っていない。仕事が終わるのも遅く、時間もきっかけもない。このまま、もうずっと会えなくなってしまうのだろうかと不安は募るばかり。
 しかし、そんなアリスの心情を察したアテナが部屋に灯里と藍華を招いて仕事帰りのアリスをお出迎え。

 アテナ自身、アリシアや晃となかなか会えないからその気持ちは痛いほど分かっていると。しかもアテナ達は全員プリマどころか三大妖精。それに比べれば、灯里と藍華の都合なんていかようにでもなるわけで。

 それでも、忙しくて今回灯里達の持ってきたピッツァのような会うきっかけが見つけられないというアリスに灯里は、アリスちゃん自身が十分会うきっかけなのだと語る。恥ずかしい台詞禁止!!

 次回はとうとう、灯里のプリマ昇格?

| | コメント (0) | トラックバック (19)

2008/03/12

ARIA The ORIGINATION 第十話

 今日はアリスのプリマ初営業。その後をつける灯里と藍華だったが、ガチガチのアリスはいくつかのファインプレイはあった物の失敗続きで。お客さんは気にせずに満足してくれてはいた物の、落ち込むアリスを灯里と藍華はお月見に誘うことに。そのおかげで立ち直ったアリス。プリマには一番乗りだったけど、それでもやっぱりアリスは二人の後輩ちゃんなんだなと。

 藍華の私服が何かのヒーローに見えるんだが…あの赤いマフラーとか特に。

 アル君を迎えに行った藍華。思いがけず二人きりでお散歩できて舞い上がった藍華は、井戸の蓋に飛び乗ってそのまま転落。それを助けようとしたアル君も転落。通りかかったまぁ社長に助けを求めたら飛び降りてくるし(--;

 まぁ社長、凄いんだか凄くないんだか…紆余曲折の末、なんとかまぁ社長を井戸の外へ投げ上げた後はひたすら救出待ち。

 アル君と二人きりの時間。恋する乙女らしくドキドキしているだけなら楽しいのに、例によって近づく力と遠ざかる力が均衡して一定距離を保ったままグルグル回るだけとか思い悩みはじめて。いつも思うのだけど、藍華ってどうしてこんなに思い詰めてるの?アル君に近づきすぎるのを極端に恐れている節もあるし…好きだけど結ばれないと思っているような…何か大きな障害が二人の間にあるの?

 いい雰囲気になったところでお腹の虫が…でも、その直後にまぁ社長が灯里達を連れてきたからどっちにしても…良かったんだか残念だったんだか、半々といったところ?

 アル君の方は、ぼけているようで藍華の気持ちには気付いているようで。元気のない藍華の手を取って走り出す。
 屋根の上で寄り添うアリア社長と姫社長もいい感じだし、お互い一歩近づいた?

| | コメント (0) | トラックバック (17)

2008/03/04

ARIA The ORIGINATION 第九話

 今日はアリスのミドルスクール卒業式。いつも「後輩ちゃん」なアリスが先輩、と慕われているのを見るのは新鮮だな。

 今なら何でも出来る気がする、というアリスをアテナは改めてピクニックに誘うことに。今日は私がお客さんでアリスがウンディーネ役というアテナの提案に従って、アリスの観光案内が始まる。

 お昼を食べて、いよいよ水上エレベータに水が満ちるまでの時間に、カンツォーネについいぇの不安を口にするアリスにアテナは貴女の歌を貴女以外の誰が好きになるの?大切なのは歌が好きだという気持ちだとアドバイス。

 そして、アテナの課した最終課題・カンツォーネを水の三大妖精・セイレーンの一番弟子として見事に歌い上げたアリスはシングルを飛び越して、まさかのプリマへの飛び級昇格!

