« 屍鬼 第六、七話 | トップページ | ゆたかで遂行された(BlogPet) »

2010/08/21

伝説の勇者の伝説 第七、八話

 ミルク率いる忌破り部隊がライナと接触。ライナが自分のことを覚えて無くて、ミルクは大ショック。

 ミルクが自分の職務を忠実に遂行すべく(あと、ライナに罪を犯させないため?)独断で行動しているのかと思ってたら、ミルク本人はシオンの命で動いていると主張。

 王が正式に他国に派遣したら問題だから、表向きそういうことにしてあるってことか?

 エスタブールの反乱。それはミランが反乱分子を一掃すべく仕込んだ自作自演。
そんなのに乗って反乱を起こしちゃう方が愚か、というのも流石に可哀想だが、一番の被害者はそれに祭り上げられちゃった姫様で。

 それでまだ、姫に絶対の忠誠を誓っているなら救いはあるけど、初めから利用する気だったって…ホントに救いがねぇ(T-T)

 ミランとクラウの対立が決定的に。

|

« 屍鬼 第六、七話 | トップページ | ゆたかで遂行された(BlogPet) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

終了・で 伝説の勇者の伝説」カテゴリの記事

コメント

最後にあの建物並みのダンゴをフェリスにおごらされた彼、「不幸だぁぁぁぁぁ!!!!!!」って
絶叫したほうがキレイなオチでしたね。

失礼します。

投稿: 鳴海みぐJr. | 2010/08/21 11:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/49204452

この記事へのトラックバック一覧です: 伝説の勇者の伝説 第七、八話:

» 伝説の勇者の伝説 第8話「エスタブール反乱」 [空色きゃんでぃ]
姫様かわいい〜(*´∀`*) エスタブールはローランドの属国なんですね。 反乱の首謀者は、かつての国王の一人娘ノア・エン。 だけど裏で手を... [続きを読む]

受信: 2010/08/21 11:02

« 屍鬼 第六、七話 | トップページ | ゆたかで遂行された(BlogPet) »