« バクマン。 第二十一話 | トップページ | テガミバチREVERSE 第二十一話 »

2011/02/26

成恵の世界 少年エース2011/4月号

 アルマゲストに再生産された制御体の目的は縁結び。御柱の真骨頂は星門を操る技術だが、それに必要な地図は失われている。その地図を描き直すために世界を繋ぐ絆の主と接触する必要があるらしい。

 あれ?それなら、目的はてとらではなく、実は和人なんじゃ?

 お鼠様と意思疎通を図る四季。お鼠様の巫女か何かなのか?

 ビンテンの人型形態が遂に登場。船体持ちなのに少女形態だし。強気なロリ婆?階級は提督らしい。

 しかし、銀連理事だか議長だかはホントに機族に対して人望がないな…

 増殖したアルマゲストは、コピーではなく平行世界から集結したらしい。不利を悟り、戦況が決した世界を放棄して、最も勝機のある世界に集結して起死回生を図る。それが平行世界の戦いなのだとか。

 傭兵妹は、はじめに自分と姉が元の体に戻れる方法があるのかを問う。しかし、はじめは予言なんて偶然だと語る。そして、過去は取り戻せなくても今のあなただからこそ出来ることがあるのではないかと告げる。傭兵妹は何を思うのか?

 香奈花はアルマゲストを地球から引き離すため、バチスカーフにてとらを乗せて木星星門に逃げる作戦を立案。それを見送るのは白蛇?

 だが、アルマゲストは目的を機族の殲滅に変更していた。お互いを蛇と認識しあい、相争う愚かさに大統領は気付いたようだが時既に遅し?

 宇宙先生に加えて、ハルナも参戦し、防衛戦の最前線へ。穏やかな生活を破られたハルナは、それを取り戻すために戦うことを決意する。

 成恵はトゥザクを一目見て、超可愛いとか。ま、一応平行世界の和人だしな。遺伝子レベルで成恵専用のフェロモンでも出しているのか?

|

« バクマン。 第二十一話 | トップページ | テガミバチREVERSE 第二十一話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

成恵の世界 」カテゴリの記事

コメント

http://bit.ly/hMicQ3
「世界を繋ぐ絆の主」は幼い七瀬家三人全員だと思いますが、どうかな?

最後まで、てとらにあんな愚かな戦争を見せたくないな。が、もうそういう最後で、あまり性格に似合わないぐらい強気でアルマゲストに命じなければ、事態を収めようもない…

投稿: EIFY | 2011/02/27 15:26

 機族の女王が和人を特別視してますし、緑日の運命を変えたのも和人ですから、主は和人、もしくは和人と成恵じゃないかなと。
 だからこそ、「繋いだその手を離さないで」なのではないかと。

 てとらは御柱としてアルマゲストを説得する必要がありそう。

投稿: 藤ゆたか | 2011/02/27 20:01

つまり、女王は第四の御柱のフルパワーを必要としている…?

あ、やっぱり「お鼠様の巫女」だなw
動物全般に意思が通じる?

投射体はフェロモンを放っていないと思いますw
青日のエウランはどうなっているでしょうね…

投稿: EIFY | 2011/02/27 21:03

 女王はある程度のことまでは把握していそうですけどね。ただ、あくまで決定するのは人間だから必要最低限以上の情報は離してくれないのでは。

 時代屋の女房で人語を話すぴーとさんと四季が話す機会がありませんでしたけど、わざわざ人語はなさなくても意思の疎通は出来ていたようで。

 エウランとはあのまま生き別れなんでしょうけど。無事新天地に辿り着けたのかな?

投稿: 藤ゆたか | 2011/02/27 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/50979024

この記事へのトラックバック一覧です: 成恵の世界 少年エース2011/4月号:

« バクマン。 第二十一話 | トップページ | テガミバチREVERSE 第二十一話 »