« 屍鬼 第二十二話 | トップページ | 2010/10-12月期終了アニメアンケート(第19回調査) »

2011/01/04

うみねこのなく頃に散 EP8

 長きに渡ったうみねこのなく頃にの物語も遂に最終章。魔女幻想が、六軒島が、黄金郷が、全てが散る。

 人間は知ることは出来ても、知らないことは出来ない。真実と引き替えにそれを失う覚悟がないのなら、真実に至ってないのなら、この先は読まない方がいい。

 戦人がゲームマスターとして縁寿に贈る縁寿のための最後のゲーム。しかし、真実を求める縁寿は戦人が作り出す優しくて暖かい物語を拒絶。それをベルンにつけ込まれて、魔法で真実を覆い隠す戦人VS真実を暴く縁寿という構図に誘導されてしまう。

 未来を生きる縁寿にとって、過去の真実はおろか自分たちの生死すら何の意味もない。それよりも親族達がいかに優しく暖かく楽しい人達だったのか思い出して欲しいと願う戦人の思いは縁寿に届くのか?

 世の中には知らなくて良いことがある。知ってしまったらもう知る前には戻れない。だが、人間は知らずには居られない生き物。知るために生き、時に知るために命を捨てる。

 縁寿が真実の魔女としてヱリカと共闘なんて予想できるわけが…

 絵羽が遺した手記、一なる真実の書に辿り着いた縁寿はその内容に絶望すると共に、親族が、兄が生きて帰ってくるという希望の全てを完全に失い、その人生に幕を降ろす…

 六軒島を喰らい尽くす黒山羊の群れ。それは六軒島の無限の惨劇を綴る偽書の擬人化にして、ネットで考察を続ける、あるいは屈服したプレイヤーの群れ。

 屈服し、魔法を信じる者はベアトやワルギリアの魔法でいとも簡単に蹴散らされるが、ミステリー説を掲げる者にはエンドレスナインが宿り、魔法を無効化する。

 だが、ミステリー説を掲げる者も推理が拙ければ、ドラノールの十戒やウィルの二十則に斬り捨てられる。

 ネットで繰り広げられている考察を取り込んで綴られてきたこの物語。遂にプレイヤーはゲーム内の物語世界を浸食。作者と読者の相互コミュニケーションの集大成と言えるかも?
 私もこの山羊の中の一人なのか?

 ミステリー説を掲げながら、考えるだけ時間の無駄とか言ってる奴は本人が敗北を認めていないだけで、とっくに屈服している。思考停止は即ち死。それがこの世界のルール。
 こんな滅茶苦茶やられて推理できるわけがないなんて言ってる奴はゲッタウト!てか。

 楼座無双発動。山羊さんどころかヱリカさえ全く歯が立たず。瞬間移動できなかったら何十回死んでるんだよ。てか瞬間移動中の数十の残像全てに同時に致命傷を与えるって…無双の魔女の称号は伊達じゃねぇ。

 ベルンの駒として召喚されながら、縁寿のために戦うエヴァ。伯母さんはいつでも縁寿ちゃんの味方。理解されなくても、憎まれても構わない。見返りを求めない無償の愛が、ベアトリーチェの猫箱のふたを閉ざす。

 ラムダデルタ、マジパネェ。流石全宇宙最強の超パー。そういえば、ベルンは奇跡的に一勝しただけで百年間閉じ込められてたんだっけか。武器がお菓子ってところがラムダらしい。でも、形がお菓子ってだけで、クレイモアなんだがクラスター爆弾なんだか…最終的にブラックホールだし。

 しかし、フェザリーヌはその遙か上を。ヒナミ・ザ・ワールドどころかキング・クリムゾン?ラムダが敗北する結末から書き始めて、どんな攻撃でそうなったのかは後で落ち着いて執筆。良いアイデア募集中って…