 灯里のシングル昇格の時には理事長なんていなかったよな?とか思ってたらこんなサプライズが待っているとは…「オレンジプリンセス」誕生を抱き合って喜び合う灯里と藍華。でも、後輩ちゃんに一番乗りされて焦りは出てくるんじゃないかと…特に藍華、大丈夫か?

| | コメント (0) | トラックバック (23)

2008/02/26

ARIA The ORIGINATION 第八話

 アリスがアテナとピクニックと聞いて、ついにアリスもシングル昇格か?と思った灯里と藍華。でも、アリスによると約束はしたのにいつまでも行かないから、自分から誘ったのだという。

 カモメだかウミネコだかにお菓子を奪われてしまったアリア社長。でも、その涙にアリスの話に夢中の灯里は気付いてくれなくて。可哀相だけど可愛いよ。

 楽しみに準備していたアリス。しかし、その朝アテナは急な仕事が入ってしまって。急いで帰ってきた物の、すっかりアリスはへそを曲げていたことに狼狽したアテナはまあ社長の捨てたバナナの皮で滑って転んで頭を強打し記憶喪失に…って、えぇ~っ!?
 さすがはアテナ。なんてベタなボケを…しかも、記憶喪失の方が言動がしっかりしてるってどういう事だよ!?

 初めの方は、このままの方がアテナのためだと言っていたアリス。でも、アリア社長、アリシア、灯里のことまで思い出したのに自分のことをいつまでも思い出してくれないことに耐えられなくなったところに、貴女にとって私はどういう存在なのか?好きだったのか嫌いだったのかと問われて…

 全ては、アリスに嫌われたと思ったアテナの、アリスの本心を聞きたいが故のお芝居だったことがアリシアによって発覚。初めから気付いていたとか…流石親友。突拍子もないこと言われても、アテナだったらあり得ると普通は思っちゃうよな(--;

晃がこの場にいたらいきなりぶん殴って終了の流れだったのだろうか?

 こんなにしっかり出来るんだったら普段からそうしろと言うアリスに、だってこれ疲れるからと返すアテナ。確かにこれはアテナだ(笑)

 私たちも女の子だから不安になることがある。それがお気に入りの後輩のことだったら尚更だと語るアリシア。灯里の問いははぐらかすが…言わずもがなだよね。

 次回は仕切直しのアテナとアリスのピクニック兼昇格試験か?

| | コメント (2) | トラックバック (18)

2008/02/20

ARIA The ORIGINATION 第七話

 本日はアリアカンパニーの創立記念日。ということで、お休みして社員旅行。結婚して引退したアンナ先輩に。

 Aパートは、プリマになってウンディーネとして頑張り続ける道もあれば、寿引退で温かい家庭を築く道もある。幸せの道は一つじゃなく人それぞれといったところ?

 そして、Bパートはグランマこと秋乃とアリア社長の馴れ初め話とアリアカンパニー誕生秘話。この頃からアリア社長、今と余り変わらない大きさだし…子猫時代が見られると思ったのに(T-T)

 かつて、姫屋のエースだった秋乃。大妖精と呼ばれ、仕事も楽しかった。でも、あまりにも早く過ぎ去っていく時間が何故かもったいなく感じてもいて。そんな中、彼女は一匹の猫と出会う。

 いつも同じ場所で水平線の彼方を見ていたその猫。ある夜、雨の中なのに同じ場所で彼方を見つめていた猫と一夜を共とし、朝日を迎えた秋乃は、自分が無理をしていたのだと自覚し、その猫の綺麗な青い瞳に映る世界を共有したいと思った。

 だから、秋乃は独立してアリアカンパニーを興し、その猫はアリア社長となった…どう見ても秋乃、アリア社長に惚れてるよなぁ。

 そうして始まったアリアカンパニーの歴史は、今はアリシアに受け継がれ、そしていつかは灯里に…アリアカンパニーの未来は灯里の双肩にかかっていると。責任重大だなぁ…ま、灯里なら大丈夫か。今はまだちょっと頼りないけどな(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (25)

