« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010/09/30

FE新紋章の謎・ルナティック第七章

 色々諦めればナバールとフィーナを逃がすだけならどうと言うことはない。だが、宝を回収しようとすると途端に地獄になるマップ。

 ナバールが盗賊を仕留めきれないどころか反撃で瀕死になるのがそもそも酷い。きずぐすりじゃ回復しきれないし。キルソードの必殺がどれだけ出るかの運ゲー。必殺28%だから最初の一回だけならどうとでも。でも、それを連続で出すとなると…

 天使の衣は諦めた。ドラゴンナイトクリスは弓の一撃には耐えられるけど、勇者部隊の行動圏内に入るわけには。

 増援部隊には洞窟の辺りでアーマーを待ち構え反撃でダメージを与えておき、更に引き込んでソシアルナイト諸共殲滅の繰り返し。魔術師はペガサスで攻撃範囲ギリギリに待機、森に誘導して分断。孤立したところで各個撃破。

 洞窟の火竜は射程1-2で速度20とか無茶言うのでクリスの銀の槍でダメージを与えた後、リンダがオーラを撃ってみたら命中80%を外してリセットする羽目に(T-T)

 結局、クリスを躍りで2回攻撃させて倒した。リブロー回収。

 ダールも速さ24のサンダーソードという無茶振りだったが、クリスが必殺を出してくれたおかげであっさり倒せた。アストリアの勇者部隊は誘導に失敗して経験値に出来ず(T-T)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/09/29

けいおん!! 第二十六話

 時は遡ってあずにゃん入部当時。DVDジャケットになってる写真の真相。あずにゃん、その予感は正しい。逃げるなら今のうちだ!

…もう、手遅れだけどな。で、何で今更これを?

 さわちゃん先生のチェック如何によっては卒業アルバムの写真の差し替えがあると知った唯。前髪ぱっつん写真の差し替えを要求するために病欠しているさわちゃん先生のアパートへ。あずにゃん以外はさわちゃん先生のプライベートへの興味から同行。

 唯の要求は「可愛いじゃない」の一言で却下。

 デスデビルのメンバーが軽音部がまた廃部になるんじゃないかと心配するが、さわちゃん先生は余裕の表情。この時点で憂と純の加入を知っていたらしい。
 でも、それでも一人足りないんだけどな。

 部室に戻った唯達は、あずにゃんたちが新歓ライブの練習をしていることを知って。ここで知ったから、卒業まで、あずにゃんと来年の軽音部について心配する描写が一切無いのか。

 映画って何をするんだよ?

・総評
 最後なのでぶっちゃけると、唯達が全く練習をしないとか、日がな一日だべっているだけなのに全てが何となくうまくいってしまうとか、そういうのはつっこむだけ無駄だと一期の頃に理解したので、細かいことを一切気にしないことにしていて見ていたわけだが…
 後には何も残らなかった。つまらない訳ではないのだが、特に面白いわけでもなく、予定調和の中でまったり時が流れていくだけ。

 結局の所、私にこの作品は合っていなかった。この一言に尽きる。
じゃ、なんで見続けたのかというと、今期一番話題のアニメだから基礎知識としてと言うところが大きい。

 もちろん、面白いと言っている方々にどうこう言う気もないし、何か言われても困る。そうですねとしか言えないから。と言うわけで終了。

ストーリー:3
キャラクター性:3
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:2
総合点:18

| | コメント (0) | トラックバック (8)

ぬらりひょんの孫 第十三話

 総集編。別に後半戦突入前に前半のおさらいすることは悪くないし、ここから見始める人への導入にもなるし…

 牛鬼の話知らなくても、四国妖怪編の理解に何の不都合もないけどな!
ま、まさしく牛鬼が危惧していた状況に突入したわけだが。

 どうせなら、牛鬼視点で、彼の心の内を独白するような特別編にすれば良かったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010/09/28

世紀末オカルト学院 第十三話

 たとえ過去を改変できたとしても、それはその場限りの物でしか無く、揺り返しのような物が起きて大局的には変わらない、だとか一度確定してしまった未来は、たとえ道筋が違おうとも最終的には同じところに収まるだとか。

 時空間には常に歪みを正す力が働いているだとか、それが破綻するほどの凄まじいタイムパラドクスが起きてしまった場合は時空間に亀裂が生じるだとか。

 ノストラダムスの鍵は内田文明。正確には未来の過去の内田文明が出会うことにより発生する致命的なタイムパラドクスが原因と。滅亡を回避するための行動が滅亡を決定づける。歴史を改変することは不可能なのか?

 文明が超能力を失ったのは、大人の文明が子供の文明からその能力を奪ったから。文明はその能力を使い、宇宙人を全滅させ、時空の穴を塞ぎ、その代償として消滅する。

 文明一人の消滅で時空間の歪みが正されるなら安い代償だな。

 でも、未来文明が超能力を失っている以上、未来文明の過去でも同じ事が行われたはずで。その時の文明は勝てなかったのか。これはこれでパラドクスなんだが。

 しかし、未来って言ってもたかだか十年。長い歴史の中で見たらそんな刹那の時間滅亡が延びたところで誤差の範囲なのかも知れない。

 マヤはあの後、子供文明を自分好みの男に育てて結婚したっぽい。逆源氏物語?
マヤ好みのヘタレに育ってる可能性もあるが。結局、マヤの一人勝ち?

・総評
 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト閃光のナイトレイドを生け贄に召喚されたアニメノチカラの最終兵器。
 監修ムーは伊達ではなく、たっぷり散りばめられたオカルトネタを生かしつつ、ノストラダムスの鍵探し主軸にして見事に物語を描ききった。
 前2作品があまりにも酷かったため、相対評価がとんでもないことに。捨て石というか、踏み台というか…大きくジャンプするためには一度大きく屈まなくればならないってことだな。見事、有終の美を飾れたと思う。

 最終回の文明の最初で最後の活躍は唐突すぎたとは思うが、これも溜めて溜めて溜めた上での最後の花火。
 流れ星は燃え尽きる瞬間が一番明るく輝くと言うしな。これで文明が生き残っていたら駄作扱いしていたところだが、命を張った姿に免じて不問に付すよ。

 スタッフの皆様、お疲れ様でした。オリジナル作品を送り出すというコンセプトは良かったと思います。また、新たなオリジナル作品でそのうち。

ストーリー:4
キャラクター性:3
画:5
演出:4
音楽:5
総合的な評価:5
総合点:26

| | コメント (2) | トラックバック (10)

2010/09/27

みつどもえ 第十三話

 風邪をひいて衰弱したふたばはひとはそっくり。ちゃんと血を分けた三つ子だったんだなとようやく実感。

 そして、風邪をひいたひとはは暗黒オーラが出せなくなって、潤んだ目の弱々しい美少女に。じゃ、みつばはどうなるんだろう?

 捨て猫を拾いにいったらすでに居なくて落胆するひとは。そんなひとはを励まそうと、みつばはふたばに猫になるよう命令。でも、ふたばがなりきりすぎて野生化。
 その後、どっちのペットかひとはと取り合いに。もはや目的忘れてるし(--;

 猫は実は父が拾っていたが、職質を3回も受けて帰宅が遅れたらしい。娘のことを理解している良いお父さんだよなぁ。

 家庭訪問。あのテレビはキャラソンか?ひとはに(猫を)触らせてと迫っているところを、襲っていると勘違いされた津田は、これまたバットを持って踏み込んできた三つ子父を強盗と勘違いして。

 娘を守る父VS生徒を守る先生の戦いは津田の不戦敗。逃げ込んだ先がひとはのベッドじゃ何の言い訳も出来ないよ…

 矢部っちの部屋は…もはやコーナーが成立してねぇ(T-T)

 福引きで遊園地のチケットを当てたみつば。でも、チケットは2枚。
 みつばはひとはの高所恐怖症とお化けが苦手なことをちゃんと把握してるんだな。みつばの想像内のひとはがなんか可愛いんだが。

 ひとはは遊園地なんか興味ないだろうと思っていたら、ガチレンジャーのヒーローショーがあるから行きたいと言い出して大誤算。
 父はもう一枚くらい工面すると言おうとするが、みつばは妹たちのため、日曜には用事があると嘘を。

