« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009/11/29

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第三十四話

 ブリックス要塞の掟は働かざる者は死ね食うべからず。そして実力が全て。しかし、実力さえあれば性別も人種も関係なし。

 その点においては平等というのはイシュバールの血を引くマイルズが補佐官をしていることがその証明か。

続きを読む "鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第三十四話"

| | コメント (0) | トラックバック (22)

11月29日のココロ日記(BlogPet)

ココロの小さいころの夢は最初になることでした。今はゆたかさんのイカになりたい……なんて冗談です

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第八話

 皆でプールで遊んだことを思い出す蘇芳。もう、あの頃には戻れない。

 蘇芳はターニャと再会。ニカの事は覚えている。そしてニカに蘇芳が近づくことに嫌悪を感じ、自分の方がニカにもっと近づきたいと思っていた…でも、今はどうしてそう思っていたのかわからない、とターニャは語る。

続きを読む "DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第八話"

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2009/11/28

テガミバチ 第九話

 ラグはゴーシュはどこかで生きていると信じ、たとえ心を失っていたとしてもシルベットの下に連れ帰ることを誓う。

 心を失うとどうなっちゃうんだろう?ほとんど廃人なのか、それともDTBの契約者みたいに感情を失ってしまうのか?

続きを読む "テガミバチ 第九話"

| | コメント (0) | トラックバック (12)

ささめきこと 第八話

 人目をはばからない朋絵とみやこに苦言を呈したあずさ。でも、そのあずさにみやこが突然キス。泣きながら走り去るあずさを見て「口ほどにもない」って何が何に対して?

続きを読む "ささめきこと 第八話"

| | コメント (0) | トラックバック (5)

とある科学の超電磁砲 第九話

 レベルアッパーを見つけて興奮気味の佐天。さっそく初春に教えようとするが、その前にその副作用について聞かされて…

続きを読む "とある科学の超電磁砲 第九話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/27

にゃんこい! 第九話

 期末試験を控えて勉強会…のはずが何故か温水プールに。しかも、誘ってもいないのに全員集合なのはお約束。

 加奈子はせっかくのビキニなのに、潤平が楓ばかりに見とれて自分を見てくれないのに嫉妬したり、胸を鷲掴みにしてくる凪と戦ったり、潤平が自分のことなど眼中にないのだと感じて落ち込んだりと大忙し。

続きを読む "にゃんこい! 第九話"

| | コメント (0) | トラックバック (15)

成恵の世界 少年エース2010/1月号

 おまっとさんでございました!1年と1ヶ月ぶりに連載再会ですよ♪

 3話連続大増ページキタコレ。

…と喜び勇んでいたら、3話一挙掲載ではないのね。とりあえず、3号連続で載るのは確定って話か。それでとりあえず単行本1冊分貯まるのか?

 物語は核心に迫ってきているようで…で、何ではじめの小説の中の世界に?
はじめの小説って、実は未来予知とかそういうのなのか?

 それとも、これは蛇の力で、バーチャルでそう言う世界に放り込まれちゃってるって事?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うみねこのなく頃に Episode IV-IV

 蔵臼に泣き付かれて、引きこもりの金蔵がついに親族会議の場へ。ずっと金蔵のターン!

 金蔵は碑文を解けなかった息子達の無能を嘆き、全員の遺産相続権剥奪を宣言。だが、南條の説得で、孫達に自分の遺産を相続資格があるかテストすることには了承する。

 でも、それはそれとして愛しのベアトリーチェ復活の儀式は当然続行するに決まっているわけで。

続きを読む "うみねこのなく頃に Episode IV-IV"

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2009/11/25

そらのおとしもの 第八話

 今日はお祭り。平和に屋台を楽しむはずが、会長の提案で賞金1千万を賭けた町内サバゲー大会に。

 智樹はとりあえず隠れて人が減るのを待とうとしたが、何故か皆に狙われる…てっきり会長が智樹に懸賞金でもかけてるのかと…

 智樹を狙ってくる奴らをスナイプする作戦だったのか?

 絶体絶命の智樹を救ったのはガトリング砲装備のイカロス。あっという間に9割方を葬って死体の山を築き上げていたらしい…が、智樹にやりすぎだと撃たれてリタイア。撃ったのが智樹だから避けなかったのか、怒られて落ち込んだ瞬間だったからか?

 英四郎はイカロスから会長をかばってリタイア。なんやかんやで会長が大事と言うことか。

 ニンフはイカロスに久しぶりの地上蹂躙は楽しかったか?と問う。どうやら、イカロスの落ちぶれっぷりが許せないらしい。それでも尚、自分は愛玩用だと答えるイカロスにキレてメモリープロテクトを解除。

 自分が智樹の嫌っていた人型兵器だと言うことを思い出しイカロスは涙を。その様子を見てニンフは嘲笑っていたが、すぐに解除したのは記憶プロテクトだけで感情プロテクトは解除していない=泣けるわけがない事に気付いて愕然。

 イカロスは記憶プロテクトが解除されたのを皮切りに、自己修復機能であっという間に全てのプロテクトを解除。だが、自分の正体を智樹に知られたくない、と今まで通りのフリをつづける事を選択する。

 一方、サバゲーは何故かそはらの手に本物の銃が。一千万円あれば智樹と二人きりで旅行が出来ると夢見つつ、智樹を射殺しかけるが、それをイカロスがインターセプト。
 イカロスが何ともないのはお約束だが。

 実は参加者だった射的屋のおっさんに智樹とそはらは一瞬で敗北。賞金は会長とおっさんで山分け…って、アレ?
 このおっさんの正体は作者の別の漫画のキャラなのだが…それと知り合いな会長の方が恐ろしいよ?

 イカロスが自分をかばったことを怒る智樹。自分をあくまで女の子扱いするマスターの心に触れ、イカロスは智樹の背中で号泣。智樹はそれは訳も聞かず無言で受け止める。

 イカロスにとっては嬉しさと悲しさと申し訳なさと色んな感情がない交ぜになった複雑な涙。それを全て受け止める智樹の器の大きさがかいま見えた?

 普段がアレだからただの錯覚にも感じるが(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2009/11/23

聖剣の刀鍛冶 第八話

 シャーロットに突きつけられた選択肢は二つ。自分を謀殺しようとする帝国にそれでも義理立てて処刑を受け入れるか、帝国を裏切って亡命するか。

 シャーロットを匿うのは帝国に戦争をふっかけられる絶好の口実を与えることになるので都市としては却下。

 セシリーはその理不尽さに憤慨するが、理想論が全てまかり通るなら、世の中どんなに平和なことか。

 シャーロットの手紙が皇帝に届く前に握りつぶされていて、皇帝自身はシャーロットを大切に思ってる、とかならまだ何とかなるが、今回はそんな甘っちょろい事はないらしいし。

 魔剣とブラックスミスを持ち帰れば認めてもらえると大甘な希望に縋る従者達VS自分は頭が悪い!と開き直ったセシリーの勝負。

 なんか、いつの間にやらセシリー、レベルアップしてる?

 魔剣殺しには直接魔力で攻撃せず、魔力を推進力に変えた牙突で勝負。これが正攻法だよな。どこぞの説教男だったらこれすら無効化するんだろうけど。

 勝った方の言うことを聞け!という力業…セシリーにはこのくらい単純な理屈でちょうどいいな。バカだから。

 死んでしまっては終わり。生き延びれば幸せは見つけられる。こんな素晴らしい従者達がいるのだから、お前の幸せはここにある。と言う説得は何とか成功。
 説得が通じたからいいけど、相手がプライド高すぎるとここで自害コースだよな。ま、結果オーライ。

 魔剣は帝国に引き渡して、シャーロット達には逃げられたことにして亡命?それとも逃亡生活?

 シャーロットに魔剣を渡して唆した奴がいるらしい。これでシャーロットが魔剣を四本も所持している不自然さの説明は付いたけど…事態の深刻さをセシリーは理解できてない気がするよ?

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2009/11/22

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第三十三話

 キンブリーはスカーが北に向かったことを看破。スカーの乗る列車に突入。

 部下を同行させず単身乗り込んできたのは、思う存分暴れるには部下が邪魔だからか?賢者の石関連で知られたくないこともあるのかも。
 連れてきたところでどうせ皆殺しにしなきゃいけないから手間が増えるだけ?

 スカーの破壊の錬金術ばかり警戒していたら、不意打ちで投げつけられた鉄パイプをまともに喰らって壁に縫い止められて大ピンチ。すんでの所で床を爆破して難を逃れることに成功。とはいえ、相当の重傷だし、しばらく戦線離脱?ますます体が鈍る?

 独白聞いてると、戦闘そのものを楽しんでいて、その結果、自分が死んでも構わないような感じだな。

 スカーにとってはキンブリーを討ち取る絶好の機会を逃すことに。ここで討ち取れなかったのはかなり痛そう。

 マルコーはメイと共に北へ。顔はまだ崩れ気味。これだと返って目立つんじゃないかなぁ。整形したことで返って足がつくってのは最近の実際の事件で実証済みだしな。

 エド達はブリッグズの北壁を目指す途中で警備隊にスパイ容疑をかけられて襲われる羽目に。寒いと普通のオートメイルは動かなくなるのね。

 寒冷地仕様のオートメイルには錬金術は通じない?それともただ単に右腕が機能不全だから錬金術が発動しなかっただけか?

 連行されて、アームストロングの姉の眼前に。ようやく話の分かる人が…と思ったら、紹介状を破り捨てられた!?私は私自身の目で見定めるって…唯我独尊独裁女王様なのか(--;
 少佐も色々苦労してたんだろうなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (26)

ささめきこと 第七話

 朱宮の女装の元凶は妹。でも、あくまで原因であって続けているのは本人の意思っぽい。むしろ、それを言い訳に嫌々やっているというポーズを作っているなこれは…

 こんな可愛い兄を振った純夏が許せない朱宮妹は純夏に果たし状を。でも、純夏は読まずに破棄。しかたがないので直接対決。

 妹だから押し倒したい衝動を我慢しているけど云々…それを実の兄の前でぶっちゃけてる時点で既に手遅れな気が(--;

 可愛い子が好きなくせに何で兄を振ったのか?純夏がどこから反論しようか悩んでいる内に朱宮とのデートが決定。
 どこに反論の余地があるのか?と思ったが、純夏はあくまで汐だけが好きなのであって、可愛い子が好きなのは汐ってことか。

 そのデートに女装してくる時点で朱宮はもう終わっていると思います。
女装してた方が純夏も楽しいだろうからと気遣いしたらしいが…すっかり妹に毒された末なのか、素でこれなのか…

 モデルの仕事で女性の着替えは見慣れているから気にするな、とか思考が完全に自己中心的になっているのはモデルの職業病として…これ、本人は気を遣っているつもりなんだよな。

 兄と妹は成長する内に疎遠になる物だから、懐かれている今の内はできるだけ構ってあげたい、と語る朱宮。その心がけは良いとは思うが、所詮は一般論。あの妹はずっとあのままだと思うぞ(--;

 結局の所、純夏はデートを通じて女の子としてあらゆる点で朱宮に劣っていることをむざむざと見せつけられて逃亡。朱宮妹の目論見は完全に失敗どころか逆効果。むしろトラウマを植え付けてトドメを刺した気が(--;

 映画館で電源を切ったままだった携帯に、汐からの着信が履歴が何件も残っていたことに気付いて純夏は大慌て。別に約束をしていたわけではないらしいけど、せっかくの汐からのお誘いが…

 それだけならまだしも、汐が、自分に内緒で純夏が「あけみちゃん」とデーとしていた、と認識したら修羅場になりそうだよ?

| | コメント (0) | トラックバック (7)

11月22日のココロ日記(BlogPet)

ゆたかさん、今日のラッキーアイテムは事ですよ!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テガミバチ 第八話

 ゴーシュの名はビーの名簿からも抹消されていた。ラグはショックを受けたまま、ゴーシュの妹、シルベットに会いに行くが…

 ラグと同じく病弱なか弱い少女を想像していたら、なんかやたら強気なのが出てきたよ?
借金取りと間違える以上、借金があると言うことだし、たくましくならなきゃ一人で生きていけないか。

 ゴーシュはある日突然消息を絶った。ヘッドビーを目指し、多忙な上、失敗できない配達を受け続けた末に、その負荷に耐えきれず心神喪失状態になった、というのが上層部の見解らしいが。

 シルベットの足を治すために頑張っていたゴーシュが途中で挫折するわけがないとラグは涙ながらに訴えるが、シルベットは自分の足は治らなくても兄と一緒にいたかったと語る。なのに兄は無茶な仕事ばかり引き受けて、自分の側にいてくれず、その挙げ句に失踪…そらやさぐれるのも無理はないかも知れない。

 ゴーシュは名簿から存在を抹消されて、正規の物ではないより危険な配達を請け負っている、とかなんだろうか?とりあえず、死んではいないと思うが、表に出てこられない理由がありそう?

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2009/11/21

DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第七話

 変装して北海道からの脱出を計った黒達。しかし、それに使ったエージェントに騙されてジュライを誘拐されてしまう。

 自分が銀を殺そうとしたときは止めたのに、ジュライのことはどうでも良いらしく追おうともしない黒に腹を立てた蘇芳は、ジュライの観測霊に誘われて、マオと共にジュライ奪還に向かう。

 ジュライのような少年のドールはショタ垂涎のお宝らしい。しかも、買い手はおっさんなんだろうなぁ。トイレで死んでたアレか?

 ジュライのようなドールは同じく、闇の世界では貴重な人材らしい。人買い組織のバックには必ず諜報機関がついているとか。

 蘇芳はマオが止めなかったら誘拐犯を殺していたよな。合理的に考えて生かしておく理由がないってか?

 今回の能力者は相手の脳内分泌系を操って自分の脳内麻薬で中毒死させる能力、でいいのか?自分の脳内物質を操ってドーピングも可能?

 黒が来てくれたおかげで無事奪還成功。とりあえず、ジュライは痛いときには痛いと言うことを覚えて蘇芳は満足。

 で、実は生きていた博士は紫苑と共に計画実行?

| | コメント (0) | トラックバック (14)

にゃんこい! 第八話

 商店街のど真ん中で楓にブラを返そうとする潤平。当然、楓に逃げられ、潤平終了のお知らせ。どうしてこんな事に…千鶴はトドメを刺しに来たのか!?

 今回の依頼はヘタレ猫を雀が捕れるまで鍛え上げること。しかし、そのトレーニング中に突如現れた凪がいつものごとく暴走し、潤平は陸上部に体験入部。

 楓と一緒なので潤平は幸せ…だったが、楓は助っ人であちこちの部に出張し、潤平もそれに付き合わされてヘトヘト。ついてきた加奈子に至っては筋肉痛でリタイア。

 テニスのアンスコまで暗黒の雲に飲み込まれていて絶望した!!
…アンスコはむしろ見せるの前提ではいてるんじゃないのかよォォォ(立ち絵:泣き戦人)

 そんなこんなで、放置されてしまった依頼猫が報復で楓の換えのブラを潤平のバックに入れて冒頭に至ると。

 雌猫に雀が捕れるようになったら交際を考えても言いと言われていたのだと事情を聞かされた潤平は、本腰を入れてトレーニングを開始。その成果は…

 まるで別猫のようなマッチョに!?スピードも身のこなしも一流アスリート、口調どころか性格まで変わってるし…潤平にトレーナーの才能があるのか、それとも元々の潜在能力が開花したのか、雌猫への愛の奇跡か…

 雌猫は強い男が好みだったようで、精悍に生まれ変わった依頼猫に文句があるはずもなくカップル成立の大団円。

 対する潤平は友人の証言のおかげで誤解は解けたけど、進展してるんだかしてないんだか…それどころか盗撮の危機だし(--;

| | コメント (0) | トラックバック (14)

とある科学の超電磁砲 第八話

 自分の世界、量子論、共感覚、信じる心、妄想…つまるところ、超能力は思いこみでレベルが上げることが可能?レベルアッパーって、お前は凄い、お前は強い、お前は出来る子…とか延々と流れている自己啓発系?
 そこまであからさまでなくともサブリミナル効果でとか…フラシーボ効果もありそう(--;

 現実世界を自分の世界に置き換えるってのは超能力というより魔術っぽいが。

 初春の頭の花がない!?いや、風邪で弱ってるからしおれて髪の中に埋もれて見えないだけか。花が栄養奪っていったら死んじゃうからサスペンドモード?

 ぶりっこ美琴。テーブルに頭を打ち付けまくる黒子の気持ちも分かる(--;
しかし、今回の黒子は頭そんなに叩きつけ続けて大丈夫か?

 レベルアッパー愛好者?達のボスは、脱ぎ女!?かと思ったら別人だった(--;;;;
 アスファルトの粘度を自在に変えるって、都市部ではかなり強力な能力だったが、電流による磁界で壁に張り付いた美琴には通じず。

 アスファルトで電流自体は防げるからそこそこ戦えそうだけど、レールガンは防げないよな。美琴が引いたのでこの場は引き分け…じゃ納得できてなさそうだな。

 今までレベルアッパーを使用したと思しき容疑者達が次々に昏睡状態に。身体的には健康そのもので、脳研究の権威の脱ぎ女が召喚される。
 無理に能力値以上の力を引き出してるんだから、そりゃ負荷も莫大だろうしな。いや、そうならないように無意識にかけているリミッターを外して、限界値まで能力を使えるようにしているのか?

 そんな中、佐天がミュージックストアの隠しリンクからレベルアッパーをゲット?

| | コメント (3) | トラックバック (32)

2009/11/20

うみねこのなく頃に Episode IV-III

 テストの点が悪かったことを口実に縁寿はクラスメイトから陰湿なイジメを受ける。テスト勉強を放り出して七姉妹達としりとりをしていた縁寿にも非がないわけではないが。

 執拗な言葉責めに耐えかねた縁寿は、七姉妹にクラスメイトを皆殺しにしろと命ずるが七姉妹はこの場の反魔法力が強くて顕現できないとそれを拒否。それを聞いた縁寿は彼女らを所詮は役立たずな自分の脳内妄想なのだと否定してしまう。

 縁寿に自らの手を血に汚す覚悟がないから自分たちは顕現できないのだと語るマモン。自ら何もせず安全なところにいて妄想に頼り、妄想に責任を押しつけて、妄想に手を汚させる…そんな腐れた心では魔法は使えない。

 さくたろうまで否定しようとする縁寿を真里亞はマリアージュ・ソルシエールから破門する。そして、縁寿は思い出す。幼い頃、さくたろうをただのぬいぐるみだと否定し生前の真里亞に破門されていたことを。

と、これが縁寿が破門された経緯と理由なんだけど…これやるなら、前回中途半端に回想を入れる意味がないような。原作での描写自体、時系列がバラバラで分かりづらかったのを、更にシャッフルするもんだから余計分からなくなっている気が…
 ぶっちゃけ、そこ飛ばすのかよ!?と思った次の回でそれが入ったりするのでうかつに突っ込めないとか(--;

 さくたろうと夕食をコンビニに買いに行った帰り道。真里亞は家の鍵をなくしたことに気付いて…見ていて涙が止まらない(T-T)

 警官は大石の親戚か何かですか?

 真里亞に留守番させて楼座は北海道で蟹。その上、民生委員に逆切れして追い出して真里亞を虐待。森の音楽隊の一人は戦死、さくたろうも引き裂かれてその存在を否定されてしまう。

 楼座は狂気の笑みを浮かべ、さくたろうは死んでしまいましたァ♪と宣言。生みの親であるマイスターローザに存在を完全否定されたさくたろうはベアトの無限の魔法を持ってすら蘇生不能状態に。これが母親が実の娘にすることか?

私の目の前で真里亞に指一本触れてみろ。
元来た地獄が生温かったことを教えてやるよ。
世間体を守るためなら、私は地獄すら踏み越えてやるッ!
見せてやるよ、黄金の虐待躾ってヤツをぉおおおおおおおおおぉおおおッ!

わけのわかんない娘が生まれて! ムカつく民生委員が乗り込んできて!
うおおおおおおお来いよォオオオォ!
真里亞が溜めてくれたストレスを食らいたいヤツから前へ出ろよォオオオオ、
うをおおおおおおおおおおオオオォオオオォオッ!!!

EP2で娘への愛に目覚めて改心したと思ったのに、EP4まで来てこの有様だよ…家具の皆さんはちゃんと成長してるのに(--;

【うみねこ】楼座無双のゲーム作ってみた【体験版】

つーか、EP4の後にEP2だと
【うみねこMAD・When Orisc cry α】真・楼座無双
になりかねないけどな…

 さくたろうの敵討ちを誓い、真里亞はベアトに復讐のための魔法を習うことに。この日から真里亞の白き魔法は深い闇に染まっていく…

 魔法の暗黒面に堕ちた真里亞。しかし、それでも尚、ママは悪い魔女に乗っ取られているだけだと信じているその姿には涙を禁じ得ない(つ-T)

 一方、1998年の縁寿は事件の真相を求めて六軒島へ。早いよ!?いや、きっと次週とかに回ってるんだ、きっとそうだ…

 自己満足こそが人生。他人にどう思われようと自分が満足さえしていれば、人生の目的は達成される。逆に他人がどんなに羨もうと、自分が満足できなければ失意のまま人生を終えることになる。その意味において、真里亞は9歳にして既に人生の究極の目標を達成していた…って、ここじゃなかったっけ

 縁寿は再び煉獄の七姉妹を召喚。魔法を否定していながら、自分たちを呼びだした矛盾を指摘するマモンに、縁寿は、「自分の世界に魔法はなくとも、魔法を信じている人の世界には魔法はあるのだということを認める」と語る。魔法を理解し、否定する。その矛盾する力だけが、彼女に魔女を討ち取る刃を与える…

 自分の旅は真実を探す旅であると同時に真里亞お姉ちゃんに謝罪をするための旅なのだと縁寿は語る。そして、その目標は、真里亞の世界にさくたろうを蘇らせること。

 決意を新たにした縁寿を追う霞。完全に殺すに満々だし(--;

| | コメント (0) | トラックバック (17)

2009/11/18

そらのおとしもの 第七話

 智樹に止められたにも関わらず、転校生として学校に来てしまったイカロスとニンフ。智樹は一旦は追い返そうとするが、英四郎と会長に、二人に学校生活を体験させるのも普通の生活を理解させる一歩なのではないかと説得されてそれを了承。

 でも、英四郎と会長はもっともらしいこと言って、実はただ人ごととして面白がっているだけな気が。

 スイカが2代目になってる…

 そはらは、二人の初めての学校生活をフォローしようとするが、知識面では二人は完璧で逆に落ち込むことに。

 思いの外学校に順応し、皆に受け入れられているし、一安心…と思ったら、イカロスが先生として登場。生徒は飽きたらしい(--;

 授業内容は空の飛び方。人は誰しも背中に翼を持っている。マスターの翼はその中でもとびきり大きい、とかなんとか散々盛り上げといて、結局落ちるのかよ(--;;;;

 英四郎の話を真に受けた上に、智樹を過大評価しすぎたのか?イカロスの翼って時点で落ちるの確定だけどな。

 それでも智樹は明日以降、二人が登校するのを許可。二人がとても楽しそうだから…いつかイカロスが笑えるかも知れないから。

 かつてシナプスを震撼させたウラヌスクイーン。それがイカロスの本来の姿らしい。しかし、今は可変翼の8割弱および記憶と感情の全てを封印されているらしい。ニンフはマスターの命令でイカロスを取り返しに来たらしいが…

 ついにシリアスモードに突入?でも、次回はお祭り…奴が登場するのか(--;

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2009/11/16

聖剣の刀鍛冶 第七話

 あれ、「元」貴族なの?あぁ、勝手に騎士と名乗ってるだけで受勲してはいないからか。

 働かざる者は死ね!それじゃ、セシリーは…主人だから免除、にはならず。理由は面白いから。ひん剥かれてメイド服を着せられる羽目に。

 ルークはたまたま通りがかっただけなのに不意打ちで殴り倒させるとか不憫すぎる(T-T)

 お風呂で乳もぎ大会…湯気が邪魔なのはいつものことだがな。

 アリアは初めて出会った自分以外の人の姿になれる魔剣に自分たちが人の姿を持って生まれた意味を問うが答えをはぐらかされてしまう。自分で見出さなければ意味はないのかも。

 帝国からの返答は、そんな皇族はいない。それは皇族の名を騙り魔剣を盗んで逃亡している重罪人であるから即刻引き渡せと言う物。引き渡したら当然処刑と。

 権力争いをしてるんだから、後ろ盾がいなけりゃ当然こうなるわな。かといって引き渡さなかったら攻め込まれる口実を作られることになるしどうする気だ?

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2009/11/15

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第三十二話

 エドが描いた化け物がホントにいた!?って、そんな小ネタに付き合ってる暇はないらしい。

 グラマン中将が女装してロイと接触。東部司令部はセントラルへの対抗戦力になってくれそう?

 練丹術について調べる物のろくな記述が無く、清に渡ろうかと考えるエドの前にアームストロングが…書庫を扉のように!?
 封蝋をした手紙を渡し、北にいるアームストロング少将に会えと指示。

 セリムに何故練丹術を調べているのかを聞かれ、アルはナイスフォロー。エドじゃこうはいかないな。

 ちっちゃいって言ったら怒った。聞いていたとおりって…セリムは純粋故の残酷さなんだか、ピュアなフリして実は黒いのか

 セリムに家に招待されたエド達。でも、ブラッドレイが全力で釘を刺しに来た!?

 セリムは養子。君たちとは違う形だが大切な家族だとブラッドレイは語る。
 単純に考えると暗に家族に手を出すなという脅しだろうけど…別の意味がありそう?

 エド達はセリム達がブラッドレイがホムンクルスだと知らない事を知り、巻き込むべきではないと判断するが…そう言う風に誘導された気も?

 スカーは自分を囮に西に向かうと見せかけて北に?でも、囮なら一人の方がいいだろうし…連れてるのは実はマルコーじゃないとか?

| | コメント (0) | トラックバック (27)

11月15日のココロ日記(BlogPet)

最近、ゆたかさんは海のことが気になってしょうがないみたいですね。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テガミバチ 第七話

 ステーキがディンゴの生き餌に認定された!?確かに前回食べようとしていたしその認識であっているのか…

 ディンゴとして手伝って欲しいと言われてニッチは舞い上がりまくり。そしてデカパン装着。パンツが好感度のパラメーターか。

 ユウサリでコナーに再会。蜂の巣に案内されたラグは感極まってニッチと共に半裸のデカパン姿で正面口から突入し、大声で自己紹介。郵便局と同じで、受付窓口があって、ここには一般客がいるわけで。

 そこまでだ!デカパン兄妹。コナー、ナイスツッコミだ。

 ビーの試験を受けるのはラグともう一人。あからさまな当て馬キャラぶりが泣ける(T-T)

 鎧虫のことも良く知らず、心弾も撃てない…そんなのを実技試験を受けさせるなよ(--;;;

 害獣をナイスコンビネーションで倒したラグ達。ステーキも心弾を撃ち込む隙間を見つける役に立ってるな。

 でも、ラグの手紙は泥まみれに。いくら鎧虫は倒せても、ビーの仕事は手紙を無事届けること。手紙を汚損してしまったら本末転倒、何の意味もない。

…って、話になるのかと思ってたら、もう一人の方は汚れた手紙を綺麗に書き直していた。お前、その模写技能を生かせる別の仕事に就いた方がいいと思うよ?

 手紙は汚してしまったが、最短記録並の配達速度を出したことを評価されたラグ。でも、その最短記録を出したゴーシュが既にビーでないと聞かされて…どういう事?
 会いに行くって事は死んではいないよね。怪我?それとも何かあって心折れた?

| | コメント (0) | トラックバック (17)

2009/11/14

ささめきこと 第六話

 図書委員、まさかの再登場に純夏は動揺。ドジッ娘になるべく特訓を。

 ドジッ娘は先天的な才能だと思うよ?アドバイスされたとはいえ、そんな事始める天然ボケの才能はあると思うけど。そして、バナナで転ぶのは芸人の業だと思うのです。

 汐の突然の訪問に舞い上がった途端に現実に叩き落とされる辺りは職人芸と言えるかも知れないが。

 この道場は純夏で保っているらしい。隆なのは格好だけか(--;;;

 ストリートファイターに一撃必殺系の技ってあったっけ?

