« そらのおとしもの 第十二話 | トップページ | ささめきこと 第十二話 »

2009/12/25

うみねこのなく頃に Episode IV-VIII

 出題編も遂に最終回。でも、悲壮感とか盛り上がりとか余り感じられなかったのは、果たして原作を知っているからそれと比較してしまうが故…なのかなぁ?

 黄金郷に引きこもるベアトと真里亞の前に現れた縁寿は、ベアトには不可能だったさくたろうの復活を成し遂げる。それは縁寿が反魂の魔女となった証。そして、縁寿はこれこそが本当の魔法であり、さくたろうを蘇らせることの出来ないベアトは本当の魔女ではないのだと告げる。

 自分が明日夢の息子ではないと知り戦意喪失していた戦人に、縁寿は自分が妹なのだと告白。禁じられたそれを行ったペナルティーで、縁寿は生きながら挽肉にされて退場。縁寿の凄惨な死を引き替えにして、戦人はこのゲームに勝利して縁寿の元に帰るのだという不退転の絶対の意志と共に戦意を回復。

 EP1から遡っての推理合戦。全く反論してこないベアトに戦人は檄を飛ばすが…

 金蔵ドラゴンはなんだかなぁ…
 戦人は金蔵襲名説と「異なる複数の名前を持つ人物は存在しない」に対する復唱拒否で金蔵を消し去ったけど、後者は嘉音、紗音に本名が存在する以上復唱できるわけないんだが…これは原作でも同じだけどな。

 その後も結局、ベアトはろくな反論をせず負ける気満々。だが、戦人の青き真実はどれもこれもベアトにトドメを刺すには至らず。戦人に殺して貰うために、ベアトは最後の問いかけを。

この島に生存者はあなたしかいない。でも、私は今、ここにいて、これからあなたを殺します。私は、だぁれ?

 …ダメだな。全然ダメだぜ!重要な赤字が抜けてんじゃねぇか!?それとも、アニメでは、「戦人の自殺」とか「島の外からミサイル攻撃」とかでも回答として有効なのか?

島の外の存在は一切干渉できません。」「もちろん、私はあなたではない。
 この条件が揃ってこそのベアトの心臓じゃないのか?

 Cパートでのベルンとラムダの会話を聞いてると、この二人こそが倒すべき敵な気が。
奇跡と絶対の魔女は保証する。ベアトは「絶対」に勝利できない。そして「奇跡」は「絶対」に起こらない、と。
 ちなみに、ベルンがどうやって縁寿という駒を作ったかについては「魔女達の七夕は甘くない」(うみねこWiki )参照のこと。発表がEP5の前だからネタバレではないはず。

・総評
 結局、最後までダイジェストどころか、重要な何かが抜けてたなぁ。
この最終回に限って言っても前述の「ベアトの心臓」以外にも、「あなたは明日夢の息子でなくても、金蔵の孫であることは出来る。留弗夫の息子でさえあるならば!」とか、「何も信用できない、赤くない言葉は何も信用できない…!!」とか、「全ての人物は右代宮金蔵を見間違わない。いかなる変装であったとしても、右代宮金蔵を見間違わない!」とか、「身元不明死体について、その身元を全て保証する。即ち、替え玉トリックは存在しない!」とか、EP4のゲーム盤上の最終的な現場検証状況とか…二期があった時にはひぐらしみたいに補完話を入れる気か?

 ベアトが、まだ自分に勝ち目があるようなことを言ってるのもなぁ。この時点で、既にベアトには引き分けか負けしかなく、ゲームの続行はもはやベアトにとって苦痛でしかない。にもかかわらず、リザインをベルンとラムダが許さない。ベアトを殺し、このゲームを終わらせることが出来るのは戦人だけだが、その戦人にはまだ、ベアトを殺せるだけの力がない。
 その悲壮感が良かったのに…

 泣かないで囚われた幻想を壊し一度きりの終焉をあげよう。
 果たせない約束は胸の奥焦げ付いて赤く赤く爆ぜてくよ。

 片翼の鳥のサビってここのことを歌ってるんだよね?

 アニメだけで推理を構築できるかというと、赤字が少ない分、どうとでも言えそうではあるけど、赤字という指針がない分、とんでもない方向に行きかねない恐れもあって良いとも悪いとも…とりあえず、赤字に抵触しない限りその推理は否定されないから有効と。

 アニメだけだと人物の掘り下げが少なくて、結局最後まで名前が分からないなんて事になってるみたいだし…その辺、日常&ギャグパートで描かれていて、ほとんど削られちゃってたしなぁ。ひぐらしの時もそうだったけど、残酷ホラー描写や顔芸ばかりに力を入れて、個人や個々の関連性の描写が足りなさすぎ。双方が揃ってこそそのギャップが映えるのに。制作の方向性自体なんかずれている気が?