2008/02/12

ARIA The ORIGINATION 第六話

 アリシアさんに叱られたことがないと言う灯里の言葉が信じられないアリス。次の日からアリアカンパニーの監視を開始。だが、灯里がどんなに失敗してもアリシアは本当に叱らないばかりか、いつもにこにこしていて…

 話の流れ上、仕方がないとは言え、今回の灯里はミスばかりだな…アリシアもよく笑っていられる物だ(--;

 一週間監視を続けて、アリスが出した結論は、もしかしたら灯里は当の昔に愛想を尽かされて見捨てられているのではないかという物。そんな矢先、アリスはカフェテリアで偶然アリシアに遭遇して。

…ホントに偶然か?アリスが感じたように待ち伏せされていたんじゃ?監視していたこと見破られているし。笑顔で尋問は返って怖いよ?

 黄金のアリシア仏像の手のひらで弄ばれるアリス…なんなんだ、このシュールな図は(^^;;;;

 どうして灯里を叱らないのかと問うアリスへのアリシアの答えは、間違う度に叱っていたら相手はそのうち動けなくなってしまう。それよりも正しい道に導いて、成功したら共に喜び合いたい。教えることと教わることは表裏一体なのだと言う物。
 そして、それでも失敗してしまうのなら、それは自分が未熟なせいなのだと。

 アリシア自身もきっとグランマにそういう風に育ててもらったんだろうな。灯里が例え失敗は多くてもそれから学び、成長していくからこそ成立する教育法ではある。そして、お互いの信頼関係なくしては成り立たない。アリシアと灯里の絆の深さを再確認。

 今回もアリア社長は可愛かったな。かぶり物がブームなのか?

 OPでアリスを見つめるアテナの表情が良いな、と思った刹那…やっぱりアテナはアテナなのか(T-T)

| | コメント (2) | トラックバック (20)

2008/02/05

ARIA The ORIGINATION 第五話

 夏服への衣替えも済んだ頃。改めてアテナとアリシアの凄さを思い知らされた藍華。
あの二人は生まれつき天から与えられた才能を持っている。そんな天才二人と一緒にいた晃はどんな気持ちだったのだろう?
 本人達は自覚していないが灯里とアリスも紛れもない天才だ。自分だけが何も持っていない…そんな劣等感に苛まれる藍華。そんな折、晃が三人の中でプリマになったのが一番遅かったと知って…

 かつて、同じように劣等感に苛まれていた晃。それを救ったのが幼い頃の藍華だったって言うのは、出来すぎと言っちゃ出来過ぎなんだが、そのころから二人は出会う運命にあったということで。思いがけず、全く同じ状況に陥ったその本人に恩を返せたというのは感慨深い物が。

 無い物は無いんだからしょうがない。足りないのならば足せばいい。天から才能を与えられなかったのなら、努力して誰にも負けない秀でた才能を手に入れよう。天才でないのなら秀才になろう。

 晃の昔語りを聞いて立ち直った藍華。でも、前向きに努力できるのも才能だと思うよ?

| | コメント (0) | トラックバック (33)

2008/01/30

ARIA The ORIGINATION 第四話

 予約がびっしりの予約表を見て、アリシアの忙しさを再確認した灯里。もっとアリアカンパニーの、アリシアさんのお役に立ちたい、と言い出す。

 今日は藍華もアリスも用があって合同練習も出来ない。そんな灯里にアリシアはトラゲットを勧める。

 トラゲットは二人一組で行う渡し船。シングルでもお客さんを乗せられて修行になる上、日当も出るらしい。

 トラゲットは4人一組で一つの乗り場の往復を担当。初めての灯里はコツを教えてもらいつつ三人の現状を聞く事に。

 トラゲットはお客さんは立ち乗りで荷物をたくさん持っている人もいるからバランスの取り方がいつものゴンドラとは違う。そして渡し船という性質上、常連が多い。灯里以外の三人は顔見知りも多いよう。

