« にゃんこい! 第十一話 | トップページ | DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第十話 »

2009/12/12

とある科学の超電磁砲 第十一話

 木山の目的は、レベルアッパー使用者の脳をツリーダイアグラムの代用としてある演算を行うこと。それが終われば彼らを解放すると告げ、初春にアンインストーラを。

 臨床実験もしていないそんな物を信用できないと初春は言うが、その矢先にアンチスキルが下手を打って研究データがローレベルフォーマットされ完全消滅。これだけが唯一の治療手段に。
 臨床実験なら自分でしたとか言い出す物かと。

 木山は管理者権限でレベルアッパー使用者の能力を全て使用出来るらしい。脳波で同調云々はともかく、レベル0ですらない一般人の木山はAIM拡散力場なんて放出してないよね?送受信機能がないんじゃないの?研究でそれが出来るようにしてあるというなら良いけどさ。

 木山はマルチスキルで美琴を圧倒。普通なら、こういう借り物能力は使いこなせずに自滅というパターンな物だが、研究者だけあってちゃんと研究済みのよう。効果的な組み合わせで相乗効果まで。

 でも、まともに戦って力を見せつけるのは美琴相手には逆効果だったな。適当にあしらってすぐに追ってこられないような足止めだけしておけば良かったのに。

 木山の過去。実験の被験者の子供達の成長記録データを取るために一時的に教師に赴任。子供は嫌いだ、と言いつつすっかりなじんだところで満を持して開始された実験は失敗。子供達は全員、木山の目の前で…

 公式記録では無かったことにされたそれは、失敗なのではなく、初めからAIM拡散力場の暴走条件を見つけるための人体実験だった。子供達は一命こそとりとめた物の今も眠り続けている。彼らを目覚めさせるにはツリーダイアグラムによるシミュレーションが必要だが23回に及ぶ申請は全て却下。

 孤児達をチャイルドエラーなんて呼称している時点で完全に実験動物扱いだったわけだが…親に捨てられただけでエラーなのかよ。

 つまるところ、これは学園都市了承の上での人体実験で、事を公にして貰っては困ると言うことなのね。アンチスキルも抱き込み済み。むしろ、木山は良く今まで口封じに暗殺されずに済んでいたな。研究者としては優秀だから、表だって反抗しない内は利用し続けようって事?
 となるとレベルアッパーのデータも実は既に盗まれているんじゃ?

 それはそれとして。だからこそ、アンインストーラを使えば使用者は元に戻るってことについては信用できるとは言えるな。そうじゃなかったら、結局お前も同類かよ!?ってことになっちゃうし。

 でもね。被験者の了承取ってない時点で、やっぱりお前も同類かよ!?なんだよ。元にさえ戻れば全てチャラというわけにもいくまい。その辺の倫理観の欠落の自覚は無かったようで…やっぱり脱ぎ女か(--;

|

« にゃんこい! 第十一話 | トップページ | DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第十話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

終了・と とある科学の超電磁砲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/47002227

この記事へのトラックバック一覧です: とある科学の超電磁砲 第十一話:

» とある科学の超電磁砲 第11話「木山せんせい」 [日記・・・かも]
「この街の全てを敵に回しても、止める訳には行かないんだ!!」 美琴が多様な能力を操る木山を倒し、その過去が明らかになる話。 戦闘シ... [続きを読む]

受信: 2009/12/12 16:58

» とある科学の超電磁砲 #11 『木山せんせい』(感想) [アニメ-スキ日記]
いい先生だったんだね♪ 律ちゃんみたい! 中の人、しゅが美だしw しかし学園都市 [続きを読む]

受信: 2009/12/12 17:26

» とある科学の超電磁砲 第11話「サイレント・マジョリティ」 [よう来なさった!]
世間知らずでデリカシーもないw研究一筋で生きてきた木山先生が、子供達とふれあう事によって、人間的な充実感で心が満たされていくとでも言うのかな。子供達への視点がドライからウエットへと変わっていく様が凄く伝わってくるだけに、幸せな時が悲劇に繋がる伏線に感じら....... [続きを読む]

