« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010/12/28

荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ 第十三話

 王様ゲームの決勝戦はシスターVSマリア。しかし、シスターは戦う前から出血多量で瀕死状態。マリアが王様になったらカースト制度の最下層決定だと恐れるリクは輸血してシスターを援護。

 その甲斐あってシスターはマリアと互角の勝負を。

 シスターは本当に神の声を聞けるらしい。戦争の神だかナイフの神だか分からんけど。

 重い修道衣とかどこの格闘漫画だ!?でも、結局マリアの毒舌に敗北。

 マリアの願いは意外にも、羊たちに服を作るという平和な物。リク達は深読みして恐れるが、特に他意はないらしい。

 安心したのもつかの間、男性陣には羊を追う犬になれと。本職の犬に見下されて落ち込んだらその暗いオーラに羊が怯えて柵の中に。結果オーライ…か?

 最後は叶わなかった皆の願いを川に流す。上手く流れなくて、拾い上げて見放題になってるとかどんな羞恥プレイだ。

 ニノにすっかりここでの生活に慣れたことを見せ、ニノの願い、いつまでもみんな一緒を肯定するリク。ニノの笑顔で締め。

・総評
 金星行きロケットの話は結局どこへ?出発しないにしても一応の区切りまでやってくれないと。まだまだ訓練が必要で延期ってことで良いのか?

 ラストサムライやビリー、ジャクリーンにアマゾネスと言った、第一期では背景をうろちょろしていた連中が本格参戦したが、なんか出オチで終わっちゃったような…

 全体的にどうも今一歩な印象が。

ストーリー:2
キャラクター性:4
画:3
演出:2
音楽:3
総合的な評価:3
総合点:17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/26

STAR DRIVER 輝きのタクト 第十三話

 寮長強かったんだ。試合で一瞬にしてタクトの背後に回って一本。スガタ搭載なんて小細工せずにまともに戦ってたら勝てたんじゃ?

 サイバディーを失うと第一フェーズの力も失われるの?それともタクトには効かなかっただけ?

 寮長含め、フィラメントの三人はスガタと同じく印を受け継ぐ家系だったが、印が現れる者が居なくなって久しいらしい。没落貴族って感じ?

 その誇りを取り戻すため、寮長はサイバディー再生に挑む。印を取り戻したような描写があったけど…

 再生してすぐ戦うのかよ。テストとかしなくて大丈夫なの?

 試合と同じく消える寮長。スガタはその動きで寮長だと気付いたよう。

 背後に現れたところにカウンターを受けて。あれ、一撃?聖闘士には一度見た技は通用しないってことですか?手の内を見せたことが敗因か。

 まぐれかどうか確かめるため、タクトを呼び出して再戦。結果は同じ。単に背後に現れるという動きを読まれているだけな気もするんだが。ま、寮長が完敗だと納得してるんだからいいや。

| | コメント (0) | トラックバック (17)

屍鬼 第二十一話

 人間による屍鬼虐殺はますますエスカレート。ついに地下室の存在もばれ、辰巳は沙子を静信に託し、囮に。

 静信は村人に見つかり寺に逃げ込むが、追ってきた村人は何も知らない寺の人々を静信を匿ってると惨殺。静信も見つかって重傷を負うことに。

 何とか山に逃げ込んだ静信だったが、血の跡が点々。追跡されるのは必至の状況で、沙子の入ったトランクを隠す。

 ここまで人間の醜さを描かれると屍鬼側に同情せざるを得ないわけだが、そもそも屍鬼側が村の人間を全滅させて乗っ取ろうとしていたのも忘れてはいけない。生きるってきれい事じゃないよね。

 人間同士すら殺し合うのに、それが相手が人間じゃなかったら、遠慮も倫理観も躊躇も何もかもなくなってしまうわけで。それに肉親が殺されたという怒りが加わったら、人間はどこまで残酷になれるのか。

 普通に生活していても蚊は躊躇なく殺すし、クマが街に下りてきたら射殺。言葉が通じると言うだけで屍鬼もそれと違いはないと。

 他の作品なら、屍鬼に逆襲して全滅させて大勝利にカタルシスを感じる所なんだろうけど、この作品はそういうのとは完全に無縁そう。

 全てが終わった後、この村には何が残るのか?果たしてどんな結末が待っているんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (4)

パンティ&ストッキングwithガーターベルト 第十三話

 天使の力を失ったパンティーは教会を追い出されることに。って、街のピンチにそれで良いのか?

 のどかな村で目覚めるパンティー。この期に及んで夢オチとか言うんじゃ無かろうな?いや、まさかこのばあさんがパンティーとか?

 ばあさんがパンティーと語りかけてきたから違うのは分かったが…若い頃の写真がうり二つなのは一体?

 女はやりたいことをやればいい。尻ぬぐいは男の役目と語るばあさんだったが、パンティーは自分がやりたいことをやるとうまくいかないとすっかり心折れていた。

 なんてやりとりしてたら突然盗賊団に襲撃されて皆殺しに。ま、この作品らしいって言うか…瀕死のばあさんはパンティーにダテンシティーを指し示す。そこには囚われのブリーフが。見えるのかよ!?と突っ込むのは野暮か。パンティーは闘志を蘇らせ、ダテンシティーへ。

 …村のこと全てガーターベルトの仕込みなのかよ。このばあさんも天使なのか、ガーターベルトの知り合いなのか。

 パンティーは服を脱ぎ捨て、体一つで市長コルセットと対峙。だが、コルセットはすっかり舐めきっていて。ブリーフとしたいなら見ていてやるから好きにしろと。

 天使とするのはやばいけど、パンティーは力を失っているから問題なし?

 ブリーフに千人目兼処女を捧げるパンティー。それと同時にコルセット達は吹き飛ばされて異変に気付く。慌てて止めようとしたコルセット達を止めたのは天界から舞い降りたストッキング。さぁ、盛り上がってきましたよ!

 ブリーフと最後まで出来たパンティーは天使の力を回復。悪魔姉妹と交戦に。ブリーフはそのまま落下。で、落ちたところにヘルズゲートがあって、そこに鍵が挿入されて封印された最強のゴーストが復活。

 魔王マーラ様じゃねぇか!?

 コルセットと戦っていたガーターベルトはまさかの戦死。パンスト姉妹の攻撃もマーラ様には通じず。だが、ガーターベルトの遺品?のアフロがスイッチとなり、超兵器パンティー&ストッキングwithガーターベルトが降臨。

 で、撃ってみたらコルセットではなく天に向かって発射されてるし。天界が撃ち落とされてきたらどうしようとか思っていたら、その結果は想像を絶していた。

 パンティー&ストッキング&ガーターベルト装着のリアル女性の下半身出現って、もはや何が何だか…コルセットとマーラ様はハイヒールで踏みつけられて消滅。そしてチャックで封印。

 下半身はなんかパンスト姉妹のママっぽいけど…何者?

 ガーターベルトはまだ使命を終えてないってことで復活。とりあえず大団円?と思っていたら。

 ストッキングが突然パンティーを切り刻んでバラバラに。ガーターベルトも爆発。コルセットがブリーフのアレから復活。

 ストッキングは実は悪魔だったって何その急展開!?バラバラにされたパンティーは隣町までの道にまかれ、助けたかったら拾い集めて隣町のヘルズゲートまで来いとか。

 再び復活したガーターベルトが宣言。行け!ブリーフ&チャック…って無茶言うな!!

 え?TO BE CONTINUED?SEE YOU NEXT SEASON!?第二期あるの!?…ネタだよね?

・総評
 全力でやりたいことをやりたい放題やりましたという作品。三大汚物を制覇とか二人のビッチぶりとか、放送の限界にチャレンジし続けたチャレンジャースピリッツを賞賛すべきかどうかはちょっと迷うが。

「ガーターは殺されたんだ!二人とも悲しくないの?君たちは本当にビッチだ!マジになることはないの!?」という問いかけに対する「あたしらはいつだってマジよ。」「大マジにふざけてるの!」って答えがそのままスタッフの言いたいことなんだろうなぁ。

 最初はあまりの酷さに即切ろうと思ってたんだが、結局最後まで見ちゃったな。なんやかんやで面白かったって事か。

ストーリー:3
キャラクター性:4
画:3
演出:2
音楽:3
総合的な評価:3
総合点:18

| | コメント (2) | トラックバック (4)

テガミバチREVERSE 第十三話

 心弾の使いすぎでドクターストップのラグ達に代わり、アリアが手紙の配達に。副館長だから、さぞかし…と思ったら、運動神経ほぼゼロ!?

 ディンゴのボルトのおかげで新規ルートを開拓したり、実績は上げていたみたいだけど、今は老犬で既に引退。不安に駆られたラグはニッチに同行するように頼む。

 ニッチはラグのディンゴとしてディンゴるのがニッチの…ってなんだこの早口言葉。

 心を消耗しているラグがダウンしてしまったので仕方なくアリアに同行したニッチ。アリアはあの子以外に守ってもらう気はないと突っぱねるが、ほっといたらあまりにもやばいのでついて行かざるを得ず。気をつけて、と言いつつアリアの方がよっぽど気をつけろとニッチに突っ込まれてるし。

 沼地で鎧虫の群れに遭遇。パワーアップしたニッチにとって敵ではなかったが、アリアがなかなか心弾を放ってくれずイライラ。

 アリアの心弾は演奏なのでただでさえ発動に時間がかかり、しかも攻撃は久しぶりなので勘が戻らない。それでもなんとか軌道に乗せようとしたところで、ニッチのツッコミが入る悪循環。

 だが、ニッチに、ニッチは戦うことは出来るが倒すことはお前にしかできないと言われ、吹き飛ばされたところをボルトのように受け止められて落ち着きを取り戻す。

 鎧虫の全てに同時攻撃して殲滅。こんなことはラグにも出来ないとニッチはアリアを見直すことに。

 アリアはボルトの引退と共にビーを辞める気だったが、館長に引き留められ、副館長に。そしたら事務職に才能を開花させたらしい。ちゃらんぽらんなようで居て、ちゃんと人を見ているとか。

 あれ?これって2クールか。

| | コメント (0) | トラックバック (11)

バクマン。 第十三話

 いまだに美保にメールをしてないことをカヤに責められるサイコー。しかし、出すなら完璧な物を出したいと。そんなことを言ってたらいつまで経っても出せないんじゃ?

 知恵と金の連載ネームを描き上げて、ついにメールを出そうとするが、徹夜で5000字文字数制限オーバーとか。それに即返信してくる美保。早っ!そして短か!!