 更にチケット1枚で2名様までと言う大誤算。ひとはが制止する間もなくふたばが佐藤を誘ってしまい…

 日曜日。土手で膝を抱えるみつばだったが、そこにチケット3枚を手にした父と妹たちが。妹達のために姉として我慢したみつばが貧乏くじを引かなくて良かった。

 最後は綺麗にまとめたなぁ。

・総評
 2話の尿ネタでもうダメだ…と思っていたが、ギャグ回の合間にいい話を持ってくるメリハリの付いた演出で終わってみれば今期トップクラスの作品に。
 どうやら分割2クールという噂なので、ここで一旦小休止といったところか。

ストーリー:4
キャラクター性:5
画:4
演出:4
音楽:4
総合的な評価:5
総合点:26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/26

成恵の世界 少年エース2010/11月号

 成恵達は文化祭。バサリ王子とシュシュル姫も遊びにやってきて楽しい時間を過ごす。

 四季が学校違うのに、はじめと一緒に家庭科部のメイド喫茶でメイドやってるし。「時台屋の女房」の時にも着てたし「時代屋へようこそ!」(あれ、これ誤植なのか?)の様子を見るとコスプレ、と言うより可愛い服が好きみたいだな。

 工藤さんは、成恵をのど自慢に勝手にエントリー。まだ嫌がらせを…と思っていたら、成恵が歌が上手いことに気付いて、才能をPRしろとのお節介だったらしい。
 成恵が立場上、あまり存在をおおっぴらに出来ないのを知らないんだからしょうがない。純粋な厚意だしな。

 なにげに新田と一緒にカードゲームしてるし。

 何て平和な日常と同時進行で宇宙方面は大変なことに。

 ニューメキシコの研究所一帯、全てリビングサンド=蛇の残骸なのかよ。でも、蛇の残骸って誰かが意思を込めて形を作らないと起動しないんじゃなかったか?

 制御体のステルスを偶然看破してしまった案内役の危機感に反応したのか?

 研究所の地球人に死傷者が居なかったのは、蛇に敵対の意思がなかったからか。逆に敵意を持つ大統領達はテレポートで辛くも難を逃れた物の被害は甚大。
 テレポートの精度を狂わされ、腕の皮がコンソールと融合していたり。何人か壁の中に居る可能性が(--;

 大統領は銀連にお互いの遺物探索への不干渉と事故時の救助の密約を持ちかける。銀連理事がそれに同意し、ニューメキシコに出現した大蛇への総攻撃が決定される。

 密約に異を唱えるテイルメッサー&機族ちゃんズは一体どう行動するのか?

 てか、蛇側にしたら、制御体から地球人を守ろうとして起動後、敵対意思のある戦艦を感知したから迎撃態勢を取っただけっぽいから、地球に対して何かする気はなさそうだし、ここで攻撃するのはやぶ蛇だと思うけどな。

 一方、傭兵姉妹に唆された香奈花達は、宇宙先生に蛇の力、てとらの制し方を聞き出そうとする。ここは傭兵姉妹の思惑通りなんだろうけど、宇宙の方の動きは予想外だろうし、思わぬ方向に転びかねないな。
 ま、宇宙先生もそんな物が分かっているなら苦労しないんだろうから、アドバイス程度しかできないんだろうけど。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

生徒会役員共 第十三話

 最終回まで放置プレイされてきたロボット研の轟さん。その鬱憤を晴らすかのごとく、溜まった物を放出。

 バイブに感銘を受けて…一体どんなロボを作る気なんだよ!?

 地震は怖い。鉄棒にまたがっていたときに…色んな意味で落ちそう?

 後ろで見つめられると緊張する。なら、ヤンデレ風に見守る…怖いよ!?

 ムツミは津田と一緒に日直でドキドキ…だったのに余計なキーワードを吹き込まれていたばかりに台無しに(T-T)

 あれ?エンディング?Bパートは!?とか思ってたら。

 最終回特別座談会。回想で総集編?と思いきや、過去がねつ造されまくってる!?

 新番組はマジカルマコ…じゃなくて。3年になってもシノとアリアは続投。二期への備えは万全と。

・総評
 今期、一番安定していたんじゃなかろうか。4コマ原作の特性を生かしてテンポ良くぽんぽんネタが飛び出す様は心地よかった。
 逆に、話が細切れになって散漫になるデメリットがあるけど、この作品に関してはネタ優先に特化して正解だったかと。
 スタッフの皆様、お疲れ様でした。原作のストックが貯まったら二期をお願いいたします。

ストーリー:3
キャラクター性:5
画:4
演出:4
音楽:4
総合的な評価:5
総合点:25

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2010/09/25

FE新紋章の謎・ルナティック

 単なるプロローグのはずである前日譚の時点で挫折しそうになりながら、試行錯誤の末、どうにか突破して本編第一章に辿り着いてみたら。

 敵の装備がほぼ全部銀ってどういうことだよ!?過半数が攻撃を喰らったら一撃で死ぬんだが。命中率が低いわけでもないし。

 一番酷いと思ったのは、壁役のはずのドーガが追撃で即死確定だから全くの役立たずなことですよ。存在理由全否定かよ。

 弱いキャラにはとどめを任せるしかない。とどめは経験値が高いので、それで成長させるという事なんだろうけど、攻撃力が足りなくてそれすら出来ないのではもはや…

 死にまくりながら何とか六章までクリア。

 第一章。
 成長の見込めないアランは使わない…なんて悠長なこと言ってられず。壁&ダメージ要員が少なすぎる(T-T)
 待ち受けて反撃でダメージ与えてそのターンにとどめを刺す戦術オンリー。
 今更なんだが、今回のロレンスは自爆じゃなくて自刃なんだな。

 第二章。
 アランをドラゴンナイトにするとレディソード取るのこんなに楽なのか。
 終盤、ドラゴンナイト5体の一斉攻撃。防御力高すぎて弱点であるはずの弓でも倒しきれないって…反撃+弓+追撃で何とか倒せる組み合わせを探してパズル状態に。
 どうしても足りなかったら必殺待ち状態になるのかこれ…まだ二章なのに。ギリギリそんな状態にはならなかったけど。
 レディソードを手に入れていつもならセシルが戦力になるはずが、レディソード装備してやっと攻撃力がルークと互角で防御力が足りないんじゃ戦力外通知するしか(T-T)

 第三章。
 ハードまでなら増援ナイトは全てパオラ姉さんに任せていたが、一体は倒せる物の、それ以上は無理。で、逃げの一手だが、逃げる先にはドラゴンナイト。パオラ姉さんの逃げ道を確保するために本隊で急いで倒す必要が。
 前章で5体同時で倒せたんだから3体×3+1の波状攻撃なんてどうとでも…なるか!!いや、それでもどうにかしなきゃいけないわけだが。
 パオラ姉さんの逃げ道を塞いでいる3体+1だけをおびき出してどうにか倒し、合流したパオラ姉さんと一緒に追ってきたナイト軍団を殲滅した後に改めて残りをおびき寄せてどうにかこうにか。あとはぐるりと回っていつも通りバカ兄貴に説教して制圧。

 第三章外伝。
 傷薬防衛戦。こっちの攻撃が全部当たって、相手が必殺を出さなければいいだけ…なのだが、こっちが必殺を出しちゃってやっつけ負けとか。
 あとは増援が出てくる砦を塞ぎつつ敵を倒しきれるかが鍵。
 別に難しいこと要求してないはずなのに何でそれがなかなか出来ないんだろう…

 第四章。
 ハードまでならオグマとシリウスの無双をみているだけの章なのに…シリウスと会話に行くと敵ターンで袋だたきにされて二人とも殺される(T-T)
 そして、盗賊すら倒せないオグマが泣ける。
 村を守れないんなら、レスキューでマルスを呼んでしまえばいいじゃない。なんて戦術があるとは目から鱗。カシムも戦力に追加できるし。普段ならカシムなんて放置なのだが、今はそのキラーボウがまぶしくてたまらない。
 砂漠の3つの増援砦は速攻で塞ぎ、増援含む海賊はカチュアでおびき寄せて砂漠にご案内。ここまでしても籠城組は死にまくるわけだが。一回でも攻撃を外すと即死です。

