« けいおん!! 第十二話 | トップページ | うさぎ(BlogPet) »

2010/06/26

Angel Beats! 第十三話

 奏がやったことがないのでやりたいというので最後に卒業式。

 で、なんでこの5人しか居ないの?みんなで卒業式すればいいじゃない。ぶっちゃけ、尺の都合で全員の卒業を描写すると薄くなっちゃうからメインの5人に絞ったんだろうけど。
 でも、証書授与とか歌とか全部流さずに省略進行すれば、どうにかなったんじゃないの?てか、いちいち全部見せられる方がたるい。

 最大限好意的解釈すると、他の連中は最終決戦で消滅しちゃっていて、それをゆりに伝えると、また戦うとか言い出しかねないからみんな満足して卒業していったと言うことにしたとか?

 ゆりと奏がいきなり仲良くなっているのも訳が分からない訳だが。

 ここまでも十分茶番だったわけだが、邪魔者を全員排除した音無が奏と二人きりになった途端、二人でこの世界に残ろうと言い出した瞬間にはもう、あきれ果てるしか。
 また、ゆり達のような者が現れないように導いていくって、それ建前だよね?音無本人は自覚してないのかも知れないけど。

 他の連中は自己満足で卒業させておいて、いざ自分となったら…なんだこの偽善者は?

 奏は音無の心臓を移植されていたらしい。この世界に来る順番は現世の時系列と無関係だから死んだ順番が前後しても問題ないと、好意的に解釈するとして。
 二人が出会える確率ってどれほどだよ?

 奏の心残りは音無に心臓をくれたお礼を言えなかったこと。そのためにずっと、この世界で音無を待ち続けていたと。理由は違えど、やってることはラスボスと一緒かよ。

 その音無も本来はこの世界に来ることはなかったはずで、奏は永遠に卒業できなかったわけで。音無は奏を卒業させるために、あえて記憶を消されて送り込まれたとしか。

 音無には心臓がなかった。だから「音無」ですか。臓器移植したら幽霊もその臓器がなくなるのか。そういう設定ってことで。

 奏が最初に音無を刺したときに心臓がなかったから分かったとか、奏の中の自分の心臓の音で音無が記憶を取り戻したとかは、心臓の記憶ってことでいいけど。

 奏が音無にお礼を言って卒業し、音無は絶叫。このままだと音無もラスボスと同じく、この世界に留まり続けて奏を待ちかねないよな。

 Cパート見ると、奏の居ない世界に意味はないといった感じで成仏したみたいだが。で、二人が(以下略)。この二人が出会えるなら、日向とゆいも無事出会えているだろうと思うことにする。

 ガルデモと岩沢は再会のための符丁だったということで。

・総評
 何の予備知識もなくいきなり奏トゥルーエンドを見せられた印象。ゲームならば、このルートに入るにはいくつかの他のキャラエンドを見ている必要があって、そっちのルートで他キャラの掘り下げがあったのだろう。

 その積み重ねがないために、脇キャラどころかメインキャラすら行動原理が把握できず、思いつきで突拍子もない行動をしているようにしか見えない。

 脳内補完するにしたって、とっかかりとなる情報があまりにも少なく、補完ではなくねつ造になりかねないし。

 小説やCDドラマ、コメンタリーで情報補完しているという向きもあるかも知れないが、それで「理解が深まる」ならともかく、それがないと「理解不能」ではアニメ単体では欠陥品と言わざるを得ない。

 脳内補完することで「作品の世界観が広がる」のと、脳内補完しないと「世界観が破綻する」のでは大違い。そして、後者を制作者側が視聴者に期待するのは怠慢かと。

 ゲームをアニメ化した際、尺の都合でカットされて情報不足というのは良くある話だが、この作品の場合、ゲームシナリオの文法でアニメシナリオを作ってしまったために、それが更に際立ってしまったと思える。
 ゲームならば、自分のペースで文章を読み、時に反芻し、理解を深めながら進んでいくことが出来るが、アニメは理解するしないに関わらず自動で話が進んでしまうわけで。

 ゲームだったら良作になっていたかもね。

 とまぁ、散々アンチ発言をしてきたわけだが、それでもこれだけ語れる話題性のある作品は貴重ではあった。箸にも棒にもかからない語る気すら失せる作品と比べれば、その存在感は圧倒的であったと思うよ。

ストーリー:1
キャラクター性:2
画:4
演出:2
音楽:5
総合的な評価:1
総合点:15

|

« けいおん!! 第十二話 | トップページ | うさぎ(BlogPet) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

終了・え Angel Beats!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/48722863

この記事へのトラックバック一覧です: Angel Beats! 第十三話:

» Angel Beats! 第13話「Graduation」【感想】 [失われた何か]
Angel Beatsの意味がやっとわかりました。 そして音無=心臓(鼓動)が無いという意味も今更わかった。 さらに結弦=ゆずる=心臓をゆずるって事で... [続きを読む]

受信: 2010/06/26 09:16

» Angel Beats! 第13話 「Graduation」 [物理的領域の因果的閉包性]
ありがとうは言わないで... [続きを読む]

受信: 2010/06/26 09:25

» Angel Beats! 第13話 「Gradustion」 [きまぐれ☆しろうさぎ]
Angel Beats! 第13話 「Gradustion」 感想です 3日後、そして卒業式です [続きを読む]

受信: 2010/06/27 00:55

» Angel Beats! 第13話「Graduation」 [ミナモノカガミ]
卒業の日。 [続きを読む]

受信: 2010/06/27 01:15

» Angel Beats! 第13話「Graduation」(最終回) [のらりんクロッキー]
最終回でゆりっペを初めて可愛いと思った(ぇ 天使ちゃん見たさに完走でしたが、うまくまとめたなと。 最終回が一番良かったですね。 毎回こうだとよかったのになあ。 あえて難解なストーリーにしたのかね。 最終回で評価がガラリと変わりそう。 商業的には成功している... [続きを読む]

受信: 2010/06/27 09:35

» Angel Beats! -エンジェルビーツ-EPISODE.13『Graduration』《最終回》 [風庫~カゼクラ~]
『あなたには心臓がなかった』 最終回にして明かされた奏の“未練”。その後の音無に関しては 想像せよでいいのか、ラストシーンで結末とすべきか。 賛否両論飛び交ったAngel Beats!ですが、先を予想したり天使に萌えたり 結構楽しんでた印象ではあります。 Crow Songアーテ..... [続きを読む]

受信: 2010/06/27 13:36

» Angel Beats ! Episode 13(最終回).『Graduation』(感想) [アニメ-スキ日記]
ヒロインは奏だったか! 奏のドナーが音無だったとは意外な結末でしたw 感動のED [続きを読む]

受信: 2010/06/27 15:45

» Angel Beats! 第13話(終) [ニコパクブログ7号館]
第13話『Graduation』Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・卒業式ですか。 [続きを読む]

受信: 2010/06/27 16:50

» Angel Beats! 第13話  『Graduation』 [オタクな車椅子生活者の日々]
第12話の感想をすっ飛ばした言い訳は学校が辛いと簡単な言い訳をw すっごく簡単に12話に触れて書いてます。 Angel Beats! 第01話 Angel Beats! 第... [続きを読む]

受信: 2010/06/27 20:37

» (アニメ感想) Angel Beats! 第13話 「Graduation」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る いよいよAngel Beats!最終回・・・。さあ今回は静かに濃厚に語っていきますかね・・・。 ☆<06/26更新>前回、Angel Beats!コーナー 第12話 「Knockin'on heaven's door」の感想をポッドキャストにて収録! 「....... [続きを読む]

受信: 2010/07/01 22:09

» Angel Beats! EPISODE.13(最終回)「Graduation」 [無限回廊幻想記譚]
影を操っていた男との戦いを勝利した中村ゆりは保健室で目を覚ました。そんな彼女の姿を見守るかなで、音無結弦、日向、直井文人の4人。影はもう消えたのに、何故まだ残っているのかと疑問に感じるゆりに、音無はまだゆりが残っているからだと笑う。しかし橘奏はゆりが抱えていた... [続きを読む]

受信: 2010/07/04 01:00

« けいおん!! 第十二話 | トップページ | うさぎ(BlogPet) »