 女の子同士だから一緒にお風呂に入ってもおかしくない…のに、その役得を生かせないとか不憫すぎる(T-T)

 でも、ドジッ娘修行はどうやら無駄ではなかったらしい。

 とりあえず、かなこ@まりほりに弟子入りして鼻血マスターから始めてみるとかどうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第六話

 トラックをパワードスーツにする能力って…もう何でもありか?いや、今更か(--;

 蘇芳VSノリオの母。嫁姑戦争の前哨戦…にはならず。ノリオの母を殺したのは銀なのか?

 ノリオは蘇芳を契約者は人を殺しても平気なのか?と糾弾。ノリオから見れば蘇芳が殺したとしか見えず、恋愛対象から親の敵に。でも、一旦退場か。再登場はあるのか?そしてその時は敵?味方?

 対能力者兵器の核、イザナギは銀だと知り、黒は蘇芳による狙撃を阻止。契約者は人殺し。人を殺しても何も感じないはずなのに、黒が銀を守ろうとする矛盾を蘇芳は理解できない。分かってないだけで嫉妬してるっぽいけど。

 能力を失った黒には銀の観測霊は見えないのか。

 ところで、黒と銀に何があったのかはDVD映像特典で、なの?

| | コメント (0) | トラックバック (19)

とある科学の超電磁砲 第七話

 グラビトン事件の犯人はいつも助けに来るのが遅いジャッジメントを逆恨みしたカツアゲ被害者。そして、ターゲットはジャッジメント。

 ジャッジメントがそこにいるからこそそこで事件が起こるという皮肉。今までの死傷者は全員ジャッジメントと聞くと凄腕っぽいけど、前回とか今回見る限り、一般人に人的被害が出なかったのはジャッジメントが身を挺してかばったからか。

 説教男が起爆そのものを無効化するのなら納得するけど、その副産物である爆風を無効化するのは…爆風も含めて能力なのか?

 犯人の聞いていたヘッドホンプレイヤーがレベルアッパー?

| | コメント (3) | トラックバック (35)

にゃんこい! 第七話

 京都に修学旅行に来た潤平。これでしばらくは猫の頼み事からは解放される、と思っていたら、頼まれて連れてきた猫が触れ回ったらしく、願い事待ちの猫の長蛇の列が。京都にいる間限定だから超過密スケジュールに。

 猫にお礼に教えて貰った女湯の覗き穴。この時点では純然たるオマケだったんだろうけど、自分の煩悩を猫に責任転嫁して正当化した物だから祟りに変化したという解釈でよろしいか?

 女湯に転げ落ちた上、それのお詫び名目で加奈子にたかられて延々とおごらされる羽目に。楓が一緒なのが唯一の救い…いや、楓にデレてる様子に嫉妬されてますます金遣いが荒くなる分マイナスなのか(--;

 凪は追いかけてきたわけではなくホントに偶然だったのか?

 バスの運転手がナベシンだったなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (20)

2009/11/13

うみねこのなく頃に Episode IV-II

 縁寿は真里亞に愛していると語りかけている楼座に嫌悪感を抱く。彼女は真里亞の日記を読んで、楼座の言葉が口先だけの物でしかないのだと判断していた。

 しかし、真里亞は語る。そんなことは日記のどこにも書かれてはいない。自分は幸せなのだと。実際、日記には、さくたろうと楽しく遊んだと記されている。なのに何で縁寿はそれを読んで真里亞が不幸だと考えるのか?と。

 日常の中から幸せを見つける、それこそが魔法の力。魔法があるから真里亞は幸せ。それがないから縁寿は不幸ばかりを見つけてしまう…でも、縁寿もかつては魔女見習いだったのだ。

 真里亞の偉大なる白き魔法。その魔力は0の海から1を生み出し、無機物に魂を与える母なる力。0は何倍しようとも0でしかないが、真里亞の生み出した1はやがて天をも超える。
 ベアトは彼女を魔女と認め、原初の魔女見習い・マリア卿の称号と魔女ドレスをプレゼントし、さくたろうに人の姿を与える。

 うみねこ唯一にして最強のショタキャラ・さくたろう人型バージョン降臨。その魅力には煉獄の七姉妹もメロメロ。美味しそうとか言ってるのが一人いるが(--;

 一方、1998年の縁寿は、真里亞の日記に記されていたベアトの署名がボトルメールの筆跡と一致していることを確認する。現時点で発見されているボトルメールは2つ。それぞれにEP1、EP2の物語が綴られていたらしい。真里亞本人とは明らかに違う筆跡を持つ何者かが実在することは疑いようがない?
 EP2で紗音が金蔵に筆耕を頼まれているシーンが存在するが、それと関連するのか?

 そして、メタ世界。ラムダは縁寿にベルンが彼女を騙していることを告げる。例え戦人がこのゲームに勝利しても、彼が帰るのは「1986年の6歳の縁寿」の許へであって1998年のあなたの許へではない。あなたの許へ兄が帰ってくることはないと断言した上で自分に協力し、永遠にゲームを続ければずっと兄の側にいられるのだと誘惑。
 この禁断の果実を前に果たして、縁寿の返答は?

 ラムダって超パーなのに、こういう心理戦は天才的だよな(--;;;

以下、ネタバレ愚痴モードなので反転。

 真里亞の白き魔法。人からはどんなに不幸に見えたとしても、その中に幸せを見出し、自分は幸せなのだと断言できる偉大なる力。幸せだと思いこもうとしているのでも、自己犠牲に酔うのでもない、自分を含め全てを幸せにする、真里亞の到達した黄金郷。
 自分をいじめている者さえ幸せにしようとする真里亞の姿に涙が止まらなかったが、原作のそんなエピソード軒並みカット。最低限、楼座と真里亞の関係が描写できていれば一応話は通るけどな。ここで真里亞の健気さが強調されるほど、後の展開が際だつのに。

 縁寿の魔法修行と破門に至るまでをほぼ全てカット。七姉妹がいきなり石化してても訳分からないよな。縁寿の魔法拒絶はきちんとやっておかないと対になるあのシーンが生きないんじゃ?

追記:と思ってたら、予告を見ると次回やるのか?そして、さくたろぉぉぉぉ(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2009/11/10

そらのおとしもの 第六話

 朝起きると未確認生物が増えていた。ヒヨコも鶏になってるけど大きさ変わってないな。

 智樹のことを虫と呼ぶ以外は至って大人しく、イカロスと同じようにあまり自発的には動かない。

 そはらは福引きで海水浴のペアチケットを当て、智樹と二人きりの旅行なんて久しぶり、と大はしゃぎだったのもつかの間…会長と英四郎のチケットはどう考えてもイカサマだよな(--;

 それでも、そはらは智樹と二人でボートに乗る約束を取り付けるが、智樹はイカロス達が人目に付かないようにする方に一杯一杯。イカロスはほっとくとまた海底散歩に行きかねないし、しょうがないと言えばしょうがないが、そんな事情はそはらには関係なく、約束をすっぽかした事実に変わり無しと。

 でも、智樹はそはらがボートから落ちそうになっているのを見つけるや否や、そはらがカナヅチなのを覚えていて助けに来てくれたため、株価が一気に急上昇。
 いい、そらはの嫉妬&デレ回でした♪

…では、しまらず前回に引き続き、マスターに危害を加える者には容赦無用なイカロスの危うさがかいま見えたり、夢の中の天使?に注意を促されたりと微妙にきな臭さを感じさせて引き。

 なんとなく智樹の本質もかいま見えた感じだけど…オチはスイカか。

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2009/11/09

聖剣の刀鍛冶 第六話

 よもや、セシリーを上回る人の話をまるで聞かない傲慢不遜キャラが登場するとは思わなかった。しかも、セシリーの時点で既に手の施しようのないのに、それがお姫様?を筆頭に4人も…この世界の女性貴族は一部例外を除いてこんなのばっかなのか?

 そりゃ領主様も本物か疑いたくもなるわ(--;;;;

 いきなり魔剣が4本追加。ま、皇帝の娘ならそのくらい所持していてもおかしくないのか?でも、母は平民の出で末席ぽいし…この調子ならルークも頑張れば100本くらい集められるんじゃないの?

 アリアを物扱いしていることについては、それが普通の感覚なんだろうし、だからこそアリアはセシリーに懐いているわけだからな。むしろ、セシリーの方が変人扱いされるのがこの世界の常識じゃないと説得力ないしな。

 で、お互い引くわけはないから、とりあえずセシリーがアリアを持って帝国行きなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2009/11/08

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第三十一話

 エドは街中で錬金術が使えなくなっていた中、スカーとメイだけが使えた秘密をメイに聞こうとしていたが、一足違いでメイは出ていった後。

 街中を探しているうちにロイと遭遇。貸した金を返せと言われたエドは、大総統になったら返してやると返答。そして、返したらまた借りて、民主制になったら、次は…と延々と続けるのだと宣言。良いシーンだな。

 ロイはチェスのキングの駒に隠されていた紙片をバーのママに。そしてそこから…孤立無援の四面楚歌の中、逆転の一手となるのか?