 プリマ昇格試験に落ちたばかりで落ち込んでる。でも、その内立ち直って、もっともっと修行して再チャレンジをと思っている者。

 プリマにはならない。地域密着のこのトラゲットが好きだからトラゲット専門になると決めている者。

 そして、プリマ昇試験に挫折し、諦めてトラゲットに身を埋めようとしている者…

 三者三様。その三人から見ても、灯里の技術は目を見張る物があるらしく、プリマ間近と太鼓判を押されるが灯里本人はアリシアさんから昇格試験の話が出ないのはまだまだ自分が未熟だからなのだと思っていて。

 いつも同じメンツとばかり練習していて、自分の実力がどれくらいになったのか分からなかった灯里。でも、いつもの違うシングル同士の交流は自分の位置の確認とともに同じシングルでも目指す方向や考え方に違いがあるのだと知ることが出来て、とても勉強になったんじゃないかなと。
 プリマを諦めてた娘も再びやる気を出したみたいだし、よかったよかった。

 アリアカンパニーの収益考えるとトラゲット派遣を何で今までしなかったのだろう?と思っていたけど、灯里がこっちに行っちゃうと雑務とかサポートする人間が居なくなっちゃうのか(^^;
 灯里ってアリアカンパニーにとって貴重な人材だったんだな。焦る必要ないじゃないか。アリシアはこれを気付かせたくてあえて、ってところ?

