« 侵略!イカ娘 第四話 | トップページ | そらのおとしものf 第四話 »

2010/10/27

成恵の世界 少年エース2010/12月号

 メキシコ上空の黒蛇・アルマゲストに総攻撃をかける作戦が決行に。機関部を破壊後、全方位から超重力場で取り囲み、圧縮破壊。地球に一切の被害を出すな!果たして作戦は成功するのか?

 惑星緑日の兵器とアルマゲスト、てとら(正確にはテトラの呼び出した船)は、共通の機伝子型を持っているらしい。つまりは共通のルーツを持つ機族ということか。

 惑星緑日での戦闘データもフィードバックされて有効活用されているっぽい。

 宇宙先生は香奈花に、機族に心があるなど信じないが本当の敵とは話が通じない物なのだと語る。その言葉で、香奈花は自分の間違いに気づけたよう。

 はじめはもはや預言者レベル。彼女に聞けば全て解決しちゃうんじゃ無かろうか?

 何故、自分の世界の宇宙ではなく平行世界を目指すのか?遠い宇宙の果ての異星人より、平行世界の自分たちとの方が理解し合えるに決まっている。なるほど確かにそうだ。

 a.b.c.が遂に和人と成恵に接触。第四の御柱の乗客、惑星青日の三賢者を名乗る彼らは、トゥザク達とは別人らしい。むしろ、彼らがオリジナルか。
 惑星緑日でしたように世界を救ってくれと告げる三人。つまりは和人に集中しすぎた因果を拡散させる力があると?

 しかし、そこにアバロンの制御体が乱入してきて詳しいことは聞けずじまい。二人を守るために機族ちゃんズも割って入って。

 この制御体、メキシコの研究所に居た奴が飛ばされてきたのか?こんなところで争っている暇はないのに、話がどんどんややこしい方向へ(--;

|

« 侵略!イカ娘 第四話 | トップページ | そらのおとしものf 第四話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

成恵の世界 」カテゴリの記事

コメント

本当にテンパっていただけだな...香奈ちんにはバチスカーフもいる事でなんとか助かった。

小説世界のてとらは綺麗だな...それに対して文化祭のてとらの服は地味すぎ。ハルナママなにやってんの!?(二重の意味で)

あの制御体もう将棋みたいに御柱(アルマゲスト側の片割れ?)の物になっているよ。機族を参照して更に成恵と和人の遺伝子を読み込んで生まれたてとらといい、惑星ごと喰らうといい、御柱の同化力ってハンパないな。

アルマゲスト側も、余程の事がない限り生命を傷つけないに見える。多分制御体を使うのも何かを伝えるため...なんか乗客と自律機械が制御中樞を無視して、勝手にじゃれ合っている感じ(--;

問題は今のてとらはどこまでアルマゲストを制御できる、どこまで責任を取ろうとしているんだな。アルマゲストもただ暴れているに見えないし、もしその真意を七瀬家の「誰か」に伝えたらもっと複雑な事態に...

投稿: EIFY | 2010/10/29 12:25

すみません、乱入してきた制御体は捕虜ではなく、アルマゲストが作ったコピーのようです...m(_ _)m

投稿: EIFY | 2010/10/29 12:41

 テンパっていた香奈花が戻ってきてくれて良かったですね。

 小説世界のてとらはどうみても御柱ですな。ま、あの年頃の服は綺麗さよりも丈夫さ重視でしょう。

 制御体は三賢者を蛇と認識して攻撃しただけで、和人と成恵に危害をくわえる気はないような。

 てとらがアルマゲストを制御しちゃったら、テトラへの危険視がますます高まりそうで怖いですし、破壊、もしくは手のひらサイズくらいに縮小、無力化出来ないと事態が収拾しそうにないですね。

投稿: 藤ゆたか | 2010/10/30 18:48

宇宙先生といいa.b.cといい、今月号でてとらの権限をいろいろクリアしたな。

あの姫巫女の方が服の丈夫さが大事な気もするけどw

いや、それは魔法少女の意味で漫画違いw
一隻の船を作れる時点でそう大差もないと思うけど...惑星喰いを止めて、軌道に上がらせたらせめて事態を緩んで、あとあの制御体もどきを通じて話し合ってみる...とか?

制御までは分からないけど、ある程度影響出来ると思う。緑日の御柱さえややこしい事態を避けるため、離陸を早めたに見えるし。

投稿: EIFY | 2010/10/31 04:32

 あの服にどんなテクノロジーが詰まっているのかは外見だけじゃ判断できませんね。

 てとらを介して対話くらいは出来るかも知れませんね。

 三賢者は和人がこの事態を収拾できると思っているようですけど、ホントにどうやって?

投稿: 藤ゆたか | 2010/10/31 13:57

コネクタぐらい積んでいるだろうな。姫だけであって何か防御系統もあるかも。だからハルナママあなにや(ry
本人は不安そうに聞いたけど、旅館の法被が一番似合うかも。お母さんが辛うじて認識出来た所為かもしれませんが...

