« バクマン。 第二十四話 | トップページ | テガミバチREVERSE 第二十五話 »

2011/03/26

成恵の世界 少年エース2011/5月号

 ハルナの怒りに白蛇が呼応?白蛇のバックアップを受けたハルナは星門を開き、アルマゲストを平行世界に強制送還することに成功。

 しかし、その負荷は凄まじく、ハルナの船体は崩壊、戦闘不能に。

 白蛇が力を貸したのは、ハルナが地球との絆を深めた結果か。

 だが、アルマゲストは制御体に意識を移し、尚、生命の救済と蛇の排除を宣言。てとらはアルマゲストを説得に向かうが蛇に呪われし者と判断され、囚われの身に。

 パワーアップした罰襟巻に乗り込み、和人達はてとら救助に向かう。ぴ~とさんと御鼠様が頼もしすぎる。

 罰襟巻の新兵器はアルマゲストに通用するのか?

|

« バクマン。 第二十四話 | トップページ | テガミバチREVERSE 第二十五話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

成恵の世界 」カテゴリの記事

コメント

まだ読む術がないがネタを見るとマジっすかどうしろとって感じ…

強制送還したのは、日本に辿り着いたあの一隻だけなのか?

乗客の為だけでもてとらを撃てないし、制御体ぐらいてとらには敵えないと思うが(その気になれば)

投稿: EIFY | 2011/03/31 15:02

強制送還したのは日本に向かってきた一隻だけですね。

投稿: 藤ゆたか | 2011/03/31 23:46

てとらの主翼も久しぶりですね。
http://bit.ly/gAgprJ

まさか「小さな虚しさのために あなたと繋いだ手を離してしまった」というのがてとらの行動だとは思ってもみなかった。ああいう性格(成恵の血筋?)だから納得できる、むしろ当たり前だが…

機族の聴覚だし、さらに一月号のように御柱の機能の一部としてそれ以上の絆を持っているし、和人あれだけ叫んでいたのに…あえて聞こえない振りをしていただけだろうな…

成恵への約束も破るようになるでしょうか…

投稿: EIFY | 2011/04/09 15:02

 てとらは優しすぎるみんなを守る為に自らを犠牲にすることも厭わないでしょうけど、和人がそれを許さないでしょうね。

 無事に連れ帰ってくると信じます。

投稿: 藤ゆたか | 2011/04/09 20:30

まあ、いろんな所まだ子供だし、明らかに献身的というか、責任を取ろうとしながら自分のことをちゃんと考えていないようですね。鹿目まどかのようなキャラとはちょっと程度が違います。

アルマゲストとはあくまでも姉妹としてお互い傷つけたくなさそうだけど、問題はやっぱり精神の影響?「鉄の嵐」の歌詞そのままなら、いままで「誰一人愛せずに私を拒む」というのはアルマゲストとして、てとらが無理矢理受け入れたら「なにひとつありのまま私でいられぬ」ということですか?

何だかんだで御柱全体の為、世界の為、自我を差し上げるのはてとらかもしれません…

投稿: EIFY | 2011/04/10 08:03

 ちょっと忙しくて返答が遅れて申し訳ございません。

 てとらは完全に自分のせいだと思い込んじゃってますね。あなたが居なくなったら悲しむ人が居るって何で考えないの!

「鉄の嵐」の歌詞は色々暗示してそうですよね。

投稿: 藤ゆたか | 2011/04/17 13:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/51225123

この記事へのトラックバック一覧です: 成恵の世界 少年エース2011/5月号:

« バクマン。 第二十四話 | トップページ | テガミバチREVERSE 第二十五話 »