ストーリー:2
キャラクター性:3
画:3
演出:2
音楽:5
総合的な評価:3
総合点:18

|

« そらのおとしもの 第十二話 | トップページ | ささめきこと 第十二話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

終了・う うみねこのなく頃に(アニメ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/47108523

この記事へのトラックバック一覧です: うみねこのなく頃に Episode IV-VIII:

» うみねこのなく頃に 最終話「EpisodeIV-VIII sacrifice」 [MAGI☆の日記]
うみねこのなく頃にの第26話を見ました。EpisodeIV-VIII sacrificeベアトリーチェとの論戦の最中に明らかとなった明日夢から生まれていないという事実にショックを受け、戦人は戦意を失ってしまう。そんな戦人は、ベアトリーチェからチェックメイトを宣言されても俯いた...... [続きを読む]

受信: 2009/12/25 03:47

» うみねこのなく頃に 第26話(最終回)「EpisodeIV-VIIIsacrifi... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
最終対決-------------!!縁寿は黄金郷へ!!ゲームを降りたベアトをゲームに戻すために迎えに来たと言う縁寿。だが真理亞は、ここにいればすべての願いが叶い、やさしいママもいるからベアトはここに一緒にいるというのだ。でも・・・・ここにさくたろうはいない。本当...... [続きを読む]

受信: 2009/12/25 03:52

» うみねこのなく頃に 第26話(最終話) EpisodeIV-VIII sacrifice [また奥深い名言が生まれちまったな・・・]
なんだろう、このモヤモヤ感・・・ [続きを読む]

受信: 2009/12/25 03:57

» うみねこのなく頃に #26 [日々の記録]
「うみねこのなく頃に」も、とうとう最終回です。これでようやく全ての謎が解き明かされるのかと思いきや、一応解答らしきものは示されたものの、結局何が何だかわからないまま終了し...... [続きを読む]

受信: 2009/12/25 04:33

» うみねこのなく頃に 第26話(最終回) 『EpisodeIV-VIII sacrifice』(感想) [アニメ-スキ日記]
最終回だったの!? ベルンカステルとラムダデルタが楽しむが為のゲームだった気が・ [続きを読む]

受信: 2009/12/25 05:19

» 「うみねこのなく頃に」第26話(終) [日々“是”精進!]
  第26話EpisodeIV-VIII sacrifice(終)ベアトリーチェとの論戦の最中、明らかになったある事実。ショックを受け、戦意を失ってしまった戦人は、ベアトリーチェからチェックメイトを宣言されてもうつむいたまま。そんな戦人を立ち直らせるため、グレーテルは、自分...... [続きを読む]

受信: 2009/12/25 06:40

» うみねこのなく頃に 26話 「Episode ? - ? sacrifice」 [穹翔ける星]
私はだ〜れ? [続きを読む]

受信: 2009/12/25 08:41

» うみねこのなく頃に 第26話「Episode4-8 sacrifice」 [ミナモノカガミ]
魔女からの問い。 [続きを読む]

受信: 2009/12/25 11:30

» DARKER THAN BLACK -流星の双子(ジェミニ)- episode 12 [無限回廊幻想記譚]
蘇芳・パブリチェンコは水槽の前で倒れている紫苑・パブリチェンコの姿を見つけて抱きかかえる。対価を支払っただけだという紫苑は、月が見たいから連れ出して欲しいと蘇芳に頼む。無数の観測霊がゲートの中にいるイザナミの下へと集まっていた……紫苑の対価が何であるかが明確に... [続きを読む]

受信: 2009/12/25 20:43

» うみねこのなく頃に 第26話「EpisodeIV-VIII sacrifice」(最終回) [のらりんクロッキー]
最後まで何がなにやら(^_^;) 家族を取り戻す…縁寿自分が死んでは意味ないんじゃ さくたろうを復活させたのはGJでしたがいかんせん最終回(泣) ベアト様復活! ノリノリバトラも復活w …チェス版セリフがなかったのがざんねん。 ベアト様は最後ドMになってたような(^... [続きを読む]

受信: 2009/12/25 22:58

» うみねこのなく頃に 第26話 EpisodeIV-VIII『sacrifice』(最終回) [風庫~カゼクラ~]
sacrificeされたのは縁寿ということなんでしょうかね。 彼女の犠牲があればこそ、次EPへ続くことができたんでしょうけど …予想通り、ひとまずスッキリ終わるというよりは 思いっきり「散」までひっぱってくれるラストでした(汗) TVアニメ「うみねこのなく頃に」コレクタ..... [続きを読む]

受信: 2009/12/26 17:42

» うみねこのなく頃に第26話(最終回)『episode?-? sacrifice』の感想レビュー [gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)]
エピソード4、そして出題編のラスト回でした。 戦人に自分が縁寿であることを教えない事が、唯一守らなければならない約束事だったわけですが、自分が明日夢の息子ではなかったという衝撃的な事実に追い詰められている戦人をもう1度奮い立たせる為に、あえてその禁を破る縁寿の想いの深さが見所でしたね。 前半では、縁寿が真里亞にさくたろうを引き合わせ、愛と悲しみが理解できれば魔法は存在できるということを具体的な示す展開に。 無限の魔女であるところのベアトが、魔法の力によってゲーム盤の前に座り続けさせられるという状況... [続きを読む]

受信: 2009/12/26 19:00

» うみねこのなく頃に 26 [烏飛兎走]
 EpisodeIV-VIII sacrifice貴方が本当の魔女じゃないからよっ え;;;ナニモノ?おっぱじめようよ。そうそう、息子じゃないとかこないだ言われたたせいで落ち込んでたんだっけ。縁寿、捨て身の一手でバトラ君復活怒涛の青攻撃でベアトを追い詰めていきます。なんだ、...... [続きを読む]

受信: 2009/12/26 20:39

» うみねこのなく頃に 第26話~謎はやっぱり謎のまま~ [サイネリア~わたしのひとりごと~]
タイトル「sacrifice」とはチェス用語で、自分の駒を犠牲にしてもより良い状況を作ること。 [続きを読む]

受信: 2010/01/04 17:19

« そらのおとしもの 第十二話 | トップページ | ささめきこと 第十二話 »