ある形でてとらの関与しかないんだな、惑星緑日のように。ただそれだけてとらが成長してきて、何せ惑星青日第四御柱の問題だから、和人のヒーロー活動より七瀬家(飯塚家?)の総動員になるだろうな。

例の芳しくない方法の元凶はてとら vs. アルマゲスト見る気満々だけど、それは地球オワタ...

よかったら、またいらっしゃい〜 http://bit.ly/9TRokr

投稿: EIFY | 2010/10/31 18:59

 あの服はてとらの能力抜きでも地球の兵器じゃ傷一つつけられないかも。

 はっぴの件はこれ着てたらよその子になっちゃったと思われないかな?という不安もあったのかと。

 アルマゲストをまともに破壊しようとしてもうまくいかないでしょうね。解決の鍵は和人が握ってるんでしょうけど。

 アルマゲストは第四の御柱間連ではなくて、それ以外の御柱の残骸な気もしますが

投稿: 藤ゆたか | 2010/11/01 01:26

こうなると逆にa.b.c.が可哀想に見える...アスペクトがガンガン使われているのに、てとらがいると口さえ挟めない...

11巻の彩頁によると、てとらとアルマゲストの前身は一隻の船だったと思います。惑星緑日の御柱も制御中樞と黒蛇のコンボだし、地球に何隻も御柱が集まるのもちょっと...ね

投稿: EIFY | 2010/11/01 01:48

 最初は自分たちはただの乗客で窓の外を眺めることしかできないとか言ってましたね。それが介入してくるんですから余程のことなわけで。

 11巻の彩頁によると語り手の白蛇、近頃訪れた「未来から巡礼」、やってきた「過去からの巡礼」の三者がいるようですね。
 てとらの護衛の黒蛇は時代屋の女房で倒されたアレだったのかなと。

投稿: 藤ゆたか | 2010/11/03 15:07

窓から眺めるしかないのは、てとらの行動と決断かな?だからこそてとらが信頼しているお父さんとお母さんに話しかけてくると思います。アルマゲストもそうかも。和人と成恵はもう大変すぎ...

未来の巡礼は銀連の方々だと思うけどね。少なくとも、てとらとアルマゲストの前身はほぼ同時に地球に到着したようです。

アレは白蛇で、黒蛇より堅いし機伝子も違うようだけどね。今読み返すと「子守りに疲れた」というのは確かにてとらの事だろうけど、護衛の関係ではない気がする。何せ白蛇も白蛇で興味を持っているようです。ファンさえいるし(汝ハ美シヒ)w

投稿: EIFY | 2010/11/04 02:06

 てとらがどう育つか、どう扱われるかもタメされている気がしますね。

 和人達を緑日に飛ばしたのは白蛇っぽいんですよね。大家さんのとこに出たのも白蛇だし。

 でもてとらは御柱側。入り交じっちゃってよく分かりませんね。

投稿: 藤ゆたか | 2010/11/06 22:54

まあ、偉そうに現れたけど、彼らも間違えているかもしれませんね。惑星緑日にあんな無情の判断を下ろしたのも、「祖先の魂」だし。...そもそも、この状況では二度と現れられるだろうか?

本当に瓜二つだな、お父さんさえ無意識にごちゃごちゃしちゃったぐらい。まあ、今の件で合星国がこんな目に遭わせて、てとらが御柱側だと分かった以上、もう二度と地雷踏みしないだろう。

よ〜く読み返したら色々出て、加筆しちゃった。要するに、アルマゲストが常にてとらの状況を把握していて、無人の戦場を選んだか、惑星スケールでてとらに合わせて地点を取ろうとしてるようです。狙われていると分かった以上なおこんな行動を取るのは、銀連の予想はもう外れているかもしれませんね。

投稿: EIFY | 2010/11/07 08:23

 三賢者とか偉そうに名乗ってますけど、結局奴らも蛇もどきのなれの果てなんですよね。

 緑日のアレは御柱側の視点では緑日人の保護が最優先ですからしょうがなかったのかと。

 日本とメキシコ。ほぼ地球の裏側の地点であることを考えると出来る限りてとらと距離を取って被害が及ばないようにしているのかも知れませんね。

投稿: 藤ゆたか | 2010/11/07 10:36

メキシコは落ちた地点で、ニューメキシコのホワイトサンズで起動したけど、ニュースに出る時はもう南米沖に移動した。詳しい座標は分かりませんが、東京の正反対側も南米沖ですよ。

二隻の船で惑星を呑み込んで離陸する配置じゃないかと一瞬は考えたけど、それはてとらの承認が必要だよな。

投稿: EIFY | 2010/11/07 11:15

 完全に真裏ですね。

 アルマゲストは地球をどうこうしようとは考えていないんじゃないかと思います。

 緑日はそもそも、小惑星を核に御柱が周りを覆って居住環境を最適化した疑似惑星だったから御柱が去った後に何も残らなかっただけで、地球は違うと思いたいな。

投稿: 藤ゆたか | 2010/11/08 00:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/49856847

この記事へのトラックバック一覧です: 成恵の世界 少年エース2010/12月号:

« 侵略!イカ娘 第四話 | トップページ | そらのおとしものf 第四話 »