« 屍鬼 第三話 | トップページ | 伝説の勇者の伝説 第四話 »

2010/07/24

黒執事II 第四話

 誘拐犯からさらわれた貴族子息を無事奪還する指令を受け、電車に乗ったシエル。しかし、列車内は変人ばかり。

 えせ考古学者、鉄オタ、日本人頑固爺さん、入れ墨神父、護送中の殺人鬼とアバーライン(兄)。

 第一期で死んだアバーラインの双子の兄なのか。しかし、シエルはアバーラインのことも覚えてないよう。復讐の無意味さを説き、シエルをかばって死んだ彼を忘れているのは異常。逆にセバスチャンにとってはシエルの復讐心を揺るがせる彼の存在は邪魔なだけってか。

 ミイラの名前を聞いて、生前会ったことがあるけど、著しい水分不足とは言えお顔が違うような。とか言い出すセバスチャン。何千歳なんだよ!?とかつっこむのも野暮か。

 誘拐事件はセバスチャンがあっさり解決。しかし、電車には誘拐犯が仕掛けた止まると作動する爆弾が仕掛けられていた。

 それを偶然乗り合わせた変人改めその道のエキスパート達が華麗に解決!というお約束展開をちゃぶ台返しして、セバスチャンが一人で全て解決。今回、ギャグ回だったのか。

 クロードは何でここに?敵情視察兼、招待状手渡しのためだろうけど、その間、彼の監督下にないアロイスがどんな残虐行為を行っているか考えるだに恐ろしい。

 次回、ついにシエルとアロイスの顔合わせ?

|

« 屍鬼 第三話 | トップページ | 伝説の勇者の伝説 第四話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

終了・く 黒執事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/48963029

この記事へのトラックバック一覧です: 黒執事II 第四話:

» 黒執事Ⅱ #04「テロ執事」 [生涯現役げーまーを目指す人。]
総評!セバスチャン無茶しすぎだろwいやまあ、今更いう事じゃないんだけどさ。今回はかなり力技だったなあと思ってね。まあそれを楽しむのがこの作品なのかもしれないけど、今回は正...... [続きを読む]

受信: 2010/08/01 15:03

« 屍鬼 第三話 | トップページ | 伝説の勇者の伝説 第四話 »