 黄金郷は食い尽くされ、ベアトはヱリカに討ち取られてしまう。なんか楼座一人でどうにか出来そうだったけど…大将のベアトが一騎打ちに出てしまったのが敗因な気も。

 ベアトの心臓は潰され、全ての幻想は消滅。ベルンは全ての親族と幻想住人の死亡を赤で宣言する。

 だが、一なる真実を知ろうとも、赤で語られようとも、それでも尚、それに惑わされず、自分の中の真実を貫き、信じ抜く―黄金の真実に至ったとき、縁寿は遂に、黄金と無限と反魂の魔女の領域に至る。

 赤字さえ通さない黄金のエンドレスナインか。

 縁寿が反魂の魔法で全ての死者を蘇らせ、戦人がベルンを打ち破り、唯一のゲームマスターの座を取り返したことで、この長かった物語はとうとう終幕に。

 縁寿に委ねられた最後の選択肢。ベアトの右手に現れた飴玉は、魔法か手品か?

 この流れじゃ、当然、魔法を選ぶよ…これを屈服というなら言うが良いさ。個人的には、これは屈服ではなく理解。全てを理解し、黄金の真実を手にしたのだと主張したい。

 真里亞の白き魔法を理解したのなら、誰も望まない、自らを不幸にする真実を暴くことに何の価値もないと胸を張って断言できるからな。

 試しに手品を選んだ場合も見てみたけど、あれはあれで縁寿らしいと思う。どちらが正解とか優劣があるわけでもなく、どちらもこの物語の結末。こっちが真のルートだとの主張も否定しない。魔法ルートの方はいささか奇跡が過ぎる気もするしな。

 幸せの魔法を取るか、それを捨てて真実を追い求めるか?それを選択するのは自分自身であり、誰にもそれを強要することは出来ないと。信じ続けることで奇跡という結実を得るか、奇跡などに頼らず自分自身の力で運命を切り開くか。どちらを選んでも、それは自分の人生だし。

 戦人とベアトの脱出シーンは現実なのか幻想なのか…全ては猫箱の中か。

 戦人はベアト共に海底へ沈む。たとえ、その体が奇跡的に流れ着いても、記憶が蘇ったとしても、戦人の人格はベアトと共にあり、共に海底の猫箱の中。人格の死こそ人の死。赤字には抵触しない。彼はもはや雛戦人ですらなく完全に別人と。

 でも、そうなると福音の家での再会描写はどうなるんだって話になるが、彼の中に残っていた戦人のカケラが帰還を果たしたってことで良いのかな。

 一なる真実は遂に明かされず猫箱の中。しかし、それが明かされれば、この物語は一つに収束してしまう。猫箱の中にあるからこそ、それは無限の物語を生み出していく。
 人の数だけ黄金の真実は存在する。願わくば、その物語が惨劇ではなく、優しく暖かい物語であらんことを。

…今まで散々惨劇を見せつけておいて、惨劇ばかり生み出すなと言われてもちょっと反応に困るところがあるけど。

 4年間、たっぷりと楽しませてもらいました。答えが確定されていない謎は結構ある気がするけど、自分の黄金の真実を胸に、再びEP1から読み直すのも一興かな?

 また何かのなく頃に。その前に礼があるかな?

|

« 屍鬼 第二十二話 | トップページ | 2010/10-12月期終了アニメアンケート(第19回調査) »

ゲーム 」カテゴリの記事

ゲーム うみねこのなく頃に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/50484003

この記事へのトラックバック一覧です: うみねこのなく頃に散 EP8:

» うみねこのなく頃に EP8 感想 [サブカルなんて言わせない!]
nbsp;明けましておめでとうございます。同時に、お久しぶりです。副管理人の和です。まぁうみねこのなく頃にシリーズも今回で最終章になった訳ですが、例の如く感想にいきたいな〜と。ネタバレ注意につき、大丈夫な方は下の続きを読むを押してくだせぇ。その前に一つ当ブログが先日、100万HITを記録したんですが、これまた雑記を書かずこの一大イベントをスルーしちゃいましてねw改めて100万HITおめでと〜!&ありがと〜!と今更ながら言ってみる。100万HITを記念して、当ブログ管理人subculさんと自... [続きを読む]

受信: 2011/01/05 02:25

« 屍鬼 第二十二話 | トップページ | 2010/10-12月期終了アニメアンケート(第19回調査) »