« ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第四話 | トップページ | とある科学の超電磁砲 第十七話 »

2010/01/30

おおかみかくし 第四話

 冒頭、何やら思い詰めているらしいカップル。女の目が赤く輝いて…

 相も変わらず、博士にベタベタの五十鈴とそれを牽制する眠という構図。眠は窓を開けただけなのにそれを牽制と解釈できることが既に異常とも言えるけど。

 列をなして飛ぶ赤い蛍に八朔=八つ裂き。そんな伝承を見つけてかなめは大喜び。疑いよう無く眠達の狩りのことだろうけど、こんな文献残して置いて良いのか?
 いや、その伝承を眠達の方が模倣しているのかも。

 五十鈴の兄はもうそろそろ限界らしい。博士だけでなく告白してきた女友達にまで反応を。何とか理性を保ってはいるけど、薬の備蓄はもう底を尽きかけているっぽい。
 薬の材料である八朔が不作だからというだけでなく、八朔の木自体からも微量な抑止成分が出ていたのが少なくなっていて発症しやすくなっているのかも?

 兄を心配する五十鈴に母親がうちの子だから大丈夫とか言ってたけど、何か根拠が有っての発言?それともただの子供を安心させるための気休め?

 老人達に拝まれていたバイオリン奏者・香織。マナにバイオリンを教えてくれたり、今のところ普通のいい人だけど果たして?

 博士は眠達の狩りに遭遇。女性が殺されるのを見て交番に駆け込むが、警官が居ないどころか電話すら繋がらない。狩りに関係のない人間は避難していて間違っても助けを呼ばれないように電話回線を不通にしているのか?

 私たちは愛し合っていた。何をしようとお前らには関係がない。と女は言ってたけど…男の方はどうした?既に死んでいる?女に殺された?食べられた?血を吸い尽くされた?
 キスでエナジードレインとか…それじゃ吸血鬼かサキュバスになっちゃうか。

|

« ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第四話 | トップページ | とある科学の超電磁砲 第十七話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

終了・お おおかみかくし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/47431273

この記事へのトラックバック一覧です: おおかみかくし 第四話:

» (アニメ感想) おおかみかくし 第4話 「予感」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
おおかみかくし 第2巻 [Blu-ray]クチコミを見る 一誠の運転で町から離れた清流に遊びに来た博士たち。釣りやバーベキューを満喫し、一日中楽しむが、翌日、博士は体調を崩してしまう。かなめの意見により、嫦娥町医療センターへ診察を受けに行くことに。 診察を受けていると...... [続きを読む]

受信: 2010/01/30 20:52

« ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第四話 | トップページ | とある科学の超電磁砲 第十七話 »