« とある科学の超電磁砲 第二十話 | トップページ | テガミバチ 第二十話 »

2010/02/20

デュラララ!! 第七話

 平和島静雄の半生。彼は人外の存在ではなく、あくまで普通の人間らしい。カテゴリーとしては。

 彼の最大の不幸は沸点が低くすぐキレてしまうこと。それに輪をかけて増幅してるのが、それに連動して発動してしまう怪力。そして最凶なのは折原臨也に出会ってしまったこと。

 精神修養でもして、キレやすい性格をどうにかするのが不幸を脱却する一番の早道だったと思うのだが、開き直って我慢するのを止めてしまった…にしては悩みまくってるなぁ。

 とりあえず客商売には向いてないと思うよ?ちまちま細かい作業にも向いてないだろうけど。格闘家にでもなれば良いんじゃないかと思ったが、本人は暴力が嫌いだそうだからそれもダメ。
 格闘家になったとしても相手を壊しちゃって追放される可能性があるか。それ以前にルールを守れないかも(--;

 追い込みは物的損害を全く出さないまま、いかに負債者に精神的苦痛を味あわせるかと、追い込みすぎる一歩手前の絶妙なタイミングでいかに甘い言葉を囁くかだと思うんだが…闇金だから何してもいいのか(--;

 弟は無関心なように見えて、静雄の事をかなり慕っているらしい。そんな弟を彼も大好き。今度は長く勤められるようにと贈られた大量のバーテン服。それが彼がいつもバーテン服を着ている理由らしい。

 でも、折原のせいでそのバーもすぐ辞めざるを得なくなって。それが会ったときから相性最悪だった折原との仲を極限値まで悪化させたよう。

 端から見ると折原にからかわれて遊ばれているだけにも見えるけど。静雄に一番ダメージを与えるのは弟に何かすることだと思うけど、それをしないのはあくまでも静雄本人と遊びたいという折原のポリシーみたいな物か?

 可愛いからついいじめちゃうってレベルは超越しちゃてるけどな。

|

« とある科学の超電磁砲 第二十話 | トップページ | テガミバチ 第二十話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

終了・で デュラララ!!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/47619501

この記事へのトラックバック一覧です: デュラララ!! 第七話:

» デュラララ!! ♯07 「国士無双」 [つれづれ]
 静雄のお話。何だかサイヤ人みたいな子ですね。弟の幽が好きなのも良かったです。 [続きを読む]

受信: 2010/02/20 23:35

» デュラララ!! 第7話「国士無双」 [ミナモノカガミ]
繋がりを求める暴力者。 [続きを読む]

受信: 2010/02/21 00:45

» ◎デュラララ!!#07「国士無双」 [ぺろぺろキャンディー]
ヘイワジマカズオさんが、キャバクラの客にきれる。ヘイワジマが荒れているといううわさが流れる。ひとつきが付いたけど、あのチャットの話ってダラーズ会員専用のチャットなのでは... [続きを読む]

受信: 2010/05/04 22:05

« とある科学の超電磁砲 第二十話 | トップページ | テガミバチ 第二十話 »