 第五章。
 命中率75%の攻撃が4回中3回当たることと、60%の攻撃を1回回避出来るのを期待するのは高望みじゃないよね?それだけで何度…
 ドラゴンナイトシリウス相手にダメージ0なのに兄貴-!と言いながら攻撃してくるリカードのおかげで殺さないために武装解除を余儀なくされる。
 ドラゴンナイトの相手をシリウスにそのままやらせる。1体だけタイマンで倒してくれれば良いんだ。信頼してるぞ、シリウス。リブローがうぜぇが、みんなの様子で拾った特効薬でしのいでくれ!と言ってる間に必殺喰らっちゃ元も子もない(--;
 残り3体を相手する本隊はまたもやパズルゲーム。ダメージ回復し切れてないから攻撃受けたら死ぬ者多数。
 シリウスは引き続き、村の防衛。盗賊を倒したら、一旦回復に戻ってから、他の飛行部隊引き連れて左側の騎士軍団を殲滅。
 トラースの攻撃範囲に入らないと城周辺のアーマーが動かないのか。全弾受けたらクリスでも死ぬので砦にマルスと囮のライアンを。ここさえ凌げば後は制圧まで問題なし。

 第六章。
 増援のロングボウがウザイ。傷薬だけでは保たないので、通路を塞ぐ→下がって回復→侵入してきた奴らを皆で倒し、また通路を塞ぐの繰り返し。
 クリスがレベル20まであとEX25だったので、ラングと手槍合戦で稼いだ後、とどめはシーダのウイングスピアだった。てか、シーダが対アーマーで一番強いって…オグマのアーマーキラーは命中率75%の上に1回の攻撃力だけでもシーダに及ばないし.マルスのレイピアの方が信頼性は上。
 ハードまではあんなに頼もしかったオグマが全然頼りにならないよ(T-T)

 現在、第六章外伝。
 シリウスとウェンデルをジェネラルにして弓を持たせ壁にして、クリスはスナイパー…なのに最前線。マルスとソシアルナイトにしたシーダでアーマーを倒した後は剣と斧の相性で回避期待。命中率60%ならそれほど無茶な賭けでもないハズなんだが…
 必殺出しまくってやっつけ負けするマルスとか。シーダが見ているからって張り切りすぎだ!
 うまく斧部隊を殲滅しても、シーザとラディが…なんで反撃できないライアン無視してシーダに突っ込んでいくんだよ?確かにシーダの方が防御低いけどさ。星のキャンサーで調整するか、事前に武器外さないとダメか…
 試行錯誤の末、シーザとラディの生け捕りに成功。してしまえば、ローローなんてスナイパークリスの敵ではなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こ(BlogPet)

こうさぎは、ゆたかで救出するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「こうさぎ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/23

けいおん!! 第二十五話

 番外編その1。昔作ってそのまま封印された部員勧誘ビデオが発掘された。

 封印された原因は澪が恥ずかしがったから。ナース姿とか軽音とまるで関係ないから封印されて幸いだったかも知れない。

 というわけで撮り直しをすることに。軽音部以外の学校の人々のインタビューによって、軽音部がどんなところかを浮き彫りにするなかなか凝った演出だったが、編集がさわちゃん先生である時点で結局は同じに。

 3階に部室があるなんて知らなかった。演奏が余り聞こえないというのは…音楽準備室の防音がそれだけ高性能なんだよ!?

 来年、あずにゃんはこのビデオを使って勧誘するんだろうか?

 唯の前髪から察するに時系列は卒業アルバム撮影から受験の間か。別に番外編じゃなくて本編内でやってもいい気もするが、本編は卒業関係のイベントを固めて一気にやりたかったんだろう。演出上の時系列シャッフルか。

| | コメント (2) | トラックバック (13)

2010/09/21

ぬらりひょんの孫 第十二話

 倒したと思って油断した隙を突かれて毒を受けてしまったゆら。式神を維持できなくなってしまい、絶体絶命。

 これ以上遊んでいる暇はない、と見逃され命拾いするが喜んでいられるわけもなく。

 総大将VSムチ。力を誇示し総大将を追い詰めるムチだったが、総大将が実力の一端を見せ一撃で絶命することに。

 あまりもの実力差に、本能が認識すること自体を拒否するって…でも、逆に考えると実力が近い相手には効かないんじゃ?むしろ、そこまでの実力差があるなら技を出すまでもないし、示威行為以外には役に立たないんじゃ?

 つららVSカナの女の戦いが勃発。どっちのリクオを取り合っているのやら…

 そんな中、四国八十八鬼夜行の若頭・玉章がリクオに宣戦布告。ムチは幹部ですらなかったらしい。

 3人も居て一緒に誘導に引っかかってしまう護衛は戦力になるのか?

| | コメント (2) | トラックバック (8)

世紀末オカルト学院 第十二話

 美風VS教頭の魔法大戦。マヤは教頭のお付きに連れられてその場を脱出。教頭のお付きはロデムだったのか。

 教頭は敗れるが、最後の力を振り絞って文明の封印を解き、マヤに伝言を。やっぱり学長はマヤと同じ絡繰りで身を隠しているらしい。手帳も燃やされたのは偽物だった。

 文明と美風の取っ組み合う姿を携帯で撮ると滅んでいない未来が。手帳に記された呪文で美風を滅ぼし、これで滅亡回避、と思ったのもつかの間。未来は滅亡したまま。

 てことは、ノストラダムスの鍵は、文明なのか?なら、文明が未来に帰れば解決?
いや、むしろ、未来に戻るときの時空の歪みを利用して宇宙人が侵攻を?

 でも、対象に殺意を持ってじゃないと無効なんじゃなかったっけ?となると、美風が文明に何か細工していてそれが発動するのか?

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2010/09/20

オオカミさんと七人の仲間たち 第十二話

 涼子の恋のライバル?マチ子登場。大きな家から大きな犬を連れて出てきた亮士を金持ちの子だと思い、玉の輿狙いで猛アタック。

 登校時にわざとぶつかって名前入りのパンツを見せつけ、教室で運命の再会を装うも、クラスメイトだと覚えていなかったマチ子と違い、ちゃんと覚えていた亮士の反応は薄い。

 搦め手は無駄だと判断したマチ子は、教室で亮士に結婚を前提におつきあいを申し込む。その様子を見ていたりんごは涼子の絶好の当て馬が出来たと考えたようだが、行動はマチ子の方が早かった。御伽銀行を通じて亮士にデートをするよう依頼。亮士は逃げることが不可能に。

 マチ子はデートでも積極的。手作り弁当はともかく、シャツを思いっきり広げて名前入りのブラを見せつけるのはどうかと。見せブラ?

 だめ押しで自宅で既成事実を作ろうと考えるマチ子。ホテルに行く金もないし、流石に外じゃ嫌だと言うことか。しかし、借金取りが現れて計画失敗。

 父が借金を踏み倒して逃げたため、マチ子に稼がせようとする借金取り。それを帰ったはずの亮士がこっそり後をつけていた涼子とともに救出に。

 RAINBOW 二舎六房の七人で金貸しの過酷さ話を見た後だから、むしろ借金取りの方に同情してしまったわけだが。悪いのこいつらじゃなくて逃げた親父の方だし。

 御伽銀行の力で借金がチャラになり、おかし荘に住めることになったマチ子。御伽銀行にそんな莫大な借りを作る方が恐ろしい気もするが…

 とりあえず、当て馬の役目をきっちり果たして退場?

