« とある魔術の禁書目録II 第九話 | トップページ | FE新紋章の謎・ルナティック第二十三章 »

2010/12/04

屍鬼 第十八話

 夏野の父が良い具合に壊れちゃってるけど一体何が?

 人狼は屍鬼の亜種で昼でも活動できて脈もあり、五感も強化される。だが、血を飲まなければその真価は発揮できない。

 夏野は辰巳に為す術もなかったが、人狼はレアものだということでこの場は見逃されることに。

 正志郎は人狼でもなく、本当にタダの人間なの?

 敏夫は千鶴を祭りに誘う。デートだと浮かれる千鶴だったが、神事が行われている神社本殿に向かう途中で、断崖絶壁に立たされているような気分に。恐怖を覚えて帰ろうとする彼女を押しとどめた上に、敏夫は千鶴が屍鬼なのだと暴露。

 敏夫の腕には千鶴の物ではない噛み跡が。夏野が先に敏夫を噛んでいた?

 ってことは、夏野はあえて辰巳に抵抗しなかったのか。あそこでばれたら計画が水の泡だけど、殺されずに見逃してもらえるかどうかは賭だったな。

 ついに人間側の反撃開始?

|

« とある魔術の禁書目録II 第九話 | トップページ | FE新紋章の謎・ルナティック第二十三章 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

終了・し 屍鬼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/50208122

この記事へのトラックバック一覧です: 屍鬼 第十八話:

» 屍鬼 第18話  [にき☆ろぐ]
話が大きく動き出しましたね今回も展開的にはかなり飛ばしてたなー今後の削りぶりが気になる原作小説、漫画版ともに読んでいるものの感想です。冒頭の2人の屍鬼のやりとりがほのぼ... [続きを読む]

受信: 2010/12/05 21:39

« とある魔術の禁書目録II 第九話 | トップページ | FE新紋章の謎・ルナティック第二十三章 »