« 神のみぞ知るセカイII 第八話 | トップページ | 逆境無頼カイジ 破戒録篇 第九話 »

2011/06/04

成恵の世界 少年エース2011/7月号

 どこの御柱だろうと、てとらはてとらだ!と父としててとらを連れ帰ろうとする和人。しかし、御柱は和人を攻撃。

 戦いは人を人ならざるものに変えていく。異文明をいたずらに接触させ、それを助長する蛇は人類の仇敵。御柱の使命はあまねく生命の救済。全ての生命を蛇の手の及ばぬ高みへ…

 和人と成恵はそれに反論。異文明が出会ったときに必ず争いが起こるなら、自分たちは今ここに一緒にいない。そもそも成恵は生まれていない。そして、それはてとらも一緒。

 その言葉は御柱の中のてとらを呼び覚まし、TPO結線を通じて、和人と成恵の物語を御柱に。

 母にいて欲しいと思うことはあるが、今居ないことも含めて私の母。私たちはずっと一緒には居られない。世界を選べても、誰も死なないくらい強くなっても、悲しみは無くならない。あなたの夢見る「ずっと」は私にはない。

 成恵を救済することは出来ない。だが、御柱は全ての生命を救済しなければならない。その矛盾にロジックエラーを起こした御柱を救ったのはてとらと青日人だった。

 始まりの星にして巡礼の終着地。無数の平行宇宙を貫く駅の一つ。約束の地。既知臨界点・地球。

 そして、巡礼の記憶を集め、保存する新次元アーカイバ、通称・蛇。

 全てを理解した御柱は白蛇に、そして、てとらは成恵と和人の許に。

 てとらは現時点では人間になっているらしい。人間か機族か選ぶのはてとら自身だとか。

 異文明が接触すれば必ず争いになる。その先入観こそが御柱の間違い。自分たちの物語が悲劇に終わったからと言って、それを他の世界にお仕着せてはいけなかった。

 暴走した使命感は歪みを生み、いつしか御柱は、人の理解の及ばぬ何かに。御柱は自分が暴走機になっていたことを自覚し、それでも自分を見捨てることの無かった乗員達に感謝し、平穏を取り戻す。

 その全てを見ていた機族の女王。彼女は全てを知っているのか?

 もうちょっとだけ続きます。成恵の世界の大団円はもうすぐなのか。和人を待ち受ける最後の、本当の試練とは…成恵との結婚か?

|

« 神のみぞ知るセカイII 第八話 | トップページ | 逆境無頼カイジ 破戒録篇 第九話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

成恵の世界 」カテゴリの記事

コメント

今度はね、こちらが随分前にもう読みました。何度も何度も読み返してしまいました。でも気持ちの整理が出来なくて、まだ何も書けません…

間違っているのは、本当に御柱のてとらなのか?和人と成恵が出会ってから、宇宙の争いが二人を巻き込んで、絶えなくなりました。和人を誘惑しようとした鈴ちゃん、成恵を利用しようとしたツルギスタンのバサリ王子、二人を誘拐した傭兵姉妹。争いがてとらが生まれてからさらに激化して、やっと全面戦争に。たまたま生まれたてとらは、成恵と同じ、その存在自体が争いのトリガーになり、「必ずしも争う訳じゃない」の証明とはとても言えないでは…

普通の人間は、ある程度の楽観主義者と言われている。それはおそらく、生命として「頑張れる」ように、進化してきた結果。だから成恵と和人はてとらを否定しようとする…?御柱のてとらはあくまでも機械として、現実を見ようとしすぎて、知らないうちに未来の可能性を捨ててしまいました…?

投稿: EIFY | 2011/06/04 02:04

あと人間のてとらが和人と成恵の物語のほんの一部しか知らないはず、成恵が成美お母さんのことをてとらに教えたのも微妙かもしれません。御柱のてとらが記録データを、人間の目線で改めて読み取りしただけだと思いますが…

深次元アーカイバから迎えにきたのは、青日人ではなく惑星緑日の皆ではないかと。つい最近、てとらとして「守ろうとした者の思い出」だし。

第四の御柱も「てとら」かどうかは、微妙ですよね。和人は躊躇わず「てとら」と呼び止めようとしていたけど、成恵はなかなか受け入れられない模様。なんとなく緑日の御柱たちよりも感性的になっているように見えますが…

