« バクマン。 第七話 | トップページ | パンティ&ストッキングwithガーターベルト 第七話 »

2010/11/14

テガミバチREVERSE 第七話

 ノワールの情報を追い、北へ向かったラグ。しかし、テガミ弾はいまだに完成どころか一行も書けていない。

 気ばかり急いて、そんな状態で遭遇しても何も出来ないと思うが。今回はそこでノワールが何をしていたかの調査がメインで、遭遇出来るなんて初めから考えていないのか。

 ニッチの髪はスキー板にもなるのか。

 巨大なヤゴのような鎧虫の抜け殻を発見。その側には心弾銃の薬莢が。そこにゴーシュの心が残っているのでは?と考えたラグは赤針を発射。そしたら足下の氷が崩壊。

 薬莢に残っていた記憶。ゴーシュは心を失った後、政府の闇の部分を知り、自らノワールとなったらしい。

 ロレンスはゴーシュを光からの唯一の生還者と呼ぶ。光って人工太陽?中に入って帰ってきた?

 自分が生活していた場所やアリアとシルベットを見ても心が動かされることはなく。そんな記憶を見たラグは、ゴーシュは本当に心を失ってしまったのだと絶望。

 しかし、世話役の名前のない娘にロダと名付ける姿を見て、まだ全ての記憶を失ってはいないのだと希望を見出す。

 かつてのディンゴのロダと人間ロダは別物?でも、政府の人工的に精霊を作り出すための合成実験の被験者みたいだし、ロダと人間の合成結果が彼女という可能性も否めないよな。

 一方、ザジはノワールと遭遇。心を失ったお前をラグに会わせるわけにはいかないと挑むも敗北。テガミを奪われてしまうことに。

 十数える間にといいつつ、途中から一気に数え上げるザジが姑息というからしいというか。

 で、北の町はニッチの生まれ故郷?それはともかく200年前って…あれで200歳なのか。

|

« バクマン。 第七話 | トップページ | パンティ&ストッキングwithガーターベルト 第七話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

終了・て テガミバチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/50021337

この記事へのトラックバック一覧です: テガミバチREVERSE 第七話:

» テガミバチ REVERSE 第7話「Film noir」 [無限回廊幻想記譚]
ノワールらしき人をヘラジカアタマのあるブルー・ノーツ・ブルースで見かけたという情報を手に入れたラルゴ・ロイドは、物に込められた“こころ”を見る心弾を持つというラグ・シーイングを派遣する。Dr.サンダーランドJr.はブルー・ノーツ・ブルースには摩訶(マカ)の目撃情報が... [続きを読む]

受信: 2010/11/14 22:40

« バクマン。 第七話 | トップページ | パンティ&ストッキングwithガーターベルト 第七話 »