 その後もサイコーは長文なのに美保は一言二言。美保は早返しに命を賭けてるみたいだな。なんでそんなに一瞬で返せるんだよ。怖いよ?
 不満を漏らすサイコーだったが、「めっ」って返されてメロメロに。

 知恵と金は速報では1位だったが本ちゃんでは3位。失意のサイコーは連載ネームを破り捨て、やっぱり王道じゃなきゃダメだとシュージンに告げる。王道は向いてないと宣言されていたのに…焦りすぎて迷走しているなぁ(--;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/12/25

とある魔術の禁書目録II 第十二話

 ようやくオリアナが受け渡し相手と会うでもなくうろちょろしている理由を考え始めた上条さん達。

 十字架の発動条件を満たす場所と時間を探していると思い至る。ステイルから転送されたメールの内容は保管庫の大掃除に関する物。光を当てないように厳重に管理しろと。

 でも、単純に太陽光を当てるだけで発動するならとっくにしているわけで。天文台というキーワードから星座の配置に関する物と推測。

 光と天文台と聞いて月光かと思ったが、それだともう競技は終わってるだろうからな(--;

 オルソナからの電話。緊急だというのに時候の挨拶から世間話を始めようとするとか…ま、こういう人居るよね。

 それによると、その土地の特性と88の星座の中から選択することにより、十字架は世界中のあらゆる場所で発動可能なのだとか。

 その土地からじゃ絶対に見られない星座は初めから除外されているのだろうか?

 土御門が導き出した複数の候補地の内、空が開けている場所は一ヶ所だけ。その場所、空港に向かうも、オリアナは当然、万全の体制で迎え撃ってくる。

 皆の幸せのためと語るオリアナVSみんなが楽しみにしていた大覇星祭をぶち壊す奴は許せないと語る上条さん。方法の是非とかそういうのを除いてここの台詞だけ聞くと、言ってることの大きさが全く釣り合ってないよな…

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2010/12/23

神のみぞ知るセカイ 第十二話

 リアルの女子攻略でゲーム(をする時間)が足りない!今から僕は落とし神モードに入る!とか言い出した桂馬。

 飯も食わずに部屋に引きこもった桂馬を心配して部屋に入ったエルシィが見た物は…6つのモニターを駆使して6つのゲームを同時攻略する桂馬だった。ADVなら12個まで同時攻略できるとか。

 それでちゃんとストーリー把握できるのか?と思ったら、ちゃんと感情移入して感動の涙まで流してるし。さすがのエルシィもこれには気持ち悪いと思ったらしい。

 このマルチタスクぶりなら、もしかして授業中もゲームしながら聞いてはいるのか?とも思ったが、落とし神モードの発動は1時間につき3年寿命が縮む…くらい疲れるらしい。じゃあ、やっぱり聞いてないな。
 ま、聞いてりゃいいってものではないが。

 炎のコマとか水魚のポーズとか今の中高生に分かるのか?

 Wiiコントローラで弾幕シューティングは無理じゃなイカ?しかしまぁ、コントローラやそれ間連のデバイスってたくさんあったものだなぁ。

 24個同時攻略という無茶の末、詰みゲーを全てクリアした桂馬はゲームのヒロイン達に招かれて、遂にゲームの世界の住人に…って、死んでないかこれ?

 とりあえず、第2期にコンティニューして、新キャラ追加と。

・総評

 ギャルゲーの攻略方法で現実の女子を攻略。でも、現実はクソゲーだから精度が低く、余計なノイズだらけで一筋縄ではいかないわけで。
 と言いつつなんかあっさり攻略しちゃってる感があるのがなんとも。まぁ、原作で言えばまだ序盤で、こんなところで手こずっていたら先が大変ってのもあるのでしょうがないわけだが。

 でも、そんな細かいことは抜きにして女の子が可愛かったからOK!で現時点では良いかもしれない。

 ハクアの登場は2期にお預け。なのにおばちゃんがちゃっかり先に登場してるのがらしいというか…第2期を楽しみにしていおくですよ。

ストーリー:3
キャラクター性:5
画:5
演出:3
音楽:5
総合的な評価:4
総合点:25

| | コメント (0) | トラックバック (12)

そらのおとしものf 第十二話

 最終回なので変態収め。プールの水になってお触りし放題とか、もはや人類の発想じゃねぇ!

 女子トイレで深呼吸しても音は聞かないのが紳士というもの。

 わざわざ鍵を切断しなくても上から入れば…って、いつの間に電流有刺鉄線が!?

 便器で流れて脱出出来るなら、EP6の戦人は自力でロジックエラーから脱出出来てるよな。あ、流れた。

 トイレはノックして流す。見事に流れネタをまとめたなぁ。

 イカロス、ニンフ、アストレア、そはらの誰を選ぶのか?究極の選択を迫られた智樹だったが、ダイダロスに修復されたカオスの乱入でうやむやに。しばらくはまだこのままで。

・総評

 相変わらずのテンションの高さ、なのだが、第一期ほど突き抜けた物を感じないのは慣れちゃったからかなぁ…慣れって恐ろしい。
 劇場版は風音編?あれは重要な事実が明かされるエピソードのはずだけど、第3期があったら、その続きになるのか?ま、3期あるかどうか分からないから今から心配してもしょうがないけど。

ストーリー:3
キャラクター性:5
画:4
演出:4
音楽:5
総合的な評価:4
総合点:25

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/12/22

侵略!イカ娘 第十二話

 ビーチバレー大会の優勝賞品の3Dテレビを手に入れるべく、イカ娘は栄子と共に大会に参加。

 触手を使えばほぼ無敵。順調に勝ち上がっていく。早苗を集中攻撃してボコボコにするのは酷いと思ったが、本人喜んでるしなぁ…むしろ自分で当たりに行ったのか?

 楊枝を飛ばしてくる偽イカ娘は強敵だったが、転んだ拍子に頭が脱げてしまったリタイア。

 渚は清美と組んでいたが、清美がイカ娘と仲良く話している姿を見て、罠だと考えてしまい逃亡。

 MITの3バカは触手封じの重い球をサーブできずに自滅。

 なんか試合放棄が多いな…

 決勝は悟郎達。ライフセイバーで鍛えているだけ会って互角の死闘を繰り広げるが、栄子に変装した千鶴のメテオアタックで決着。アレ喰らって死ななかっただけ凄いよ。

 念願の3Dテレビをゲットしたイカ娘。でも、エビが飛び出して見えても食べられません(--;;;

 突如、触手が動かなくなってしまったイカ娘。陸上生活に慣れすぎてしまったための退化?

 このままでは侵略もままならないと一旦海への戦略的撤退を考えるも、精神的侵略は済んでいると思い直す。海に帰ると言えばみんなは止めてくれると思っていたイカ娘だが、皆はここにいても治らないから海で治してこいとそれに同意。ショックを受けたイカ娘は本当に海に帰ってしまう。

 実は皆もイカ娘は寂しがり屋だからすぐに帰ってくると思っていた。なのにイカ娘は秋になっても冬になっても帰って来ず。

 触手が動かないと溺れるものと思ってたが…溺死してないと良いなぁ。

 そして、夏。イカ娘が遂に帰還。だが、触手は治らず、思い切ってショートカットになっていた上に語尾が「だわ」に変わっていた。

 手の使い方も上手くなり、すっかり人間と変わらないイカ娘を見て、タケルはこんなのイカ姉ちゃんじゃないと泣き始め。

 波打ち際で悩むイカ娘に、謎の少女(タコ娘?)があなたはひとりぼっちじゃないと話しかけてくる。励まされて多少は元気が出たイカ娘は栄子と海へ。

 触手がないと犬かきなのね。

 そこにMIT3バカの装置による渦潮が発生。海底に引きずり込まれそうになった栄子を救おうとしたイカ娘の必死な気持ちに呼応したのか、触手が再生。栄子を救い、更に逃げる3羽かを捕らえて土下座させる。

 すっかり調子を取り戻したイカ娘は、また調子が悪くなったら、栄子を海に放り込むでゲソ!と完全復活。

 結局、イカ能力を失った理由は分からずじまいだったけど、細かいことはいいじゃなイカ。結果オーライでゲソ!

・総評

 とにかく、イカ娘の一挙手一投足と言動が可愛くて面白かったでゲソ!ミニイカ娘も可愛かったし、傘の話でしんみりとアクセントもきいていたんじゃなイカ?

 周りのキャラも個性的で良かったし、~イカが流行語大賞に入った時点で侵略は成功と言えなイカ?

 スタッフの皆様お疲れ様でゲソ!第2期も期待していいんじゃなイカ?

ストーリー:3
キャラクター性:5
画:4
演出:4
音楽:5
総合的な評価:5
総合点:26

| | コメント (2) | トラックバック (12)

2010/12/21

荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ 第十二話

 村長の提案で王様ゲームという名の河川敷最強王座決定戦開催。自分は黒帯だとリクは自信たっぷりだったが…

 シロのために自分の羽で白い陣地を作ったり、ジャクリーンの窮地を救うために自ら場外負けになったりと、ビリーがダンディーで格好良すぎる!

 それに対して、リクは必勝を期して星と組んでおきながらあっさり予選落ち。

 予選に勝ち残ったのはまさかのP子。しかし、本戦のシード選手はマリア、シスター、ステラ、ラストサムライ、村長、ニノと洒落にならないバケモノ揃い。予選敗退していた方が幸せだったかも…

 村長と戦うことになり、自分の野望と愛する人の願いの間で板挟みになるP子。その結果は、よく分からない意思の疎通の齟齬によるカウンターでの両者KO。もはや何が何だか。

 最後に立っていたのはシスターとマリア。しかし、シスターは物理的攻撃は全く受けていない物の精神的ダメージでもはやボロボロ。このままマリアが王座を得てしまうのか?

 って、次回に続くのかよ!? 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2010/12/20

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第十二話

 桐乃が愛想良すぎて不気味すぎる。何か変な物を食ったのか?それとも夢オチ?

 嫌に片付いた桐乃の部屋に招かれて、何を言い出すのかドキドキしていたら、深夜販売の妹ゲーを買ってこいとか。このためのご機嫌取りか。

 お兄ちゃんのパンツなんて絶対盗んでないんだからね!ってどんなタイトルだよ!?

