« 謹賀新年2010 | トップページ | ささめきこと 第十三話 »

2010/01/03

うみねこのなく頃に散 EP6

 Dawn of the golden witch 黄金の魔女の夜明け。

 ベアトリーチェの全てを理解したことを証明するため、戦人がゲームマスターとして行う最初で最後のゲーム。勝っても負けてもこれが最後のゲーム盤。

 これはもはや、ヒントではなく告白。冒頭のメッセージが告げるように、これを読めば、ほとんどの謎は解明される。
―ただし、ちゃんと考えて読んでればね?とか。

 ベアトはこのゲームを解けるように作った。EP5で語られたこの言葉で、推理は可能であることが提示された。つまり全ては人間とトリックで説明できる。だが、それでもこれは魔女側の自動敗北を意味しない。

 魔女側は人間とトリックで犯行現場を構築した上で、その過程を幻想で修飾し、魔法で行ったのだと主張する。そして、そのトリックが暴かれない内は、魔法の存在を否定できない。

 その結果に至る無限の可能性。それは即ち無限の真実。たった一つの真実などという狭量な考えでは、この無限の魔法を打ち破ることは絶対に不可能。

 赤字のみがその可能性を否定できるが、逆に言えば赤字に抵触しない限り異なる矛盾する真実が両立できる。それがこのゲーム盤のルール。

 ただし、完全に「人間には不可能」にしてしまったら、もはや「ゲーム」ではないので反則負け。だから、魔女は魔女であるにもかかわらず、魔法を使わずに行えることしかこのゲーム盤上においては行うことが出来ない。

 ベアトリーチェとは、六軒島で起こる不可解不思議な現象は全てベアトリーチェの仕業と解釈されると言うルールの擬人化。
…だったはずだが、悪食島の悪霊をベースに生み出されたそれに後付けで戦人のために尽くすという目的を付与されて生まれたのが魔女ベアトリーチェらしい。

 自分はもう戦人を愛することが出来ないからベアトにそれを託したらしいが…愛することを継続できなくなる理由って何だ?嫌いになったとか関心を失ったわけではないらしい。となると死別?生きてるとしても二度と会えない遠方への別離?他の者との結婚?

 戦人の罪は、戦人とベアトの間の問題ではない。なら、このベアトの生みの親との間のことか?彼女(?)と再会の約束をしながら、戦人はそれを果たさなかったらしい。

 今回の戦人とベアトが今までと完全に逆な立場だというのなら、今の戦人はその約束した戦人を再構築した存在で、同一人物でありながら別人なのか?

 それとも、かつてベアトはロジックエラーを起こしていて、その原因が戦人とか?ロジック修正で脱出したけど、その影響で戦人にとってはそれ自体が無かったことになっている?

 ベアトの容姿は戦人の好みに沿って作られたらしい。肖像画は金蔵発注じゃないの?金蔵がベアトの母親とか言わないよね?でも、戦人がいくら子供の時だったからって女性相手におっぱい云々なんて面と向かって…言うかも知れない(--;;;
 盗み聞きした線もあり?

 ゼパルとフルフルが課す愛の試練。家具はニンゲン一人分に満たないからニンゲンを愛する資格がない。紗音、嘉音(とベアト?)の愛は他の恋人達の破綻と引き替えでなければ成就しない。何故、そんな前提条件が必要なのか?

 嘉音紗音同一人物説とかあるけど、あまり肯定したくない説なんだよなぁ…イマイチ納得できないと言うか。
 それなら、まだ、この日に嘉音と紗音どちらかが島にいたけど、どちらがいたか分からないとかの方が…でも、そうするともう片方はどこにいるんだって事になるか(--;

 戦人では外からの助けが無くては脱出できない密室を、嘉音なら単独で脱出できる理由って…

 譲治のプロポーズ前の懺悔は…プレイヤーに対する拷問ですか(T-T)

 羽入フェザリーヌ自重。最上位世界の羽入なのか、同じ種族なのか。
 ゲーム盤を作った物の、自分でもクリア目的が分からなくなった挙げ句、スタートとゴールが繋がったループするゲーム盤を作ってしまい、自分でも分からないクリア方法探しを駒に丸投げして自分は傍観…やってることがどう考えても羽入っぽい。ま、それがフェザリーヌではなく、ベルンがそこから抜け出してから拾った可能性もあるが、でも、一番長いつきあいとか言ってるしなぁ…

 EP1,EP2はボトルメールの再現でそれ以降はそれを元に作成された創作?本来の時間軸は1998年の縁寿の世界で、ループなんてしていないとか?
 そう言う設定のカケラにフェザリーヌが巻き戻しただけなのかも知れないけど。

 ヱリカは今回は探偵じゃないから自分が犯人でも問題がない…だけならともかく確実な死亡確認を得るために頭部切断とか無茶苦茶にも程がある傍若無人、悪逆非道の限りを。前回の戦人犯人説の当てつけにしても酷すぎる。

 最後まで悪役を貫いて消えていった様はグッド!だったけど。本来は奇跡は起こらず水死体となって六軒島に漂着ってとこだったのかな。

 六軒島爆発事故!?それが右代宮家(ほぼ)全滅の本当の理由?

 ゲームを完遂し、戦人達は黄金郷に。彼らは全ての黄金を手にし、全ての死者の魂を蘇らせ、失われた愛をも取り戻した。そして、ベアトは満足して安らかな眠りに。

 結局、ゲームマスターになった戦人は帰ってこなかった、という解釈でいいのかな?

 ベアトのゲーム盤によるゲームはこれにて終了。だが、明かされていない謎の答え合わせのためにフェザリーヌはそのゲーム盤の複製を作り上げる。ゲームマスターはベルン。今までの腹いせに愛のない解釈によるとびきり凄惨なゲームを展開すると宣言。
 でも、ベルンって真相に至ってないんだよね?ゲームマスターできるの?ラムダが補佐してくれれば出来るんだろうけど。

|

« 謹賀新年2010 | トップページ | ささめきこと 第十三話 »

ゲーム 」カテゴリの記事

ゲーム うみねこのなく頃に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/47189272

この記事へのトラックバック一覧です: うみねこのなく頃に散 EP6:

« 謹賀新年2010 | トップページ | ささめきこと 第十三話 »