« はなまる幼稚園 第四話 | トップページ | 02月02日のココロ日記(BlogPet) »

2010/02/02

成恵の世界 少年エース2010/3月号

 惑星グリンディ完結編。あの世界はこちらの世界とは何の接点もない平行世界。物語の中の登場人物を救っても何の意味もない。それどころか安易にその境界を超えれば自分の世界を見失うことになる…

 だが、和人の決意は揺らぐことなく、機族ちゃんズと共に再び滅び行く惑星グリンディへ。

 自分は皆と絆で繋がっている。それさえ忘れなければ自分は決して世界を見失わない。成恵が待っていてくれるから、和人は帰るべき世界を決して違え ない。

 御柱の正体は巨大な星船?本来居住に適さない惑星表面を覆い尽くすことで居住環境を作り出していたっぽい。それが去れば後は岩塊しか残らないと。

 アバロンの船団は機能停止したまま崩壊に巻き込まれ星くずになる運命だったが、機族ちゃんズの活躍で何とか生還を果たす。和人が名乗っていた惑星 連盟の名を胸に。

 その全ては単なる和人の自己満足の域を出ないはずだった。本来の歴史ではアバロンの船団はグリンディと共に消滅した。その歴史が変わることはな い。命を賭して全く無駄なことをしたのだと香奈花はその意味を否定するが…

 だが、アバロンでは銀河連盟との開戦派が激減、世論の大半が中立派に。大統領は銀河連盟が鍵を手に入れたのだと更に危機感を募らせることに。

 やはり和人には世界を改変する力があるのか?テトラの関与がそれを顕在化させているのかも知れないけど。
 とりあえず目の前の争いの回避 には成功したけど、大統領の危機感はこれ以上ないほどに煽っちゃったなぁ…

|

« はなまる幼稚園 第四話 | トップページ | 02月02日のココロ日記(BlogPet) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

成恵の世界 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/47455271

この記事へのトラックバック一覧です: 成恵の世界 少年エース2010/3月号:

« はなまる幼稚園 第四話 | トップページ | 02月02日のココロ日記(BlogPet) »