 深夜販売のゲーム買うのに23時45分秋葉着とか舐めてると思います。

 並んでいたら友人が。これは気まずい。でも、お互いこんなところで会わなかったと合意に達し、男の友情を深め合ったのもつかの間、友人が買いに来たのはガチホモゲーで。

 引きまくる京介だったが、友人も妹にお使いに出されたと聞いて…こんなところで同類が(T-T)

 更なる友情を深め合う二人にガチホモゲー列からスタンディングオベーション。

 終電以前に品切れで買えないんじゃ?とか思ったが何とか買えたらしい。

 深夜に妹の部屋で一緒に妹ゲー。キリの良いところで撤収しようとする京介に桐乃から最後の人生相談の延長戦が。

 以前は恥ずかしくて見せられなかった物を見せると言う桐乃。妹ゲー以上のどんなやばい物があるんだと警戒した京介の選んだ選択肢は「見る」。

 桐乃が取り出したのはアルバム。だが、やっぱり恥ずかしいと引っ込めたそれを取り合いになって、落ちてきた物は運動会?の写真と飛行機のチケット。

 明日、陸上のコーチを受けにアメリカに旅立つという桐乃。知らなかったのは京介だけらしい。何で言わなかったんだと詰め寄る京介に桐乃の返事は、言ったところで今更どうにもならないという物。

 桐乃に殴られまくる京介。その拍子にノーパソが落ち、中断していたゲームの音声が。

「お兄ちゃんが止めろと言ってくれたら、私、行かないよ?」

 桐乃の心の代弁だろうその台詞を聞いて、京介が放った言葉は行っちまえ!!そこに桐乃の怒りのヘッドバッドが命中KO。

 生傷だらけの顔でベッドで目覚めた京介。側のゴミ箱には血まみれのティッシュが多数。鼻骨が折れていてもおかしくなかったからな(--;

 桐乃はアメリカ行きを止めていた。あんたが行っちまえなんて言うからむかついて、その通りにするのがしゃくになったとか…それで多方面にかかる迷惑をどうする気だ。
 一応、謝罪に回ったらしいが。その時に使った言い訳がもっと英語を勉強するとか、高校から編入した方が有利とかそういうのなんだろうけど。

 一番の問題は、アメリカにメルルや妹ゲーがないことなんじゃないのか?てか、それが一番しっくり来るよ?

 アルバムからこぼれた写真から察するに、桐乃が陸上を始めたきっかけは運動会で一等を取ってそれを京介に褒めてもらえたからじゃないのか?とか推測してみる。

 でも、それを京介自身が忘れている上に、京介に褒められたくてやっていたのに、京介はどんどん卑屈になるわ嫉妬して口を利いてくれなくなるわなんてことがあったのかも?

 それで、京介と離れてアメリカに行ってしまったらそれこそ何のために?って話に?

 そんな妄想はさておき。

 桐乃の陸上選手としての将来性を考えるならアメリカに行った方が良かったわけで。これがグッドエンドルートらしいけど、そこを考えるとグッドなのかなとか。ここで兄離れ&妹ゲー離れしていた方が後々良かったんじゃないかと思わないでもない。

 ま、陸上で世界を獲るのが夢だったってわけでもなし、桐乃が良いんならそれでいいんだが。京介にとっては妹が多少は素直になってグッドエンドで良かったんだろうけど。
 人生相談と言われて顔を赤らめているしな。

 で、別ルートってのはトゥルーエンド?それともバッドエンド?

・総評
 ともかく桐乃の傍若無人な言動が酷すぎるの一言に尽きるわけだが、あえて嫌われるようにキャラ作っているみたいだしそこは狙い通りなのか。
 京介も兄としての義務感だけでよくもまぁここまで。見返りもなく、感謝もされず、時にはその理不尽さにブチ切れはしても、最終的には見捨てずに尽くすんだからな。
 その辺は11話で報われたと言えるか。

 中学生がエロゲーをやっているとか、一般人とのつきあい方とか他の作品じゃ踏み込まないところにあえて突っ込んで問題提議をしている割には、勢いだけで説得力が皆無だったのは残念なところ。まぁ、ちゃんと答えが出るなら微妙な問題にはなっていないのでしょうがないとは言えるけど。

 ま、色々納得のいかない展開は多々あったけど全体としては楽しめたから良しとしておこう。

ストーリー:3
キャラクター性:4
画:4
演出:3
音楽:3
総合的な評価:4
総合点:22

| | コメント (0) | トラックバック (38)

2010/12/19

2011冬の新番組

 そろそろ新番組のチェックと一次選考を。
参考:MoonPhase-アニメ予定表
*放送日は関東首都圏

現時点の評価
5:感想決定
4:多分書く
3:書くかも
2:気分次第
1:ひやかし
0:パス

1/4(火)
東京MX 23:00~
Rio RainbowGate!
 うみものがたりの二の舞にならないようにな 1
日本テレビ 24:59~
君に届け 2ND SEASON
 絶対見るけど恥ずかしすぎて書けない… 2

1/5(水)

1/6(木)
TBS 25:25~
IS<インフィニット・ストラトス>
 ネタ次第 1
TBS 25:55~
夢喰いメリー
 たまに見かけるが 1

1/7(金)
テレビ東京 25:23~
GOSICK
 ローゼンメイデン? 1
TBS 25:55~(初回26:10~)
魔法少女まどか★マギカ
 ネタ的に参加しないダメなんだろうな 4

1/8(土)
テレビ東京 8:00~
カードファイト!! ヴァンガード
 パス 0
TVK 24:30~
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!
 なんだかな 1

1/9(日)
日本テレビ 7:00~
べるぜバブ
 パス 0
東京MX 24:00~
みつどもえ 増量中!
 増量中なのになんで話数減? 5

1/10(月)
テレビ東京 25:45~ レベルE
TVK 25:45~ ドラゴンクライシス!

1/11(火)
東京MX 27:00~
これはゾンビですか?
 なんだかな 1

1/12(水)

1/13(木)
フジテレビ 24:45~
フラクタル
 なんか良い感じ? 2
フジテレビ 25:15~
放浪息子
 青い花の作者なのか 3

曜日別で初回だけでも見る予定の物だけ


TBS 17:00~ STAR DRIVER 輝きのタクト(継続)
東京MX 24:00~ みつどもえ 増量中!


テレビ東京 25:45~ レベルE
TVK 25:45~ ドラゴンクライシス!


東京MX 23:00~ Rio RainbowGate!
日本テレビ 24:59~ 君に届け  2ND SEASON
東京MX 27:00~ これはゾンビですか?


フジテレビ 24:45~ フラクタル
フジテレビ 25:15~ 放浪息子
TBS 25:25~ IS<インフィニット・ストラトス>
TBS 25:55~ 夢喰いメリー


テレビ東京 25:23~ GOSICK
東京MX 25:30~ とある魔術の禁書目録II(継続)
TBS 25:55~(初回26:10~) 魔法少女まどか★マギカ


NHK教育 18:00~ バクマン。(継続)
テレビ東京 23:55~ テガミバチREVERSE
TVK 24:30~ お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!

 水曜枠はまた消滅か。最近忙しいのであまり書けないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STAR DRIVER 輝きのタクト 第十二話

 ついにサイバディの復元技術が完成。しかし、復元にはスタードライバーのリビドーが必要で、それが足りなければ代わりに生命力を吸い取られて死ぬらしい。

 保険医と頭取辺りはリビドー有り余っていて何の心配もなさそうだけど。

 ザメクの歴代のドライバーが目覚めなかったのもこれのせいだと考えるならザメクは既に修復されている?禁欲生活を続けてきたスガタのリビドーが凄すぎたのかも知れないが。

 ヘッドはスガタに自分と似ていると語る。君は何か選択をしようとしている。そして、それは周りの皆には理解出来ない、してもらえないこと…

 タクトに負け続けていることでプロジェクト関連企業の株価は大暴落らしい。その回復のために加奈子はタクトに挑む。

 その前に実戦勘を取り戻すためにボクシング部とスパーリング。こいつもとことんかませだな。私のストレート一撃で倒れなかった人は初めてって褒めているんだろうけど、ちっとも凄いとは思えないな。

 殺さずに勝つ自信がないって。確かに殺して勝つよりは遙かに難しいわけだが。

 タクトがやっていることはかえって世界を混乱させると語る頭取。本気で世界平和のこととか考えちゃってるらしいが、タクトは当然聞く耳持たず。

 パジャマスガタと歯磨きワコ。

 自信に違わずタウバーンを圧倒する加奈子。タウバーンのガードを無視してボコボコに。

 しかし、タクトはドリルで一発逆転。彼は何かが違う、というより反則です。ボクシングなら圧勝だったんだろうけど。

 

車のウィンドウ越しに窓越しのキス。ウィンドウを下げて直接に。車って時点でやると思っていたが。加奈子の中で何かが変わったのか?

| | コメント (0) | トラックバック (8)

屍鬼 第二十話

 人間達の逆襲。隠れ潜む屍鬼を陽の下に引きずり出し、皮膚が爛れてもがき苦しむそれを抑え付け、胸に杭を打ち付けてとどめを刺す。それはもはや虐殺の様相を呈して。

 狂気は狂気を呼び、もはやそれが屍鬼の協力者の人間であってもおかまいなし。どっちが鬼だか分からない惨状に。

 ただ殺されてしまったら起き上がることも出来ない。起き上がりになってまで生き続けたいのか?人間の尊厳と生への執着の葛藤か。

 共生の道は元から無く、どちらが生き残るかお互いの存続を賭けた殺し合いにきれい事なんて言ってられないか。

 脈があるか無いかで判断してたら人狼を取り逃がすしな。もっとも人狼だったら楽々逃げ出せるだろうけど。

 沙子は自分の胸が貫かれる様を想像し恐怖する。私たちは食事をしただけ。そうしなければ生きていけないのだからどうしようもない。果たしてそれは罪なのか?

 狩られる側はもうたくさんだ。私は狩る側に、加害者になりたかったと語る征四郎VS夏野の戦いの行方は?

| | コメント (0) | トラックバック (4)

パンティ&ストッキングwithガーターベルト 第十二話

 このタイミングで総集編とか…ま、後半と最終回に全力を注ぐためと思っておこう。

 ついにコインを集めきったパンスト姉妹。ようやく天界に帰れると思いきや、コインの7~8割方を集めたストッキングは問題なく(天井を突き破っていたが)昇天出来たのに対し、地上の男千人斬りを目指していたパンティーは落第追試に。

 にも関わらずパンティーはゴースト退治をブリーフに押しつけ、千人斬りに邁進。当然、ブリーフにゴーストを倒せるわけがなく。

 千人斬りまで後一人というところでガーターベルトが追試の追加条件としてセックス禁止令を宣告。それで諦めるパンティーではなかったが…

 ゴースト姉妹との戦闘中、タダでさえ2対1で不利な上に銃が撃てなくなって。

 それを助けて逃がしてくれたイケメン御曹司が実はブリーフとかベタにも程がある展開は実にこの作品らしいが、誰得だよ!?

 千人目はブリーフにしたパンティー。でも、どんな体位でも痛くて入らない。ブリーフはどれだけでかいんだよ!?とか思っていたら、ガーターベルトの診断ではリバイバル・バージン・シンドローム。天使処女膜再生症候群だとか。天界が罰として処置したのか?

 そのおかげでブリーフと出来なくて幸いだったと語るガーターベルト。千人斬りすると何か問題が?と思ったら問題はブリーフの方だった。

 ブリーフのアレはデビルズモンキーの血族を復活させる鍵で、天使の口づけで封印が解除されたらしい。それ、なんてオレたま?…ちょっと違うか。

 悪魔姉妹にさらわれたブリーフ。方やパンティーは天使の輪が光を失い落ちて砕け、天使の力を失ってしまった?これも天界の罰なの?いや、パンティーを戦えなくしたら、任務も遂行できないから別の原因か。

 ブリーフとして能力復活だったらこの作品らしいが天界の出した禁止令と矛盾するし、ガーターベルトも出来なくて幸いと言ってるから、ストッキングが助けに来て能力復活の王道展開か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テガミバチREVERSE 第十二話

 赤針を受けたノワールはその場を離脱、追おうとするラグの前にロダが立ちふさがるが、その目を見てラグは何かに気付く。

 そのに群体鎧虫が襲来。ラグの赤針は通じず、ザジの青針で数匹ずつ倒していては埒が明かないという手詰まり状況に。

 そこにニッチが駆けつけ、髪を虫取り網に変形させて捕縛。文字通り一網打尽に。

 ニッチの姿を見て泣く前に、早く撃てよ…そして恒例のパンツはきなさーい!

 ニッチは姉に教わってパワーアップしたようだが、まだ傷が癒えておらず、そのまままた眠りに。

 地割れに落ちそうになるロダに手を差し伸べたラグ。彼女の目を見て、合成実験の中にゴーシュのディンゴだったロダも居たのだと確信したらしい。ロダとは友達だと語るラグだったが、ロダはその手を振り払い、テガミ弾を託して自ら谷底へ。

 心を失ったサニーを抱えたコナー登場。なんかカッコイイよ?

 ノワールはゴーシュには戻っていなかった。リバースの言い分も分かるがこんな酷いことをするのは間違っているとのラグの説得にも耳を貸さず。

 人工太陽を破壊して、世界中の全員が平等に闇の世界で生きるのだと語るノワールを前にラグは精霊琥珀の赤い光に包まれて覚醒?ゴーシュを取り戻すのではなく、ノワールを消すのだと宣言したラグはテガミ弾をノワールに撃ち込む。

 その効果を確かめる余裕もなくカベルナが襲来。ラグもザジも心の残量切れ、コナーの地雷は届かないと、また手詰まり状態に。

 目を覚ましたゴーシュの提案で、心の残量不足による威力不足を補うため、2ヶ所の隙間を同時攻撃。だが、羽の一枚をもぎ取るだけに留まり、ゴーシュは再び昏睡状態に。

 カベルナは首都へ向かうコースを外れたようでとりあえず一安心…でいいのか?首都以外で被害が出ないの?

 コナーはサニーの看病のため街に残り、ゴーシュはハチノスに搬送される。心の残量は問題ないが別の理由で目覚めないのだとか。

 後はカベルナを倒せば当面の危機回避か。ロレンスは居場所すら分からないし。

 ラグも無理しすぎで戦えないから、カベルナ退治はアリア&ニッチコンビになるの?

| | コメント (0) | トラックバック (13)

バクマン。 第十二話

 知恵と金がネクストに掲載されることになり、そのお祝いにと服部に焼肉をおごってもらえることに。

 シュージンは大喜びだったが、連載を持たせるのは早くて3年後と言われ、焦るサイコーはアンケートで1位を取ったら連載させてくれるよう頼み込む。

 今は高校生漫画家という話題作りに利用されるだけ、大切に育てたいと考える服部は何故そんなに焦るのかと困惑するばかり。

 そんな服部の厚意を蔑ろにしちゃってるんだよな。

 結局、一度もメールを送り合うこともなく卒業を迎えてしまったサイコーと美保。約束を頑なに遵守する二人にシュージンとカヤはお節介を焼くに焼けない状況にやきもき。

 サイコーが焦る理由はおじさんが結局結ばれなかったこと。美保はいつまで待ってくれるのか?

 しかし、美保のずっと待っていると言う言葉でそれを払拭。でも、ま、地道にのんびりって訳にもいかないんだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2010/12/18

とある魔術の禁書目録II 第十一話

 オリアナは追跡を振り切るため、探査式を使用している土御門を襲撃。M字開脚で寝技に誘うとか戦闘の構え方自体がエロイし。

 スタブソードがブラフなら心置きなく神裂を呼べる…って、こっちもブラフかよ。確かにスタブソードを警戒して避難したなら、おいそれと来られるような場所にいるわけがないわな。

 あれ?シェリーもイギリス清教に拘留されているんだっけ?オルソラと一緒に仲良く?暗号解読係。オルソラ、図書館で飲食すんな!

 姫神、珍しく出番がたくさんあると思ったら、普段目立たない脇役に急にスポットライトが当たったら死亡フラグの法則を忠実に実行。オリアナに追っ手と間違われて瀕死の重傷…どころか、あの出血じゃ完全に致命傷だと思うが。

 上条さんは勘違いで姫神に重傷を負わせたオリアナに怒りを新たにするが、歩く教会の十字架のせいで強力な魔術師と判断したオリアナに手加減する余裕などあるわけがなく。やらなきゃやられるわけだし、これは不可抗力だよ。
 オリアナは神裂だと思ったんだろうな。

 ステイルは小萌先生の覚えている禁書目録の知識で姫神の治療、上条さんはオリアナ追跡と適材適所で役割分担。

 でも、上条さんにオリアナの位置を特定できるスキルがあるわけでもなく。ま、あれだけ目立つ格好してれば、聞き込みでどうにかなるのか?

| | コメント (1) | トラックバック (25)

2010/12/17

神のみぞ知るセカイ 第十一話

 本を捨てさせないために図書館に籠城した栞。もちろん、他の図書委員達には青天の霹靂。栞から不満なんて全く聞いてないんだから当たり前だが。

 とはいえ、会議での態度とかを見ていれば察することは不可能ではなかったと思うけど。

 電源を切ったらパスワードが無効化されるってどんなザルセキュリティだよ!?せめてUPSくらいつなげてよ…
 その後すぐ突入してこなかった所を見ると、流石にそこまでへっぽこセキュリティでは無かったようだが。

 桂馬はエンディングへの最後の選択肢を得るために、エルシィに図書館の天井に穴を開けてもらって内部に侵入。

 どれにも邪魔されることなく栞が言葉を発するまでひたすら待ち続ける桂馬。結果、栞がリアルとふれ合いたいのに傷つくのが怖くて逃げているだけなのだと結論に至る。

 お前は本を守りたいのか、それとも自分の逃げ場所を守りたいのか?桂馬の問いかけに栞は自分が本当に求めていたことに気付かされるが、もう今更遅いのだと諦めてしまって。

 そんな栞に手を伸ばし、勇気をあげるとキスする桂馬。自分からキスするのってはじめてじゃなイカ?

 駆け魂はエルシィに拘留され、栞は本を捨てられるのが嫌だったと他の図書委員に告げることが出来るように。

 後日、小説を書き始めた栞。喋るのが苦手でも文字なら伝えられると。

 栞はあの日、誰かが居たことは覚えているよう。桂馬の方も何かいつもと様子が違うし、何か思うことがあったのか?

 しかしまぁ、エルシィの羽衣は便利だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2010/12/16

そらのおとしものf 第十一話

 動力炉の変調への自己修復機能が働き、その原因である智樹のことを消去してしまったイカロス。ニンフのおかげで思い出すことが出来たが予断を許さない状況。

 そんな中、カオスが襲来。イカロス達はそれぞれの長所を生かしたコンビネーションでカオスを仕留めたかに見えたが、進化したカオスには通じず。

 お姉様が私を深海に沈めたのは私を愛しているからなんでしょ?と問いかけるカオス。
自分が拒絶されたと思いたくない一心で至った結論が「愛は痛み」なのか。それはそれで切ない。

 智樹にみんなまとめてマスターになってやる!と告げられたニンフとアストレアは新たな能力に覚醒。正しい愛の力でカオスを撃破。

 とどめを刺される寸前。私を愛しているから壊してくれるのね?と語るカオスを前にアストレアは武器を収め、智樹に優しい言葉をかけられて、カオスは一時機能停止。

 ダイダロスにもらった装置でカオスは狂気から解放されるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ 第十一話

 お祭りでニノの着物姿にデレデレのリクと星。それにアマゾネスが対抗意識を燃やして。

 金魚すくいで自らの血で金魚をおびき寄せようとするVSご飯とお箸準備のニノ。勝負が互角?

 リクがアマゾネスとくっつけばニノがフリーになると考える星はアマゾネスを応援するが、アマゾネスはそんな星を頼もしく感じて。

 更に星がガリガリ様の当たりを引いたことで、ガリガリ様の加護を受けた星にアマゾネスが本格的に惚れた?ニノという相手の居るリクより、フリーの星に心が傾いた?

 アマゾネス、化粧を取ると結構可愛いのね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2010/12/15

侵略!イカ娘 第十一話

 栄子がもしかしてプレミアが付いているかも?と昔持っていた人形を発掘。しかし、その人形がアメリカンな感じの不気味人形。

 見つめられていたら眠れないでゲソと怯えたイカ娘は寝るときに外に向けておいたが、朝起きたらこっちを向いていて。

 誰に聞いても動かしていないと返答され、ますます怯えるイカ娘。挙げ句、次の朝には人形がおはようと喋ってパニックに。

 この人形には対になる恋人の人形が居て、朝晩向かい合って挨拶する仕掛けだったことが発覚。子供の頃、自分ではなく恋人の人形の方ばかり見ている人形に嫉妬した子供の頃の栄子が恋人人形を納屋に放り込んでいた事が分かり、一件落着かと思われたが…

 よく考えるとそんな遠くの物に反応するわけがないとか…やっぱり呪われていたのか?

 千鶴の身体能力から、彼女が宇宙人ではないかと考えたシンディー達。彼女の髪の毛と血液を採取して調べようとするが。

 透明になっても気配を察知され触れることさえ出来ず、ハエ型血液採取機は手刀で叩き落とされる始末。ホントに人間なのか分からなくなってきたな…

 為す術が無くなり、正攻法でファンなので髪一本くださいとお願いしたら、意外にもすんなりもらえて大喜びだったが、イカ娘のせいで宇宙人だと疑っていたことがばれて、宇宙人らしい虐殺を体験させられる羽目に。

 髪をくれと言われてあっさりあげちゃう辺りは天然のお姉さんなんだけどなぁ…

 イカ娘が山登りって、干からびてスルメになりそうだよなぁ…

 クマまではともかくキングコブラが出てくる山ってどんな危険地帯だよ!?

 文句を言いながらも山頂に辿り着き、その雄大な眺めに感動するイカ娘。でも、ケーブルカーで労せず山頂に辿り着く人々を見て、自分の足で登ってこないとここからの景色を眺める資格はないでゲソ!と。気持ちは分かる。てか、感動が全然違うから目くじら立てなくても大丈夫だよ。

| | コメント (2) | トラックバック (12)

2010/12/13

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第十一話

 京介が妹ゲーをやっているときに母襲来。エロ画像サーフィンのこともばれてるとか。

 次の休みに親が居ないから飯を作りに来てくれと麻奈実に頼む京介。京介にもちろん他意はないが(それはそれで問題な気もするが)、桐乃は激怒。

 桐乃にとっては、休みに京介が麻奈実を連れ込むのと自分がリビングで彼氏とHしているのはイコールらしい。

 麻奈実のことを知らない振りをすることに始まり、やってることはほとんど小姑。

 しかし、麻奈実は全くめげず、かえって麻奈実の完璧超人ぶりを見せつけられる羽目に。

 そこで桐乃は方向転換。京介の部屋に妹ゲーを起動したまま放置した上、ベッドにメガネ物のエロ本をばらまく暴挙を。

 緊急回避モードも不発。何てトラップ。スタッフのいたずららしいが、てっきり桐乃がスクリーンセイバーを仕込んでいたのかと…

 挙げ句、麻奈実の反応が、今度からお兄ちゃんって呼んだ方が良い?とか…麻奈実さん、その気遣いはむしろ即死クラスの精神攻撃ですよ?

 後半。桐乃のアニメ化記念パーティーに呼び出された京介。でも、受付のお姉さんの反応がおかしい。

 高坂京介専属ハーレムご一行様パーティー会場ってでかでかと看板が。更に中ではバジーナと桐乃がメイド服でお出迎え。受付嬢ものぞき込んでるし。社会的に抹殺する気か!?

 バジーナに拙者のメイド姿は萌えましたかな?問われてそれはないとかそもそもお前と桐乃じゃって返すのは酷い気もするが、京介側にそんな気遣いの余裕は無し。

 黒猫のネコミミ尻尾装備は桐乃すら、悔しい!こんな奴に…と言わせる程の萌え具合。

 黒猫作の桐乃が京介のパンツくんかくんか漫画は最後まで見てみたいな。

 黒猫が京介を兄さんと呼んでからかっているのを見て桐乃はブチギレ。ここでついに京介もブチギレ。そりゃここまでの羞恥プレイ地獄の挙げ句にこれだからな。むしろよくここまで耐えた物だ。

 しかし、このパーティーは実は京介を元気づけ、桐乃が謝罪するためのパーティーだった。それでどうしてこういう流れになるのかよく分からんが。

 素直に謝る桐乃を見て、今までの苦労が報われたと涙を流す京介。

 京介の思ってきたことの吐露。こんな事思っていたのか。兄としての義務感とかそういうレベル超えてるよ。そこまで無償奉仕する必要ないよ!?

 いい話になっていたのにやっぱり桐乃は桐乃だった。プレゼントの中身は妹ゲー。さすがにバジーナと黒猫も呆れすぎて放心状態。本気で得意げな桐乃が痛々しい。

 でも、妹ゲーを私だと思って大切にしなさいって…無意識に本音が出たのかそれとも全く気付いていないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (37)

2010/12/12

STAR DRIVER 輝きのタクト 第十一話

 加奈子のことが大嫌いだと語るシモーヌ。にもかかわらず秘書として彼女に使えている理由とは?

 加奈子の夫はシモーヌの父で、加奈子はそのことを知らない。シモーヌは姉に言われてシモーヌの秘書になったが姉の意図は分からずじまい。シモーヌ自身は加奈子への復讐だと思っていたが…

 加奈子とシモーヌは義理の母娘と言うことになるのか。自分の実の母は愛人になっているらしいし心中複雑だな。

 秘書の自分が綺羅星十字団のリーダーになったら、加奈子への嫌がらせになるだろうと考えたシモーヌ。だが、自分は戦闘向きではなくタクトには勝てないことが分かっている彼女はタケシをけしかける。

 代理操縦できるのかよ!?二人が双子とか何か特別な絆があって出来るならともかく普通に代理操縦有りなら、強い奴が戦えばいい話になっちゃうよなぁ。

 シモーヌがスターソードにパワーを注ぎ込むことに全力を注ぎ、タケシが機体制御。これって、本来の操縦席が空だから出来る事って考えると、第3フェーズより強くね?
 そのうち、第3フェーズの操縦席と電気棺でサポートってのが出てくるんだろうか?

 公園でヘッドと出会い、せっかくの才能を使わないのはもったいないと告げられたスガタはワコが制する隙も与えず王の柱を使い、タウバーンのスターソードをパワーアップ。

 これも反則だよな。スガタがまた眠りにつくリスクはあるのだが、あまりにもあっさり目覚めちゃったからリスクとして機能してないし。

 シモーヌの母は父を愛しているからこそ父の利益のために加奈子を父に紹介し、自分は身をひいて愛人になった。
 加奈子のサイバディーの私的利用とは、交通事故にあった自分を治療するためのもの。
 姉は加奈子の親友で、自分を加奈子の許に送ったのも加奈子のため。

 矢継ぎ早に真実を知らされ、困惑するシモーヌ。これってアイデンティティの崩壊レベルだよな…もしかして、シモーヌって加奈子のサイバディーの力で生きてるの?加奈子のサイバディーがやられたら植物状態とか?

 ミズノが演劇部で楽しそうにしているのを見てから、マリノの表情が暗いのも気になるな。妹はもう自分が守って上げなくても大丈夫なんだとか思ってしまったのか?

| | コメント (0) | トラックバック (15)

パンティ&ストッキングwithガーターベルト 第十一話

 ガーターベルトの過去話。火の鳥未来編+宇宙編?

 かつて、悪行の限りを尽くし、街の支配者となったガーターベルトは、自分自身がしてきたように襲撃を受け、命を落とす。

 ガーターベルトが目を覚ましたのは何故か天国。贖罪も神の傀儡にもなる気はないと神に逆らったガーターベルトは過去の世界?に送られ、無数の戦争と数多の文明の滅亡を自分自身で体験していくことに。

 遂に観念したのか悟りを拓いたのかは分からないが、神の送ってくる鍵矢印を受け取ったガーターベルト。その意味とは一体?

 悪魔市長がガーターベルトと因縁ありそうなのは、かつてガーターベルトがダテンシティーの市長だったことに関係があるのか?ガーターベルトが生きていた時代とか、そもそもあそこがダテンシティーだったのかとか、あの世界と今の世界は同じなのが別なのかとか、いろいろ不明なところがあるけど。

 しかし、まさか、ちゃっぴーがガーターベルトのSMプレイのご主人様とは。

 後半はガーターベルト主催のパーティー…のはずが、料理を作っているガーターベルトが一向に出てきやしねぇ。

 パンティーの理論は軌道エレベーター…じゃないな。むしろバベルの塔そのものか。

 大量のデリバリーと大量のガーターベルトの料理をちゃんと食べきる辺りは一応、腐っても天使と言うべきなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦い(BlogPet)

こうさぎがゆたかと戦いへ団らんした?

*このエントリは、ブログペットの「こうさぎ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テガミバチREVERSE 第十一話

 今日も(実質)コナーのためにクッキーを焼いていたサニー。しかし、そこに修道院長が現れ、毒草を混ぜるように指示。

 修道院の貧しい暮らしの中で散々苦労して理不尽な目に遭ってきた彼女にとっても修道院にとっても、資金援助をしてくれたリバースは恩人。逆らうことなど出来るわけが無く。

 コナーはそのクッキーをいつも通りに丸呑みして絶命?

 あれ?起き上がった?もしかして、毒ごと完全消化!?とか思ったら、サニーが一時的に意識を失う程度に加減していたらしい。

 あなたを危険な目に遭わせないために眠ってもらったと書かれた手紙を見つけたコナーは、修道院丸ごとがアカツキを壊滅させるための生け贄、鎧虫カベルナの餌なのだと知り駆けつけるが、時既に遅く、サニーは心を奪われた後。

 カベルナに当たりこそしなかった物の、あそこまで手紙地雷を連続投擲できるコナーの力は凄まじすぎる。カベルナを倒すのはコナーの役目?無事、サニーの心を取り戻せるのか?

 ロダと交戦していたラグはザジの協力でロダを追い詰めることに成功。そこにノワールが現れる。早速テガミ弾を撃とうとするラグだったが、テガミ弾はいつの間にかロダに奪われていた。やっぱりロダの方が一枚上か。

 ニッチ姉にしたように、ラグは小細工無しでありったけの想いを銃に託し、ノワールに赤針を叩き込む。ノワールの表情が穏やかになるが、果たして、ゴーシュに戻すことが出来たのか?

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010/12/11

バクマン。 第十一話

 エイジが上京。現時点では漫画以外には興味を示さない人格破綻者みたいだな。

 玄関に鍵をかけないとか、爆音で音楽を聴いてるとかは、都会に慣れていない故と考えることは出来るけど。人が一杯で怖いから電車に乗りたくないって辺りは可愛い。

 サイコー達は、受験とネームに大忙し。でもカヤは付き合っているんだからシュージンに構って欲しいわけで。

 シュージンはたまに自分の頭の良さを鼻にかけたような言動をするけど、その自信溢れる物言いがカヤには格好良く写るようで。

 美保とサイコーが夢を叶えるまで会わない理由は、夢と恋愛を両立できないから?付き合い始めてしまったらお互いに溺れてしまって夢に向かって努力できなくなると自覚している故とか。牽牛と織り姫か?あ、そこがモチーフなのか?

 高校は無事合格、ネクストに掲載決定と順風満帆だったが、同時掲載の巻頭カラーはエイジ。ようやく同じ舞台に上がっての初戦の勝敗は果たして?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

とある魔術の禁書目録II 第十話

 おっぱい実行委員は、カエル医師の病院へ。じゃ、もう何の心配もないな。

 ショートハンドを破壊したのでステイルが探知魔術を使えるように。バスで逃げたオリアナをバスごと爆破。この程度じゃ無傷なのは計算の上なんだろうけど、明らかにテロだよな、これ。

 土御門は治癒能力を反転させられて昏倒。イマジンブレイカーで無効化してもショートハンド自体を破壊しないとすぐに効果が復活。

 じゃ、他のショートハンドで出した物も無効化できないのかと思ったら、そっちは出来るし。効果範囲指定と効果時間指定の違いか?もしくは物体と現象?

 オリアナは、一度使った魔術は使わないポリシーらしいが、使わないんだか使えないんだか。それでも、多彩な術で上条さんを圧倒。

 上条さんが一発入れられたのは、オリアナのポリシーと殺す気がなかった隙を突けただけだしな。その一発も大して効いてないし。

 オリアナは包みを置いて撤退。上条さん、土御門にかけられたショートハンドを探して破壊してあげようよ。効果の切れる20分放置ですか?