…これで最終回でいいんだろうか?ま、涼子に亮士を嫌いじゃないと言わせるためだけの話だったんだろうけど。

・総評
 亮士と涼子の恋は一歩前進。でも、羊飼その他の問題は2期にご期待ください、なのか。最初はウザイと思っていたナレーションも今では慣れて…やっぱり多少ウザイが、まぁ、許容範囲ギリギリ程度に。
 キャラデザがとある~とかとらドラっぽいのについては開き直って自虐ネタに走ってたけど、そういう風に昇華できただけでも良いのではないかと。
 それでいいのか?と思える解決法が散見されて、いまいちめでたしめでたしってカタルシスに欠けるのもなんだかな。

ストーリー:2
キャラクター性:3
画:4
演出:2
音楽:4
総合的な評価:3
総合点:18

| | コメント (0) | トラックバック (8)

みつどもえ 第十二話

 高所恐怖症のため机の上で蛍光灯交換を躊躇するひとは。それを見て手が届かないのだと思った宮下は、親切心でひとはを肩車するが嫌がられて逃げられる。

 ひとはに嫌われる心当たりのない宮下は、周りのおかしな連中と同類と思われているんじゃないかと思い至る。ようやくまともなキャラが、と思っていたが、その思考で既にアウトだ(--;

 ひとはが怯えているのではないかと考えた宮下は、髪を下ろしてフレンドリーにひとはに再アプローチ。だが、返ってきた答えは「あなた誰?」。それどころか、クラスメイトの誰も自分が誰なのか分かってくれない始末。

 それならば、いつもの自分とこのキャラで別人として二重生活を送ってやろうとポジティブシンキングしたのもつかの間。ヘアピンをつけただけで宮下だと認識されてしまい飛んだ赤っ恥を。

 矢部っちの部屋ふたば編。矢部はふたばならまともな会話が成立すると考えていたが…やっぱりダメでした。裏設定は原作者さんに聞くっす!とか身も蓋もないよ!?

 佐藤君が好きでたまらない隊VSふたば。ドッジボールで誰が佐藤にボールを当てられるかという不毛な争いが勃発。

 しかし、詩織が千葉に当てられた報復に投げたおがちんのボールが佐藤の顔面を直撃。死んで詫びようとするおがちんに一刻も早くこの場から去りたかった佐藤は、当てられて良かったと声をかけるが、顔にぶつけられて喜んでいると誤解されて。

 外野に出ようとしたら矢部に顔面セーフだと告げられて。ふたばのボールなんて喰らったら目鼻の区別が付かなくなっちゃうんじゃ?しかも、顔面セーフの無限地獄なのか(--;;;

 佐藤君が好きでたまらない隊の活動。佐藤の下駄箱や机の中身を朝夕総チェック。だが、佐藤はそれを察して上履きも教科書もリコーダーも全て毎日持ち帰っていた。佐藤も大変だな(--;

 佐藤にとってボールは友達というより恋人だと聞いて、ボールに激しい嫉妬を燃やすおがちん。佐藤とボールを引き離すため、佐藤からボールを奪いまくる。
 そのテクニックに佐藤は感心し、フラグが立った…と思ったら。

 佐藤が一番好きなのはパンツだとふたばに吹き込まれ、パンツを脱ぎ捨ててもうパンツなんて穿かない宣言。確実に道を踏み外していってるな(--;

 席替えで席が前後になったので、今度こそひとはと仲良くなろうとする宮下。しかし、ひとははよく知らない人と仲良くできないとそれを拒否。自己紹介を促してみたらプライベートはちょっととそれも拒否。

 八方塞がりの宮下はみつばにひとはがガチレンジャーファンだと教えてもらうが、 ガチレンジャーに目をつけたのは良かったが、見ても居ないのに適当に話を合わせようとして大失敗。

 でも、ひとははガチレンジャー好きをカミングアウトしたおかげで皆とガチレン会話が出来るように。ひとはのためを思えば結果オーライだったんじゃないかな。

 自らを犠牲にひとはを救ったんだから良くやったと褒めてやりたいところだが、その前のひとはの下腹部(のベルト)をまさぐっている姿は変質者そのものだったからどうしよう?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2010/09/19

生徒会役員共 第十二話

 大晦日。全日本ネット配信音楽大賞はトリプルブッキング。総再生数とか総DL数で?

 コトミの来年の目標は1日1エロ。今は10エロってお前、受験生だったよな?

 初詣。手を繋ぐのは子供扱いで嫌。でも、はぐれたくないスズ。で、髪を手首に結ぶ。新手のプレイですか?

 津田にぶつかって震え上がるカエデ。人混み自体ダメなんじゃ?知らない人間なら障害物扱いできるけど知り合いじゃそうはいかないってことか。

 初夢。あれ?それは2日の夜じゃ?年賀状がもう来たとか言ってたから今、元旦だよね?

 こたつで寝て暑かったからか、海水浴の夢。濡れてないってそっちかよ!?

 シノは肩もみで恍惚状態に。シノが敏感すぎるのか、アリアが上手すぎるのか。

 風邪気味の横島。食欲がわかない。性欲もわかない。重態だ!お尻にネギネタもスルー。死ぬの?

 マスコミは流行り物に弱い!というわけで畑も風邪。でも、言動はいつも通りだな。

 ムツミは今日もピュアだなぁ…

 コトミに先輩と喚ばれてスズは恍惚に。中学時代も後輩にも年上と気付いてもらえてなかったんだろうな。部活に入ってたら別だけど。

 スズ母。お袋の味の隠し味は母乳って、どこからつっこめばいいのか…大人になると母乳は消化できなくなるらしいですよ?

 制服は半脱ぎが相場。全部脱がしたら制服の意味がない!圭一@ひぐらしの固有結界が発動しちゃうよ。

 バレンタインデー。テンション上がりまくりのその他大勢男子。これだけ女子が居るんだから期待したって良いだろう!?と主張するが…チョコは女子同士で消費されるのであった。合掌。

 チョコの渡し方。スズは事務的にあっさり流す。津田も扱い方分かってるなぁ。アリアはホワイトチョコで白濁液クッキー…わざわざ暖めてあるのか?そして、シノは自分がもらったチョコの処理を手伝ってくれと言いつつ、その中に紛れ込ませるとか。可愛いなぁ。

 コトミの受験。スズの家庭教師の甲斐無く、全く分からない。てか、人生を投げると「無駄な人生」と「家族に迷惑をかける」の二択なのかよ!?
 いや、投げたんだから正しいのか?

 分からないならとりあえず、マークシートを埋めろ。でも、その埋め方は…マークシートの埋め方すら理解してなかったのか…もうダメだ(T-T)

 もう、面接で横島が担当でもない限り無理だ…と思ってたらホントに来た!?
横島と意気投合し、合格確定。これも一芸入試なのか?
 ところで、一存で合否を決められる横島は一体どんな権限を持っているんだ?理事長とか校長を籠絡済みなのか?

 面接官が話の合いそうな人だったと聞き、頭を抱える津田。恐ろしい師弟が誕生してしまったな(--;

 最近落ちる夢ばかり見る。兄妹で禁断の道に…それはむしろお前の願望なんじゃないのか?

 横島in同窓会。好きだったあの人は既に妻帯者。NTR実践のチャンスって…

 コトミ、合格。津田にとっては落ちた方が良かったよな…彼の酷い現実はますます加速確定か。

 今回はずいぶん時間進行が早かったな。原作水増ししないでそのままやるとこんなペースになるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2010/09/18

黒執事II 第十二話

 ハンナはシエルの魂ごとアロイスと契約。その契約が成就するまではシエルの魂はアロイスの中に封印されたまま。

 そして、アロイスの願いはセバスチャンとクロードの決闘。悪魔は本来不死身だが、ハンナの剣でつけられた傷は癒えることはなく、悪魔殺しが可能らしい。

 決闘はセバスチャンの勝利に終わり、アロイスはクロードの最後の主人の座を手に入れ、満足して消えていく。

 セバスチャンはようやくシエルをその手に取り戻せる、と思ったのもつかの間。ハンナはシエルとともに海に身投げ。それを追ってどうにかシエルを見つけるが…

 ハンナはクロードの死体の傍らで眠りに就く。クロードを愛していたからこそ今まで従っていたのか?もしかして初めからこれを狙った無理心中だったのか?
 アロイスはハンナの中でルカと再会し全員全部幸せだ!と叫ぶが、悪魔って死んだらどうなるんだ?地獄行き…じゃ悪魔にとっては今までと変わらないだろうし。

 セバスチャンはやっとシエルの魂を味わえると思ったら…シエルが悪魔になっていて永遠にお預けってなんじゃそりゃ?
 それでも主従の誓いは有効なので二人は永遠に主従関係。悪魔で悪魔の執事だそうな。

・総評
 一期の最後、復讐を完遂したシエルは契約通りセバスチャンに魂を捧げる。それで綺麗に終わっていたのに…完全に蛇足な上に台無しなんじゃないかこれは?
 復讐に全てを捧げ、それが終われば消える。その決意の強さと儚さが同居する様が良かったのに。誰得ですかこれは?この結末を望んだ人がどれだけ居るんだろう?

 アロイスの存在も中途半端だったし。一番の活躍の場がサプライズの第一話ってのは使い捨てと変わらないんじゃ?

 ハンナがルカに惹かれる物語は良いと思ったが、クロードは結局何だったのかという話に。最後までセバスチャンの対等のライバルになり得てなかったしな。せいぜいシエルをかすめ取った手腕くらいか。

ストーリー:2
キャラクター性:3
画:4
演出:3
音楽:4
総合的な評価:2
総合点:18

| | コメント (0) | トラックバック (5)

屍鬼 第十一話(BlogPet)

ゆたかの「屍鬼 第十一話」のまねしてかいてみるね

いきなり出てきた!
生体反応が証明されたおばさんが起き上がりで現状のかとかしたところ!!
辰巳と疑っていたおばさんが…正志郎が、生きていることがそれを告げるが、外見も言動もおかしいので誰もおかしいので誰も信じてきたが証明されたところ!!
生体反応が占いではなくその協力者なの下に姿を言い当てていたところ。
辰巳と繋がっているの妻は沙子に姿を検診した♪
生体反応が白日の妻は辰巳と疑っていることを言い当てているのほとんどを告げるが白日の妻はなくその協力者なのほとんどを現し、彼自身は辰巳と繋がっているのかしてる?それとも何か?人間じゃないか?人間じゃないの妻はないと繋がってくれないのかしてる?人間じゃないと同じく、敏夫のかしてる?

*このエントリは、ブログペットの「こうさぎ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屍鬼 第十一話

 いきなり出てきたおばさんが占いで現状のほとんどを言い当てていたが、外見も言動もおかしいので誰も信じてくれないとか。

 敏夫の妻は辰巳と繋がっているのか?人間じゃないのか?

 静信は沙子に彼女が起き上がりではないかと疑っていることを告げるが…

 正志郎が白日の下に姿を現し、敏夫がそれを検診したところ。生体反応があり、生きていることが証明された。辰巳と同じく、彼自身は起き上がりではなくその協力者なのか?
 それとも何かズルしてる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/16

ぬらりひょんの孫 第十一話

 ヒヒが死亡フラグを立てた直後に何の魅せ場もなく部下共々惨殺されていたキングクリムゾンっぷりはもはやギャグだとしか。原作でもこうだったと思うからしょうがないけど。

 大幹部とか大妖怪とか言葉だけ言われても実感ないしなぁ。むしろ、かつては大妖怪だったけど年寄りの冷や水って印象が。

 総大将も余り悲しみを表に出さないし。

 逆に今まで天然ボケ担当で強いんだか弱いんだかよく分からなかったゆらが、総大将を驚かせるほどの強大な式神使役能力を持っていることが判明。アレは金魚なんだか鉄砲魚なんだか。

 それはそれとして。清継作の妖怪ゲームはどこで買えますか?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

けいおん!! 第二十四話

 卒業式でも唯はいつもと変わらぬペース。タイツに穴が空いてるし。前回一生懸命選んでいたのは一体?

 それを見越して和に替えのタイツを渡していた憂。あれ?それが唯が穿いてこようとしていた奴なんじゃ?憂って唯より先に出たんだよね?

 さわちゃん先生に渡す寄せ書き色紙を腹に抱えたまま卒業式。唯が何かしでかさないか、チラ見する皆に気付いて、さわちゃん先生もハラハラ。本当に最後まで…

 でも、黒板の謝恩メッセージでさわちゃん先生の苦労も報われたな。

 気丈に振る舞っていたあずにゃんだったが、卒業証書の筒を見てついに耐えきれなくなって泣き崩れ、卒業しないでくださいとわがままを。

 それを唯が先輩らしく慰める。最初で最後か?渡した写真、律がオデコしか写ってないんだが…花びら5枚の押し花を渡して、私たちみたいだね、と笑いかけたのは良かったけど。

 あずにゃんのために作った曲をあずにゃんのためだけに演奏。卒業は終わりじゃない。これからも仲間だから。あずにゃんに捧げるメッセージソング。

 アンコールはあずにゃんも加えてみんなで。卒業してもHTTは終わらない。

| | コメント (0) | トラックバック (17)

2010/09/15

世紀末オカルト学院 第十一話

 ついに行動を開始した美風。彼女が怪しいのはわかりきっていたけど、まさか、町内会ごとカルト集団だとは…

 マヤこそが破滅の鍵だと語る美風の言葉を真に受け、というか、ディープキスで籠絡されて、文明はマヤがノストラダムスの鍵だと疑ってしまい、喧嘩別れ。

 その夜にマヤの死体が発見されて、文明は自分を責めるが、そこに教頭がマヤを連れて登場。教頭の正体は学長に仕えていた白魔術師で、影ながらマヤを守っていたらしい。

 あれ?モスマンだのチュパカプラだのをけしかけていたのは教頭じゃなかったの?敵を騙すにはまず味方からであえて?それとも、演出でそう思わされていただけのミスリード?

 マヤの死体は魔術で作った精巧な偽物。ということは学長も?未来の指令が学長ぽかったしな。

 美風の正体は黒魔女。マヤを逃がすため、教頭も変身して迎え撃つが、果たして勝負の行方は?そして、ノストラダムスの鍵とはやっぱりマヤなのか、それとも美風なのか?

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2010/09/14

オオカミさんと七人の仲間たち 第十一話

 御伽銀行の反撃。まずはさらわれたり追われたりしているメンバーの救助から。

 浦島を無力化するために、鬼ヶ島高校は美女軍団を用意。てっきり目の前でメロメロになっている浦島を乙姫が美女軍団ごとボコボコにするのかと思ったら、乙姫はそれにショックを受けて、もう生きていてもしょうがないと俯くだけ。

 そんな乙姫に、浦島がお前が一番美人だと手を差し伸べて解決。でも、その後、乙姫はきっちりと美女軍団を粛正したようで。

 メイドのおつうさんにナース服だのシャナだの姫神だののコスプレを迫る外道の手から彼女を救ったのは魔女さん。だが…お前も同類かよ!?

 アリスは頭取が直々に救助に。美々の前で思わず素を出してしまい、慌てて取り繕うアリスが可愛い。

 猫宮はかつて不良から助けてもらったのに涼子を見捨てて逃げたあいつか。恩返しと罪滅ぼしのためにそれ以来体を鍛えて強くなったが、涼子に謝罪しなければ前に進むことが出来ない状態だったらしい。亮士を鍛えることで今こそその借りを返す時と。

 まさかの豚三兄弟の救援。そのいかなる攻撃も通さない脂肪の壁はハート様の拳法殺し!?

 亮士VS羊飼。接近戦でスリングは無理だわな。一方的にボコられる亮士だったが倒れないのは特訓成果か?愛の力で一矢報いたところで頭取が水入りに。

 タイミングからして、亮士が一撃入れるのを信じて待機していたんだろうか?

 大人の力なんて使わず、僕たちの手で制裁を行うと宣言する頭取。一番敵に回しちゃ行けない相手だよな。羊飼は破滅確定?

 話の流れで乙姫と美々が和解。そんなついでみたいに、とも思ったがお互い意地になっていて和解する機会を逸してきてたんだろうから、せっかくの良い機会なんだろう。

 涼子は今回の件で亮士に落ちる寸前だったが…亮士が小学生の視線に敗北したおかげでご破算に。根本的なヘタレは治らないのか(--;

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010/09/13

みつどもえ 第十一話

 ひとはのほっぺはCカップ相当の感触らしい。ひとはがふたばに大人しく触らせているのは抵抗すると被害甚大だからか?

 しかし、みつばの余ったお腹のお肉はそれを遙かに凌駕していた。あまりの気持ちよさにふたばはトリップ。それどころか、クラスの面々も次々にダウン。思わぬ必殺技を手に入れたみつばだったが…そのお腹はヤバくね?プールの時はそんなじゃなかったよね?

 杉崎母は言葉責めがされるのが大好きらしい。娘にみつばのことを聞いて、いつか罵られたいと思っていたらしい。さすがのみつばもこれにはどん引き。追い詰められて放った一言で杉崎母が絶頂を迎えてその場で倒れたおかげで脱出は出来たけど、難を逃れたどころか、完全に懐かれちゃったよね?

 定番の勘違いネタ。(ベルトを)着けてないを(下着を)着けてないと勘違いした矢部。お小遣いを貯めてやっと買ったのに、というひとはのつぶやきを、貧乏で下着すら替えないと更に誤解。買ってきてあげる辺りはいい人…なのかどうかは微妙だが(--;

 しかし、ベルトを買ってきてくれたのだと思っていたひとはは、そこまでされるのは悪いからと、矢部に着けるように勧めるが…そんな趣味ないよ!と返されて。先生は特撮を卒業したのだと寂寥の思いを。やってることは酷いけど、なんかいい話っぽい?

 杉崎弟にもらったニュー変身ベルトにご満悦のひとは。でも、バックルが飛び出すギミックはみつばの腹の脂肪には通じず、ふたばには空中で受け止められて。全然必殺技にならずに悲しい目に(T-T)

 赤いシャツを着たみつばを上半身血まみれだと見間違えた栗山先生。早速治療、というより包帯で身動きを封じて拉致。保険医として問題があるどころかもはや致命的に何かが欠如しているように思うが(--;;;

 拉致されたみつばは、視界を封じられて状況が分からず、誘拐されたのだと思い込む。椅子と格闘して、酷いことしないでと許しを請うているとか、端から見るとアレだが本人大まじめだから笑うのも可哀想かも。

 挙げ句、人体模型を見て杉崎が殺されたと勘違いし、その後に現れた本物の杉崎に生きていてくれて良かったとすがりついてうれし泣きをするという失態を。

 みつばは極限状態に追い込まれてたんだから見なかったことにしてあげても良いんじゃないかと。元凶の栗山先生が反省が足りないどころか反省すらしてねぇじゃねぇか!?

| | コメント (0) | トラックバック (18)

2010/09/12

生徒会役員共 第十一話

 コトミの受験勉強。見られている方が興奮する、は百歩譲って緊張感が持続して勉強がはかどると解釈しないでもないが、面接のその受け答えはフォローできないよ!?

…面接官が横島なら即合格かも知れないが(--;

 ムツミの将来の夢はお嫁さん。そのあまりのピュアッぷりに、インタビューしていた畑を筆頭に周りの連中完全浄化!?まぶしすぎて直視できない(T-T)

 生徒会室の大掃除。アリアが持ってきた強力クリーナーの宣伝番組に。カッポンする奴が50本付いて値引き1円って。

 会長の方が綺麗だとか何これ?掃除の途中で居眠りして夢オチ?とか思ったら、会長の(拭いたガラスの)方が綺麗だと。確かに話の流れではそうなんだが。

 アリアの別荘でクリスマスパーティ。男は津田一人。出島がお嬢様に手を出さないよう釘を刺すが、むしろ津田の貞操の方が危ないような。

 女体盛りはOKだけどワカメ酒は未成年だからNG。どういう基準だ。

 出島は選択が苦手。洗うのがもったいないから!洗濯前と後で数が違ってたりしそうだ(--;

 サンタさんの性癖。そりゃ靴下フェチなんだろ…

 プレゼント交換。出島のプレゼントは当然のように津田に。シノはそれとは別に津田へのプレゼントを用意していたが…それは自分に使ってくれって事か?今回はシノがデレまくってるけど、なんかやっぱりずれてるよ。

 本物のサンタが出現。エフェクトからしてコトミが召喚したのか?そのプレゼントは津田の手に。しかし、中身は…これで都合3本。一人じゃ大変そうだからと言うサンタなりの心遣いか?

 サンタ自身が性夜を肯定してどうする(--;;;

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2010/09/11

黒執事II 第十一話

 シエルを人質に取られ、セバスチャンとクロードは迷路庭園でスタンプラリーをする羽目に。

 抱きしめて。世界の果てまで!ってマクロスFか!?

 そこはアロイスの心の迷宮。チェックポイントごとにアロイスは質問を投げかけ、真実ではなくアロイスが望む答えのみが正解となる。

 そのルールを知りながらも、クロードは何故アロイスを殺したのか?との質問に、シエルの魂を手に入れるためだと答え続ける。アロイスの自己満足に付き合ってやる義理なんかないってか。

 ルカと契約し、町を滅ぼしたのはハンナだった。今まで契約してきた人間とは違い、私利私欲ではなく、純粋に兄のために行動する姿に衝撃を受けたハンナ。その無垢なる魂に惹かれ愛しいとさえ思っていた。だが、悪魔である彼女に出来るのはその望みを叶え、魂を喰らうことのみ。

 ならば、せめてルカが大好きだったアロイスの側に仕えることに喜びを見出していたらしい。

 いきなり「お兄」とか言い出したときには、ルカが悪魔化した姿なのか?とか、ルカって実は女の子だったの?とか思ってしまったが(--;

 ルカの魂に影響を受けているのか?私と契約して、私の中でルカと再会しようとアロイスに持ちかける。結局、喰らうことしかできないわけだが。

 シエルは自分が復讐を遂げていたことを思い出し、早く魂を喰らいに来いとセバスチャンに命令するが、セバスチャンとクロードが呉越同舟で辿り着いたときには、既にハンナは契約を終えていた。

 シエルの魂ごと契約したというハンナ。目的はアロイスの魂だけじゃなかったの?行きがけの駄賃とかせっかくだからとか?

 ハンナって今までセバスチャンの相手になってなかったのに、それでラスボスが務まるのか?とも思うが。手を抜いていたわけでもなさそうだし。それは契約してなかったからで、契約した今は大幅にパワーアップとかなんだろうか?

 ハンナを倒した後にセバスチャンとクロードでラストバトル?

| | コメント (0) | トラックバック (6)

約束(BlogPet)

きのうはゆたかは約束は意気投合するはずだったの。

*このエントリは、ブログペットの「こうさぎ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/10

屍鬼 第十話

 辰巳は起き上がりの存在に気付いた敏夫と夏野を排除すべく動き出す。

 起き上がり達は食事のためだけに人間を襲っているわけではなく、出来れば仲間になって欲しいと思っているらしい。だから身内を襲うのか。でも、全員が起き上がるわけではない以上、それは賭け。

 ナオは夫も息子も失敗してしまい、節子だけが希望だったらしい。あくまで起き上がり達の身勝手な都合だけど。

 夏野は襲撃を察知し、防御を固めるが、部屋に貼ったお札や十字架はオカルト嫌いの父に全て捨てられてしまい、玄関の鍵も田舎は施錠なんかしないとの父のポリシーの下、開け放たれてしまい完全な無防備に。

 両親の身勝手なポリシーに振り回され続けてきた半生を思い返し、夏野は怒りを新たに。そもそもここに引っ越してきたのも父か強引にだしな。

 現れた起き上がりが徹であったことに夏野は激しいショックを受ける。この村での楽しい思い出にはいつも徹がいた。その徹が敵となったら、もうこの村には苦痛しか残らない。

 かおりと昭を人質に取られていた徹。しかし、夏野を襲うことは出来ず。だが、夏野が辰巳と恵に追い詰められているのを見て、なら、せめて自分の手で?

 夏野を助けるために噛んだフリってわけでもなさげ?そんなんじゃ辰巳は誤魔化せなさそうだしな。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2010/09/09

ぬらりひょんの孫 第十話

 成人するまでに忘れないと死ぬ紫の鑑。二十歳までまだ間があるから大丈夫…と思っていたら妖怪の成人は13歳という罠。7歳も繰り上げるなんて無茶すぎる。

 珍しくかな中心のエピソード。でも、せっかくの誕生日にこれじゃ、やっぱり報われないかも。

 リクオが近くにいるとあの人が出てくる。リクオって…あの人の友達なの?こうして正体はお約束の闇の中に。

 で、ついに他の組が侵攻を開始?あれ?牛鬼のシマを突破しないと来られないんじゃ…と思ったが、側近二人が本家にいるし、下っ端もずいぶん減ってたからその隙を突かれたのか?

| | コメント (1) | トラックバック (1)

けいおん!! 第二十三話

 卒業式前日。部室に集まってやり残したこと探し。ここに来てようやく演奏がしたいと言い出すが、下級生はまだ授業中なので放課後までお預け。

 余った部費を使い切ろう!って、お前ら、来年のあずにゃんのことをまるで考えてないだろう?5円だったからまぁいいけど。

 ところで憂達が入部しても、新入生を最低一人ゲットしないと部活動の最低人数が満たせなくて同好会に格下げでは?

 今まで食べたことのない学食のパンを食べる。他の3年生が居ないから伝説のパンが買えたらしい。2年生からそのチャンスを奪ったとも言えるが。あずにゃんにお裾分けしたからノーカン?

 みんなで部室の掃除。立つ鳥跡を濁さずでそれは良いことだな。

 いよいよ放課後。今までの活動を何かに残したい。ということで、今までの作った曲をテープに録音してアルバムにすることに。

 今時カセットテープ?とも思うが、部室にPCなんかないし、テープレコーダーはいかにも転がってそう。MDももう古いよな…妥当な録音機材って考えると思いつかないな。

 夜遅くまでかかって最後の部活は終了。思い残すことなくやりきった?

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2010/09/08

世紀末オカルト学院 第十話

 あかりはサンタなんか居ないと父に言われて玄関でずっとサンタは待っていたらしい。

 父に振り向いてもらえない境遇に同情し、マヤはあかりのために真夏のクリスマスを行うことに。文明はサンタ役。大丈夫なのか?と思ってたら襲われた!?

 現れたサンタはかつて渡せなかったクリスマスプレゼントを手にしたあかりの父。プレゼントをもらったあかりは、サンタと父に感謝しながら成仏。

 文明はどこに行ったのかと思ったら取り壊し中の学長の家に。そこでマヤは、かつておばけの学校を父にねだったことを思い出す。

 このオカルト学院こそが父からのマヤへのクリスマスプレゼントだったのだと気づき、マヤは決意を新たにする。

 いい話だな-…と思っていたら、次回は急転直下!?

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2010/09/06

オオカミさんと七人の仲間たち 第十話

 御伽銀行は暴利をむさぼっているとの誹謗中傷のビラがばらまかれた。

 羊飼の仕業だと思いつつも、放置するわけにも行かず、利子1/3キャンペーンを実行。そのおかげで普段は来ないようなちょっとしたお手伝いレベルの仕事が大量に舞い込み、あっという間に手一杯に。

 しかし、それこそ羊飼の罠だった。分散したところを各個に襲撃される羽目に。

 時を前後して涼子は羊飼の下から逃げてきたという九尾を匿う。

 羊飼に酷い目に遭わされた仲間意識と同情で涼子が疑えないのと涼子が信じるなら自分も信じるといいそうな亮士はともかく、なんでりんごまで疑いを持たないんだろう?それとも受け入れたふりで逆に情報を引き出そうとしているのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みつどもえ 第十話

 今回も定番のみつばが酷い目に遭う話…なのだが、いつもと違って自業自得なので、同情できないな。

 逆にひとはが杉崎弟に物の大切さを教えたりと好感度アップ。ふたばは相変わらずだが。

 一年生に痴女とは知的な女の略だと吹き込んでしまったみつば。その危険性を杉崎に指摘されて大慌て。二度といわないように脅して突き放すが…それより、ちゃんと本当の意味を教えて謝るべきかと。ふたばの反応を見ても何の解決もしてないの分かるよね?

 ひとはのお気に入りのガチレンジャーベルトを壊してしまったみつばとシャツを破ってしまったふたば。同じ物を買いに行くが見つからず。
 杉崎弟は、もう襲われる役で定着なのか?

 ふたばは、代わりに直筆のシャツを渡して平謝り。芸は身を助けるか。素直に謝ったのが良かったんだろうけど。
 対してみつばは父に罪をなすりつけようとして失敗。お仕置きされて当然だ(--;;;

 風邪で寝込んだみつば。熱が39度あるって割には元気だな。病人の特権を利用してわがままし放題。しかし、見舞いに来た杉崎と喧嘩しているうちにダウン。

 唯一の薬の座薬がベッドの下に。ベッド動かすより棒とか持ってくる方が…とか言うのは無粋ですな。

 素直になれない杉崎が折れて協力してくれたおかげで薬を取ることに成功。みつばの病状は安定したが…薬は父の痔の薬だったという定番オチ。
 それでも効果があったのはフラシーボ効果か…

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2010/09/05

2010秋の新番組

 そろそろ新番組のチェックと一次選考を。
参考:MoonPhase-アニメ予定表
*放送日は関東首都圏

現時点の評価
5:感想決定
4:多分書く
3:書くかも
2:気分次第
1:ひやかし
0:パス

10/1(金)

10/2(土)
NHK教育 18:00~
バクマン。
 感想書くとなると難しいんじゃないかこれ? 3
テレビ東京 23:55~(初回 24:10~)
テガミバチREVERSE
 前回も書いたしな 5
TVK 24:30~
薄桜鬼 碧血録
 パス 0
TVK 25:00~
パンティ&ストッキングwithガーターベルト
 不条理系? 1

10/3(日)
日本テレビ 7:00~
夢色パティシエールSPプロフェッショナル
 パス 0
TBS 17:00~
STAR DRIVER 輝きのタクト
 ぴっころさんの実況で? 2
東京MX 22:00~
スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター
 パスで 0
東京MX 23:30~
俺の妹がこんなに可愛いわけがない
 人気あるらしいですね? 2
TVK 25:30~
百花繚乱サムライガールズ
 墨!? 2
テレビ東京 25:35~
荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ
 巻き返せるか? 5

10/4(月)
TVK 25:15~
えむえむっ!
 Mなんですか… 1
テレビ東京 25:30~
おとめ妖怪ざくろ
 妖怪退治 3
テレビ東京 26:00~
侵略!イカ娘
 地上波でゲソ! 3

10/5(火)
東京MX 26:00~
もっと To LOVEる
 パス 0
東京MX 27:00~
そらのおとしものf ≪フォルテ≫
 バカ娘参戦か 5

10/6(水)
テレビ東京 25:50~
神のみぞ知るセカイ
 アルバトロスからここまで… 5

10/7(木)
東京MX 23:00~
探偵オペラ ミルキィホームズ
 一応見ては見るか 1
TBK 25:55~
それでも町は廻っている
 見てから考える 2
東京MX 26:00~
ヨスガノソラ
 話題は聞くな 1

10/8(金)
テレビ東京 25:23~
FORTUNE ARTERIAL -赤い約束-
 まかせた 0
東京MX 25:30~
とある魔術の禁書目録II
 肩の力を抜いて見ることにする 4
TBK 25:55~
咎狗の血
 パス 0

10/9(土)

10/10(日)

10/11(月)

10/12(火)

10/13(水)

10/14(木)
フジテレビ 24:45~
海月姫 ~くらげひめ~
 どうかな? 2

視聴環境無し?
心霊探偵 八雲

曜日別で初回だけでも見る予定の物だけ


TBS 17:00~ STAR DRIVER 輝きのタクト
東京MX 23:30~ 俺の妹がこんなに可愛いわけがない
TVK 25:30~ 百花繚乱 サムライガールズ
テレビ東京 25:35~ 荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ 


TVK 25:15~ えむえむっ!
テレビ東京 25:30~ おとめ妖怪ざくろ 
テレビ東京 26:00~ 侵略!イカ娘


東京MX 23:00~ ぬらりひょんの孫(継続)
東京MX 27:00~ そらのおとしものf ≪フォルテ≫


テレビ東京 25:50~ 神のみぞ知るセカイ


東京MX 23:00~ 探偵オペラ ミルキィホームズ
フジテレビ 24:45~ 海月姫 ~くらげひめ~
フジテレビ 25:25~ 屍鬼 (継続)
TBS 25:25~ アマガミSS(継続)
TBK 25:55~ それでも町は廻っている
東京MX 26:00~ ヨスガノソラ
テレビ東京 26:15~ 伝説の勇者の伝説 (継続)


テレビ東京 25:23~ FORTUNE ARTERIAL -赤い約束-
東京MX 25:30~ とある魔術の禁書目録II


NHK教育 18:00~ バクマン。
テレビ東京 23:55~(初回 24:10~) テガミバチREVERSE
TVK 25:00~ パンティ&ストッキングwithガーターベルト

 水曜に久しぶりに入って、今期は随分増えたな。特に木曜日は全て継続した上で追加されたため倍増か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生徒会役員共 第十話

 メイド!?あぁ、アリアの家なのか。というわけでメイドの出島が登場。

 体育祭の後、筋肉痛の津田に比べ、スズは元気いっぱい。普段からつま先立ちで鍛えてる成果らしい。涙ぐましい努力が思わぬ成果を。一応喜ぶべきか。

 シノの支持率98%。理由の大半は自分以外なら誰でも良い…台無しだ!

 ムツミビジョンの津田…誰?

 横島が教師になった理由は妄想が得意だったから…って良く採用されたな(--;

 出島はアリアの家のメイドだけあって、やっぱりただ者じゃないよう。校門(誤字)の開発関係って。メイドになったのはアリア目当てなのか。

 アリアの両親の思い出の樹。自分の家の庭で何しようといいけどな。それを娘に語るなよ。

 アリアの滅多にないごちそうはカップ麺。ま、お約束。

 行ったれスズちゃんってコーナー化したのか。と思ったら行ったれカエデちゃんに行ったれ畑ちゃんまで。なんだってー!?

 幼なじみのヒロインが非処女だったときの感覚で騙されたと思って…ハンパな覚悟じゃねぇだろそれ…

 文化祭。柔道部の出し物は空手部との異種格闘技戦。生きて帰ってこいよ。

 出島と横島先生は面識がある物かとばかり。ファーストコンタクトは営業用。でも、今後意気投合したりしたら大変なことに?

 自らタブーに触れてまで…スズ、そんなにお化け屋敷が苦手か。役員のプライドとして悲鳴は上げられないと口にガムテープ。唇が大変なことになるからお勧めできないよ!?

 アリアは演劇部の助っ人でメイドに。出島のメイド服を借りるが、出島はそれを着てきて、全裸で帰るとか言い出すし。結局シャツ一枚で生徒会室に待機?

 私にはこれ以上言えません!過激すぎてかよ!?てか、どんな劇だ…

 結局、出島の目的はアリアの汗の染みついたメイド服か。

 疲れて寝ている内に文化祭が終わってしまった津田。でも、シノから後夜祭ダンスのお誘いが。終わりよければ全てよしってことで。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2010/09/04

黒執事II 第十話

 シエルを手に入れたクロードは浮かれまくり。逆にセバスチャンは森に八つ当たり。緑は大切にしましょう(--;

 それでも怒りの収まらないセバスチャンはナイスポーズを餌にグレルに同行を要請。もはやなりふり構っていられないというか。普段なら絶対にしないようなことを。

 アロイスのいた町を滅ぼしたのはクロードで、その契約者はアロイスの弟。契約を遂行したのでその魂はクロードの腹の中。これは予想してなかった。クロードはつくづく自作自演が好きなんだな。

 グレルを連れてきたのは三つ子のシネマティックレコードを見るためか。その中で、シエルがハンナの手を取ってるのを見て、セバスチャンは私のディナーに汚い手で触れるなと完全に逆上。

 セバスチャンとクロードの誓約内容はシエルの譲渡ではなく、シエルの魂を熟成させるまでの休戦協力協定だったらしい。セバスチャンが先に無視したわけではなく、クロードが抜け駆けしたのか。
 どちらにしろ、悪魔が契約不履行は頂けないな。契約の穴を付くととか曲解するとか履行不能になって破棄するのならともかく。
 人対悪魔ではなく悪魔体悪魔だから絶対性がないのか?

 ハンナが暗躍。アロイスからえぐり取った目を使って、シエルの中のアロイスの魂を表に。ハンナはアロイスに執着しているみたいだけど、魂だけが目的だったら、シエルに付与される前に指輪を奪って逃げちゃえば良かったわけで。彼女の目的は一体?

| | コメント (0) | トラックバック (4)

代わり人違いしたかも(BlogPet)

きょうこうさぎは、代わり人違いしたかもー。

*このエントリは、ブログペットの「こうさぎ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屍鬼 第九話

 対起き上がりの準備を進める敏夫。節子を囮に迎撃態勢を整えるが…

 今までの死者は1回のみではなく、複数回血を吸われて失血死した。それを他人に言わせない命令を強制させる能力があるのではないか?推測に推測を重ね、それを確信に昇華させ、万全の姿勢で挑んだはずだったが、結果は辰巳の方が一枚上。

 奈緒におびき出された節子は起き上がり達に襲われ帰らぬ人に。

 襲ってくるのが生前親しかった相手というのは精神的にきついなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (6)

伝説の勇者の伝説 第十話

 暴走したライナの攻撃の矛先はフェリスへ。しかし、フェリスはライナレポートを引き合いに出し、お前のような臆病な怠け者に私が殺せるわけがないと挑発のような説得を。

 お前は一番の茶飲み友達だから、また一緒に団子を食べよう。そして団子の敵のあいつを倒そう…フェリスにとって最大の友情の証か?

 クラウがノアに懐かれて困っているとは意外な展開。しかし、なんで襲われたノアの声が聞こえたんだ?愛の力?それとも誰かの仕業?ミランの自作自演なのか?

 ノアをひんむいてどうする気だったんだろう?陵辱して惨殺して反ローランドを加速しようとしたのか?それとも、クラウを挑発するため?

 話はライナ達に戻って、アルファスティグマの少年の話に。ライナのトラウマえぐりまくり?

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2010/09/01

けいおん!! 第二十二話

 唯達は受験。その間にあずにゃんはバレンタインのチョコケーキ作り。

 受験が雪なのは恒例として、律がいきなり受験票を落とすとか幸先が悪かった割には何とかなったらしい。

 唯と律は第二志望以下全滅で背水の陣で第一志望合格発表に臨む物と思っていたのに。ま、第一志望じゃなきゃ全員一緒になれないから同じ事か。

 バレンタインケーキも純が何かしでかす物とばかり思っていたら何事もなく。あずにゃんがみんなに渡すタイミングが一番の難関だったな。

 第一志望の合格発表日。澪が長文読解に失敗したとテンパっていたが、大丈夫だよ。澪が落ちるくらいなら唯も律も落ちてるよ…と言いきれないのが怖い。
 ま、ここで律だけ落とすというギャグを噛ますほど鬼畜じゃないか(--;

| | コメント (0) | トラックバック (17)

ぬらりひょんの孫 第九話

 捻目山はぬら組最西端のシマ。だからこそ外からの脅威が迫っていることを一番実感しているのだという牛鬼。

 そんな中、自分を妖怪だと認めないようなうつけ者が上に立てば、ぬら組は内部より崩壊する。牛鬼は語る。何者であろうともぬら組を潰す奴は許さない。それがたとえ、リクオであっても。

 しかし、リクオは妖怪のしての力を示し、三代目を継ぐことを宣言。憂いの晴れた牛鬼は、謀反のケジメをつけるために切腹を選択するが…

 しかし、リクオはそれ許さず。外敵に備える最前線である捻目山の守りを放棄することこそ、ぬら組を潰す行為に他ならないってか。

 かつて総大将にお前の親になってやると告げられた牛鬼は、リクオに家族だと告げられたことで、改めてぬら組にその居場所を見出す。

 で、結局すべてが総大将の手のひらの上なのね?

| | コメント (0) | トラックバック (5)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »