« けいおん!! 第八話 | トップページ | 捕縛したよ(BlogPet) »

2010/05/29

成恵の世界 少年エース2010/7月号

 平行世界の惑星緑日から生還した和人は一躍、時の人に。第七艦隊に歓待され、ハキハキと受け答えする和人の姿を見て、成恵は不安を覚える。

 いまや、和人は宇宙人ハーフの自分よりもよっぽど宇宙のことに詳しいどころか、「蛇」に関する見解を艦隊側に披露するまでになっている。今まで自分が目をそらし逃げてきた宇宙のことに積極的に関わろうとする和人に成恵の不安は募っていくばかり。

 更に成長して女の子らしくなったてとらが今までと変わらず和人に懐いていることが追い打ちに。

 そんな成恵にハルナがアドバイス。

 和人君は誰のために頑張っているのでしょうね。その言葉に成恵はようやく気付く。

 てとらも親孝行することで、もっと親子の絆を深めたくて一生懸命なのだと。

 親子の絆を深めるために家族温泉に。水着着用なのはご容赦ください。

 和人による「蛇」の分析。「蛇」は二種類いる。神のように超然とした白い蛇と凶暴な黒い蛇。黒い蛇は白い蛇に対抗するために作り出されたレプリカではないのか。

 アバロンが戦い続けているのが暴走した黒い蛇で、てとらは白い蛇の眷属?

 情報を喰われた写真とかに代わりに写っていたり、大家さんのところに出たのは白の方で、戦っている場面に出るのは基本、黒の方だな。

 でも、「時代屋の女房」で桜ノ町に現れたのは白い方だったか。あれは耐久年数に限界が来て暴走した感じ?

 埴輪仙女ことムラクモ。かつてアバロンとともに「蛇」と戦った経験のある彼女の出現は一体何をもたらすのか?そして彼女がここに現れた意図は?

|

« けいおん!! 第八話 | トップページ | 捕縛したよ(BlogPet) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

成恵の世界 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/48482924

この記事へのトラックバック一覧です: 成恵の世界 少年エース2010/7月号:

» 丸川トモヒロ「成恵の世界」第11巻、角川書店 [Ninomyの私邸]
庶民派SFハートフルラブコメディこと、「成恵の世界」が久々の新刊発売!実に2年ぶり。エースではかなり長期にわたって休載していた様子。10巻の帯では、「久しぶりにマトメ読みしたら元気が出ました。なぜだか解からないのですが、それがワンダー」と、谷川流先生が推薦文を...... [続きを読む]

受信: 2010/06/01 00:01

« けいおん!! 第八話 | トップページ | 捕縛したよ(BlogPet) »