| | コメント (4) | トラックバック (26)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Aチャンネル | Dororonえん魔くん メ~ラめら | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 | まりあ†ほりっく | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | ゲーム | ゲーム FE新紋章の謎・ルナティック | ゲーム うみねこのなく頃に | ゲーム ヴァルキリープロファイル -咎を背負う者- | ゲーム ヴァルキリープロファイル2 -シルメリア- | ゲーム 魔法少女まどか☆マギカ オンライン | ココロ日記(BlogPet) | パソコン・インターネット | 成恵の世界 | 日記・コラム・つぶやき | 神のみぞ知るセカイ | 終了アニメ評価 | 終了・あ ARIA | 終了・あ RD 潜脳調査室 | 終了・あ あさっての方向。 | 終了・あ アニアニランド | 終了・あ 荒川アンダー ザ ブリッジ | 終了・あ 青い花 | 終了・い いちばんうしろの大魔王 | 終了・い いぬかみっ! | 終了・い 苺ましまろ | 終了・う うみねこのなく頃に(アニメ) | 終了・う うみものがたり | 終了・う ウィッチブレイド | 終了・え Angel Beats! | 終了・え H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND | 終了・え N・H・Kにようこそ! | 終了・え エル・カザド | 終了・え 永久アリス輪舞曲 | 終了・お おおかみかくし | 終了・お オオカミさんと七人の仲間たち | 終了・お 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 終了・お 奥さまは魔法少女 | 終了・お 桜蘭高校ホスト部 | 終了・お 狼と香辛料 | 終了・か CANAAN | 終了・か かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | 終了・か かなめも | 終了・か かみちゅ! | 終了・か かんなぎ | 終了・か 仮面のメイドガイ | 終了・か 怪物王女 | 終了・か 神様家族 | 終了・か 陰からマモル! | 終了・が GUN×SWORD | 終了・が がくえんゆーとぴあ まなびストレート! | 終了・が ガンパレードオーケストラ | 終了・き Canvas2~虹色のスケッチ~ | 終了・き キスダム | 終了・き キミキス | 終了・き 今日の5の2 | 終了・き 狂乱家族日記 | 終了・ぎ Gift ~eternal rainbow~ | 終了・ぎ 銀盤カレイドスコープ | 終了・く CLANNAD -クラナド- | 終了・く くじびきアンバランス | 終了・く 紅 | 終了・く 鉄のラインバレル | 終了・く 黒執事 | 終了・く 黒神 The Animation | 終了・ぐ グレネーダー | 終了・け けいおん! | 終了・け ケロロ軍曹 | 終了・げ げんしけん | 終了・こ コードギアス 反逆のルルーシュ | 終了・さ ささめきこと | 終了・さ さよなら絶望先生 | 終了・さ 咲-Saki- | 終了・し シゴフミ | 終了・し シャングリ・ラ | 終了・し 侵略!イカ娘 | 終了・し 屍鬼 | 終了・し 灼眼のシャナ | 終了・し 真マジンガー 衝撃!Z編 on television | 終了・じ 地獄少女 | 終了・す School Days | 終了・す STAR DRIVER 輝きのタクト | 終了・す すもももももも ~地上最強のヨメ~ | 終了・す スクールランブル | 終了・す スケッチブック ~full color's~ | 終了・す スレイヤーズREVOLUTION | 終了・す 涼宮ハルヒの憂鬱 | 終了・せ Saint October | 終了・せ 世紀末オカルト学院 | 終了・せ 戦国BASARA | 終了・せ 戦場のヴァルキュリア | 終了・せ 瀬戸の花嫁 | 終了・せ 生徒会役員共 | 終了・せ 聖剣の刀鍛冶 | 終了・せ 閃光のナイトレイド | 終了・ぜ ゼロの使い魔 | 終了・ぜ ゼーガペイン | 終了・ぜ 絶対可憐チルドレン | 終了・そ そらのおとしもの | 終了・そ ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | 終了・そ 宇宙をかける少女 | 終了・そ 宙のまにまに | 終了・だ DARKER THAN BLACK -黒の契約者- | 終了・だ ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド | 終了・て テガミバチ | 終了・て 鉄腕バーディー DECODE | 終了・で デュラララ!! | 終了・で 伝説の勇者の伝説 | 終了・と ToHeart2 | 終了・と true tears | 終了・と とある科学の超電磁砲 | 終了・と とある魔術の禁書目録 | 終了・と とらドラ! | 終了・と 図書館戦争 | 終了・ど ドルアーガの塔 | 終了・ど ドージンワーク | 終了・な ながされて藍蘭島 | 終了・に にゃんこい! | 終了・ぬ ぬらりひょんの孫 | 終了・ね ネギま! | 終了・ね 練馬大根ブラザーズ | 終了・は はなまる幼稚園 | 終了・は ハヤテのごとく! | 終了・は 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST | 終了・ば BAMBOO BLADE | 終了・ば バカとテストと召喚獣 | 終了・ば バクマン。 | 終了・ば 化物語 | 終了・ぱ PandoraHearts | 終了・ぱ ぱにぽにだっしゅ! | 終了・ぱ パンティ&ストッキングwithガーターベルト | 終了・ぱ パンプキン・シザーズ | 終了・ひ ひぐらしのなく頃に | 終了・ひ ひだまりスケッチ | 終了・ひ ひとひら | 終了・び Venus Versus Virus | 終了・ふ Fate/stay night | 終了・ぶ BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | 終了・ぶ 武装錬金 | 終了・ぷ プリズム・アーク | 終了・ぷ プリンセスプリンセス | 終了・ぺ ぺとぺとさん | 終了・ぼ 忘却の旋律 | 終了・ま マリア様がみてる | 終了・ま 舞 乙HiME | 終了・ま 魔法少女まどか★マギカ | 終了・ま 魔法少女リリカルなのはStrikesS | 終了・ま 魔界戦記ディスガイア | 終了・み みつどもえ | 終了・み みなみけ | 終了・み 美鳥の日々 | 終了・む 無敵看板娘 | 終了・よ 吉永さん家のガーゴイル | 終了・ら らき☆すた | 終了・ら 落語天女おゆい | 終了・ろ ロザリオとバンパイア | 終了・ろ ローゼンメイデン | 終了・わ 我が家のお稲荷さま。 | 花咲くいろは | 逆境無頼カイジ