« とある魔術の禁書目録II 第八話 | トップページ | FE新紋章の謎・ルナティック第二十一章 »

2010/11/27

成恵の世界 少年エース2011/1月号

 蘭VS制御体。蘭は先制攻撃で制御体にダメージを与えるが、制御体の真の目的はてとらだった。傭兵妹も乱入してますます混戦に。そんな最中、てとらが倒れて。

 制御体と傭兵妹はお互い、真っ先に排除する対象だと認識し合ったらしく、てとらの確保自体は後回しにして姿を消す。その間に和人達は情報整理。

 三賢者が言うには、青日人は魂だけを御柱に乗せた不死の戦士となり、平行世界を渡って蛇と戦い続けていたが、いつしか自分たちが異世界からの脅威と認識され、守るべき人々から疎まれていることに気付いたらしい。

 乗員達は戦いを続けるか否かで意見が割れ、混乱した御柱は二つに割れて地球に墜落。一旦は機能を停止。

 しかし、その半身、てとらが奇跡的に蘇り、成恵達の愛情を受けて心豊かな船として成長したため、アルマゲストもそれに呼応して起動。どうやら日本に向かっている模様。

 てとらが命令すればアルマゲストは止まるはずだったが、時既に遅く、連合艦隊の総攻撃でアルマゲストは轟沈…したかに思われたが、破壊される直前に大量のコピーを作り出し、完全な戦闘態勢へ。

 艦隊主砲一斉射を囮にして油断したところを衛星軌道上からベクトル機関を狙撃とか格好良かったんだけどな。てとらが倒れたのも艦隊が散布したナノマシンの影響らしいし、攻撃が効かないことはないみたいだけど、恐ろしいのはこの再生増殖スピードか。

 一方、バチスカーフはアップグレード。戦列に加わるのか?次元潜行機能を最新にバージョンアップして、アルマゲストの前にてとらを送り届けるって方かも。

 はじめは、もう自分だけが蚊帳の外にされていることに気付いていた。自分を危険から遠ざけてくれているのだろうとは納得していたが、大切なもの達を失いたくない。そんな彼女の前に、傭兵妹が私たちの未来を答えろと迫る。

|

« とある魔術の禁書目録II 第八話 | トップページ | FE新紋章の謎・ルナティック第二十一章 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

成恵の世界 」カテゴリの記事

コメント

ゆたかが狙撃したの?

投稿: BlogPetのこうさぎ | 2010/11/27 16:05

あと九分ならてとらの回復が間に合うかと…
てとらを送り届ける役、ハルナは譲れないと思うし。

いわゆる病み上がりになるけど、もうしかたない…

投稿: EIFY | 2010/11/28 02:03

 ハルナが高速船の機動力を生かしてですか。それもアリですね。
 ってことはバチスカーフ含め、連合艦隊は足止めか?

 よく考えると、アルマゲストが向かってきてるんだから、進路上の海上で待ち構えていた方が良いのかも。

 てとらが回復しないと回復待ちの時間稼ぎが必要ですけど。

投稿: 藤ゆたか | 2010/11/28 14:53

そう言えば結局アルマゲストが逆方向の「南米沖」を通り過ぎて日本に…予想が盛大に外れちゃったw
制御体は機能不足だから、まずてとらを迎えにくるしかないんですね。

今の状況はシラセさんに一時信号を遮断して頂きたいけど、おそらく無理。これからてとらへの危険視が極めて高くなるだろうけど、ダモクレスの剣の意味で地球側の問題ではなくなるかも…

投稿: EIFY | 2010/11/28 15:39

 近づいてくるとは思いませんでしたね。本体であるてとらに引き寄せられている?

 てとら自身は拒絶しているみたいですけど。

 成恵と和人にとってはこの騒動の後、てとらを守ることの方が本番かも。

投稿: 藤ゆたか | 2010/11/29 23:39

先月号は無記入だから心の準備がなかった...
急いで描いちゃったからちょっと雑かも
http://bit.ly/dRhR8Q

ある意味てとらに縋っているかもしれませんね。「命令を」「制御して」とか。倒れる直前あの制御体もどきを含めて待機させればよかったのに、誤解と邪魔が多すぎて慌てて...

惑星を飲み込める存在なのに地球が守ってくれるというのは、またいい構図なんですね。成美お母さんの受け売りだけどw

守るというより、協力かな?アルマゲストだけが派遣艦隊を追いつめられるなら、上手く統合すれば合星国も銀連も手を出せないでしょう。あの対遺物ナノマシン、二度と効くとは思えないし。

一隻になれば、てとらの権限が上だとしても、ちょっとだけ影響が出てしまうかな?アルマゲストの囁きって、もともとてとらの前身も含めて御柱たちの執念だし。やり方が間違っている気もするが...

abcが言っていたように、ハルナが望んでいるように、もう少しだけ先延ばしして欲しいけど...

投稿: EIFY | 2010/11/30 03:54

 御柱の意思はてとらにあって、アルマゲストは本能で動いてる感じですね。

 アルマゲストは考えて行動している訳じゃなく、防衛本能と反射で反撃と自己保全を行っているだけかと。

 一隻に統合されるよりも再び眠りに就かせて欲しいなと。

「てとらの真っ黒さん」は、てとらが呼び出しかけた船のことでしょうね。

投稿: 藤ゆたか | 2010/12/01 01:03

御柱の場合は「使命を果たそう」も本能に入っているらしいけどね。アルマゲストが制御体もどきの(頭部)改造までしているし、御柱は低次機能でももう想像の範囲を超えているかも。

てとらがアルマゲストを再び眠りに就かせようとしたら、精神的に衝突してしまうかも。アルマゲストは短い間、自身への脅威を一杯経歴し、傭兵とかてとらの敵も把握している。今となって、もうどうしても邪魔させず、第四の御柱を完全に復活させようとしているに見えます。守るため、たとえ中樞の意思でも...というのはあるかな?

精神の影響をコントロールできるなら、統合の方が安全ではないかと。監察庁の権限が限られるし、もはや銀連に頼るのはどうかと思わせる状況で生身のままでは危なすぎるではないかと。もともとCONが低いし、もしあそこでムラクモのフェイザーに撃たれたらもう大怪我になっちゃったかも。

「テトラビブロス」の図面、もう銀連に渡しちゃったしね。

相変わらず、嫌な見方かな?すみません...

投稿: EIFY | 2010/12/01 11:37

 順当に考えれば、てとらが戦いを放棄した側で、アルマゲストが戦いの継続を望む側でしょうからね。
 簡単に説得できるなら、そもそも二つに割れたりしないでしょうし。

 もう一回の中学生の手には負えない状況にも関わらず、三賢者が和人を頼ってくると言うことは、和人の絆を結びつける力は相当凄いんでしょうね。

投稿: 藤ゆたか | 2010/12/02 02:00

”トゥザク”が「てとらが命じれば悲劇は回避できます」とも言い切ったけどね。

戦争を続けるかどうかは意思の範囲でてとらによるけど、統合するかどうかは自身の保全に関わって、アルマゲストの本能にもよる...と、適当に予想しています。

投稿: EIFY | 2010/12/02 03:27

 トゥザクがそう思っているだけと言う可能性もありますけどね。まぁ大丈夫だとは思いますが。

投稿: 藤ゆたか | 2010/12/04 00:18

あと倒れた原因はナノマシンとしているけど、実はアルマゲストからの負担の方がかかるかもね。散布はとっくに始めたのに、ようやく接触した瞬間で倒れたのは本当に単なる偶然なのか...?と。

となるとあの制御体もどきの目的も、実は準備としててとらと繋がるだけ...?力づくで確保するつもりなら、何機も送ってくるでしょう。

投稿: EIFY | 2010/12/04 06:58

 てとらに意識がなければ、自分の方がてとらを取り込んで支配できる、と思ってるのでしょうかね?

投稿: 藤ゆたか | 2010/12/04 19:48

やっぱり藤さんはアルマゲストをあまりよく思っていないんですねw
私にはもうしっかりてとらに対して、封神演義の王天君みたいな存在になっていますが...

投稿: EIFY | 2010/12/05 02:22

 アルマゲスト側に明確な意思自体があるかどうか分かりませんし。やっぱり本能と目的達成のみで動いてるのかな? 

 王天君ですか。今のてとらじゃ論破されそう

投稿: 藤ゆたか | 2010/12/06 01:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/50144794

この記事へのトラックバック一覧です: 成恵の世界 少年エース2011/1月号:

« とある魔術の禁書目録II 第八話 | トップページ | FE新紋章の謎・ルナティック第二十一章 »