 フーって生きてたんだっけ?最近出てこないからすっかり死んだと思いこんでた(--;
 面が割れている自分たちに関わってエドの知り合いに迷惑はかけられない、とオートメイル技師紹介を拒否。自分たちで探すと去っていく。

 ウィンリィは既に関係者だと見なされてるよね…とはいえ、その周囲は確かに無関係だし、ウィンリィ自身にもあえて危険を冒させる訳にもいかないか。

 ノックスもイシュバールで人体実験に関わっていたらしい。別れた妻と息子が訪ねてきて息子が医者を目指していると聞いて感涙。こんな自分でもこのくらいの幸せを享受するくらいは見逃して欲しいと神に懇願。

 最近の展開だと、この直後に殺されないか心配だったが、それは杞憂で済んで良かった。

 キンブリーはエンヴィーの手引きで出所。そもそも何で大人しく捕まっていたんだろう?うかつに出歩くより刑務所の中の方が安全だからか?賢者の石のこともばれてないみたいだし。

 マルコーは偽装死体か。合流したメイは賢者の石の作成法を聞こうとするが、スカーが阻止。もし、聞いたとしたらメイはどんな反応をしただろう?

 マルコーは人相でばれないようにとスカーに顔面の皮膚を破壊されてしまう。人相が変わるとか以前に、ちゃんと整形できるのか?つーか、初めからメイに練丹術でやって貰えば…殺したくても殺せないからその腹いせ混じりなのか(--;

| | コメント (0) | トラックバック (28)

11月08日のココロ日記(BlogPet)

宇宙人さん、宇宙人さん…、ココロのこと見ててくださいね。いつか美味しい類を作ってゆたかさんに喜んでもらうんです!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テガミバチ 第六話

 ネリはパスを持ってビフレストに辿り着くが、そこには橋など無く、更に退路を断たれて巨大トカゲをけしかけられる羽目に。

 ゲートキーパーは事前に通行許可を受けた者の特徴を伝えられているらしい。パスなんてただの紙切れで他人のパスを奪う輩がいるのを見越した上で、それを処刑するための施設?

 ラグの手からなんか出た。銃は弾丸を撃ち出すイメージの補助に過ぎない。精霊琥珀が目に埋め込まれているラグなら、自身を銃身として心弾を撃ち出すことが出来るとか。

 ネロの手紙に込められていたのは恨みではなく、ジギーへの尊敬と姉への愛情。そして姉を遺して死んでしまう無念だった。

 ネロの心弾の効果は物に込められた想いを映像として引き出すこと。ただし、それが強い想いであることと、ラグが理解できることが前提らしい。つまり理解不能な複雑な想いは再生不可と。

 映像の中のジギーが街に教会を造りたいと語っていたことから、最近建てられた教会はジギーが働きかけて建てた物ではないかとラグは推測するが。ネリはあっさり突っぱねる。ラグは教会にジギーの想いが残っているのではないかと心弾を乱射。

…という経緯を知らないと、教会に破壊活動を行っているようにしか見えないけどな。

 教会は木材を運んできてここで作られた物だからジギーの想いが残っているわけがない。だが、鐘だけは完成品で持ち込まれたと聞かされ、ラグは渾身の心弾を撃ち込む。

 その鐘はジギーが一生分の給料を注ぎ込んで作らせた物だと判明。だから、休む間もなく仕事をこなさなければならず、里帰りも出来ないと。

 心弾の性質上、ラグフィルターがかかってる可能性もあるけど、ネリが納得したからいい話ですませて問題なしということで。

 で、ニッチを狙ってたメガネ、集配所の館長なのかよ!?
 ラグは採用されたらこいつの下で働くことになるのか?何やら野望を抱いている風でもあるし、なかなかの危険人物?それとも身内は守るタイプなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2009/11/07

化物語 第十三話

 ネット配信版をようやく視聴。サーバが貧弱云々は散々語り尽くされているだろうから割愛するとして。

 とりあえず、11/4の絶望放送で、締め切りを破るのは良くない(絶望放送DJCD発売延期のお詫び)とか狙ってんじゃないのか?というタイミングの話題をしていることに絶望した!

 ひたぎとのデートの余韻に浸りにやけまくる暦。それで、真宵を発見すれば背後から抱きついて頬ずりしながら胸を揉みしだく…立派なロリコン変質者だ!真宵が見えて無くても挙動不審者として通報されるレベル(--;

 忍をドーナツ屋の前で見かけたという真宵。メメが彼女に単独行動を許すとは思えない、と暦は返すが…伏線?

 翼は再びネコ化。ストレスの原因は多分、暦にあるんだろうけどな。暦に恩人扱いされて、女性と見られていないことが一番?

 暦ハーレムはヴァンパイアの魅了能力。なるほど、そんな絡繰りが。

 珍しく外にいて何かを焼いていたメメ。立て込んでいるというのは忍関連?

| | コメント (0) | トラックバック (8)

DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第五話

 三鷹文書とイザナミ、そしてBK201の札幌での目撃情報。未咲は次々に黒との接点を増やしていくが…都合良く集まりすぎて、かえって都合良く踊らされているだけに見えるなぁ…

 弾丸は能力を使うたびに補充されるが、銃身の歪みはそのままなのでメンテが必要らしい。毎回作り出しているわけではなくどこかから召喚していると言うことか?

 蘇芳に初任務の依頼が。黒は蘇芳にそれを受けさせることに反対。

 蘇芳は蘇芳でゴキブリ退治にライフルを使って壁に大穴空けてるし。ターニャの件でトラウマに。それ自体が感情が残っている証?

 黒は依頼に断りの電話を入れようとしたらしいが、電話台の下に既に前金が貼り付けられていた。

 鳥を撃たせる試験。蘇芳の中の契約者としてのイレギュラーを撃ち抜くためらしい。撃った後、涙を流す蘇芳を見て、黒はそれを再確認?

 食べられる雑草は分かっても、料理の腕はなかったらしい。湯を張った鍋に適当に放り込んで、しょうゆをぶち込んだだけに見えたけど…栄養があると思いこまないととても食えた物じゃないらしい(--;

 依頼内容はイザナミの破壊。黒が先行して襲撃し、取り逃がしたら蘇芳が射撃で破壊する二段構え。黒、なんか自信満々にトラックに乗り込んだけど、複数あるトラックの内、それが本物という根拠はあったのか?一台一台破壊する気だったのか?

 鯨の思い出を語る蘇芳の前に出現したのは潜水艦。これでイザナミを運ぶの?

 ノリオはオカママスターの息子なのか。そして、母は幼いころに能力者となって出ていったらしい。その母が未咲側の能力者として現れる。

 次回予告とあわせて…母をかばってノリオが蘇芳に射殺されそうだよなぁ…もしくはノリオの懇願を無視して母を目の前で射殺とか。

| | コメント (0) | トラックバック (15)

ささめきこと 第五話

 まだ女子部設立を諦めていない朋絵とみやこに純夏は少々辟易気味。先に顧問を見つけるべきだったって、顧問引き受けた時点でその教師は教師生命どころか社会的に抹殺されそうだけど(--;

 純夏、住み込み家政婦がいるなんて結構なお嬢様なのね。でも、その家政婦さんは性格に少々難有り。端から見ている分には楽しいけど。

 汐の家は本だらけ。部屋から溢れ、廊下にまで詰まれている始末。大半は兄の物らしいが、汐の物も結構あるらしい。両親はいなくて、兄と二人暮らしだとか。

 そして、純夏の妄想が酷すぎる。男子中学生でもここまでは…それは何てエロゲーだよ!?

…とか、思ってたら、汐が兄の夕食を作るためにメイド服を着用。エプロンが洗濯中だったからって…そして、それを仕事で貰ってくる兄は何者!?

 みやこに挑発されて料理合戦に。純夏の料理はお約束通り爆発。しかし、単なるギャグ表現ではなく、部屋一面に料理の残骸が飛び散る惨状に。台所に積んであった本も被害にあって全滅。そして、思い出の写真も。

 自分のしでかした事態に狼狽し、思わず逃げ出した純夏の後頭部を汐の投げた鍋が直撃。女の子にとって料理は逃げられない壁…といいつつ、やっぱり台所と本を台無しにされて怒ってる?本が汚れても気にしないのは兄だけ?

 気を取り直して再度料理に挑戦。台所掃除してからの方がいいんじゃ?と思っていたら今度はみやこの料理が爆発。二度手間にならずに幸いと言うべきか…今度は消防車呼ばれてるし(--;

 汐の兄は小説家志望のライターらしい。結局、彼の買ってきたたこ焼きが晩ご飯。友達が来ると聞いていて大量に買ってきたらしい。主にきより用らしいが。

 あれだけあった食材は全て消し炭と化したのか(--;;;;

 純夏は朋絵に部活にこだわらず今日みたいに楽しく過ごせばいいのではないかと告げるが、朋絵は部活こそ学生の本分と回答。なんか色々歪んでいる気がするが、とりあえずスルー。

 恋人とは二人きりがいいが、友達は大勢の方がいい。自分たちはこんなだから理解者が出来て嬉しい。それが朋絵とみやこの本心らしい。これに比べると確かに純夏は覚悟が足りない気がするな。

 さっさと告白してしまえ。玉砕しても汐はあんなんだから次の日には忘れているに違いないとか…もどかしいのは分かるが何気に酷ぇ…

| | コメント (0) | トラックバック (7)

とある科学の超電磁砲 第六話

 学園都市で起きている爆弾テロ。今はまだ小規模で通行人を驚かす程度だが、ぬいぐるみに仕込むなど手口はだんだん凶悪化。

 その爆弾を作り出せる能力者はいるが、その本人は長期入院中で犯行は不可能。

 だったら、作った爆弾を共犯者が置きに行けばいいだけでは?それとも本人は意識不明とかで爆弾作成自体が不可能なのか?

 腕試しにちょうど良いと考えていたらしい美琴に黒子が釘を刺す。一般人が首をつっこむな。ジャッジメントに任せろ。そこまではともかく、その後に生活態度や趣味にまで言及して美琴がブチギレ。
 黒子もジャッジメントとしては越権行為をしているらしいからお前が言うなと言うのがあるが。

 初春が忘れていった腕章のおかげで美琴はジャッジメント一日体験。その余り物地味さに辟易することに。黒子も普段はこういう地味な作業をしているのだな。つーか、これが本来の業務で、大立ち回りはほとんど越権行為なのか?

 爆弾テロの方は単なるミスリードなのかと思っていたら、きっちりそっちも現在進行形だった。遂にコンビニ一軒を爆破する破壊力を持つ爆弾が作成され、一般人をかばったジャッジメントが殉職。

 犯人は、ホントに未登録能力者だったの?それとも別の能力で量子加速と同じ現象を作り出しているのか?

| | コメント (1) | トラックバック (37)

2009/11/06

にゃんこい! 第六話

 突然現れた女の子に猫地蔵の呪いのことを言及され、動揺する潤平。

 学校でその娘に接触するも、会うたんびに態度が違いすぎて混乱。OPとかで双子だと分かっているのはおもしろさ半減な気もしないではない。

 妄想日記を携帯に記し、好みのタイプは不幸な人という電波系ストーカーの姉・琴音と姉を溺愛し、姉に男が近づかないよう実力で排除しているらしい妹・朱莉。

 二人とも退魔師を自称し、猫地蔵の呪いの影響を受けることはないらしいが、潤平の呪いを解くほどの能力もないらしい。なんか中途半端だと思ったら、あの住職の娘だとか。なんか納得。とりあえず、容姿は母親似で幸いだったな。

 主人がツンデレ属性ならその飼い猫も?かつて、タマと一緒に寺で暮らしていたノワールは、タマが雄の三毛猫だと分かった途端、住職がタマばかりをひいきしていたことをいまだに恨んでいる…というのは建前で、タマがニャムサスにぞっこんなことにご立腹らしい。

 潤平の計らいで多少は素直になれて、ノワールの問題は解決に向かいつつあったが、潤平の方は相変わらず順調にお約束の不幸を重ねていく始末で。

 黙れ!と怒鳴ったのは誤解だと弁明できたけど、双子を侍らしていたのは事実だしなぁ…本人は茫然自失状態だったけど。

 しかし、千鶴は出番自体は少ないのにその言動のほとんどが潤平にとって致命的なせいで凄まじい影響力を誇ってるなぁ…存在自体が潤平の死亡フラグ?

 

| | コメント (0) | トラックバック (20)

うみねこのなく頃に Episode IV-I

 物語は遂に出題編ラストエピソードに突入。OPにあまり変化がないのは、実質EP3の延長戦だからか?真里亞の服とか変わってるけどな。

 九羽鳥庵にいたおかげで「事故」を免れ、唯一の生存者となった絵羽。

 彼女が何故、屋敷から2時間も離れた九羽鳥庵にいたのか?疑惑を向けられながらも決定的な証拠はなく、絵羽は右代宮家の当主と黄金を継承。両親と兄を失った縁寿は彼女に引き取られることに。

 しかし、それは縁寿にとって今は亡き譲治と比べられる地獄の日々。全寮制のルチーア学園に実質監禁されてからも、周りから蔑まれる立場に。そんな縁寿の唯一の楽しみは、真里亞の遺品である日記を見ることだった。

 それはともかくとしてさくたろうが可愛すぎる。うりゅー♪

 ここだけ見れば、楼座が良い母親に見えるのだが、その後のシーンがなぁ(--#

 全く同じ情報を与えられていながら、全く逆の結論に辿り着く縁寿と小此木。

 方や、黄金に目がくらみ夫や息子すら生け贄にして遺産の全てを独り占めにした悪魔。
 方や、不幸な事故で愛する夫と息子を失った上、世間から疑惑と悪意を向けられ続けた哀れな被害者。
 その違いを生じさせている物。それは、世界を構成する一なる元素…

 一方、メタ世界では縁寿はグレーテルと名乗りゲームに参戦。ただし、戦人の味方としてではなく、あくまでニンゲン側のもう一人のプレイヤーとして。

 そして、ゲーム盤上では、霧江が金蔵死亡説を提唱。蔵臼を追いつめようとしていた。

 それを受けて、戦人は金蔵の生死を復唱要求するが、ベアトはそれを拒否。サービスタイムは終了、これ以降は赤字は自分が使いたいときのみ使うと宣言。

 代わりに戦人には新ルール、青字が与えられることに。魔女を否定する仮定を述べる時のみ使用できる青き真実であり、ベアトはそれが宣言されたゲーム盤でのゲーム終了時までにそれを赤で否定できなければそれが真実であると認めたことになる。

 点ではなく面で。青き真実を散弾銃のように繰り出し、そのうちの一つでも魔女を貫ければいい。戦人はそれを今後の戦い方の指針とするが…

 ゲーム盤上の1986年の世界。
 それのプレイヤーとして戦人、グレーテル、ベアト達が存在する世界。
 絵羽の死後、1998年現在の縁寿の世界。
 それに至るまでの縁寿の過去の世界。
 真里亞の日記に描かれていた真里亞の世界。

 複数の時系列の複数の世界がザッピングされて語られるEP4はひぐらしで言えばカケラ紡ぎの様な物?それにより、果たしてどのような真実が浮き彫りになるのか?それは、愛がなければ視えない…

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2009/11/03

縁寿&強欲のマモン@うみねこのなく頃に

Enjye_sアニメの方は遂にEP4突入。ということで、フライングで縁寿&マモンコンビ。

>イラスト全体

それはそれとして19話予告のさくたろうが可愛すぎるよ!?幼縁寿と真里亞も可愛かったけど、小首を傾げるわ、リュックの中から出てくるわ…萌殺す気か!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメに関するアンケート2

もす!」の管理人・神酒原さんのお誘いで「アニメに関するアンケート2」に参加。

1 DVD、BDを月に何枚買っていますか?
 1.2枚くらいかな?
 だいたい月1、たまに単発物って感じだし。

2 アニメ関連CDを月に何枚買っていますか?
 0.3枚。
 3ヶ月に1枚くらい?

3 DVD等の売り上げにどれだけ関心がありますか?
 4 関心がある
 自分の気になった作品がどのくらい売れてるかくらいは。

4 周りのアニメ評価にどれだけ感情が左右されますか?
 3 まぁまぁ
 あくまで「感情が」。周りの評価で作品に対しての個人的評価は変えないつもり

5 原作を知っているアニメと知らないアニメ、どちらの方が視聴意欲沸きますか? また、どちらの方が満足度高いですか?
 原作を知っていて好きな作品なら優先順位は上がるけど、知らなくても面白そうなら見てみるし、視聴意欲にそんなに大差はない。
 満足度は原作知ってると減点評価になっちゃうし、満足度が低くなるのは否めない。でも、原作の魅力を十二分に発揮した作品になってると相乗効果で天井知らずになることもあるし、最高点で言えば、原作を知ってる作品。数と平均点なら知らない作品かな。

6 原作を知らないアニメが面白かった。原作に手を出しますか?
 面白かったら出さなきゃもったいない。でも、アニメ自体を楽しむために最終回の後でね。

7 昔に比べて、一般のアーティストがアニソンを歌う事が増えています。これについて意見を聞かせて下さい。
 タイアップもあるし、それ自体は悪くない。ただ、作品の雰囲気と合わない物を無理にねじ込むのはやめて欲しい。つーか、そのアニメのために作るのがアニソンであって、アニメと関係ない曲流してる場合は、ただのCMかと。背景にアニメ映像流れてるけど。

8 アニメのネット違法配信について、意見を聞かせて下さい。
 MADの類ならともかく、一話丸ごと流すのは犯罪です。 見られない地域の人の為にって言う人いるけど、それは偽善という物ですから。
 でも、見逃したり見られない物を見たいという考えは自分にもあるのは認める。原作付の物なら出版社が期間限定で公式配信してくれればいいのに(費用はかかるだろうし困窮しているアニメ会社にそれは求めるのは酷だし)。
 見たかったら買えとは言わないけどせめてレンタルくらいして還元してあげようよ。

9 今のアニメに対する不満などがあれば教えて下さい。
 アニメは放送分単体で一区切りつけて最終回を迎えて欲しい。最終決戦は映画でとかそういう尻切れトンボはどうかと。DVD特典でつける話ならオマケ話とか後日談にすべき。

 それと、放送分単体じゃ何がなんだか分からず、ドラマCDとかに話を理解する上で重要な情報が入ってるとか。要するに、放送分単体で一つの作品として成り立つようにしてくれといいたい。

10 ズバリ、あなたにとってアニメとは!
 過酷な現実を生き抜くための杖であり、今日の疲れを癒すための清涼剤であり、明日に向かうための糧。

と、こんな感じで。

| | コメント (1) | トラックバック (5)

そらのおとしもの 第五話

 英四郎の助手達の遺影が…助手任命=死亡フラグ?

 パンツ爆弾で家は全壊したまま。智樹は英四郎の家に泊めてもらえるよう頼みに行くが…

 熊とかが襲ってくるデンジャラスゾーンで、家を守るための戦いの日々…って、何でわざわざそんなところに家を?ここでなきゃいけない理由があるのか?

 会長の申し出で彼女の家に泊めてもらえることに。でも、そこは極道の世界。

 禿頭に縦に無数の傷跡=スイカというわけで、組長の頭を愛でようとするイカロスとか。

 間違って?会長の入っている温泉に迷い込んだ智樹は当然のごとく組員に追い回される羽目に。でも、理由は会長の入浴に乱入したことではなく、不可侵の天女の湯に入ったことだとか。

 天女の湯にその末裔である五月田根家以外者が入ると、空美町はあらゆる天災に襲われるらしい。それを止めるには侵入者の首を刎ねるしか方法がないと。

 絶体絶命の智樹。なんか「嘘だろ?」でひぐらしを思い出した(--;

 助けに入ったイカロスは、マスターを傷つける者は全て殲滅てな雰囲気に。智樹の制止で事なきを得るが…イカロスが天女様だから許すとかそう言う展開かと思ったら違ったか。

 処分を一任された会長は智樹達を寝てる間に無人島に。家に居づらくなったからとか言ってたけど、要するに元凶を隔離?

 ヤシガニ強ぇ…。実際あのはさみはかなり危険だけどな。そんなあからさまな毒キノコを食うな!!

 イカロスは海に入ったまま帰ってこず、英四郎と会長ともはぐれ、智樹はそはらと二人きりに。救助を待ってサバイバル一ヶ月!?ヤシガニに負けたり毒キノコ喰ってた奴とは思えないサバイバーぶりを…そはらを守らなきゃいけないという使命感故か?

 子供を作ればさびしくないとか大胆発言を噛ますそはら。このまま智樹とともに一生この島で生きていく覚悟が出来たらしい。いい雰囲気になったところでお約束のモンスター襲来。

 そはらを見捨てるわけもなく、モンスターに挑む智樹。そして、中から出てきたのは…イカロスだし(--;

 一ヶ月間、マグロを求めて海底を彷徨っている内にフジツボだのかきだのにくっつかれたって…そんな姿になるか!?触手はワカメだったらしいが、明らかにイカの足だったぞ。

 そして、英四郎と会長&組長は偽装した室内で、ずっと二人の様子を見ていたらしい。録画付きで。天女の湯に入ったお仕置きって…命を取られなかっただけありがたく思え。ま、死ぬよりはマシか。死ぬほど恥ずかしいシーンは録画されたけど(--;

 組長はイカロスを気に入ったらしく、智樹の家を再建。そのための時間稼ぎ…だった訳じゃないよね?天女云々ではなく単純に強い者に絶対服従ってそれもそれでどうかと思うが(--;;;

 イカロスの海底大冒険。それで曲が「ゆけ!ゆけ!川口浩」って…なんか、謎の海底文明とか、見てはいけないモノとかがいたような。見てない!私は見てないよ!!SANチェックとか必要ないよ!?

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2009/11/02

聖剣の刀鍛冶 第五話

 リサの朝。

 早起きして水くみ。奥様方に大人気。
 野菜を貰いつつご用聞き。というか、野菜が農具の代金代わりなのか。
 少し休憩。
 朝食を作ってルークを起こす。
 洗濯。
 ルークの鍛冶手伝い。
 昼食。

 リサは働き者だなぁ。それに比べてセシリーは…昼食たかりに来たのか?

 刀を作って欲しかったら金を出せ。

 リサが同じ服3着、しかも作業着しか持っていないと聞き、セシリーは女の子がそんなことではいけない、と服を買いに街に連れ出す。金を出すのはルークだが。

 ルークはリサを拾ったと言うが、それは本当なのか、それとも対外的にはそう言うことにしているのか?父が作った刀というわけじゃないのか?

 ファッションショーの末、リサが選んだ服はちょっぴり露出度高め。でも、ルークは全くの無反応。その後も、リサが必死に話しかけてもそうだなと必要ないくらいしか言わないし…ホントに冷たい奴なのか?とか思っていたら。

 この服、似合ってますか?必死の問いかけもスルーされたと思い、涙するリサに帽子をプレゼント。服に合っていて良かったと言われて、今度は感涙。
 ルークはとことん不器用なだけか。というか、今回の場合、帽子を渡すタイミングがつかめずに内心テンパっていてそれで生返事になっちゃってたのか?

 とりあえず、めでたしめでたし?

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2009/11/01

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第三十話

 ロイの師匠はリザの父。そして彼の辿り着いた究極の錬金術の錬成陣はリザの背に刻まれていた。むごいことを。おまえは、どろろの父親か!?

…と某所で発言したら分かりづらいと言われました。数年前に映画もあったじゃないか…とよく考えたら映画にそんなシーンはなかったな。ごめんなさい。

 イシュバール殲滅戦。軍人は戦場に出たら敵を殺すのが仕事。その覚悟があったから軍に入ったのだろう?お前は敵を狙撃してそれが命中したときに達成感を感じたことがなかったとはっきり言いきれるのか?

 正論だな。徴兵された一般人ではなく職業軍人なのだし。相手の命を奪い、それを背負う覚悟もなく、本当は殺したくなかったなどと言うのは、その死を無駄にする行為であり、死者への冒涜なんだよ。この偽善者!てか。

 ま、その説教たれてる本人が快楽殺人鬼っぽいんだが。

 ヒューズはこんなところで遠大な死亡フラグを立ててるし(--;

 賢者の石はイシュバールの民数万人単位で作成された物かと思ってたけど、意外と材料になった犠牲者は少ない?アレは最初の最小限の核で、その後、それを使って莫大な数を取り込んでいったのか?

 自分の命で他の民を救って欲しいとのイシュバール長老の和解交渉をブラッドレイは却下。長老だろうと何だろうと命の重みは一人分。それが残り5万人の民の命と釣り合うわけがない。
 シチュエーションが違えば名言なんだろうに。

 かくしてイシュバールは滅ぼされた。後に残ったのは死体の山と血の海と破壊し尽くされた廃墟と砂の大地。

 ロイの目的。それは軍のトップに登り詰め、軍部に掌握されている議会を解放し、民主主義国家に変革すること。
 そうなれば、自国民に対し非人道的な虐殺を行ったイシュバール殲滅戦に参加した者は戦犯として裁かれることになる。それはこの国の根本的な浄化には必要なこと。

 当然、その対象にはロイも含まれている。国を正常に戻すためにトップを目指し、そしてその後は今までの腐敗と暗部を一掃するために、自ら諸共根本的に消し去る覚悟。

 某所でゼロレクイエムとか言っちゃったけど、別の自ら悪を演じて粛正される訳じゃないから違うな。脊髄反射で発言しちゃダメだよ、自分。

 英雄は死んで名を残す。平時に英雄は不要だし、為政者にとっては脅威にしかならないしな。

| | コメント (0) | トラックバック (22)

うみねこのなく頃に EP3再考察

 この記事はEP5までの赤字を足がかりにEP3の魔法殺人を再構築しています。というわけでEP5までのネタバレが含まれますのでご注意を。

「斜体表記はドラちゃん発言と言うコトデ」

・第一の晩(数珠繋ぎの連鎖密室・金蔵、源次、紗音、嘉音、熊沢、郷田)
(マスターキーの本数は)各使用人が1本ずつで5本だ。
・ ちなみに、6つの部屋の扉や窓はいずれも普通。オートロックのような鍵を使用せず施錠できるような仕掛けは存在しない。
・ 金蔵、源次、紗音、嘉音、郷田、熊沢の六人は死亡している!
・ 6つの部屋には誰も隠れていない!
・ 6人は即死であった!
・ 室内には犠牲者しかおらず、それ以外の人物は室内には存在しておりません。
・ 6人はトラップで殺されてはいない

・ 6人は全員他殺である(復唱拒否)
・ 6人は誰も自殺していない!!
・ 6人の中に事故死は、(ロノウェが復唱を阻止)
・マスターキー5本は全て、5人の使用人の懐よりそれぞれ発見された! 個別の鍵は死体の傍らの封筒の中に! つまり、連鎖密室にかかわる全ての鍵が、連鎖密室内に閉じ込められていたわけだ!! ドアの隙間だの窓の隙間だの通気口だのッ、そんなところを使って密室外から鍵を戻すことなど出来ぬぞ!!(EP4)
(金蔵を除く)彼ら全員には致命傷となった銃創と思わしき傷痕があったぞ! 室外からの殺害は不可能だぞ!! さらに赤を重ねようぞ! 金蔵を除く5人の殺人の際、殺人者は必ず同室していた! 自殺者がいないことは当時に赤で宣言済みだ!!(EP4)

 戦人は第一発見者が鍵を遺体に戻したと青で宣言。直接否定はされてないが、ラムダの口調だと間違っている可能性が。というわけで、
 犯人は、使用人5人を殺害した後、マスターキーにてそれぞれの部屋を施錠。ただし、礼拝堂はマスターキーでは施錠できないため礼拝堂の鍵を使用。その後、金蔵をボイラーに放り込み、封筒に礼拝堂の鍵を入れて裏口から脱出した!