 包みの中身はスタブソードではなく看板。これはこれで必要な物らしいけど。オリアナは踊り子さんほい衣装にお着替え。

 スタブソードは複数の伝承が混じって生まれた幻想で実在せず、それだと思われた物は、ローマ正教の創設時に教会の領地に立てられた十字架らしい。

 その因果関係を逆転し、十字架が立てられた土地=ローマ正教の領地とするのがスタブソードの効果で、領地とされた土地の住民は、無上の幸福感に包まれたまま、ローマ正教に絶対服従する奴隷に成り果てるとか。常時ジハードが発動しているような物か。

 ローマ正教の真の狙いは学園都市を支配下に収めることらしい。そうなれば、世界のパワーバランスが崩壊し、世界は混乱に包まれる…なんて非常事態に、何、家族ぐるみで団らんしてるんだよ!?隠さなきゃいけないのは分かるけど。

 美琴VSインデックスの上条さんを巡る戦いの行方はイカに?

| | コメント (1) | トラックバック (13)

2010/12/10

神のみぞ知るセカイ 第十話

「ありがのん」を忘却の地平に消し去るため、その場から足早に立ち去ろうとする栞。だが、桂馬が本に対して暴言を吐いたことでUターン。

 心の中で色々と反論を構築するが、口から出てきた言葉は「…かぁ」の一言。

 子供の頃からペースが遅くて、周りは栞が返事をする前にしびれを切らして立ち去ってしまう。しかし、本は自分を置いていったりしない。自分のペースで読み進めることが出来る。

 誰にも教わらなくても本が知識を教えてくれる。本さえあれば、喋る必要なんて無い。喋るのは苦手。人間の祖先は何でテレパシーを進化させなかったんだろう…

 自分の世界が完璧だと信じ込んで、そこから出てこようとしない辺り実は桂馬と似た者同士なのかも知れない(--;

 本の感想を原稿用紙100枚って、そりゃ引かれるわな…

 毎日図書館でほとんど嫌がらせな行為を繰り返す桂馬に怒りを超えて殺意さえ覚えた栞は心の中で桂馬を徹底的に糾弾するが、口から出てきた言葉は「…ぁほぉ」。桂馬が言うには進展しているらしいが…

 だが、ついに栞に変化が。心の中と口に出す言葉が逆転?興奮しすぎて本音と建て前が逆になるというのはギャグ漫画では定番のパターンとして存在するけど。

 この娘、心の中では結構過激なこと考えているよね。毒舌までは行かないにしても、周囲と軋轢出そうだな。本人無意識みたいだし。

 一方、桂馬は栞の心の隙間の原因を発見。視聴覚ブース増設に伴う古書の撤去?

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2010/12/09

そらのおとしものf 第十話

 家が未確認生物だらけで自分のプライベートが無くなってしまった智樹。トイレに籠もって自分の時間を満喫しようとするが、未確認生物たちがそれを許してくれるわけが無く。

 トイレの次は押し入れ。しかし、やっぱり結果は同じ。愛されて必要とされてるって事だけど、やっぱり一人の時間は欲しいわけで。

 町中に張り巡らせた智樹のぞきシステムにより、部屋にいながらのぞきたい放題。しかし、熱中するあまり、部屋へ侵入され放題。

 そはらは、ニンフやアストレアには最近Hなことをしだしたのにイカロスには全くしないと指摘。智樹自身に自覚はないらしく取り合わないが、そはらは誤魔化していると思ったようで。

 智樹のぞきシステムは、日輪の力を借りたソーラレイシステムで大ダメージを。

 智樹の鏡越しのキスに動力炉の変調が止まらなくなったイカロスは、智樹のデータを全削除してしまう。

 一方、カオスは海上に浮上。愛を教えるために行動開始。

 智樹のデータを削除してしまったイカロスは智樹を守って戦えるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/08

侵略!イカ娘 第十話

 外は雨。暇をもてあましたタケルにイカ娘はてるてる坊主の作り方を教わるが上手く作れない。

 タケルの宿題の絵のモデルになるが、なかなか仕上がらず、じっとしてるのに飽きたイカ娘は逆にタケルをモデルに絵を描くが上手く描けない。
 しかし、触手で描いてみたらなかなか上手いじゃなイカ!?

 でも、イカ娘の脳内イメージが反映するらしく、千鶴はなまはげ、栄子はロボ、渚は天使、早苗はゾンビ軍団に。タケルだけ普通なのは特に特徴がないかららしい。良いんだか悪いんだか。

 話は元に戻って。てるてる坊主姿のイカ娘、可愛いじゃなイカ。でも、御利益はなく雨は止まず。やっぱり首を吊らなきゃダメでゲソ?って、干しイカになっちゃうよ!?

 死を呼ぶ真っ赤なてるてる坊主。てるてる坊主は暗殺者!なんてのがあったなぁ…アレはトラウマだった(T-T)

 イカ娘に完全に嫌われている早苗。イカ娘に無下にされ続ける姿を哀れに思った栄子は、彼女にイカ娘断ちを提言。

 禁断症状を乗り越え、遂にイカ娘の方から挨拶をしてくれるようにまでなったが…

 早苗は既にイカ娘に殴られなきゃ満足出来ない体になっていた。もうダメだ…いや、今更わかりきっていた事だったかも知れない(--;;;

 清美に頼まれて野球の助っ人に。手で投げたり打ったりする分にはタダの素人だったが、触手を使ったら大活躍。人間の数倍のパワーがあるみたいだし。

 ホントに侵略に役に立たないトコばっかりに才能を発揮してるなぁ…

| | コメント (2) | トラックバック (11)

2010/12/07

荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ 第十話

 金星行きのロケットの制限重量は500Kg。というわけでみんなでダイエットにチャレンジ。

 女性陣はP子提唱の苺ダイエット。糖分多いし、逆に太るんじゃ?

 星と鉄人兄妹はシスターズブートキャンプ。シスターの乱射するマシンガンから逃げ回るだけで、その緊張感と限界を超えた運動を続けることにより見る見るうちに鍛えられます。

 リクと村長はジャクリーンのエステダイエット。プロのエスティシャンによるダイエットコース。

 結果はP子達はやつれただけで変わらず失敗。精神的にもヤバげ。

 シスターズブートキャンプは、逆に筋肉が付いて大幅に増えてるし。しかも、当初の目的忘れてる?

 リクと村長は美しくやせることに成功したが、他の皆をフォローできるまでには至らず。

 そこにシロがこんにゃくを差し入れる。白線渡りのため?残るシロの気遣いに感動したのもつかのま、中には生クリームだのチョコだの…みんなが行っちゃったら寂しいじゃないかって…

 その後も鍛え続けていた鉄人兄。筋肉に語りかけながら鍛える様はキモイよ?

 調子に乗ってステラにボスの座と遺伝子を次世代に受け継がせる権利を賭けてガチバトル。全体的にはステラの方が押していたが、そこに鉄人弟が割って入る。

 筋肉をいじめ抜く兄さんの鍛え方は間違っている!筋肉は愛する物だと語る鉄人弟と兄の戦いは、兄の筋肉が弟に亡命するという訳の分からない決着に。

 納得していたのはシスターだけで、リク達は疲れて幻を見ているんだと自分を納得させて帰宅。まぁ。無理もないわな。

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2010/12/06

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第十話

 あやせからの人生相談。桐乃への誕生日プレゼントは何が良いか?オタク趣味は認めてないけど、誕生日なんだから桐乃の好きな趣味の物をあげたい。

 最近、私の友達に色目を使っていると言われて、お前は俺の彼女か!?と返して殴られる。こればかりは京介の選択ミスだな。

 あやせは最大限の譲歩をしてるよなぁ。桐乃は歩み寄る気全くないけど。

 金で買える物なら桐乃は自分で手に入れている。同人誌とかムックとかはいかがわしいので却下。UFOキャッチャーは非売品だが何か違う…難しいなぁ。

 非売品のフィギュアに目を付けた物の、それはコスプレ大会の優勝賞品。当然あやせは拒否。

 京介の根気強い説得の末…確かにあやせにとっては脅迫かも知れない(--;;;

 しかし、あやせの方が一枚上だった。ミスコンと偽って加奈子に振りやがったよ!その上、退路を断つために着替えさせたら、元の服は車で高速へ。恐ろしい娘…

 こんなのやってられるか!とくだを巻く加奈子。しかし、一旦ステージに上がればさすがプロモデル。仕事は完璧にこなしやがる。性格は最悪だけど。

 てか、本人じゃないか、これ。このためのキャスティングか。

 キモオタはともかく、10歳のリアル幼女の夢を打ち砕くなよ。控え室まで来られてウザかたってか。優勝賞品のフィギュアがゴミ箱に入ってるし。猫かぶってフィギュアをあげてしまわなかったのは不幸中の幸いと思うべきか…

 メルルを愛する幼女を差し置いて、加奈子が優勝した事については、世の中の理不尽を垣間見る思いだな。所詮、心より見た目か。世知辛いなぁ。

 そういや、あやせは桐乃に入手経路をどう説明したんだろう?桐乃はそんな細かいこと気にしないか。

| | コメント (0) | トラックバック (20)

2010/12/05

STAR DRIVER 輝きのタクト 第十話

 野球回。でも、野球自体に意味はなかったな。

 マンティコールがマリノだと部下にばれたのと、ミズノの大丈夫の呪文と、第1フェーズ魔球くらいか。

 あの妹の世話は大変だろうと言われて表情を険しくするマリノ。

 母は父とも言えない男を追って島を出て行ってしまい、以来、ずっと妹の面倒を見てきたらしい。と言っても双子で同い年な訳で。姉としての自覚で精神的成長が早かっただけで、妹の笑顔を守るのが自分の使命だと、ずっと気を張ってきたに違いない。

 その反動がマンティコールのテンションの高さなんだろうけど。

 嘘吐きまくるのも心の奥に色々貯め込んでいることと、それを認めたくない故って気もするし。

 妹の分まで苦労を全て背負い込んで、精神的に脆そうだよな。ミズノという精神的支柱を失ったら一気に瓦解しそう。

 歌はミズノが歌うのか。

 敵サイバディーのサイコミュで大ピンチに陥るタクト。しかし、ミズノの呪文でパワーアップ。ファンネルで逆転。

 パワーアップの呪文だったのか。

 カタミワカチタヤガダンセってどういう意味だろう?片身分かちた矢が男世…形見別ちた八が断世?とか考えていたら、千駄ヶ谷立川三鷹という指摘が…orz

 もしかして、タクトがパワーアップしなかったら勝てたんじゃ?

 妹を信じてくれたタクトにマリノは惚れた?そしてミズノにそれを指摘されて。ミズノもタクトが好きと知っているだけに心中複雑なマリノと、全く気にしていないらしいミズノ。二人の関係に微妙な変化が?

| | コメント (0) | トラックバック (10)

パンティ&ストッキングwithガーターベルト 第十話

 悪魔姉妹の罠にかかって小さくされてしまったパンスト姉妹。ブリーフにお人形さんごっこされてるし(--;

 カップがあるのに何で直接ミルクをぶっかける必要があるんだよ!?
…いや、説明しなくていい(--

 ブリーフが二人を飲み込んでしまって、ガーターベルトが下剤を投与。ここでしろとか…ま、流しちゃったらダメだしな。結局流しちゃったけど。

 しかし、二人はインナーブリーフを満喫していた。脳に攻撃してブリーフを操り、ガーターベルトを殴りまくるとか。

 出ようと思ったらいつでも出られたっぽいのに遊園地気分で時間切れ。体が元の大きさに戻り始め、このままではブリーフの体が破裂してスプラッタ。

 で、ガーターベルトは執った手段はブリーフを分娩台に拘束して肛門から…いや、それ帝王切開じゃなきゃダメだろ?

 体内を陵辱され尽くしたブリーフ。でも、それでもパンティーが好きって健気なんだかバカなんだか。

 チャックと悪魔側の赤いのってチャックが開かれると死んじゃうのか。って、中の人出てきた!?

 頭に角あるし、悪魔を封印して使役しているのか?

 中の人は恋人同士だったんだか一目惚れだったんだか分からんが…シルエットとはいえいいのか?ヨスガノソラがあるから大丈夫か(--;

 PSGのライブ。ただ、ライブがしたかっただけか?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

撃破(BlogPet)

こうさぎが待ちは撃破しないです。

*このエントリは、ブログペットの「こうさぎ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テガミバチREVERSE 第十話

 かつて世界に生息していた精霊虫、しかし、精霊虫はやがて心を失い、かつて自分が持っていた心を追い求めるだけの存在、鎧虫に成り果てた。

 その中でも危険だと思われる個体の幼虫をマカはこの洞窟に封じてきたらしい。ノワールが封印を解いたのはそのうちの一匹。ラグは見逃して良かったのかと問うが、ニッチ姉は一匹程度では世界がどうにかなることはない。封印されている数千匹の監視の方が重要なのだと語る。

 ラグの目の精霊虫は今も生きていてラグに力を貸しているらしい。琥珀に閉じ込められて精霊琥珀になれば、鎧虫化することはないと聞いてラグは一安心。

 病弱な子供に精霊琥珀を埋め込むなんて治療法があるのか。だったら、ラグ以外にも精霊琥珀が埋め込まれた子供が居てもいい気がするが。

 コナーは修道院の少女に一目惚れ。そのために毎日修道院のクッキーを買っていたらしい。でも、目当ての娘が出てきたのは最初の一回だけで、後は本来の担当の娘が出てきていると。

 あの娘に会わせて欲しい、せめて名前を教えて欲しいと頼むコナーだったが、それは修道院の御法度。と言うだけじゃなく、この娘自身がどうもコナーに惚れているみたいで。なんだか面倒臭いことになってるな…

 とか、思ってたら、自体は更に複雑。コナーが一目惚れしたのはロダで、この修道院はリバースの隠れ蓑。修道女達は騙されているわけではなく、リバースの信奉者。

 リバースのひいてはノワールの情報を得るために、ラグは女装して修道院に潜入。だが、ロダに見つかり、あなた可愛いわねと迫られて。

 ロダはそっちの趣味なの!?と思ったのもつかの間、ロダはラグの正体を看破していた。

 テガミバチに世界は救えない。自分は人工的に精霊を生み出す実験でいろいろな生物と合成され、その前の記憶を失った。今のこの心もどの生物の物なのか分からないとロダは語る。

 リバースの目的は、ノワールが蘇られた鎧虫の成虫によって首都アカツキを壊滅させること。一匹でどうにか出来るじゃないか、ニッチ姉…人間の世界の首都が壊滅しても、世界全体にはさほど影響はないってことか。

 世界政府が非道な人体実験を行っていることは事実。失敗作として捨てられたロレンスやロダにはそれに復讐する権利があるのも事実。

 対するラグは、だからといって首都の無関係な人々まで皆殺しにするのは間違っているってスタンスを取らざるを得ないんだろうけど、それじゃ対抗する理由としては弱すぎるなぁ…ラグの母ってアカツキにいるんだっけ?母を守るだったら何とか拮抗できるか?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010/12/04

FE新紋章の謎・ルナティック終章

 遂にやってきた終章。後はメディウスを倒すだけ。なのだが…

 メディウスがHP99、攻撃60、必殺30。力技守備40、速さ、魔防30って無茶にも程があるよ!?

 対するマルスのステータス
 HP47、攻撃41、力24、必殺17。魔力0、技速さ25、幸運28、守備17、魔防1
 封印の盾の効果で全基本ステータス+2

 ファルシオンの特攻で実際に与えられるダメージは23。受けるダメージは41。

 必殺が出なければ5回攻撃しなきゃ倒せないのにこっちは2回攻撃されたら死ぬ。命中率は92%対93%で回避は期待できないどころか、むしろ向こうが上。しかも、周りからは竜の無限増援。

 というわけでアゲイン無しじゃ絶対に勝てないですよ?

 ジュリアンとマリクにレスキュー、マリーシアとカタリナにアゲイン、マルスにファルシオンとリカバーを持たせていざ最終決戦へ。

 1ターン目。火竜の攻撃範囲ギリギリまでジュリアンとフィーナが進軍。チェイニーはマリーシアに変身。

 2ターン目。ここが正念場。フィーナに踊ってもらったジュリアンが竜の合間を抜けてレナに話しかけ、レスキューと今までずっと肌身離さず持っていたリライブを渡す。

 レナが横にずれてミネルバをレスキュー。

 ミネルバがマリアに話しかけ、マリアがレナからレスキューを受け取ってマリクをレスキュー。

 マリクがエリスに話しかけ、マルスをレスキュー。

 エリスがマリクからレスキューを受け取ってシリウスをレスキュー。

 シリウスがニーナに話しかけ、グラディウスでメディウスを攻撃…しようと思ったが反撃で殺されるので断念。

 マルスVSメディウス1回目。

 ニーナがマルスからリカバーを受け取ってマルスにリカバー。

 マリーシアがマルスにアゲイン(残2)。

 マルスVSメディウス2回目。

 カタリナがレナにアゲイン(残1)。レナがマルスにリカバー。ユミナがマルスにアゲイン(壊)。ちなみにマリアはリカバーを使えないので注意。

 マルスVSメディウス3回目。

 チェイニーがマルスにアゲイン(2本目残2)。

 支援効果付けようと思ってシーダとクリスを出していたのでここで杖使いが尽きた(T-T)
しかも、この二人、マルスに隣接できなくて全く役立たずだったし。

 しょうがないのでマルスVSメディウス4回目。これで必殺が出なかったらどっちにしろ終わりだったが、出てくれたおかげでメディウス撃破。

 シーダとクリスの代わりにウェンデルとフロスト(リフでも良いけど)辺りを出せば、アゲイン(残1)、リカバー、4回目攻撃、アゲイン(壊)、5回目攻撃でギリギリ倒せる計算なわけだな。

 長い戦いだった(T-T)q

 思い返せば、不可能ギリギリの絶妙なバランス感覚に関心せざるを得ない。終章のメディウスにしたって、アゲイン2本でちょうど倒せるし、マルスが力カンストして力25だったなら4回目の攻撃の後、メリクル、グラディウスでギリギリ削れるし。
 パルティアだと足りないし、オートクレイルは当たりそうにないが。

 ま、力カンスト前提というところが鬼だが。ドーピング出来るけど…というか救済措置?ドーピングすると楽勝じゃなくて、ドーピングしてようやくまともに戦えるレベル。
 22章以降は全員がフルカンストしてても増援に圧殺されるだろうけど(--;;;

 え?裏ルナ?相手が必ず先制なんてマゾゲーやったらストレスでおかしくなりそうなので止めときます。やってる時間もないし。てか、色々溜まりまくってるのでそっちを処理しないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バクマン。 第十話

 入賞を逃した反省会。エイジが入選、準入選に入ってしまったので繰り下がっただけ。自分の絵のせいではないと聞かされてサイコーは一安心。

 しかし、エイジが既に連載準備に入っていると聞き、サイコーは連載に足る作品を描いてくれば連載させてくれるのかと焦って暴走気味の発言を。

 服部はそれをたしなめようとするが、編集長は、漫画は面白ければそれで良い。面白い漫画が連載されるのだとそれを肯定。

 自分たちの作風がジャックにあっていないと聞かされた二人は、ジャック向けの王道作品のネームを何本か持ち込むが、服部の評価は全て全く面白くないと言う物。

 王道では自分たちの持ち味が殺されていると告げられ、八方塞がりだと思われたが、服部がアンケートシステムを逆手に取った戦略を徹夜で考案。

 曰く、万人受けする王道より、好き嫌いが分かれても好きな人は絶賛してくれる邪道。10人中2人がアンケートに○を付けてくれれば人気作なんだとか。

 今度こそ入賞できるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (11)

FE新紋章の謎・ルナティック第二十三章

 チキが魔竜を一撃で倒せるように力の絆1個ドーピング。でも、火竜には追撃で殺される(T-T)

 マリーシアもスターライトが使えるようにマニュアルでドーピング。19章でリザイア無双してれば足りてたんだろうけど…よく考えたら、賢者になれば良かったのかもと気付いたのは終わってからだった。

 1ターン目。両脇の火竜を剣士のオグマとパオラ、スナイパーのクリスとライアンで排除。真ん中の魔竜は踊ってもらったチキが撃破。
 マリーシアはマリクに持たせたアゲインをハマーンで修復。ここで修復しないと、もうハマーンを使っている余裕がない。

 2ターン目。左右から火竜と魔竜を倒したかったが、敵ターンでどうやってもメテオと火竜の波状攻撃で殺されるので一旦引いてマリーシアのリザーブで回復。クリスとライアンは火竜に反撃できる位置に。チキはマリクがレスキュー。

 3ターン目。火竜と魔竜を倒し、メテオの範囲に気をつけて進撃。

 4、5ターン目。メテオ範囲内に入らないようにギリギリに整列。セーブ地点の2つ上に届く位置にオグマをセーブ地点の1つ上に届く位置にフィーナを配置。

 6ターン目。踊ってもらったオグマが真ん中の魔竜を倒し、マリクがレスキュー。クリスとライアンは聖水を使って魔術師の攻撃範囲へ。聖水使うのここで最後だからマリーシアとマリクの分を除き使えるだけ使用。

 7ターン目。火竜2体をドラゴンソードと勇者の弓を使って倒す。

 8ターン目。向かってきた火竜、魔竜、左右のウォームを一気に倒す。

 9ターン目。ガーネフの攻撃範囲外に集合。スターライトで迎撃したいところだが、マリーシアもマリクもグラウアーが来たら即死なので、範囲内にはマフーが来てもグラウアーが来ても大丈夫なオグマが聖水を使って待機。

 10ターン目。スターライトでガーネフに攻撃。必殺でないと倒せなかったが、マリーシアの攻撃の後、マリクがやってくれたので、道をふさいでいる魔術師2体を全力で排除してマルスが踊ってもらって制圧。

 このターンで制圧できなかったら、増援の竜軍団に追いつかれて殺されるところだったよ。必殺無しで倒すには賢者がもう一人いるなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屍鬼 第十八話

 夏野の父が良い具合に壊れちゃってるけど一体何が?

 人狼は屍鬼の亜種で昼でも活動できて脈もあり、五感も強化される。だが、血を飲まなければその真価は発揮できない。

 夏野は辰巳に為す術もなかったが、人狼はレアものだということでこの場は見逃されることに。

 正志郎は人狼でもなく、本当にタダの人間なの?

 敏夫は千鶴を祭りに誘う。デートだと浮かれる千鶴だったが、神事が行われている神社本殿に向かう途中で、断崖絶壁に立たされているような気分に。恐怖を覚えて帰ろうとする彼女を押しとどめた上に、敏夫は千鶴が屍鬼なのだと暴露。

 敏夫の腕には千鶴の物ではない噛み跡が。夏野が先に敏夫を噛んでいた?

 ってことは、夏野はあえて辰巳に抵抗しなかったのか。あそこでばれたら計画が水の泡だけど、殺されずに見逃してもらえるかどうかは賭だったな。

 ついに人間側の反撃開始?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とある魔術の禁書目録II 第九話

 前回、上条さんが破壊した術式が追跡封じなのかと思ったら、運び屋の二つ名なのか。そして、その名が示すとおり、オリアナは逃走特化。

 彼女に対して魔術を使うとそれを記憶されて、以降、その魔術師が魔術を使おうとすると全自動で反撃されるとか。

 土御門は何故、右手で触れじゃなくて殴れと言うのだろう?殴らないと幻想殺しが発動しないと思ってるのか、それとも面白がっているだけか、はたまた、そのくらい気合いを入れてという意味なのか。

 ステイルを囮にして、反撃の来る方向から術式を発動させている簡易魔導書「ショートハンド」を探すことに。

 場所が分かるまで何度でもはともかく、その反撃を素直に全部受けなくても良いと思うんだが。反撃が来た瞬間に上条さんがすぐに消しちゃえば苦しいのは一瞬で済むんじゃないの?それでもダメージは蓄積するだろうけど。
 場所特定にある程度継続時間が必要なのか?同じ場所から反撃は何回でも来るんだから、10秒1回と1秒10回で同じ事じゃないの?

 常盤台20人VSどこかの中学200人の玉入れ。ハンデ戦?超能力で百発百中で入れられたらそれでもきつそうだとか、一回で全部放り込まれたら話にならないから、一回につき一個ずつ位のハンデはあるよね?超電磁砲で玉入れとか出来ないし。いや、中が砂鉄なら、とか思っていたら…

 直接攻撃ありってそれ、絶対玉入れじゃないよ!?相手全滅させてからゆっくり入れりゃいいんだし…

 魔術の一番簡単な儀式は手を触れること。というわけで一般人がショートハンドに触れても反撃が来る。それがどうやら玉入れの柱に付けられているらしい。

 それはそれとして、別に土御門が調べなくても、上条さんが順番に柱に触っていけば良いんじゃ?手分けして、土御門の方が発見したら呼ぶとかならともかく、一緒に回ってたよね?

 美琴の件も、そんな遠回しに言わなくても、柱に触るなと一言言えば済む話じゃ?美琴がそう言われたら逆触ってしまうあまのじゃくだったら別だが…いや、そういう性格だったかも(--;;;

 隠蔽しておかなきゃいけない物をわざわざそんな一般人が触れるような所に貼っておくのも謎だが。場所を特定されるのを見越して、一般人に被害を出して足止め狙い?
 上条さんはそう考えたみたいだけど。

 そういえば、この玉入れの柱、どうやってここに運んできたんだろう?人間じゃなく、機械で運んできたのか?それとも、ここに設置されてからショートハンドが貼られたの?

| | コメント (3) | トラックバック (5)

2010/12/03

神のみぞ知るセカイ 第九話

 桂馬に一般常識を身につけろと言われて図書館を訪れたエルシィ。そこで消防車との運命の出会いを果たす。どうやら、真っ赤なのが良いらしい。

 消防車のことがもっと知りたくて間連の本を探すが見つけられず、受付で聞いてみることに。しかし、受付の図書委員は読書に没頭していて反応すらしてくれず、ようやく読み終わったと思ったら、読んでいた時代劇の本の影響で、何の用でござる?とか言い出す始末。すぐに言い直したけど。

 それでもめげずに消防車の本のことを聞いたら、放課後に来てくれと言われて失望するも、その図書委員、栞から駆け魂反応が。

 桂馬を連れて戻ってくると、栞は台車一杯の消防車間連の本を用意していた。消防士の本から、挿絵に消防車が描かれている物、果ては回想に火事が出てくる物まで、その数458冊。受付としては失格だが、脅威の検索能力で図書委員としては一流?

 頭の中では色々考えているが、考えすぎて結局出てくるのは一言だったり、無言のまま終わってしまう栞。

 桂馬はゲームの経験として典型的な図書委員キャラだと断定するが、ゲームではモノローグとして読める無口な文学少女キャラの心の声がリアルでは分からないのだと気づき、それじゃあ攻略不能だと、早々に攻略放棄?

 でも、一応フラグは立てて見る。

 高いところの本を取ろうとしてよろけた栞を助けた桂馬は、栞が頭の中を整理して言葉を発するまで、急かすことなく表情も変えずひたすら我慢の待ちに徹する。

 数分後、栞はこれ以上待たせてはダメだと、考えもまとまらぬまま、とりあえずお礼だけでも告げようとしたが、出てきた言葉は、ありがろん。
 持っていた経済原論に引っ張られたらしい。そして、投げっぱなしのまま次回へ。大丈夫か、これ?

 変に思われないよう頭の中で吟味を重ねに重ねてから、相手を待たせていることに気付いて慌ててしまい、結局、吟味したはずの言葉はどこかに飛んでいって、謎の言葉を発してしまって怪訝に思われる。悪循環だなぁ…

 ところで、かのんの挑戦状は、桂馬への挑戦ですか?

| | コメント (1) | トラックバック (14)

2010/12/02

そらのおとしものf 第九話

 みんなが泣いたり笑ったり戦ったりしている中、シリアス話に出番が無くのけ者にされていることがご不満の会長。鬱憤晴らしにまたお祭りを開催。

 今回の種目はヨーヨー釣り。ヨーヨーはバインバインしている物。ということで、プールに入っている女の子のなかで一番大きなおっぱ…ヨーヨーを持っている娘を釣り上げた者が優勝。

 ヨーヨー達は縛られてプールの中に。浮きが付いてるから溺れはしないけど、セクハラ過ぎる。

 ニンフは逃がしてやるのがマナーとか…

 会長に妨害されてボコボコにされた智樹。一発逆転のためには、もはやこのプールの伝説の主、そはらを釣り上げるしか。

 俺、無事帰ったらプロポーズするんだ、とかわざわざ死亡フラグを立てた智樹は当然のごとく、そはらの殺人チョップで帰らぬ人に。だった、おっぱいが大きいんだ…

 イカロスもプールに花と一緒にエロ本を投げ入れるとか何やってるんだ?

 なんか無駄に壮大な光景だったが、どこまでが智樹の心象風景で、どこまでが妄想で、どこまでが現実なんだ?

 初めてのお小遣い。なんか、お札の肖像画が不気味すぎるんだが(--;

 ニンフは一杯お菓子を買ってご満悦。一方、イカロスはマスターの喜ぶ物をと考えるが思いつかず。英四郎のアドバイスで自分の好きなスイカを買って帰ったら、智樹が喜んで頭を撫でてくれたので疑問に思いながらも幸せな気分に。

 ずっと一緒に居てくれるというのはプロポーズですか、マスター?

 海底に沈んだカオスは、イカロスが胸が痛いと言っているのを思い出し、愛とは痛みだとの結論を。今度は私がみんなに愛を教えて上げるんだ♪と手始めに深海魚に愛を教えつつ栄養補給。このままラスボス化?

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2010/12/01

侵略!イカ娘 第九話

 タケル達のピンポンダッシュを見かけたイカ娘。家の人に迷惑じゃなイカ?と常識的に問いかけるが、侵略者が固いことを言うなと返されて。

 出来心で呼び鈴を押したらダッシュする前に通りかかった千鶴に見つかって、誤魔化している内に、その家の娘、清美と友達に。きっかけはアレだけど良い娘と友達になれてよかったじゃなイカ。

 次の日、清美を家に招待したイカ娘。しかし、千鶴に無断で招いたことに戦々恐々。千鶴はイカ娘に友達が出来たことを喜び、応援しようとするが、千鶴の気合いを込めた激励のアイコンタクトをイカ娘は死の宣告と認識。

 同じく喜んでいる栄子の笑顔を、これから死に逝く者への優しさ、外で遊ぼうとのタケルの誘いを逃がしてくれるのだと解釈したイカ娘だったが、そこにジュースを持った千鶴が。

 毒殺されると勘違いしたイカ娘は、せめて清美だけは逃がそうと、死んでも親友でゲソ!と炊きして家に帰した後、覚悟を決めて大の字に。

 どれだけ千鶴を恐れてるんだよ?千鶴の激励の仕方がおかしいのはというか、どう見ても殺意の視線だったのは確かだが。でも、そのおかげで清美との友情を急速に深められたんだから結果おーらいじゃなイカ?

 栄子に自分は使わないからと口紅をもらったイカ娘。自分では上手く塗れなかったが、千鶴に塗ってもらってお化粧に目覚めたらしい。

 早苗はイカ娘の口紅を追ってどこまで行ってんだよ?イースター島?しかも、口紅じゃなく印鑑だし(--;

 今日の客層はガングロだったりビジュアル系だったり舞妓さんだったりとなんかおかしいが、気にしたら負けか?

 男を落とすメイクを侵略と勘違いしたイカ娘。悟郎に侵略者らしいメイクをしろと言われ、悪の女幹部に?と思ったら、原住民の呪術師系のメイクに。しかも、油性で落ちないとか。

 メイク大会は女性陣を抑えてタケルが優勝。

 地球の温暖化は人間による環境破壊が原因でゲソ!と珍しく正論をのたまうイカ娘。実際は暑くて愚痴っているだけなのだが、渚はそれを聞いて侵略宣言なのだと認識。恐怖を新たに。

 シンディーVS早苗のイカ娘争奪戦。イカ娘に触手で緊縛された上に殴られてぬるぬるした物をぶっかけられる…早苗が変態レベルを更にアップ。でも、最後はイカ娘に二人揃って海に投げ込まれる羽目に。

 シンディーの研究所の三バカ再登場。自称してるし。教養18で知力3ってこういうのを言うんだな…

 侵略者の威厳が宿る弾に興味を覚えたイカ娘。でも、撃たれるのは怖いし信用できないしで、スイカを試し撃ちしてみたらスイカが消滅。更に海の家まで消滅。

 当然、千鶴の逆鱗に触れ、三バカはすぐに元に戻すと土下座。渚は真に恐ろしいのはイカ娘ではなく千鶴なのだと気付くが…侵略者から地上を守る正義の味方とは認識されないのねやっぱり(--;

 ところで、これ、消滅したんじゃなくて、最初に言ってた透明になる弾なんじゃないの?

 てか、イカ娘が壊したところごと消滅したら、もう弁償はチャラじゃなイカ?

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »