« 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第十三話 TRUEROUTE | トップページ | バクマン。 第二十五話 »

2011/04/02

とある魔術の禁書目録II 第二十四話

 俺たちの戦いはこれからだ!てか、一話丸ごと第三期予告編って感じだったな。

 スキルアウトのリーダー、駒場の装備は要するにAMスーツ@スプリガン?

 結標のテレポートより早いって…その分、体への負担は凄まじいらしいが。

 一方通行相手にはチャフで遠隔演算を妨害。体力バカと思いきや、頭脳派だったのか。いや、正確には理解出来ていなかったから一方通行に出し抜かれたのかも知れないけど。

 駒場も妹?を守る為に戦っていた。一方通行は駒場の末路が明日の我が身だと気付かされる。

 戦争が始まるので、子供を連れて疎開。そんな親の当然の要求を学園都市は受け入れず、代表としてやってきた美琴母を殺そうとする。

 代表者を見せしめに殺せば親たちを黙らせることができる、とか強攻策を通り越してトチ狂っているとしか思えないんだが。学園都市内はともかく、その外は法治国家なんだよね?学園都市内は治外法権なのだとしても、法治国家として子供の返還要求出されたら美琴母一人殺したところで意味ないだろ?

 美琴母が学園都市にとって致命的な情報を入手したから、情報諸共闇に葬りたいってのならまだわかるが。

 駒場を暗殺しておいて、美琴母暗殺に使うのはその部下のスキルアウトとか…つまるところ、駒場たちもグループ同様、学園都市の命令で暗躍してたけど、駒場が反逆を起こしたので粛正したってことか?

 グループは駒場の二の舞にならないように慎重に、学園都市の上層部ののど笛に食らいつく機会を窺うわけね。

 ところで、リーダーはこの姿と名前は借りているだけとか言いつつ、ちゃんと記憶も持っているみたいだけど…

 相変わらず上条さんの説教は正論ぶってはいるけど薄っぺらいな。その理想を実現していた駒場の末路を知って尚、それを通すって事は理想のために死ねってことだぞ。

 理想のために戦って自己満足の中で死んでいける人間ならそれでも良いんだろうけど、みんながみんなそんなご立派な人間じゃないんだよ。生きるために必死にもがいている人間を全否定するなよ。

 上条さんが自分の理想の生き方を貫いて尚、生きてるのも右手のおかげだしな。確かに「同じレベル0」じゃないよ。ま、右手が無くても同じ事して自己満足の中で死んでいったんだろうけどさ。

・総評
 第一期の最終回が戦争阻止で今回は開戦か。対になっていると言えばなってるのか?

 もはや、何でそういう展開になるのか理解出来ないところが多々あるわけだが、それは超ダイジェスト版で、説得力を持っているシーンが軒並み削られて結果だけが提示されているからっぽい?

 始めに結論ありきで、苦渋の選択の末にそこに辿り着かざるを得なかった人間の苦悩を問答無用で全否定して、理想論を並び立てるのは楽しいか?とか。

 でも、一方通行が頑張っている姿は良かったな。お為ごかしなぞ一切無く、敵には一切容赦なし。自分の本当に守りたい者を守る為に余計なリスクは一切犯さない。そのぶれない姿勢は評価できる。もう、一方通行が主人公で良いんじゃね?

ストーリー:2
キャラクター性:4
画:5
演出:2
音楽:4
総合的な評価:3
総合点:20

|

« 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第十三話 TRUEROUTE | トップページ | バクマン。 第二十五話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

終了・と とある魔術の禁書目録」カテゴリの記事

コメント

>スキルアウト
駒場たちは学園都市上層部とは全く繋がりはありません
また学園都市には「反逆罪」は存在しない為、上層部にとって邪魔でもイタズラ行為程度なら少年院送りは無理なので、裏仕事を回されて使い潰されるのがオチです

そうならないための交換条件として御坂美鈴の暗殺を提示したわけですが、スキルアウトに手際の良い仕事を期待しているはずがありません

仕事失敗を理由に結局は暗部落ちにさせ、使い潰すための口実だと思われます(暗殺が成功すればそれはそれで利益になる)
>レベル0
別に上条さんも理想を貫いて死ねって言ってるわけではなく、スキルアウトを束ねる組織力があるなら、それを使って困っている人を助けてやれよと言ってるだけです
学生の6割がレベル0で、そのほとんどが普通に学校に通って普通に友達と過ごしている中で、レベル0であることを免罪符にただ暴れるだけのスキルアウトこそがレベル0の価値を下げてるんだと

実際に駒場がリーダーになってからは「売春禁止、女子供に手は出すな、能力者でも困っていたら助ける、レベル0(他のスキルアウトとか)でもカツアゲなどの悪さは許さない」など、少しずつですが秩序が生まれ始めてました

そのせいでレベル0であることを免罪符にただ能力者を襲うだけのスキルアウトには恨まれてましたが、浜面を含め第七学区の大勢のスキルアウトは駒場に憧れてました

投稿: | 2011/04/02 21:00

 駒場と行動を共にしていたなら、上条さんに説教されるまでもなく、浜面はそんなこと理解していたと思うのですよ。

 でも、その理想の体現者だった駒場が殺されて、絶望の中、生きるためにはこの依頼を受けざるを得なくて、やっぱりレベル0には夢も希望もありゃしないって状態の時に正論かまされたら、そりゃ逆ギレしても仕方がないんじゃないかな-と。

 死ねは極論ですが、駒場の理想を継いで仲間を守っていくということは駒場と同じ末路を辿る覚悟がいるわけですし。

投稿: 藤ゆたか | 2011/04/02 22:37

今回はスキルアウトに殺させる事に意味があるのです。山賊に偶然襲われて死んだまいたいな。

投稿: | 2011/04/03 16:37

 学園都市側は一切関与してません。事故です…じゃ脅しにならないか。
 あんたらが取り戻そうとしているお子さん達はこんなに凶暴なので外に出したらいけませんよ、ですか?

投稿: 藤ゆたか | 2011/04/03 23:33

いや 御坂の親は一応外部では結構偉い地位なので
しかもレベル5の親です
リーダーを失えば学園都市に口出しできる勇気のない連中などは霧散してしまうでしょう。
学園都市にとってはこういう人が烏合の衆をまとめてしまうのが問題なのであって 脅しなんかするつもりはありませんというより本気でやれば日本政府すら操れるのであくまでうるさい蝿の群れを散らせる程度の重要度です
口だけの連中と外部の結構偉い連中と交渉できる人間とでは価値が全然違うでしょう
常盤台はお金持ちのお嬢様の集まりですので
客寄せパンダの親でもありますし

投稿: | 2011/04/04 11:29

 全員が全員是が非でも子供を取り返したいわけではなく、大半が美琴母の尻馬に乗っただけで、行動を起こす者が居なければそのまま黙っちゃう程度なわけですか。

 確かにそうじゃなかったらチャイルドエラーがあんなにいるわけがないですね。

投稿: 藤ゆたか | 2011/04/05 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/51279241

この記事へのトラックバック一覧です: とある魔術の禁書目録II 第二十四話:

» とある魔術の禁書目録? 第24話 武装集団(スキルアウト) (終) [crystal cage]
第24話のあらすじ グループからの指示で無能力者の集団、スキルアウトのアジトへやってきた一方通行。 別ルートから潜入していた淡希はリーダーの駒場利徳と接触し、交戦に。 レベル0でありながら、淡...... [続きを読む]

受信: 2011/04/02 13:53

» 「とある魔術の禁書目録II」第24話(終) [日々“是”精進!]
  #24「武装集団」(終)「そんなつまんねぇ幻想なんて、自分でどうにかしやがれ!このクソヤローが!!」結標が駒場と対峙呆気なく決着がつき、結標は倒されてしまう・・・アク... [続きを読む]

受信: 2011/04/02 14:34

» とある魔術の禁書目録II 第24話(最終回)「武装集団(スキルアウト)」 [空色きゃんでぃ]
あわきんカッコいいヽ(*´∀`*)ノ 一方通行さんも。 バトルシーンいいですね(o・ω・o) 上条さんの戦闘シーンは殴るだけで単調だけど、今回のバトルは見ごたえありました。 スラム街も圧迫感がいい雰囲気。...... [続きを読む]

受信: 2011/04/02 14:50

» とある魔術の禁書目録〓 24 [MEGASSA!!]
第24話「武装集団(スキルアウト)」 最終回ですが、しょっぱなから敵さんたちが戦ってます。 こんなゴリラ男と対等に戦えるのも能力のお陰か。 それにしてもアクセラレーターのあの杖って意味あるのだろうか?(笑) 今回もいつものごとく最初はアクセラレーターがボコボコにされます。 「どこを撃たれて欲しい?」なんて余裕こいてるからやられるんですよ。 スキルアウトってのはレベルゼロの人間がなるんですね。 「コンビニ寄って〜」なんて庶民的なこと言い出したと思ったら 今度..... [続きを読む]

