« 02月17日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | バカとテストと召喚獣 第七話 »

2010/02/18

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第六話

 ミナのしていることを知る度に彼女への不信感が募っていくアキラ。

 ついにミナに直接意見するも、ミナの返事は「何を言ってもお前は信じまい」…そりゃま、そうだ。アキラが今不信感を募らせている情報自体が他人から与えられた物。それでミナが信じろと言ったら信じるなんてのは、結局、ミナに判断を丸投げしちゃっているわけで、盲信と何ら変わらない。

 突き放されたアキラは自分の判断で行動しようとするも、すっかり舞い上がっているもんだからあっさりと言いようにあしらわれて…

 会長、やっぱりヴァンパイアの尖兵になっちゃってたのね。

|

« 02月17日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | バカとテストと召喚獣 第七話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

終了・だ ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/47597376

この記事へのトラックバック一覧です: ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第六話:

» ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド #6 [日々の記録]
ミナの裏の顔を知ってしまったアキラは、ヴァンパイアと対立することを決意するのでした。総理の孫を誘拐させたミナは、その孫の血を吸って、ヴァンパイアへと変えていました。孫の存...... [続きを読む]

受信: 2010/02/18 04:39

« 02月17日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | バカとテストと召喚獣 第七話 »