« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010/08/31

世紀末オカルト学院 第九話

 今日の授業は降霊実験。こずえのリクエストで学長の霊を喚ぶことに。

 教頭、ホントに学長の霊が来たら色々やばいんじゃないか?と思っていたら、現れたのは女の子。

 最初は学長の子供の頃かと思っていたので、このショタがあの学長になるのか…とか勝手にショックを受けていたのだが早とちりで幸いだった。

 家に帰りたいという女の子の霊を無事、送り届けてみたら、何故かブリザードに。

 大家によるとクリスマスイブにアパートの玄関前で凍死したらしい。既にアパートを引き払っている彼女の父に会いに行ってみれば…そりゃ、ふざけるなって反応が返ってくるのは当然だわな。

 彼も娘が自分のせいで死んだのだと後悔しているらしいが…って、続くの?そろそろこんなことしている余裕はなくなってきてるんじゃないかと思うんだが。

 父の家を売りに出したマヤと絡めて父娘の絆を描くとかそういう意図だとは思うけど…これ、鍵に繋がる可能性あるのか?文明は未だに役立たずだし(--;

| | コメント (0) | トラックバック (12)

オオカミさんと七人の仲間たち 第九話

 毒リンゴが効かない白雪姫とか言うから、りんごとどんだけ腹黒バトルを繰り広げてくれるのかと思っていたら…

 姫乃とりんごは腹違いの姉妹で、りんごの母が父を姫乃の母から寝取って追い出したこと、そして当時、それを知らずに、遊んでくれた姫乃に別れ際にまた会えるかと残酷な問いかけをしてしまったことが負い目となって、りんごは姫乃と顔を合わせるのを避けているとか。

 姫乃の方はそんなことは大人の問題と気にしておらず、りんごのことも大切な妹だと認識しているのだが、逃げられてしまっては、それを伝えて関係を修復することも出来ず。

 連れ子ではなく、異母姉妹という辺りで諸悪の根源は父もしくはりんご母と言うことになるが…いや、事情が分からないのに断定するのも良くないな。姫乃母にも落ち度はあったのかも知れないし。

 七つ子って明らかに排卵誘発剤使ってるのよね。まぁ、不可抗力ではあるだろうけど、しわ寄せが全部姫乃に行っている気がする(--;

 VIP観覧席のあるプールって…金があれば何をやっても許されるのか!?

 水着サービスを挟んで二人は関係修復。その後、りんごは色仕掛けで理事長を落として姫乃が奨学金制度を使えるように。

 権利の前借りだし、それも自分のためにじゃないし、その辺の融通はしても良いよね。姫乃本人が知ったら辞退するかも知れないけど。そこの所はうまくやってね。

 オールバックの亮士は…某創造神代行体を思い出した。共通点オールバックだけなんだが。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2010/08/30

みつどもえ 第九話

 ひとはがカバーを掛けた本を読んでいるいつもの風景。しかし、千葉はひとはがいつになく興奮していることをめざとく気付く。

 余程上物のエロ本だと考える千葉だが、中身はガチレンジャーのムック。見たいと言われてここにもガチレンジャーファンが居たのかと喜ぶひとはだったが…

 千葉にしてみれば、(エロ本の)どこが好きかと言われたら返答に困るわな。おっぱいって答えられたひとはもそりゃ硬直するわ。

 挙げ句、日頃練習している技を私で試してみろとか言われたら…被験者が通りかかった矢部になるのはお約束として。ズボンごとパンツ下ろすのが日頃培った技なのか?
 自分ならともかく、それは実用性あるのか?襲うの?

 ひとはが矢部のを見るのは三度目か?

 矢部っちの部屋。みつばがポテチ3袋平らげて終了。ホントに何の意味が?

 クリスマスイブ。父は風邪でダウン。代わりにふたばにプレゼントを届けるサンタに任命されたひとはだったが…

 プレゼントはおっぱい枕。娘の嗜好を熟知しているというべきか、単純に酷いと言うべきか…

 ふたばが起きてしまい、顔を隠す帽子を剥ぎ取られ大ピンチ。でも、あちこちぶつかったせいで血まみれだったおかげでひとはとは認識されなかったが…醜い顔を見られたくなかったっすねとか同情されて精神的大ダメージを負う羽目に。頑張ったのに(T-T)

 新年。みつばはパンツで十二支コンプリート。でも、ふたばに頭突きされて風に飛ばされて。醜い鏡餅ってどんな捨て台詞だよ。

 散々追いかけた末に、パンツはお賽銭箱に。中に手を入れて引っ張り出すわけにも行かず、そのままお賽銭代わりに。御利益はあるのだろうか?

 パンツ談義オマケ。河童は良くてツチノコはださいのかよ。どういう基準だ?

 温泉(露天風呂か?)に入りたいというふたばのためにドラム缶を探してきたみつば。喜々として二人でそれを持ち帰るが…みつばがちゃんと姉をやっているちょっといい話。でも、ドラム缶には底が無くて。跪く二人に父が温泉の素を。いい話だなぁ。

 プールで寒中水泳と思いきや、スケートと思わせておいて氷上ボーリング。玉はふたばって…早く蹴ってって何この公開SM?ふたばは痛がるどころか蹴り出されるスピード感に喜んでるし。
 鍛えてるから何ともない&本人は喜んでいる…でも、やっぱり幼なじみの娘を蹴るのは罪悪感あるのは当然だよな。

 佐藤の学校一のキック力+ビート板の発射台でふたばは空にテイクオフ。人殺しって言い出しっぺのみつばがそれを言うな。

 エンディングの氷上スイミングは芸術…なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010/08/29

生徒会役員共 第九話

 前回のあらすじが酷すぎる…が、やっぱりこれでいいのかも知れない(--;

 生徒会の活動を知ってもらうために生徒会新聞を作ることに。写真提供は畑。こんな事もあろうかとって、物は言い様だな。

 読む人間ごとに脳内映像が違う津田のエッセイ。とりあえず、捨て猫の話で思わず号泣の感動物らしいが。自分の思わぬ文才を発見して良い気分の津田だったが、カエデに不特定多数の女の子を泣かせていると誤解されてテンションダウン。

 端から見たらハーレムでも、何の接点もないその他大勢には何の実感もない…むしろそっちの方が悲しすぎる(T-T)

 体育祭の競技自体は普通っぽいが、解釈次第で色々と。玉入れで手が触れあって頬を染めるってどういうシチュエーションだよ!?

 シノの借り物競走の紙にはなんと書かれていたのか。フラグ?

 サークル対抗リレー。アンカーのスズが適当にやると言うのを聞き咎めた津田だが、結果はぶっちぎり。いい加減という意味ではな要求に過不足なくってことか。

 アリアは万国旗で緊縛。どこがどうなったらそんな風に絡まるんだよ!?横島先生にダメ出しされたからパワーアップ?

 来週はサスペンス劇場のつもりで見てください…って飽きるの早すぎだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2010/08/28

黒執事II 第九話

 復讐を果たした達成感よりも初めて人を刺した嫌悪感に苛まれるシエル。やっぱり偽りの復讐じゃカタルシスがないのか。

 そんな中、女王から、少年の目玉がくりぬかれる事件の調査を命じられる。目撃証言からも、犯行場所を結んだ線が蜘蛛の巣を描くことからも、アロイスとクロードの仕業だと断定するが…あからさまに罠だよな(--;

 セバスチャンはハンナがクロードに仕えるような悪魔ではないと思っている。何か弱みを握られているのかそれとも別の目的があってあえて従っているのか。

 ハンナにはめられてアロイスと誤認されて逮捕されてしまったシエル。人違いだと主張するシエルに待っていたのは魔女裁判そのものの拷問。

 クロードの目的は拷問で弱ったシエルにアロイスの記憶を植え付けること。悪魔の能力を使えばそのくらい出来るだろうに、わざわざ拷問して洗脳することを選ぶ辺りが実に悪魔っぽい。

 アロイスの記憶を植え付けられ、セバスチャンが弟を殺した仇だと認識してしまったシエルはセバスチャンに出て行けと命令。執事にとって主の命令は絶対。セバスチャンはシエルを残して出て行かざるを得なくなる羽目に。

 シエルを横取りされた上に執事の誇りも怪我されてセバスチャンは怒り心頭。どんな報復をしてくれることか。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

自分(BlogPet)

こうさぎは自分たちがほしいな。
自分たちってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「こうさぎ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝説の勇者の伝説 第九話

 いつものようにイリスがシオンからの手紙を配達。エリス家にとって「寝かしつける」とは絞め落とすことらしい。

 イリスが手紙を無くしてしまったため、前回放置してきた遺物を取りに行けと言っているのだろうと解釈して戻ってみたら、遺物は既に遺跡で会った兄妹に回収されていた。

 しかも、この兄妹は遺物の使い方を熟知しており、他の遺物も合わせてライナとフェリスを圧倒。彼らによってはアルファスティグマも収集対象らしく、手慣れた手順でライナのアルファスティグマを暴走させ、余裕綽々で収拾開始…してみたら。

 ライナの中の何かにとってはアルファスティグマは能力の一端でしかないらしい。魔法無力化の遺物すらそれを持った腕ごと消滅させるとか次元が違いすぎ。なに、このチート(--;

| | コメント (0) | トラックバック (2)

屍鬼 第八話

 恵の墓を暴いた夏野達。予想通り、棺の中に遺体はなかった。掘り返したら腐乱死体があったらそれはそれでトラウマだとは思うが。

 さっそく起き上がりが襲ってくるが、シャベルで撃退。夏野は自分が殺してしまったのではないかと不安がるが、今死んだにしては体温が低すぎることで初めから死体だったのだと何とか自分を納得させる。

 首をはねれば再び起き上がることはなさそうだが、死体損壊に抵抗があるらしくそのまま放置。吸血鬼だかゾンビだか分からないからうかつな対処は出来ない。ま、正論か。

 腹話術人形を持った屍鬼少女が夏野の家に襲来。両親は押しきられて部屋で待つことを許してしまった。待ち伏せ奇襲?でも、両親が来客を教えるか。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2010/08/27

成恵の世界 少年エース2010/10月号

 ビンテンでてとらを精密検査。しかし、結果は普通の機族の子と全く変わらないという物。銀連の科学力を持ってしてもてとらの秘密は全く分からず。

 それどころか、てとらから渡された記録結晶により膨大な平行世界の地図や絆や因果の路線図スキャナーの概念まで与えられる始末。

 これを基に平行世界に進出なんてしよう物なら、自ら蛇の呪いに沈みに行くような物か。

 テイルメッサーはムラクモの話によるならば、自分たちが地球の敵となる可能性があるのだと語る。そもそも、七瀬家が軍の庇護下にあることが既に異常と。

 子供達は既に地球の子。成恵達、子供を残して地球からの撤退も視野に入れているらしい。和人の悪い予感が的中しつつある?

 成恵は警戒レベルを上げてくれたと聞き、安心しているが、和人は警戒レベルが上がった=危険度が上がったと認識して警戒。

 そんな中、傭兵姉妹が暗躍。香奈花の危機感を煽ることで内部崩壊を画策。アキと千佳ぼんの友情が鍵か?

 合星国大統領はリビングサンドの回収に向かうが、それこそ蛇の罠?蛇の急襲は回避したようだが、軍事施設は蛇に飲み込まれた?

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2010/08/26

ぬらりひょんの孫 第八話

 牛鬼の過去話。元人間だったのか?でも、出生の経緯を見るとそうとも言い切れないか。

 捻目山の牛鬼に母を食べられて、絶望して自らその口に飛び込んで自害したのかと思ったら、腹を破って出てきて怒りと悲しみで妖怪化?

 で、なんで父と母の供養のために人間を生け贄に捧げるなんて思考に行き着くのか。この流れだと妖怪に恨みを抱いて妖怪退治に行くところじゃないのか?

 自分が妖怪になったから妖怪基準の思考になっちゃったのか。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010/08/25

けいおん!! 第二十一話

 卒業アルバムの撮影を間近に控え、唯はどんな髪型で写ろうかお悩み中。

 憂をモデルに試行錯誤できるのは便利だな。

 オデコを出すのはNGらしい。律とキャラが被るから?

 あずにゃんが寂しがるだろうからと、唯達は部室で受験勉強をすることに。
…つっこみたいことはあるが、あずにゃん本人が喜んでいるからいいや。

 くしゃみしそうになったらはさみは置こうよ。前髪で済んでまだ良かった。下手したら流血沙汰だよ?話の展開自体はお約束だけど。

 唯と律はいまだに進路希望調査票出してなかったのか。澪と一緒の学校に行くとか言い出したから、澪が推薦を辞退しちゃったよ。澪の人生だから好きにすればいいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (18)

世紀末オカルト学院 第八話

 余興で牛まで殺すのはやり過ぎだろう、と思ってたらキャトルミューティレーションはホントに起こっていた。

 ホントにグレイが登場?と思ったら出てきたのはチュパカプラ軍団。そのボスに亜美が噛まれて連れて行かれた。

 あんなでかいのに噛まれたら死ぬだろ!?とも思ったが、吸血に特化していて顎の力自体は弱いのかも。

 亜美父の釘打ち機はオマージュ?

 何とか亜美を救い出して、ついでにこずえを発見。血、足りてるか?

 教頭が火を放ってチュパカプラ軍団を証拠隠滅。この組織、いまだに凄いんだか凄くないんだかよく分からないな。

| | コメント (2) | トラックバック (7)

2010/08/24

オオカミさんと七人の仲間たち 第八話

 いきなり劇場版!?と思ったら、それとは関係なく本編開始。

 ネズミの嫁探し。涼子達はお坊ちゃまの要求に合った女の子を探して連れてくるが、それをことごとく爺やがダメ出し。お前の性癖を聞いてるんじゃねぇよ!!

 どさくさに紛れて大河だの美琴だの出てきてるし。自虐ギャグなのかタイアップなのか…

 結局、幼なじみが一番とか幸せの青い鳥で締めるのかよ。

 Cパートにアバンの続きが…リンゴと涼子をキスさせたかっただけか!?

| | コメント (1) | トラックバック (8)

2010/08/23

みつどもえ 第八話

 体育の余り時間にケードロ。鬼はふたば…って時点で無理ゲーすぎる。

 みつばはひとはに、見つかったら私が囮になるからその隙に逃げて後で助けに来いと指示…しておきながら、実際はひとはを生け贄にして逃走。

 体育倉庫の跳び箱に隠れたが良い物の出られなくなったみつばをひとはが発見するが、当然助けるはずがなく。見捨てて帰ろうとしたひとはだったが倉庫の鍵を閉められて一緒に閉じ込められることに。

 ひとはを騙して跳び箱から脱出したみつばだったが、ひとはがお腹が痛いと言い出して大慌て。姉として、外に必死の救助を求めるが、いざ助けが来てみたらそれはひとはの嘘。

 ひとはは騙し合いに勝利したつもりになってるけど…端から見ている分には妹のために必死になる姿で好感度を上げたみつばの勝利な気も。

 チクビがふたばの訓練でバク転が出来るようになっていて、ひとはは大ショック。食べノ机の下に籠もって愚痴をこぼすが、どう聞いてもふたばに恋人を取られたようにしか…

 和解はしたものの、私のチクビ、いじって良いよ発言を聞き咎められて矢部は好調に説教される羽目に。報われないなぁ…

 矢部のアパートにゴキブリが出現。ふたばが退治に乗り出す。それについてきたひとはは、矢部のマジレンジャーコレクションに感動するが、矢部が差し出すそれにはことごとくGが付いていて…マジレンジャーを拒絶されたと思った矢部は心に深い傷を。二人が語り合える日は延々に来ないんだろうなぁ(T-T)

 デパートで迷子を見つけたふたば。ダンベルでお手玉は危なすぎる。

 迷子の母の所に連れて行くはずが、調子に乗りすぎて気付けば隣町に。暴走なんてレベルじゃねぇ…

 いい話で終わりそうだったのに…やっぱり似顔絵におっぱいを描いてたか。あんな大きくなさそうだったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2010/08/22

生徒会役員共 第八話

 もうすぐ体育祭。共学化したからこそできる競技がしたいと悩むシノ。

 なんかモザイクだらけだよ!?サオ倒しとかパンツ食い競争?辺りは読めるが、あとは何だ?~の組体操って。
追記:アレ食い競争、男女の交わり、はじめての組体操、か?却下されてない奴は~引き?

 津田がツッコミを入れて却下するが、モザイクで残ってるのがあるよ?くんずほぐれつ二人三脚は却下されてたが、うっふんあっはん大作戦ってのはいいの?

 入れるのは玉じゃなくサオ…

 去年の競技も酷ぇ…くんずほぐれつ二人三脚って去年やったのかよ!?

 パイオニアを噛んでパイオツマニアって逆に器用すぎるよ。妹はもっと酷かったが。教室の凍りっぷりがさぞかし凄まじかったことだろう(--;

 シノ&アリアとムツミのかみ合わない会話…

 特技は脚色…物は言い様だな(--;
 曲解とねつ造しかねぇ…あと金儲けか。

 今日は目安箱が空。不満があったら入れてくれといわれて。欲求かよ…

 廊下を走るの禁止。でも、角は走らないと少子化が加速してしまうとか、何この超王道展開。言わんや!男一匹、好評連載中…って嘘かよ!?

 虫を退治して初めてみんなに絶賛される津田。今までの自分は何だったのか…

 男性恐怖症の風紀委員長カエデ登場。だから女子校入ったのに…それは災難だな(--;

 前回のみんなでお泊まり写真。口止めされたから言ってないけど見せたって、畑お前…

 懐妊という事態になりかねない…まぁ確かに。証明方法は…処女受胎じゃダメですな。

 肩車で蛍光灯交換。スズフラグかと思ったら…軽いのは顧問って。
この人が顧問をしているのはみんな指導の必要がないから…ま、反面教師ってことで?

 ムツミ初の団体戦。勝ち抜き戦なら良かったのにね…シノが大将で勝っちゃうのはどうなんだろ、と思ったが、寝技なら日頃の妄想訓練のたまものか(--;

| | コメント (0) | トラックバック (8)

黒執事II 第七、八話

 アロイスの誘いを受けて、決闘に赴くシエル。まずは執事バトル。

 って、なんでドルイット子爵が。空気嫁。

 三つ子が仲良く串刺しに。でも、その後、そのまま給仕してるし。

 執事達が決闘している隙にシエルはアロイスを誘い出して決闘を。しかし、全てに於いてアロイスの方が上。アイロスはシエルを嬲って遊び出すが、その油断を突かれて腹に剣を突き立てられることに。そこで執事達が現れて中断。

 助けてくれと懇願するアロイス。しかし、クロードはシエルの血を舐めて放心中。ようやく気付いても、冷たい目で見下ろすのみ。

 アロイス絶命…と思われたが一命は取り留めたらしい。

 しかし、クロードのアロイスを見る視線はそのまま。俺の血は美味いか?と聞かれたときのクロードの笑みは…思わず吹き出してしまった感じだな。

 ハンナに命じてファントムハイヴ邸に向かったアロイスだったが、そこにグレルが襲来。それに応戦するハンナ。彼女も悪魔なのか。

 アロイスの過去。孤児となって弟と暮らしていた彼の望みは自分たちはバカにする町の連中を皆殺しにすること。ある日、それは突然叶えられる。

 死体から金品を漁り、これで弟と何不自由なく暮らしていけると喜んだ矢先、その弟もちょっと目を離した隙に死んでいてアロイスは絶望することに。

 トランシー家に慰み者として連れてこられたアロイスは、そこで妖精を呼び出す呪文を聞き実行。しかし、現れたのは妖精ではなく、悪魔。

 その悪魔、クロードはアロイスに望みを問うが、アロイスに望みなど無かった。それでもあると言い張るアロイスの矛盾に興味を覚え、クロードは願いを保留として仕えることに。

 クロードから町を滅ぼしたのはセバスチャンだと聞いたアイロス。自分の復讐対象ととばっちりで弟を奪われた復讐としてアロイスが選択したのはセバスチャンの命ではなく、彼が執心するシエルを奪うこと。

 殺してしまったらそれで終わり。かけがえのない者を奪うことで、その苦しみを永続させる…その悪魔的思考こそクロードが望んでいた物だったが。

 豚を見下すような目で見るな。あの時の俺自身を見てくれた目をもう一度見せて欲しい。俺にはお前しか居ない。そう言って足にすがりつくアロイスの魂にはもはや誇りも自尊心も失われ、豚の餌に成り下がっていた。クロードはアロイスを殺し、食べる価値もないその魂を懐に入れて去っていく。

 ハンナはその死体にまたがり、私があなたの願いを叶えてあげるとつぶやく。あれは目を潰しているのか、それともくりぬいているのか。ハンナの潰された目の代わりにアロイスの目がはめ込まれるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うみねこのなく頃に散 EP7

 Requiem of the golden witch アウアウローラに答え合わせを全てせよ。と命じられたベルンカステルによる、ベアトの葬儀。

・理解しようとするな。頭痛にならァ。
・心を蔑ろにするんじゃねぇ。
・犯人はヤス。
・煉獄の七メイド
・私の動機はもう十分でしょう。…これで分からぬなら、もはや語りません。どうせ、私の心など誰も、分からぬでしょうから。
・これで答え合わせには充分でしょう? これでわからないなら、傍観者の魔女どもを集めてお茶会でも開いて、他の魔女の推理でも拝聴したら?
・私は意地悪だから、これ以上を詳しくはやらないわよ。考えぬ魔女はいない。なぜなら、考えぬ魔女は死ぬか海の藻屑なんだもの。

 犯人の仮の姿・クレルによる独白で進行するが、彼女(または彼)自身の生い立ちについては酷く抽象的かつ概念的。

 年齢で考えると嘉音ぽいのだが、紗音が10歳上だったり、設定変更の一言で今まで語っていた内容が全て紗音に継承されていたり…「先代の紗音」がかつて存在したのか?と思っていたら、また設定変更で、ここで初めて嘉音ぽいのが現れた上、紗音の報われない恋心がクレルに受け渡されるとか、もはや何が何だか。

 紗音=嘉音どころか、クレル=紗音=嘉音=ベアト?紗音=嘉音説も自分としては余り歓迎してなかったのに(T-T)

 戦人の罪。それは白馬に乗って迎えに来る約束を綺麗さっぱり忘れていたことらしい。そして、今更戻ってきたこと。1年前なら戦人について行けた。もしくは1年後なら譲治の妻になっていた。よりによって譲治にプロポーズを受ける今年に。
…この時点ではそう思っていたが。

 紗音はもう、戦人への恋心を持っていないが、それを受け渡されたクレルが紗音の代わりにゲームを開始。戦人が推理小説で犯人の動機を推理することを第一とするのを知っていたが故に、犯人である自分の心を戦人が推理し、理解してくれることを願って…
 しかし、その願いは叶わず、戦人がそれに気付くのはクレルが諦めて消え去った後。

 クレルは黄金を発見し、源次と熊沢に当主と認められたため、二人と更に孫の手術のために金がいる南條も共犯に出来ると。

 ここで自分の考察の答え合わせ。

うみねこのなく頃に EP1再考察

・第一の晩 ×
 紗音の死体自体が存在しない?何で秀吉は口裏を合わせたんだ?脅されて?だから第二の晩で口封じに殺されるのか。

・第二の晩 △
 幻の鎖は幻しか封じない。源次が共犯ならチェーンロックを切断して殺害後、チェーンロックが健在だったと偽れる。

・第四の晩~第九の晩 ○
 細部は違うだろうけど概ねあってるよね?

うみねこのなく頃に EP2再考察

・第一の晩 ○
 礼拝堂はそもそも施錠されていなかった。固くて勘違いしただけと。

・第二、七、八の晩 ○
 嘉音(紗音)の犯行で問題なしか。

・第四~六の晩 ×
 紗音が郷田と譲治を殺して自殺?

・第九の晩 ○
 となると楼座の自演しかないよね?

うみねこのなく頃に EP3再考察

・第一の晩 ×
 嘉音の死体が礼拝堂にあるのがそもそも幻想。

・第二~九の晩 △
 絵羽が犯人でも話は通るが、EP7の後の展開だとおそらく霧江か。絵羽の黙秘の理由もそれに準じると思われる。夫と息子を霧江に殺された絵羽が報復で戦人を射殺?

EP4
 EP7の後の展開とほぼ同じ?みんな相打ちで時限爆弾とともに全てが猫箱に閉ざされる。

 全ての幻想をウィルに切り払われ、理御という奇跡の可能性を胸にクレルは満足して消えていく。

 ベルンも敗者の罰ゲームならば大人しくしてる…わけがねぇだらぁぁぁあぁ!!

 ベルンマジ外道。そして霧江マジパネェ。第一の晩で殺されない限り、犯人全部霧江になるんじゃ無かろうか…

 ボトルメールとはあらゆる事態を想定して事前に書かれたクレルの犯行計画書。その一部が爆発によって飛び散り、漂流していたところを回収された物らしい。

 碑文が解かれれば、クレルは全てを受け渡し、眠りに就く。だから、第一の晩が起こる前にみんなで力を合わせ碑文を解けば惨劇は起こらないと思われていた。しかし、黄金の魔力に取り憑かれた親たちは、黄金を巡って殺し合い、子供達を殺し、絵羽を残して全滅する。ベアトのゲームに関係なく。そしてそれこそが真相という皮肉…

 霧江に殺されかけ、かろうじて返り討ちにして生き残った絵羽が真相を語らぬままそれを猫箱に閉ざし、クレルがその猫箱の中身を幻想にて愛のある物語として修飾する。二人の魔女が自らを犠牲にして作り上げた魔女幻想は、ベルンによって腹を割かれ、醜い臓物をぶちまける。

 EP7は葬儀。Tea Partyは真実。まだ、自分はGMを楽しんでいない、と更なる惨劇を求めるベルンカステル。それに対抗するのは、ついに縁寿の許に生還を果たした戦人なのか?

 ベルンは赤字で宣言する。「このゲームに、ハッピーエンドは与えない。

 だが、ゲームマスターのベルンがそれを与えなくても、戦人と縁寿がベルンを倒し、それをもぎ取るのなら赤字には矛盾しないはず。そして、それこそが黄金の真実となるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/21

ゆたかで遂行された(BlogPet)

きょうゆたかは、文明も一泊したかもー。
だけど、きょう、決心が留年するはずだったの。
でも、ゆたかで遂行された。
それでサブタイトルに絶望するはずだったみたい。
だけど、きょう、ゆたかとゆたかで話しなかったー。

*このエントリは、ブログペットの「こうさぎ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝説の勇者の伝説 第七、八話

 ミルク率いる忌破り部隊がライナと接触。ライナが自分のことを覚えて無くて、ミルクは大ショック。

 ミルクが自分の職務を忠実に遂行すべく(あと、ライナに罪を犯させないため?)独断で行動しているのかと思ってたら、ミルク本人はシオンの命で動いていると主張。

 王が正式に他国に派遣したら問題だから、表向きそういうことにしてあるってことか?

 エスタブールの反乱。それはミランが反乱分子を一掃すべく仕込んだ自作自演。
そんなのに乗って反乱を起こしちゃう方が愚か、というのも流石に可哀想だが、一番の被害者はそれに祭り上げられちゃった姫様で。

 それでまだ、姫に絶対の忠誠を誓っているなら救いはあるけど、初めから利用する気だったって…ホントに救いがねぇ(T-T)

 ミランとクラウの対立が決定的に。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

屍鬼 第六、七話

 止まらない村人の死にテンパリ気味の尾崎。せっかく情報を持ってきた室井にも当たり散らす始末。

 でも、それが自分が嫌悪していた父と同じ所行だと気付いて自己嫌悪。そして、村人の死の連鎖が、伝染病ではなくこの村の伝承にある「起き上がり」である可能性を検討し始めることに。

 正男は起き上がりとして復活。でも土葬とは言え埋められてるのにどうやって出てくるんだろう?怪力でも付与されているのか?と思っていたら辰巳が掘り起こしに来た。

 起き上がりとして復活するのは数人に一人らしい。復活しても出てこられなくてやっぱり死んじゃうのもいるんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/08/18

けいおん!! 第二十話

 朝、起きると澪の手のひらどころか手首の上まで人ひとヒトの文字で埋め尽くされていた。怖いよ!?

 TシャツにHTTロゴ入れるだけで、なんで徹夜であんなに疲弊しているのかと思ったら、さわちゃん先生は会場全員分のを作っていたのか。凄すぎ。でも、HTT最後の学園祭ライブだものな。

 今まで描かなかった分を一期に放出したかのような一話丸ごとライブ回。唯のMCは多少滑り気味だったけど客席からの声援とか臨場感たっぷりで、ライブの雰囲気ばっちりだった。

 平沢家の両親も来ていたみたいだけど、今回はチラ見せ程度か。憂は姉の晴れ舞台に浮かれて舞い上がって、いつ失神してもおかしくなかった…いや、そんなもったいないことはしないか。

 最後に余計な落ちもなく、ライブは大成功。部室で達成感に包まれながらしばし放心の後、今後のことを語る。クリスマスに初詣に新歓、合宿、そして…

 卒業のことはあえて忘れて突っ走ろうとするが、それを止めたのは律。来年はない。留年する気なのかと。唯だったらやりかねないが…ここで現実逃避を断ち切ってやるのが部長としての責務か。

 終わりなんて嫌だと皆で抱き合って泣いて泣き付かれて眠る唯達。その手は繋がれていて。

| | コメント (0) | トラックバック (18)

2010/08/17

ぬらりひょんの孫 第七話

 ゆらは式神で馬頭丸に反撃。そのままでも大丈夫そうだったが、カラス天狗の息子達が馬頭丸を拉致して戦闘終了。

 リクオの方は牛頭丸と人間モードのまま互角に渡り合う。とどめは夜モードだったみたいだけど。
 昼と夜は完全に別人格というわけではなく、少なくとも記憶を共有はしているらしい。夜の方の意思で昼に情報を渡さないことはありそうだけど。

 総大将は、これはリクオがぬら組を継ぐ器かどうか測る試練と考えているらしく、他の者に手出し無用と申し渡す。

 リクオは牛鬼の許に辿り着くが…

| | コメント (0) | トラックバック (6)

世紀末オカルト学院 第七話

 松代に出現したミステリーサークルの調査を開始したマヤ。前回、文明の過去を垣間見たことで、未来を救う事に全力を尽くす決心が付いたらしい。

 しかし、それはマヤが父を失って以来、気を張り詰め過ぎていることを心配した亜美の父の考えた余興だった。

 出鼻をくじかれたマヤは激怒。それを聞いた亜美は父の厚意を無にされたことで思わずマヤを殴ってしまい、更にマヤちゃんに謝れと父に殴られて走り去ってしまう。

 マヤの心に余裕がなかった故に厚意が裏目に。そもそも、その余裕を作るための余興だったのが逆効果か。難しいなぁ…。

 しかし、ミステリーサークルにUFOにキャトルミューティレーションにグレイ降臨とやたら手が込んでたな。このために牛の血を抜くのも大変だろうに。この後美味しく頂きました?
 別にホントに殺さなくても、夜目にばれなきゃ剥製とかでも良いのか。

 次回もサブタイトルが壊れてる…

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2010/08/16

オオカミさんと七人の仲間たち 第七話

 奥手な地蔵先輩と朴念仁で無口な花咲先輩のデートを支援するために、亮士と涼子がダブルデートをすることに。

 花咲か爺さんと笠地蔵?本人の前だと恥ずかしくて何も出来ないのに、勝手に家に上がり込んで、ベッドにダイブしたり、食事を作っていたりしていた地蔵先輩の挙動は亮士に通じる物があった気がするが、そこには絡まずじまい。

 涼子が浅い池に落ちて頭を打って記憶を失い、中学生時代に逆行。そこには人見知りでおとなしい涼子が。亮士の一人勝ちか?

 羊飼は涼子を食べたと亮士を挑発したかと思えば、食べてない、真実を知っている方が絶望が大きいから。と最後に否定したり、どっちなんだよ。肉体的にはしてないけど精神的には陵辱し尽くしたとかそういうことか?
 それとも羊飼自身はしてないけど、ってことか?どっちにしろ最低最悪の野郎には違いないけど。

 結局、花咲先輩餌付けされたのかよ。ただ押しきられて流されただけじゃ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みつどもえ 第七話

 偶然見た特撮、ガチレンジャーにハマってしまったひとは。この感動を共有したかったが、クラスメイトに上手く話しかけることが出来ず。

 そんな中、矢部がファンであることを知るが、例によって話がかみ合わず不幸な結果に(T-T)

(ガチレンジャーを)観たと(パンツを)見た、じゃこうなるのも仕方がないとはいえ…主語って重要ですね。

 気付いたときには既に遅く、あんな物を見ているのは変態だとダウン状態の矢部に追い打ちまでかけてしまい、もはや挽回不能。

 ふたばの自由研究。蹴り技でパンツが見えるのか?スカート姿でいちいち恥じらうふたばは新鮮だが、寸止めどころか髪一本かするような実験台にされる佐藤はたまった物ではなくて。

 全ては千葉の策略だったが、何故か、イケメンなら変態でも許されるのか!?という血の叫びを吐いた上にBL公式認定…何故こうなった?

 三つ子父、小学生の時は佐藤そっくりだったのか…てことは佐藤も将来(--;;;

 矢部に自分もガチレンジャーが好きだと告白する気になったひとは。しかし、それを吉岡がひとはが矢部に告白するのだと勘違いしたせいで、矢部にはふられるわ、吉岡には哀れがられるわの悲惨な事態に。助けて、ガチレンジャー(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生徒会役員共 第七話

 顧問を引率兼運転手にして海へ。

 生理が近くても安心な赤い水着…そういうものなのか?

 シノはイルカの浮き輪がお気に入りで大はしゃぎ。でも、うまく上に乗り続けていることが出来ず。いきなり手を離すから…そうでなくても波があっちゃ難しいけど。

 ナンパ男の受難。顧問に喰われたのか?

 スズはとうとうナンパよけの子供役に(T-T)

 顧問がビールを飲んで爆睡してしまったため、宿に一泊する羽目に。とりあえず姉弟設定で。

 年が離れた妹役にサービスシーンで規制が入るetc.スズいじりが酷すぎる(T-T)

 混浴でお取り込み中はマナー違反だろ…

 シノと津田が姉弟設定でじゃれ合っていたら、そこに合宿できていた畑が。私は口が堅い。記事にするまでは!それがマスコミの鉄則!!ダメじゃん…コーヒー牛乳で買収。

 津田が安全なことを証明する設定。津田は二次コン…妄想長ぇ。津田はBL。何故かエコー・オブ・デス兄さんを思い出した。

 顧問が簀巻きにされていたのは津田を襲わないようにか。

 シノが寝ぼけて枕と間違えて津田の腕を枕に…畑に撮られてるし…実弾じゃなかったけど致命傷?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/14

けいおん!! 第十九話(BlogPet)

ゆたかの「けいおん!! 第十九話」のまねしてかいてみるね

舞台は先輩達が不満を漏らして寝たと言うべきかで遊び疲れて一安心?
明日の?ただそこに備えてくれない?
明日のは緊張しやってるんだよ。

*このエントリは、ブログペットの「こうさぎ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/11

けいおん!! 第十九話

 舞台本番直前。まだ始まっていないのに澪は緊張しまくり。手のひらにカボチャって、カボチャは丸呑みできないな。人って書いて…拳ごと飲み込もうとするな!

 あずにゃんは先輩達が舞台にかかりきりでちっとも練習に来てくれないので明日のライブに不安を感じるが…なるようにしかならないわな(--;

 さわちゃん先生は、色んな所の衣装を請け負いすぎてグロッキー気味。それでも高クオリティで仕上げてくるのはさすが。てか生徒からの信頼以上に趣味でやってる分、手抜きはしないわな。

 本番になったら、澪もしっかりロミオを演じて一安心。でも、別の不安が…唯は木の役で出ずっぱりなのかよ。影の主役?ただそこにいるだけで何かしでかすんじゃないかとハラハラさせる存在感はさすがと言うべきか。良いシーンでくしゃみしそうになってるし(--;

 ラストシーンのジュリエットの墓がない。どこかで落とした?って、あんなでかい物落としたら気付こうよ!?オカルト研のロゼッタストーンで代用。

 唯は代役でこんどは草の役に。それ置いておくだけじゃダメなの?自立しないのか(--;

 舞台は成功。明日のライブに備えて徹夜で特訓することに。練習シーンがカットされただけでちゃんとやってるんだよね?放送された分だけ見ると、結局遊んで遊び疲れて寝ただけにしか見えなかったけど、あずにゃんが不満を漏らしてないしやっていたと信じよう。

 さわちゃん先生謹製の舞台衣装も完成して、いよいよ今日はライブ本番。

| | コメント (1) | トラックバック (11)

ぬらりひょんの孫 第六話

 牛鬼のシマ、捻目山に誘い込まれたリクオ達。つららは「何かの間違い」で牛鬼組に襲われないように警戒するが、その時点で認識違い。

 ゆらのほうはというと…レシートと式神を一緒に入れるな!割引券の有効期限ってずいぶん余裕だな。大丈夫かホントに。

 妖怪セキュリティ。つららに効いてない時点でダメだよな。ゆらは専門家として何か言うこと無いのか?

 タオルがあるのに随分湯気が濃いな、と思ったら、これ湯気じゃなくて妖気なのか?女湯を襲った妖怪軍団VSゆら。式神があればほぼ互角?

 つららは自分の身分を明かせば牛鬼組の者は引いてくれると考えていた油断を突かれて負傷。助けに来たリクオはまだ時間が早いからか人間のまま。

 人間モードでもある程度は剣術使えるのか?妖怪モードになれるまで時間稼ぎできるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2010/08/10

世紀末オカルト学院 第六話

 完全にオカルト否定派になってしまったこずえ。マヤと亜美のオカルトネタにもまるで興味なし。

 自称オカルト嫌いなのに、否定されると躍起になってるマヤが楽しい。

 最後の手段で文明にスプーン曲げを実演させるが…ここで曲げられたらねぇ。腹にぶつけて曲げるのはそれはそれで凄いかも知れないけど。何か仕込んでるのか?

 オカルトを否定しながら涙を流すこずえ。別人格が入っているわけではなく、オカルトを愛する心が欠損しているらしい。それでもわずかに残るオカルト愛が彼女に涙を流させる。アルティールの中に感情が置き去りになったリョーコ@ゼーガペインみたいなものか?

 あの世に置き去りになったこずえの魂の半分を取り返すために、こずえとともに文明が臨死体験マシーンに。

 結局、こずえの魂=めがねだったわけか?こずえの半分はめがね(オカルト愛)で出来てますと。

 文明の母も子役タレントの親のご多分に漏れずか。

 臨死体験マシーンで文明=ふみあき君と未来が宇宙人の侵略に遭っていることが嘘ではないと確定できたマヤは、再び文明と手を組んで鍵探しをすることに。

| | コメント (2) | トラックバック (13)

2010/08/09

オオカミさんと七人の仲間たち 第六話

 りんごと涼子、ついでに亮士の馴れ初め話。涼子は羊飼と付き合っていたらしい。でも、ある日、乱暴されて捨てられた?

 涼子は友人に訴えるも誰も信じてくれず、いたたまれなくなって転校。そこでりんごと同じクラスに。

 最初はスケバンぽい外見の涼子を怖がっていたらしいりんご。でも、風邪で休んだ涼子にプリントを届けたときに涼子の寝言を聞いて、彼女の弱さを垣間見、それ以来、つきまとって世話を焼くように。

 二人の様子を見ている分にはとてもいい話なのだが、ナレーションが腹黒云々言う物だから、りんごが涼子を籠絡するまでの過程としか…

 りんごにも御伽学園に来るきっかけになったトラウマがあるらしいが、涼子に取り入るためのブラフじゃないよね?

 不良から助けてくれた涼子を見捨てて逃げた少年は亮士…じゃないよね?

 亮士のストーカー日記。ギャップ萌え、そして足フェチ。電話だと涼子呼び捨てなのかよ。ま、涼子を守るために強くなろうと決意し、それを涼子に面と向かって伝える辺りずいぶんと成長したな。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

みつどもえ 第六話

 明日は運動会。いてもたってもいられないふたばは夜の学校に忍び込んで一人予行練習。

 それに付き合う父。例によっていきなり連行されかけたが、ふたばが父認定してくれたおかげで何とか回避。

 ふたばの無茶振りに頑張って応える姿は良いお父さんしていたな。ふたばが懐いているのもうなずける。逆にみつばとひとはは干渉されたくないからこれがウザいんだろうな。

 なんかいい話になっていたのに、寝てしまったふたばをおんぶして帰る途中に結局捕まってるし。

 体育祭の騎馬戦。ひとはは騎手だが高所恐怖症で怯えるのみ。その騎馬のふたばは誰もが恐れて近寄ってきてくれないため、帽子が取れず欲求不満。そんな中、別の騎馬の騎手のみつばだけが非道の限りを尽くして喜々としていた。

 調子に乗って、取った帽子の数を自慢したばかりにふたばに追い回されたのは自業自得として、ふたばが食べてしまった帽子はノーカンになるのか?

 矢部が授業中に倒れて自習に。てか、血溜まりが出来てるし何かしたんだよね?それとも倒れた拍子に負傷したのか?

 騒がしいのを好まないひとはは、一刻も早く自習を終わりにして欲しくて矢部の看病に向かうが、保健室では松岡が矢部の体にお経を書いていた。

 矢部が倒れたのは悪霊のせいだと主張する松岡にひとはは為す術もなく。パンツまで脱がしてるし。普段エロ本を見ているくせに、矢部のを直視してしまい、ひとはは赤面し通し。普段見ているのは無修正本じゃないわけか。

 今回のお経は消えないと困るので水性。変なところだけ学習してるんじゃない!矢部を抱き上げたひとはは服が汚れてしまってスリップ姿に。

 矢部にパンツを穿かせようとするが、そのパンツを頭にかぶせられて…これ、サウンドオンリーでも現場に踏み込まれてもどっちにしろアウトだよな(--;;;

 みつばを貶めようとして逆に自らどんどんドツボに填っていく杉崎。珍しく、みつば優位なままで終わったのはふたばの作った筆入れをちゃんと使っていた報いか?

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2010/08/08

生徒会役員共 第六話

 いきなり何が始まったのかと…シングルCDのCMの後はアイドルユニットのホラー番組。

 無毛超人パイパーン3って…主人公の名前が気になる。当然女の子だよね?

 すっかり経験豊富になった目安箱に学校の怪談っぽい相談が。調査してみたら、ほとんど横島先生の仕業かよ!?

 金欠でおかずが足りないので男子をおかずにご飯を食べる…ムツミ、またシノに理解出来ないことを吹き込まれたのか。

 シノの考える寝技。ま、お約束。でも、胸がないと窒息まで持って行けないよ?

 小学生の甥にまで何を教えてるんだ。そりゃはたき倒されるわ(--;;;

 水着を買いに行ってアリアに精神的に叩きのめされるシノ。そして、それ以上に深刻なのがスズ。小学生、下手すると低学年にしか見えねぇ(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2010/08/07

黒執事II 第六話

 復讐を終えたシエルに手を伸ばすセバスチャン。ようやく味わえる至高の味を想像しセバスチャンは思わず舌なめずりを。しかし―

 セバスチャンVS三つ子。三つ子の連携は見事な物だが、やっぱりセバスチャンの敵ではなく。ジェットストリームアタック位してくるかと思ったけど、無表情無言で襲ってくる以外は特筆する物はなかったかな。悪魔見習いでもなく、クロードの操る人形なのかな?

 パーティー会場ではハンナが弾くアルモニカの音色で皆が苦しみ出す。音波兵器?アグニの秘孔突きでそれは逃れたシエル組だが、今度は凶暴化した来賓に襲われることに。
 殺さずに気絶させなきゃいけないから大変だな。

 ハンナやアルモニカを狙えば良いんじゃ?と思ったが、一応、ハンナは人垣で守りは固めてたか?

 戻ってきたセバスチャンがグラス演奏でアルモニカ音波を無効化。更に共鳴で破壊。

 清らかな心を持つ者でなければ出せない音色とか言われていたけど、マイナス×マイナスでプラスになったってことか?

 あの日何があったのか?

 セバスチャンがシエルの魂を食べる直前。シエルの魂はクロードに横取りされていたらしい。

 しかし、魂を奪った物のクロードは魂と肉体が揃わなければ意味がないと気づき、セバスチャンは魂を取り戻した物の、復讐を遂げた記憶を失ったシエルの魂は再び復讐の完遂という味付けを施す必要があるため、復讐相手を探していた。

 二者の利害は一致し、密かに同盟を結成。アロイスを復讐相手としてでっち上げ、シエルが復讐を完遂した後にシエルを引き渡す。

 あれ?それじゃセバスチャンがシエルの魂を食べられないんじゃないの?その場になって契約破棄なんて認められないだろうし。何か抜け道があるのか?

 でっち上げるまでもなくアロイスが復讐相手だから無効とか、別の真の復讐相手が見つかってアロイスが復讐相手の資格を失って無効とか。

 第一期でどんなに餓えてもジャンクフード食べ放題より至高の一皿と語ったセバスチャンがえせ復讐で適当に味付けした魂で満足するかなぁ?アロイスをとりあえずの復讐相手に設定するすることでそれを足がかりに更なる何かを狙っているのか?

 当て馬にされるアロイスが哀れだが。クロードにとってはアロイスの魂も価値があるみたいだから捨て駒にはならないだろうけど。

| | コメント (2) | トラックバック (6)

伝説の勇者の伝説 第六話

 クラウの制止を振り切り、シオンはミランとともにミルファ皇国へ。

 シオンの目的はトアレの品定め兼ライナ達の様子見?

 ミランの目的は反国王派と繋がっているミルファ貴族の皆殺し。他国の貴族をそんなに殺しまくったら公には出来ずとも外交的に大問題じゃないのか?
 ミランの仕業と分からなくてもシオン来訪中に貴族の大量虐殺が起こったってだけで状況証拠としては十分すぎるし。
 いや、むしろ敵対したらタダじゃ済まないという示威行為か?

 しかし、ミランはそれだけに留まらず、ミルファがまともに統治されたら、後々シオンの世界制覇に支障を来す、とトアレの暗殺を実行しようと。

 そこでライナ達と鉢合わせ、トアレの護衛と勘違いする辺り、案外抜けているのか?シオンの学生時代の交友とかアルファスティグマ辺りで気付いても良さそうな物だが…それともシオンの過去って秘匿されているの?

 ライナ達はシオン直属の隠密部隊みたいな物だから、徹底的に情報抹消してるのかもな。アルファスティグマ持ちなんてそれだけで情報統制かかってたんだろうから、その数少ない記録を抹消するなんて造作もないことかも知れない。

 ミランがウザイほどキラキラさせていた指輪は勇者の遺物らしい。かつて、影を操るその指輪をした暗殺者を倒した勇者の子孫がその指輪で暗殺者をしているのは皮肉だな…と思ったけど、ミランは養子なのか。

 ミランとライナ達が戦ったことを知ったシオン。ミランが暴走したときに対する切り札…とは考えず、結果的に自分がライナ達に刺客を送ったことになるのではないかと思い悩む。
 そんなはずはない、とそれを認められない辺り心の弱さが垣間見えた?

| | コメント (1) | トラックバック (8)

振り(BlogPet)

きょうこうさぎがゆたかはフォローしたかった。
それでゆたかと辺りへ召喚したかもー。
それでゆたかはゆたかは振りっぽい万引きしたいです。

*このエントリは、ブログペットの「こうさぎ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屍鬼 第五話

 死亡した人間の何人かは、亡くなる数日前に仕事を辞めていた。まるで死期を悟り居なくなる準備をしているように。立つ鳥跡を濁さず?

 恵の件は夢オチ!?と思ったら、やっぱり現実?徹もあっさりお亡くなりに。

残暑見舞いはがきは恵が持参したのか?夏野はそれを粉々に破き捨てる。無駄だと見せつけてるんだろうなぁ。

 正雄は思う存分ウザ納めをして、図書館員に襲われて退場?吸血鬼になってもあのウザさだったら、かなり恐ろしいことに。

| | コメント (2) | トラックバック (8)

2010/08/05

けいおん!! 第十八話

 クラスの劇でロミオ役に推薦された澪。その場で気絶するような娘に無茶振りが過ぎる…クラスの大半のイメージはライブで「格好良く演奏している澪」であって、素のヘタレな澪じゃないんだな(--;

 それで転校するとか言い出したのか。

 いつものごとく澪を煽っていじっていたら澪とセットと言うことで律がジュリエット役に。こっちも無茶振り過ぎる…自業自得ではあるが。

 人目に慣れるために喫茶店でバイトしていたら、いつも飲んでいるお茶会のと同じお茶がいくらで出されているか知って驚愕したり。

 笑顔のまま気絶し、そのまま固まってしまったとか、大丈夫か、本当に?

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2010/08/04

ぬらりひょんの孫 第五話

 妖怪としての力を使うと人間の時にその反動が来るようで、リクオは熱を出して寝込んでいた。それに気付かず登校していたつららは平謝りで看護を始めるが…

 熱で近づけないまではいかないけど、リクオに触ると火傷しそうになるっぽい。そうじゃなかったら添い寝するとか言い出しかねないな。リクオが凍死しそうだけど。

 特製氷嚢だけでも十分凍死しかねないかも…みんなを凍らせて全滅させて誤魔化そうとかするな!

 かなは妖怪姿のリクオに惹かれつつも人間のリクオがつららに甲斐甲斐しく看病されていることにも胸を痛めているようで。つららに気があるらしい島も悔しがっていたが、こっちはどうでもいい。

 清十字怪奇探偵団の合宿として、妖怪博士に会いに梅楽園に行くことに。

 それを聞いてニヤリと笑う一つ目入道。梅楽園は別名、捻目山といい、牛鬼の住み処。
カラス天狗の調査だと牛鬼こそ、旧鼠のバックで、リクオの襲名を良く思っていないらしい。

 妖怪博士も操り人形みたいだし、完全に飛んで火にいる夏の虫?

 しかし、リクオ母はのんきだなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2010/08/03

世紀末オカルト学院 第五話

 オカルト大好き娘。こずえがオカルトを求めて東奔西走…というよりは右往左往?

 しかし、この娘も大概頑丈だよな。前回モスマンの幼虫の餌になりかけ、今回は崖から落ちて…毎回こんな感じだから頑丈さだけはサイヤ人並みなのかも知れない(--;

 そんな息抜きギャグ回なのかと思ったら、授業の臨死体験マシーンであの世に行って帰ってきたらオカルト否定の別人に?本人はあの世に取り残されて、別の魂が入っちゃったみたいだけど。

 三途の川の水がやばかったのか、単に割り込まれただけなのか。あの世の食物を口にすると魂が穢れてこの世に帰ってこられなくなるっていうよね…

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010/08/02

オオカミさんと七人の仲間たち 第五話

 両刀使いの桃ちゃん先輩が登場。吉備団子は胸で、お腰には鞭。下僕は定番の犬猿雉+浦島…あ、乙姫に連れて行かれた(--;

 最近、涼子を誘拐したりと調子に乗りすぎてる鬼ヶ島高校に抗議の殴り込みに行くらしい。

 頭取によると、御伽学園は優秀な人材の育成とその還元を期待されて財閥に運営されており、鬼ヶ島高校は、御伽学園の学生がぬるま湯に浸かって軟弱にならないよう、適度な負荷をかけるための必要悪のような存在らしい。

…それって要するにエリート育成のための噛ませ犬ってことじゃ?そりゃ反逆するのも仕方がない気が。

 浦島は乙姫に精気を抜かれると、無敵のジェントルモードになるとか。爺さんになる訳じゃないし、この方がまともだからいいけど…何分持つんだろう?

 鬼ヶ島の新生徒会長、羊飼は、過去、涼子を虐待していた?そして、美しく育った涼子を話が物にしようとしているらしい。

 今回の亮士はゴーグルで視界が制限されているからか、いつもより強気だったな。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

みつどもえ 第五話

 パンツの次はブラか。ライバル杉崎がブラを自慢していたことでみつばも対抗してブラを買いに。

 パンツのワゴンから出てきたふたばはともかく、何故、バットが落ちてるんだろう?

 初めてなんだから分からなくてもしょうがないだろうに。母は居ないらしいから店員に聞くのは専門家なんだし妥当だと思うが…単に店員の胸が大きくてプライドが許せないだけか。

 ふたばのちょんまげに引っかかってたパンツを取ったら、ふたばがみつばが万引きしたと勘違いして、謝りに行かされる羽目に。ふたばがこんなときだけまともなことを…

 チクビがみつばのパンツのハム子に一目惚れ。チクビを取られて大ショックのひとはを、そのパンツをはいてみつばが追撃。珍しく、みつばが優位に立っていたのもつかの間、そのパンツを切り裂いて私も死ぬ!と修羅場に。

 しかし、チクビはみつばのはいているパンツのハム子が横に伸びているのを見てひとはの下に帰還。

 なんかいい話になりかけたら、穿いているパンツの方が良いと肯定した佐藤が変態と胴上げされることに。何故?

 ふたばはおっぱいのサイズを目測で小数点2位まで査定できるらしい。しかし、みつばと杉崎の胸はおっぱいと認められず。

 なら、オーダーメイドでサイズぴったりの杉崎のブラを自分がつけてみれば勝敗は一目瞭然!って、スク水の上からブラつけたら、同じサイズならきついだろ…

 クラス全員が戻ってきて、スク水ブラ姿を視姦され、しかしブラの外し方が分からず狼狽。

 きついのはアンダーであってカップはぴったり。つまりみつばの方が太っている。この雌豚!とひとはは心の中で思っていたが、さすがに哀れに思って口には出さず。ひとはにまで気を遣われるなんて(T-T)

 授業参観。みつばから髭を剃れと言われた三つ子父。しかし、ふたばの水鉄砲を食らった拍子に眉を剃り落としてしまい…ふたばは鉄砲魚か!?

 いっそのことと、もう片方の眉も髪もそり落として三つ子父が不審者から黒服にクラスチェンジ!?

 みつばとふたばの作文が入れ替わっていて、みつばの愛は得たが、ふたばの愛を失って大ショック。教室から飛び出してみれば、お約束の警官隊が。

 こんな父兄が居るか!って、子供は居てもおかしくないんじゃないか?それは酷いと思うよ。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2010/08/01

生徒会役員共 第五話

 シノもアリアも突然真面目に?二人が真面目に仕事する姿に耐えかねた津田は、なぜ下ネタ発言をしないんだ!?と言い放ち、全員からひんしゅくを買う羽目に。

 そんな夢オチ。ツッコミとしてボケ欠乏症?この環境にすっかり染まってしまったわけだな。これも放置プレイと言えなくもない。そして罵られプレイ?

 津田が風邪で寝込んだ自分のせいだと考えたシノはお見舞いに。

 そのシノを見てデリヘルだか出張イメクラだかと思い込む妹も相当な物だな。看護にエロ本持ってくるし。シノも持ってきたが…妹は思春期って宣伝か?

 耳掃除の声を聞いて勘違い。ま、そういう台詞になっているとはいえ。普段、兄をどんな目で見ているんだ?

 教室のドアは自動ドアじゃない。どんどんアリアのボケが酷くなってる(--;

 自分も分からない問題出しても正解が分からなきゃ判定不能。挙げ句、わざと誤答されたのを正解と判定してしまうとか。

 プールでグラビア撮影。でも、スズはNG。倫理基準がおかしいよ!?

 押してダメなら押し倒せ!実行しかねないから困る。アリアの場合は緊縛か。

 フランスパンをくわえて登校する妹。ぶつかった相手が打撲で病院送りになるかも知れない…いや、あれコッペパンか?

 

学校のサイトがシノのせいでアダルトサイトっぽく!?

| | コメント (0) | トラックバック (8)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »