« ゆたかで遂行された(BlogPet) | トップページ | 黒執事II 第七、八話 »

2010/08/22

うみねこのなく頃に散 EP7

 Requiem of the golden witch アウアウローラに答え合わせを全てせよ。と命じられたベルンカステルによる、ベアトの葬儀。

・理解しようとするな。頭痛にならァ。
・心を蔑ろにするんじゃねぇ。
・犯人はヤス。
・煉獄の七メイド
・私の動機はもう十分でしょう。…これで分からぬなら、もはや語りません。どうせ、私の心など誰も、分からぬでしょうから。
・これで答え合わせには充分でしょう? これでわからないなら、傍観者の魔女どもを集めてお茶会でも開いて、他の魔女の推理でも拝聴したら?
・私は意地悪だから、これ以上を詳しくはやらないわよ。考えぬ魔女はいない。なぜなら、考えぬ魔女は死ぬか海の藻屑なんだもの。

 犯人の仮の姿・クレルによる独白で進行するが、彼女(または彼)自身の生い立ちについては酷く抽象的かつ概念的。

 年齢で考えると嘉音ぽいのだが、紗音が10歳上だったり、設定変更の一言で今まで語っていた内容が全て紗音に継承されていたり…「先代の紗音」がかつて存在したのか?と思っていたら、また設定変更で、ここで初めて嘉音ぽいのが現れた上、紗音の報われない恋心がクレルに受け渡されるとか、もはや何が何だか。

 紗音=嘉音どころか、クレル=紗音=嘉音=ベアト?紗音=嘉音説も自分としては余り歓迎してなかったのに(T-T)

 戦人の罪。それは白馬に乗って迎えに来る約束を綺麗さっぱり忘れていたことらしい。そして、今更戻ってきたこと。1年前なら戦人について行けた。もしくは1年後なら譲治の妻になっていた。よりによって譲治にプロポーズを受ける今年に。
…この時点ではそう思っていたが。

 紗音はもう、戦人への恋心を持っていないが、それを受け渡されたクレルが紗音の代わりにゲームを開始。戦人が推理小説で犯人の動機を推理することを第一とするのを知っていたが故に、犯人である自分の心を戦人が推理し、理解してくれることを願って…
 しかし、その願いは叶わず、戦人がそれに気付くのはクレルが諦めて消え去った後。

 クレルは黄金を発見し、源次と熊沢に当主と認められたため、二人と更に孫の手術のために金がいる南條も共犯に出来ると。

 ここで自分の考察の答え合わせ。

うみねこのなく頃に EP1再考察

・第一の晩 ×
 紗音の死体自体が存在しない?何で秀吉は口裏を合わせたんだ?脅されて?だから第二の晩で口封じに殺されるのか。

・第二の晩 △
 幻の鎖は幻しか封じない。源次が共犯ならチェーンロックを切断して殺害後、チェーンロックが健在だったと偽れる。

・第四の晩~第九の晩 ○
 細部は違うだろうけど概ねあってるよね?

うみねこのなく頃に EP2再考察

・第一の晩 ○
 礼拝堂はそもそも施錠されていなかった。固くて勘違いしただけと。

・第二、七、八の晩 ○
 嘉音(紗音)の犯行で問題なしか。

・第四~六の晩 ×
 紗音が郷田と譲治を殺して自殺?

・第九の晩 ○
 となると楼座の自演しかないよね?

うみねこのなく頃に EP3再考察

・第一の晩 ×
 嘉音の死体が礼拝堂にあるのがそもそも幻想。

・第二~九の晩 △
 絵羽が犯人でも話は通るが、EP7の後の展開だとおそらく霧江か。絵羽の黙秘の理由もそれに準じると思われる。夫と息子を霧江に殺された絵羽が報復で戦人を射殺?

EP4
 EP7の後の展開とほぼ同じ?みんな相打ちで時限爆弾とともに全てが猫箱に閉ざされる。

 全ての幻想をウィルに切り払われ、理御という奇跡の可能性を胸にクレルは満足して消えていく。

 ベルンも敗者の罰ゲームならば大人しくしてる…わけがねぇだらぁぁぁあぁ!!

 ベルンマジ外道。そして霧江マジパネェ。第一の晩で殺されない限り、犯人全部霧江になるんじゃ無かろうか…

 ボトルメールとはあらゆる事態を想定して事前に書かれたクレルの犯行計画書。その一部が爆発によって飛び散り、漂流していたところを回収された物らしい。

 碑文が解かれれば、クレルは全てを受け渡し、眠りに就く。だから、第一の晩が起こる前にみんなで力を合わせ碑文を解けば惨劇は起こらないと思われていた。しかし、黄金の魔力に取り憑かれた親たちは、黄金を巡って殺し合い、子供達を殺し、絵羽を残して全滅する。ベアトのゲームに関係なく。そしてそれこそが真相という皮肉…

 霧江に殺されかけ、かろうじて返り討ちにして生き残った絵羽が真相を語らぬままそれを猫箱に閉ざし、クレルがその猫箱の中身を幻想にて愛のある物語として修飾する。二人の魔女が自らを犠牲にして作り上げた魔女幻想は、ベルンによって腹を割かれ、醜い臓物をぶちまける。

 EP7は葬儀。Tea Partyは真実。まだ、自分はGMを楽しんでいない、と更なる惨劇を求めるベルンカステル。それに対抗するのは、ついに縁寿の許に生還を果たした戦人なのか?

 ベルンは赤字で宣言する。「このゲームに、ハッピーエンドは与えない。

 だが、ゲームマスターのベルンがそれを与えなくても、戦人と縁寿がベルンを倒し、それをもぎ取るのなら赤字には矛盾しないはず。そして、それこそが黄金の真実となるのか?

|

« ゆたかで遂行された(BlogPet) | トップページ | 黒執事II 第七、八話 »

ゲーム 」カテゴリの記事

ゲーム うみねこのなく頃に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/49214017

この記事へのトラックバック一覧です: うみねこのなく頃に散 EP7:

« ゆたかで遂行された(BlogPet) | トップページ | 黒執事II 第七、八話 »