投稿: EIFY | 2011/06/04 02:36

 確かに争いは起きましたが、それは最初に接触した成美と正でもなく、成恵と和人でもなく、当人達とは無関係の第三者が自分たちの都合で起こしているんですよね。
 和人と成恵が否定したかったのは「必ず」の部分でしょう。人間は相手を受け入れあって仲良くすることが出来る。それを否定させないと。

 成恵の母のことについては、TPO結線を通じて成恵の記憶と想いが流れ込んだのかなと。
 蛇の記憶アーカイヴかとも思いましたが、あの時点じゃまだ蛇と接触してませんよね。

 エウランがいたから緑日の方かも知れませんね。

 あの御柱はてとらを取り込んだアルマゲストでは?

投稿: 藤ゆたか | 2011/06/05 11:06

そういえば惑星緑日も同じですね。争うのはエウランとトゥザクではなく(むしろ恋に落ちている…)、旧アバロン軍と緑日の御柱。

個人としては、お互い理解し合い、仲良くなるのは可能。でも御柱が信じていたのは「異文明の接触は必ず争いを生む」。スケールが大きくなるほど、問題は複雑になって、争うのは接触の本人の限りではない。現実の異文明の接触については、一体どちらが正しいでしょうね……。まあ、成恵と和人は所詮、一人の人間として周りの世界を見る。てとらもその視点だからこそ、反応したんでしょう。

てとらの卵が何万年も地上の事を見てきたし、それは自分の記録データではないかと。よく見るとあのシーン、てとら自身も含め、地球側の全員がほぼ入っているし。そこで「ずっとなんてガキの発想…」が出るのは、ちょっと皮肉かもw

アルマゲストは今月号まで、一度も「第四の御柱」と自称していなかったし、人間のてとらが「ごめんね、あなたを忘れて私ばっかり」とあの御柱に謝ったし、あの御柱はずっとてとらの中に休眠していて、あちこちで影響してきたではないかと。

投稿: EIFY | 2011/06/05 12:48

 個人では譲り合えても、集団が大きくなると段々、許容範囲が狭くなって妥協点が見いだせなくなりますからね。
 両方とも正しいことを言ってるのに、付き合わせると矛盾しているということも多々ありますし。

 緑日なんてお互いを蛇と誤解しての擦れ違いですし。

 香奈花お姉ちゃんの言葉は重みがありますね。

 てとらもアルマゲストも御柱の一側面なんじゃないかなと。

投稿: 藤ゆたか | 2011/06/05 18:32

こういう場合は丸尾も混ぜたらやっぱりいろいろややこしいですね。殆ど口も挟めないし。

見返したら、機族の女王は恐らく宇宙に影響が出る程の出来事にしか関心がないように見えますが。いきなり御柱ごと白蛇になったことで、やっぱり何かの変化をもたらしますか?

正直、ありえないでもないし、成恵はお母さんが生きている世界や、ずっとてとらと一緒にいられる世界が欲しいという非日常な展開も見てみたいかも。折角なので…

投稿: EIFY | 2011/06/06 14:04

 ここまで来ちゃうと丸尾は役に立ちませんな。

 女王は大局を見据えているというか、何が起きるのかある程度分かっているような。彼女も白蛇に近い存在なのかも。

 平行世界の中にはそういう世界もあるでしょうね。でも、それを望むと世界を見失う可能性が。

投稿: 藤ゆたか | 2011/06/07 00:53

全てを見通し、極めた機械は皆あのように超然になるでしょうか。最初は目的が人間の幸せとか、幸福は生命の救済なのに…人間って本当に救いがたいなw

まあ、本編世界の成恵と和人はマジ早く結婚して、二人とも一人前にならないと。娘はお母さんの言う事に、御柱の身分と力ごと捨ててしまったよ?

投稿: EIFY | 2011/06/08 14:09

 機族達は、自分たちは人類と共に歩む存在だと自覚しているから大丈夫でしょうけど、人類側がなぁ…

 最終回は二人の結婚式なのかな?