「隠し扉が存在することを許しマセン。」

 ボイラー室に裏口があることはEP1で示されている!よって、裏口は「隠し扉」に当たらない! 

「ノックス第3条。秘密の通路の存在を禁ズ!探偵の発見できない通路は秘密の通路デス。よって、探偵に発見できない侵入口は存在しないのデス!!」

 この現場検証に戦人は同席していない!探偵でない者は扉を見逃すことが許される。よって、犯人は裏口から脱出可能だ!

 犯人は…金蔵を焼くことができる者は蔵臼と夏妃しかいないが動機がないな。

・第二の晩(薔薇庭園・真里亞、楼座)
・ 楼座と真里亞は死亡した
・ 死因は南條の見立て通りだ
・ 楼座と真里亞の二人は他殺です
 わし(秀吉)はずっと部屋におったで。事件の前後の時間帯は全てや

 絵羽のアリバイは一切証明されていない。よって絵羽の犯行で説明可能。

「真里亞は絞殺デス。楼座が殺されたのにその場で殺されるのを待っている訳がありマセン。逆に楼座が真里亞が絞殺されるのを黙ってみている訳がありマセン!」

 真里亞は同盟関係にあるベアトリーチェを決して疑わない。楼座を先に不意打ちで殺してしまえば、残った真里亞は相手がベアトリーチェを名乗れば、無条件に信用し、黄金郷に行けると信じているが故に無抵抗で死すら受け入れる!

 銃を残して置いたのは、秀吉に渡ることを見越してか?

・第四~六の晩(玄関ホール・留弗夫、霧江、秀吉)
・ 霧江は食料はいらないと考えていた
・ ゲストハウスを出ないべきだと主張していた
・ 食料を取りにゲストハウスを出ようと提案する
・ その心変わりの理由は、誰にも語られておらず、また記されてもいない
・ 霧江はね、死ぬ最後の瞬間まで“食料を取りに行かない=屋敷に行かない”という行動式を維持していたわ
・ 霧江は何も書き残していない

 秀吉を問いつめるためだった、という戦人の主張をエヴァは切り返せず。
 霧江が何も書き残していないからこそ否定不能。タバコの吸い殻という物的証拠がある以上、戦人の主張通り。

「それなら、秀吉に銃を持たせる理由が在りマセン。」

 秀吉を油断させるためだ。そして、食料が重くて霧江には運べないことを理由に、秀吉が食料を持ち、銃を霧江に渡すという自然な流れを装った。
 その後で秀吉を問いつめたが、そこに犯人が乱入して争いになり、留弗夫、霧江は致命傷を負った。秀吉は犯人をかばったか、もしくは去り際に瀕死の留弗夫か霧江の最後の銃撃で致命傷を負った。

・第七~八の晩(東屋・蔵臼、夏妃)
 コーヒーに睡眠薬を混ぜ、眠らせてから絞殺したならば、二人同時に、二階の戦人達に気付かれることなく犯行が可能。

「ノックス第4条。未知の薬物、及び、難解な科学装置の使用を禁ズ!!」
「ノックス第8条。提示されない手掛かりでの解決を禁ズ!!」

 睡眠薬は未知の薬物ではない。睡眠薬は南條から入手可能。頭痛持ちの夏妃が常用している可能性もある。

・客間・譲治
・ 譲治はゲストハウスの階段を降りてはおらぬ。
・ 外部へ通ずる窓も扉も全て内側より施錠されていたぞ。
・ しかもそれらの施錠は全て、外側からは不可能!

 戦人の主張通り、譲治が窓から脱出後、誰かがそれを施錠した

「ノックス第8条。提示されない手掛かりでの解決を禁ズ!!」

 この窓は風雨が吹き込まない位置にあったと語られている。よって単なる締め忘れだと思い、誰かが意図せず施錠し直すことはあり得る。

「客間は施錠されていマシタ。譲治はどうやって客間に入ったと言うのデスカ?」

 愚問だ。第一の晩死体発見時に割った窓から侵入できる。犯人も同様だ。密室ですらない

・第九の晩(使用人室前・南條)
・ 朱志香負傷後。絵羽は常に戦人の監視下にあった。戦人は犯人でもなく共犯者でもない。よって絵羽の完全なアリバイを証明できる
・ この島には19人以上の人間はいない
・ 人間以外の生命は一切、このゲームに関係がない
・ 金蔵は死亡している
・ 蔵臼は死亡している
・ 夏妃は死亡している
・ 秀吉は死亡している
・ 譲治は死亡している
・ 留弗夫は死亡している
・ 霧江は死亡している
・ 楼座は死亡している
・ 真里亞は死亡している
・ 源次は死亡している
・ 紗音は死亡している
・ 嘉音は死亡している
・ 郷田は死亡している
・ 熊沢は死亡している
・ 南條は死亡している
・ 以上、15人は死亡
・ 戦人は生存している
・ 絵羽は生存している
・ 朱志香は生存している
・ 絵羽はあなたとずっと一緒に居たわ。だから犯行は不可能。もちろん戦人くんは犯人じゃないわ。アリバイ偽装なんてしてないし、彼女が犯人の可能性も考慮していたから、その行動は用心深く見張ってた。彼女には、不審なことをできるあらゆる可能性が存在しなかった!つまり、犯行時の使用人室には、南條と朱志香しかいなかったのよ。
・ 右代宮朱志香は殺人を犯していない

・ 南條殺しにかかわっていない!!
・ 彼女の目は完全に塞がれている。その彼女に殺人を行なうことは不可能よ
・ 絵羽と戦人も南條を殺していないし、かかわってもいないッ!!
・ 南條を殺した犯人は戦人でも絵羽でも朱志香でもない!!
・ 朱志香の目は完全に塞がれていて、彼女に殺人は不可能
・ 朱志香の体が起こした如何なる動作も、南條の殺人には関係・影響しない
・ この適用を戦人と絵羽にも広げるわ
・ 朱志香と戦人と絵羽は、南條を殺した犯人ではない
・ 南條は他殺よ
・ もちろん、トラップではなく、直接的な殺害方法よ
・  凶器を構え、それにて真正面の至近距離から殺した!犯人は、南條の目の前に堂々と現れ、そして互いに顔を見合わせながら、殺害したのだ…!!
・ 赤は真実のみを語るッ!!!
・ 人間以外の一切の要素は、このゲーム盤に関与しない
・ 南條を殺したのは、確かに人間である!!
・ 地に足のついた人間が、凶器をかざし、それにて殺した!眼前にて

 EP4での戦人の推理通り、赤字で死亡確認されていない者が南條を殺した後、この赤字宣言の前に死亡した

 アニメでは、赤字が大幅に削られたせいで、容易くこの結論に達することが出来るわけだが…だからこそミスリードである可能性も?単にEP4で戦人が主張するから分かり易いように単純化したのか?

・総括

 第一の晩を除き、犯人は絵羽で説明が可能。だが、ここでチェス盤をひっくり返すぜ!

 EP5での夏妃の扱いを見る限り、「アリバイがない=犯人」などという愛のない差し手をしてはいけないんだ!絵羽は真犯人にはめられただけの可能性がある

ノックス第9条。観測者は自分の判断・解釈を主張することが許さレル。しかし、今の戦人は探偵デス。探偵にその権利はありマセンッ!即ち、戦人を射殺したのが絵羽であることは否定できないのデス。」

 確かに戦人を射殺したのが絵羽であることは否定できない。だが、それは戦人が絵羽に自分の推理を突きつけて糾弾したために、自分が犯人だと思いこんでしまったからかも知れない。警察に激しい追求をされ、勝手に作られたストーリーを聞かされる内に、それを自分がやった気になって認めてしまう…冤罪事件の典型だな。絵羽の精神状態が普通ではなかったことは繰り返し描写されている。それに、戦人殺し=他の全員殺しなどという式は成立しない!

 それと絵羽が真犯人をかばっている可能性がある。自発的にか脅されてかはともかくとしてな。探偵が犯人を生み出してしまうと言う皮肉。強烈なアンチミステリー描写なのだとすら言える!

「絵羽が犯人でないのならば縁寿に恨まれてまでそれを死ぬまで秘匿し続ける理由がありマセン。ノックス第8条。提示されない手掛かりでの解決を禁ズ!!

 それについては、ゲーム盤の外の話だ。それを証明する義務もないし、否定される謂われもない。それにこのゲームは、全ての殺人が魔法ではなくニンゲンで説明できることを証明することが主旨のはずだ。誰が犯人なのかは問われていない。

 というわけで、今回はここで閉廷だ。シーユーアゲイン。ハバナイスディ!

「…それは書き逃げというものデス。デス。デスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデスデス! Die the death! Sentence to death!! Great equalizer is the deathッ!!」

 EP5以降はフーダニット、ハウダニット、ホワイダニットを揃えないといけないようですが、現時点ではまだ、そこまで至ってません。ごめんなさい(--;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささめきこと 第四話

 女の子が好きな女の子のための部活「女子部」。その発想はなかった。

 汐にとっては天国だけど、純夏にとっては生殺し放置プレイに更に拍車が!

 そして、朱宮が健気すぎる(T-T)

 でも、部ってことは学校の認可が必要だよね?とか思っていたら案の定。教育機関として認可できるわけがないよな。むしろ認可する方が大問題。

 しかし、目的そのまま正直に書いて申告したのか?今更目的を偽って申告し直しても手遅れだよなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (7)

11月01日のココロ日記(BlogPet)

理詰めで考えても新しい記事はかけないのです

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »