« 化物語 第十話 | トップページ | ハヤテのごとく!! 第二十四話 »

2009/09/12

涼宮ハルヒの憂鬱「涼宮ハルヒの溜息 V」

 止まらないハルヒの妄想による現実浸食。

 しゃみせんはやたら哲学的なことを言ってるなぁ…

 ともあれ、これを止めることが出来るのはキョンだけ。みくると古泉はなりふり構ってられなくなってきたらしく、それぞれキョンに接触して相手陣営を牽制。

 目的が観察である長門は中立だが、自分が例え真実を語っても貴方にはそれが真実なのだと判定する術がないとけんもほろろ。
 赤字で復唱要求!

 キョンの発案でハルヒ自らにこの物語はフィクション云々を語らせることで劇中設定の全てを否定させ、世界を元に戻すことには辛くも成功。キョンが世界を救ったことになるのか。

 後日、喫茶店でキョンはみくる達の正体をハルヒに暴露するが、ハルヒはそんな都合のいいことがあるわけがないと信じないばかりか怒り出す始末。
 額に手を当てて溜息を吐くキョンの図が最終回ぽいな。

|

« 化物語 第十話 | トップページ | ハヤテのごとく!! 第二十四話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

終了・す 涼宮ハルヒの憂鬱 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/46188187

この記事へのトラックバック一覧です: 涼宮ハルヒの憂鬱「涼宮ハルヒの溜息 V」 :

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第24話 「涼宮ハルヒの溜息 V」 [ゼロから]
黒猫でなく、三毛猫を捕まえる涼宮ハルヒ。魔法使いには、黒猫だけど宇宙人には、三毛猫といったところでしょうか。 [続きを読む]

受信: 2009/09/12 21:52

« 化物語 第十話 | トップページ | ハヤテのごとく!! 第二十四話 »