« 神のみぞ知るセカイII 第七話 | トップページ | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第七話 »

2011/05/26

逆境無頼カイジ 破戒録篇 第八話

 班長の456賽を押さえたカイジ。他の班長の協力もあり、456賽を白日の下に曝すことに成功。

 しかし、余興に用意したものが混ざってしまっただの今日初めて使っただの悪あがき。そして、ついに、まだ目は出ていなかったのだからノーカンだと言い出す。

 カイジはそれを受け入れ、班長の目は456賽で出る最低の目、4だと認め、その代わり、自分たちも特殊賽を使うことを了承させる。

 全員が456を出しても50万の3倍で150万だとほくそ笑む班長。しかし、ここまでがカイジの思い通りだった。

 カイジ達が使用するのは6面全て1のサイコロ。班長は抗議するが、カイジは456賽を使うとは言っていないと宣言。班長のイカサマへの怒りが冷めやらないギャラリーもそれを支持。班長は50万の5倍、250万を失うことに。

 しかし、カイジの策はそこでは終わらなかった。親は2回受けるのが規則。ギャラリーを味方に付けたカイジに対抗できるわけもなく、班長は250万の更に5倍、1250万を支払う羽目に。

 班長を完膚無きまでに叩きのめしたカイジ。だが、一日外出券をゲットできるのかはまだ不透明。そして、手に入れたとして、更にそこで大金を得る必要が。まだまだ地下王国脱出は先の話か?

|

« 神のみぞ知るセカイII 第七話 | トップページ | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第七話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

逆境無頼カイジ」カテゴリの記事

コメント

元手の50万も合わせて300万以上賭けていたので2回戦はその5倍で1500万以上の支払いですね。

投稿: | 2011/05/26 09:08

 元手が手元に残った上で5倍払いでしたね。2000万近い班長の貯金が吹っ飛んだのは覚えていたのですが、なんか計算が合わなかったのはそれでですか。

投稿: | 2011/05/27 07:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/51769999

この記事へのトラックバック一覧です: 逆境無頼カイジ 破戒録篇 第八話:

« 神のみぞ知るセカイII 第七話 | トップページ | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第七話 »