« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011/08/28

花咲くいろは 第二十二話

 母に、今でも父に片思いしているのだと聞いた緒花。自分もコウちゃんに片思いを続けるとか言い出す。

 いや、コウちゃん死んでないから!すっかり忘れ去られて、このままフェードアウトしかけていたところで復活?かと思ったら…なんとかギリギリ踏みとどまっているようだけど。

 それを聞いた民子は片思いなんか止めて、トオルさんと付き合えとブチギレ。理不尽通り越して何を言ってるか分からないよ!

 その口論をトオルが聞いていたことで図らずも民子の好意は伝わることになったわけだが…蓮さんから悪いとこばかり学んでしまっているトオルに進展なんて期待できるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011/08/22

花咲くいろは 第二十一話

 若旦那と貴子が結婚することに。女将は式を挙げるのが結婚の条件だと言うが、今はそんな余裕があるわけもなく。

 緒花が、ここでやればいいじゃないと言い出したことで、話は進展したように見えたのだが。

 トオルは式の料理を任されて大張り切り。でも、やっぱり前回のオムライスの件はスルーなのね。

 民子の方は舞い上がり気味だったところに、トオルの口から緒花の話が出て、希望と絶望が相転移を起こして魔女化。緒花にトオルへの恩に報いるために付き合ってあげろとか言い出す始末。

 良い感じに泥沼だなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/16

花咲くいろは 第十九、二十話

 学園祭。緒花のクラスの出し物は民子と結菜という二大美少女がいる利点を生かした姫喫茶。

 民子は調理場の仕切を任せられるが乗り気ではなく。しかし、トオルが遊びに来ると聞いたら、俄然張り切り出したはいいが、こんどは生真面目な職人気質が徒に。

 教室の調理具では美味しいオムライスは作れないと却下したら、それを好きな男子に出したかった女子が泣き出して。

 ここで妥協してやらないのがさすが民子なわけだが。

 喫茶店と言うより割烹料理屋だとしか思えないメニュー揃えとか。

 民子の思い描くオムライスは、子供の頃に洋食屋で食べた本格的な物。それを作るには当然、教室のホットプレートじゃ火力不足。しかし、菜子や緒花の作る家庭用オムライスを見て、ようやく思い直す。

 と、いうわけで、トオルが注文したオムライスに、勇気を振り絞ってケチャップで大きくLOVEと書いて出した民子だったが…

 一瞬は面食らった様子のトオル。しかし、隣の客が、同じくLOVE印のオムライスを食べていたことから、どうもそういうサービスだと思ったようで。だめだこりゃ。

…と思ったら、次回予告で、何か進展ある?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »