« けいおん!! 第十四話 | トップページ | 伝説の勇者の伝説 第二話 »

2010/07/09

2010/4-6月期終了アニメアンケート(第17回調査)

アニメ調査室 (仮)」 さんで始まった2010/4-6月期終了アニメアンケート(第17回調査)に参加。

【評価基準】

S:とても良い(第3回より追加)

A:良い
B:まあ良い
C:普通
D:やや悪い
E:悪い

F:見切り(視聴はしたが中止、または見逃しが多い)
x:視聴なし(初期値として入力済み)
z:視聴不可(わかる範囲で良いです)

2010夏調査(2010/4-6月期、終了アニメ、22+4作品)

01,薄桜鬼,x
02,B型H系,B
03,くるねこ,x
04,kiss×sis,x
05,WORKING!!,A
06,ご姉弟物語,x
07,デュラララ!!,B
08,Angel Beats!,D
09,さらい屋五葉,x
10,怪談レストラン,x
11,四畳半神話大系,A
12,聖痕のクェイサー,x
13,閃光のナイトレイド,D
14,迷い猫オーバーラン!,x
15,いちばんうしろの大魔王,B
16,荒川アンダー ザ ブリッジ,B
17,一騎当千XTREME XECUTOR (4期),x
18,真・恋姫無双 乙女大乱 (2作目、2期),x
19,おおきく振りかぶって 夏の大会編 (2期),B
20,増田こうすけ劇場ギャグマンガ日和+ (4期),x
21,鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST (2作目),A
22,スティッチ! いたずらエイリアンの大冒険 (2期),x
23,ヒゲぴよ (3月終了、調べ忘れ),x
24,炬燵猫 (3月終了、打ち切り),x
25,化物語 (つばさキャット編),A
26,化物語 (全15話),A

(以下、自由記入)

{追加評価} (自由記入、第14~16回調査に参加している方)

{総評、寸評など} (自由記入、引用する場合あり)

02,B型H系,B
 素晴らしいH系バカアニメだった。結構きわどい言動をしているにも関わらず、卑猥さよりも元気で明るいおバカッぷりが印象に残る。山田って普通の作品だったら、ヒロインの当て馬のお色気キャラだよね。

05,WORKING!!,A
 第一話を見たとき、伊波の小鳥遊に対する理不尽な暴力に嫌悪感を覚えて感想を書かなかったのだが、それがまさか伊波の小鳥遊への恋の障害としてここまで機能しようとは。今では伊波がとっても可愛いです。でも、殴られるのは勘弁な。

07,デュラララ!!,B
 謎とミスリードが交錯するセルティの首探しが一番面白かった。罪歌のまさかの展開で楽しめた。でも、最後の黄巾賊間連はちょっと失速した感じ。

08,Angel Beats!,D
 何の予備知識もなくいきなり奏トゥルーエンドを見せられた印象。ゲームならば、このルートに入るにはいくつかの他のキャラエンドを見ている必要があって、そっちのルートで他キャラの掘り下げがあったのだろうが、その積み重ねがないために、脇キャラどころかメインキャラすら行動原理が把握できず、思いつきで突拍子もない行動をしているようにしか見えない。
 脳内補完しようとしてもとっかかりとなる情報があまりにも少なく、補完ではなくねつ造レベルにしかならない始末。
 脳内補完することで「作品の世界観が広がる」のと、脳内補完しないと「世界観が破綻する」のでは大違い。そして、後者を制作者側が視聴者に期待するのは怠慢かと。
 それでもこれだけ語れる話題性のある作品は貴重ではあった。箸にも棒にもかからない語る気すら失せる作品と比べれば、その存在感は圧倒的であったと思う。

11,四畳半神話大系,A
 設定自体は良くあるループ物。しかし、毎回趣向を凝らした舞台設定で全く飽きさせず、その積み重ねがあるからこそ、ラス前での、今までの世界はそれぞれ得難い充実した人生だったのだという悟りと、最終回でのずっと嫌悪してきたオズこそがそこに導いてくれる無二の親友だったのだという逆転の発想が生きてくる。構成の妙を感じさせる作品だった。

13,閃光のナイトレイド,D
 勲は確固たる信念の下に行動していたが、葵たちにどんな信念があったかというと、なにがあったんだが。
 軍が勲を追うことを抑止するのが桜井が機関に求めた真の目的。桜井としては勲の邪魔をしてもらっては困るわけで、そこそこ頑張ってますとアピールできれば良かった、と考えると葵たちが優秀すぎては困るわけで。この体たらくも納得という物か。

15,いちばんうしろの大魔王,B
 8話まではお色気ギャグアニメとして秀作な部類に入っていたと思う。だが、それ以降のシリアス展開には完全に置いてきぼり。アニメだけで一つの物語を完 結させようという意図には賛同するが、いくらなんでも詰め込みすぎ。9~12話の内容だけで本来1クールかかるんじゃ無かろうか?
 今から思うと、下手にシリアスに突入せず、魔王呼ばわりされて理不尽な目にあう阿九斗と周りの女の子達のドタバタコメディーで良かったんじゃね?と思わなくもない。

16,荒川アンダー ザ ブリッジ,B
 常識外れのキャラ同志の掛け合いメインで進行。ツッコミ役のリクでさえ、本人がそう思い込んでいるだけで常識人とは言い難いため、論点ずれまくりで結果はいつも明後日の方向に。
 でも、突き抜けるには何かが一歩足りなかった印象が。

19,おおきく振りかぶって 夏の大会編 (2期),B
 阿部と三橋が自分たちの間違いに気付くまでの話。阿部に全てを丸投げするのではなく、二人で相談して討ち取っていこう。これでようやく対等な関係のバッテリーに?
 前期が「起」で今期が「承」か。とりあえず、原作の話数が貯まるの待ち?

21,鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST (2作目),A
 原作に忠実に再アニメ化をした今作。しかし、2003年版と被る辺りは手を抜いたのかグダグダ。イシュバール殲滅戦の描写不足は致命的と言われる始末。
 しかし、重複部分が終わった辺りから持ち直し、エドが真理の扉の前のアルに絶対に迎えに来る!と誓った名シーンで第一のピークを。その後はやや下がったが、年を越え、最終章・約束の日に入ると、今までの集大成とばかりに毎回が名シーンの連続。
 2010年放送分のみの評価だったら文句なくSだったのだが、前半を差し引いて評価。

25,化物語 (つばさキャット編),A
26,化物語 (全15話),A
 本来ならSをつけたいところなのだが、スケジュール崩壊で放送版は未完成、配信版は延期に次ぐ延期とかなり悲惨な事態に。
 作品そのものの出来で言えば、近年トップクラスの出来。下手なドラマCDより遙かにしゃべりまくってるし。…後半は絵が間に合って無くてホントにドラマCD化してたが(--;
 シャフト演出ととても親和性が高かった作品。

|

« けいおん!! 第十四話 | トップページ | 伝説の勇者の伝説 第二話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

終了アニメ評価」カテゴリの記事

コメント

ご参加ありがとうございます。
アンケートは回収させていただきました。
結果発表は、8/7の予定です。

投稿: アニメ調査室(仮) | 2010/07/10 11:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/48831086

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/4-6月期終了アニメアンケート(第17回調査):

» 第17回 アニメ調査に参加しました! [「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋]
今回はかなりの出遅れ感がありますが今回も参加します! それはさて置き…“アニメ調査室(仮)”さんの企画で参加です。コチラはもう第16回なんですよね。ちなみに、私の [続きを読む]

受信: 2010/08/01 21:19

« けいおん!! 第十四話 | トップページ | 伝説の勇者の伝説 第二話 »