« はなまる幼稚園 第十二話 | トップページ | バカとテストと召喚獣 第十三話 »

2010/04/01

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第十一話

 人工血液の開発により、ヴァンパイアは人間を襲う業から解放されたらしい。それはいいとして、何故それを空中散布?

 貴族と平民カップルに立ちふさがる定番な障害である許婚。
でも、種の純血を保つためとか大義名分があっては、種の存亡がかかってしまうから個人的感情でひっくり返すのは辛い…と思ってたら。

 そもそも、他の氏族を滅ぼし、ミナを除くツェペシ一族を皆殺しにしたのはこいつらなのかよ。ミナを殺さなかったのも、大義名分でがんじがらめに拘束し、子供を産ませるための道具として嬲り慰み者にし陵辱しつくすためとか外道過ぎる。

 ミナの境遇を知ったアキラは反撃開始。実質3対1ではなく、3人の共通の獲物がアキラってだけでお互い敵同士だから付け入る隙はいくらでも…実質1対1でも変形女が強すぎて余り意味がなかった。こいつがテロメアの手の者?

 美刃はヴァンパイアではなくライカンスロープっぽい。ミナとアキラはけっして結ばれることはない。でも、自分なら、と言い寄るが、アキラはそれを拒否。

 アキラの失われた記憶の断片。腐り溶け落ちるミナ?本物のミナは既に死んでいて、今のミナは影武者とか言うんじゃ…

|

« はなまる幼稚園 第十二話 | トップページ | バカとテストと召喚獣 第十三話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

終了・だ ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/47963355

この記事へのトラックバック一覧です: ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第十一話:

« はなまる幼稚園 第十二話 | トップページ | バカとテストと召喚獣 第十三話 »