受信: 2009/12/12 17:59

» とある科学の超電磁砲 第11話 「木山せんせい」 [つれづれ]
 木山春生の過去。木山せんせいはかわいすぎ…。今回は凄く悲しいお話でした。 [続きを読む]

受信: 2009/12/12 19:03

» 「とある科学の超電磁砲」第11話 [日々“是”精進!]
   #11「木山せんせい」「幻想御手(レベルアッパー)」の開発者は木山。患者の脳波から開発者の割り出しに成功した美琴たちは、初春が木山のもとを訪れていると聞き、すぐさま「警備員(アンチスキル)」の出動を要請する。一方、木山の車に乗せられた初春は、「幻...... [続きを読む]

受信: 2009/12/12 19:30

» とある科学の超電磁砲 第11話「木山せんせい」 [ミナモノカガミ]
棄てられた子供達。 [続きを読む]

受信: 2009/12/12 19:31

» とある科学の超電磁砲(レールガン)第11話『木山せんせい』の感想レビュー [gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)]
木山VS美琴の直接対決!…と思いきや、軍配はあっさり美琴に上がる結果に。 本来のデュアルスキルとは異なる仕組みとはいえ、2つ以上の能力を同時に使うマルチスキルを使って圧倒しようとする木山でしたが、美琴は手加減した状態でもそれを退ける程度の能力の持ち主だったと。 さすがはレベル5ですね!という意味でも凄かったですが、決め手が上条さんとのバトルで不発に終わったゼロ距離からの放電だったという辺りが心憎い演出でした。 単純に上条さんとのバトルを見せ場として提示しただけではなく、それを伏線として利用して、こ... [続きを読む]

受信: 2009/12/12 19:52

» とある科学の超電磁砲 第11話 感想 [荒野の出来事]
 とある科学の超電磁砲  第11話 『木山せんせい』 感想  次のページへ [続きを読む]

受信: 2009/12/13 14:41

» とある科学の超電磁砲 第11話 [モノクロのアニメ]
#11 木山せんせい 木山春生と初春飾利を乗せた車が高速道路上を走っていた。いつの間にか周囲を走る車の姿がなくなっていた。木山はたった一台で独走をしていた。 「演算装置?」 初春が緊張した顔で木山を振り返った。 「あれはAIM拡散力場を媒介してネットワークを構築し、複数の脳に処理を割り振ることで、高度な演算を可能とする。それがレベルアッパーの正体だよ」 木山は初春をちらちらと見ながら、いつもの淡白さで説明した。 「どうして?」 初春は汗を浮かべた掌をスカートで拭った。 「あるシュ... [続きを読む]

受信: 2009/12/13 16:05

» とある科学の超電磁砲第11話 「木山せんせい」 [空の下屋根の中別館]
木山春生のショート時代、教師をやっていた 子供たちにちょっかいされたり・・・ [続きを読む]

受信: 2009/12/13 22:55

» とある科学の超電磁砲 #11「木山せんせい」 [気ままに日日の糧]
「子供は…嫌いだ…」  泣いた…めちゃ泣いたよ…。1度目の視聴では、突然の教師生 [続きを読む]

受信: 2009/12/14 00:25

» とある科学の超電磁砲 第11話 [パズライズ日記]
今回は、春生がレベルアッパーを作った理由が明らかになるお話でした。 1万人の脳を繋いで演算装置にしてしまうとはなんとも凄まじい使い方。 デュアルスキルによる戦闘はお見事でしたけど、それでもレベル5には敵わないんですねぇ。 レベルアッパーは別にレベルが上....... [続きを読む]

受信: 2009/12/14 12:18

« にゃんこい! 第十一話 | トップページ | DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第十話 »