投稿: 藤ゆたか | 2011/06/10 01:05

…という訳で、きっかけで皆が「違う道を選ぶ」並行世界のSSを書き下ろしました。あくまでも自己満足みたいな物ですが、お読みいただければ幸いです〜

http://bit.ly/mTchIO

合星国がアルマゲストを捕らえようとして、銀聯が攻撃を始めた時点で、もう大事な「何か」を失ったな…と、今は思います。どんな選択をしようと、それは違うものを失うだけ。

投稿: EIFY | 2011/06/22 10:34

 機族としてのてとらを封印することは、てとらの半身を奪うのに等しいと言うことですか。

 私は、力で世界を幸せにすることは出来ない、今の地球にこの力は不要と気付いたからこその封印だと思っています。

 機族としての力も完全に消え去ったわけではなく、てとらの意思でどちらかを選べるみたいですし、まだ、最終決定までの猶予期間ぽいですし。

投稿: 藤ゆたか | 2011/06/29 00:30

本編世界がああなってもお互いに嫌いにならず、人間の方は後ろめたそうにすら見えるから、割れない展開にしました。最後はもう取り戻したから怖くないよと言っているけど、残っている半身だけだからこそかもしれないし。

本編世界も現実世界も、皆ある程度力に守られていると思います。違うのは、誰が権力を振っているだけ。銀聯と星々の機族代理戦争は兎も角、地球の状況では御柱の方がいいではないかと。成恵も和人も国際情勢に詳しそうじゃないが、御柱なら分かるかも。中止したのは恐らく、人間としてお母さんを幸せにできないなら、意味がないと思います。

どちらの母を選ぶという意味だけだと思いますが…まあ、あんな経験で、ある意味自分でやめようと決めたから、出来る限り隠そうとしているかも。それもそれで辛いかもしれないが…

…もしこれ以上の円満エンドにならないなら私は逆の世界に!
(こら!

投稿: EIFY | 2011/06/29 08:03

 御柱がホントに中立公明正大だったらそれでも良いんでしょうけど、御柱の考え方も間違っているんですよね。銀連やアバロンよりマシ程度で。
 そこを理解して考えを改めたから、これからは頑張ります、は有りかも知れませんけど。

 とりあえず、信じて待ちましょう。

投稿: 藤ゆたか | 2011/07/04 01:15

確かに「異文明が出会えば必ず争う」と思い込んでいるけど、それは御柱の問題より、人間の問題だと思います。よく考えたら、本編世界は成恵の生まれを含め、その通りだし…

実は人間が「出会っても必ずしも争うわけじゃない」と証明できてから、御柱が改めて考え直すべきだと思います。

…アルマゲスト編の終についてもう書き過ぎたかもしれませんが、ちょっとした説明を書きました。興味があればどうぞ〜

http://bit.ly/ir6qvu

投稿: EIFY | 2011/07/04 02:46

 人間の問題というか、生命の宿業なんでしょうね。でも、全てがそうだと決めつけるのは悲観論というものですし。

 成恵は自分自身の存在こそが争わずに仲良く共存できることの何よりの証明だと信じてますね。

投稿: 藤ゆたか | 2011/07/06 01:13

どんな意味でどちらの方が正しいのはとにかく、和人と成恵の行動で世の外に出るぐらいならよりいい方向に導けると思いますけどね。乱暴されたのも呼び止めようとしたのも和人だというのはどう言う(ry

人を殺さない「兵器」が恐怖しか生まないなんて、よく考えたら本当に蛇の囁きにしか聞こえないし。

銀聯やアバロンに対するよりも、両方とも撃たれまくってやっと蘇った養女に厳しいというのは、本当に娘を虐めるようにしか…

投稿: EIFY | 2011/07/06 07:06

 片方が叱って片方がフォローする両親の役割分担というか何というか。

 御柱側は安全な場所に隔離しようとしているのに対し、成恵と和人は、最初から相手を拒絶してしまったら、仲良くなる道は閉ざされてしまう。痛みを恐れて逃げてるだけでは何も変わらないと言ってるのかと。

投稿: 藤ゆたか | 2011/07/12 01:10

仲良くなる可能性ですか。何となく納得し始める気がしますね。
とは言ってもとんでもない、leap of faith程の賭けですね。和人と成恵はよく分からないかもしれませんが、不可逆的かもしれませんし。

投稿: EIFY | 2011/07/12 10:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/51847250

この記事へのトラックバック一覧です: 成恵の世界 少年エース2011/7月号:

« 神のみぞ知るセカイII 第八話 | トップページ | 逆境無頼カイジ 破戒録篇 第九話 »