« テガミバチREVERSE 第四話 | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト 第四話 »

2010/10/24

パンティ&ストッキングwithガーターベルト 第四話

 常にスイーツを食べているストッキングにパンティーも呆れ気味。ストッキングは自分は太らない体質なのだと言うが…測ってみたら増えていた。

 慌ててダイエットを始めたストッキングだったが逆に体重は増え続け、ついに切れてバカ食い。そしたら次の日何故か巨大化。

 原因は全員が太っていればダイエットなんてしなくて済むと考えたゴーストが脂肪細胞を10倍にする菌をスイーツに仕込んでいたから。ゴースト、おっぱい丸出しなんだがむしろキモイ。

 チャックも食ってたのに…と思ったけど、そういえばストッキングが全部吐き出させてたな。ギャグに交えてちゃんと伏線を張っていたのか。

 怒りのストッキングが攻撃するが、ストッキングが伸びきっていてふにゃふにゃ。パンティーの銃で倒し、ストッキングは元の体型に戻るが、またスイーツ生活に。全く懲りてねぇ!

 武器のお手入れを命じられた二人だが、全く出来てねぇ!そして、それを放り出して学園のランジェリーマラソン大会へ。

 元は学園のデモ活動の一つだったらしいが…主催者のMGってガーターベルトじゃねぇか!厳格なイメージがどんどん崩壊していくな。こいつもパンティー&ストッキングと同じ穴の狢なのか(--;

 そこに下着ゴーストが出現。武器は整備不良で役立たずどころか下着だから食べられてしまう。こいつ、二人の天敵じゃないのか?

 パンティーはパンツなら自分のでなくても良いどころか男女問わずなのか。いや、他人のは男限定か。武器の性能はアレのサイズに依存。ブリーフのが超強力だったのはお約束。

 もしかして普段のパンティーの武器って、アレした男のなのか?ストックするためにしまくてんの?

 下着を返せと詰め寄る学生たちをMGがあっさり説得。すっかりカリスマに。でも、ランジェリーマラソンの首謀者として逮捕される羽目に。管理者不在?

|

« テガミバチREVERSE 第四話 | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト 第四話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

終了・ぱ パンティ&ストッキングwithガーターベルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/49830866

この記事へのトラックバック一覧です: パンティ&ストッキングwithガーターベルト 第四話:

« テガミバチREVERSE 第四話 | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト 第四話 »