受信: 2011/04/02 17:36

» とある魔術の禁書目録Ⅱ TokyoMX(4/02) [ぬる~くまったりと]
第24話  最終話  武装集団(スキルアウト) スキルアウトのリーダー駒場と対峙 [続きを読む]

受信: 2011/04/02 20:54

» とある魔術の禁書目録II 第24話「武装集団(スキルアウト)」 [SERA@らくblog]
ターゲットの駒場利徳とまず戦ったのは結標。 特殊なテーピングで強化した駒場に窮地に…。 ってことで、本命(?)のアクセラさんが参戦するけど。 チャフで能力を封じられ、いっつあぴんち!(違)  ▼...... [続きを読む]

受信: 2011/04/02 21:53

» とある魔術の禁書目録? 24話(最終回) [アニメ徒然草]
ヒロインは酔っ払いのおばちゃん。ラスボスはチンピラ。 というわけで、 「とある魔術の禁書目録?」24話(最終回) はいはい三期三期の巻。 一方さんマジ仕事熱心。 たとえ敵に事情があろうとも、...... [続きを読む]

受信: 2011/04/02 23:59

» (アニメ感想) とある魔術の禁書目録II 第24話 「武装集団(スキルアウト)」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
とある魔術の禁書目録? 第3巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray](2011/04/06)阿部敦、井口裕香 他商品詳細を見る ●意見交流の場として掲示板を設置しました。記事の感想や意見、原作ファンからの補足、もちろんアニ...... [続きを読む]

受信: 2011/04/03 00:09

» とある魔術の禁書目録II 第24話 『武装無能力集団(スキルアウト)』 [こいさんの放送中アニメの感想]
グループに参加した一方通行の初仕事。武装無能力集団(スキルアウト)のリーダー抹殺。しかも因縁のある結標淡希との競争だった。 駒場利徳武装無能力集団のリーダーにして、一方通行の抹殺ターゲット。無能力者が能力者と1対1って厳しくないですか。そう思ったらちゃんと対策を施してきました。ドーピングかと思いましたが軍用の発条包帯(ハードテーピング)だそうです。副作用があるらしいですが、劇中では特に出ませんでしたね。 弱いものが工夫して強者に挑む。このシチュエーションは燃えますね。それにしても駒場デカ... [続きを読む]

受信: 2011/04/03 04:08

» とある魔術の禁書目録II #24『武装集団(スキルアウト)』 [本隆侍照久の館]
結標と駒場の戦闘が開始される。 結標は座標移動-ムーブポイント-で先制攻撃。駒場の眉間を狙ってコルク抜きを移すが、そこにはもう駒場の姿はなかった。 [続きを読む]

受信: 2011/04/03 13:02

» とある魔術の禁書目録II 第24話 「武装集団(スキルアウト)」 (終) [ゆる本 blog]
混乱の中で終わるのはまだまだ続編の目があるから、「とある魔術の禁書目録II」の最終話。 テロを起こすスキルアウトを殲滅するミッション展開中の統括理事会の地下組織「グループ」。 メインターゲット「...... [続きを読む]

受信: 2011/04/03 17:30

» とある魔術の禁書目録II 第24話  『武装集団(スキルアウト)』 [ゼロから]
駒場利徳と遭遇した結標淡希。駒場の強さにあっさりやられた結標。ああ、一方通行(アクセラレータ)ときと一緒ですね。折角パワーアップしたのに。 [続きを読む]

受信: 2011/04/03 18:04

» とある魔術の禁書目録? 24話 「武装集団(スキルアウト)」感想。 [追憶の本屋]
とうとう禁書II最終話。後半かなり盛り上がってほんとに短く感じました。 上条さんの熱い説教と、一方さんのCOOLな一歩を見せられ三期へのワクワクが止マラナイww。 >>ということで、インデックスII #24 最終話 武装集団 感想です.+゚*。:゚... [続きを読む]

受信: 2011/04/03 19:22

» とある魔術の禁書目録? 第24話 「武装集団(スキルアウト)」 [バカとヲタクと妄想獣]
大門じゃんよ 前回の続き〜 スキルアウトのリーダー「駒場 利徳」と対峙する結標 淡希 普通ならレベル0の駒場では、レベル4淡希で実力の差は歴然としているが 筋肉を補強する「発条包帯(ハードテーピング)」を使用し、結標を退ける 駒場さん、そのポーズww ... [続きを読む]

受信: 2011/04/05 00:43

« 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第十三話 TRUEROUTE | トップページ | バクマン。 第二十五話 »