« 懺・さよなら絶望先生 第十話 | トップページ | CANAAN 第九、十話 »

2009/09/06

戦場のヴァルキュリア 第二十三話

 アリシアのおかげで連戦連勝のガリア軍。そりゃビーム一斉掃射で終わりだもんな。

 ダモンはお調子者だけに調子に乗せると手に負えない(--;

 マクシミリアンは幻獣に絶対の自信を持っているらしく、もはや自分は準皇太子などではなく一国の王だとかなんだとか。その言動にはイェーガーもついていけず。

 セルベリアは体調不良で伏せっているらしい。アリシアの事を思い出して戦いたくないと思ってる?イェーガーにいつか故郷を開放したいと聞かされて何かを吹っ切ったようだけど。

 セルベリアはマクシミリアンのために最期まで戦う気みたいだけど、マクシミリアンはもう幻獣の方に頭が行っていてセルベリアからは心が離れてるような。

 コーデリアがファルディオに語るランドグリーズ家の秘密。ファルディオのせいではない。全ては私たちの責任…一体何が?

 アリシアのコーデリアへの願い。それは第七小隊のみんなとファルディオを無事故郷に帰すこと。コーデリアはそれを受けて、第七小隊に自分の護衛を勅命。

 守りながらは戦えないとか以前に、これ以上、自分の化け物ぶりを見て欲しくないと思っての事だろうし、実際、現時点じゃ第七小隊は何の役にも立たない足手まとい(ガリア軍全てにも言えるけど)だしな。アリシアを支援し、共に戦えるだけの何かがないとなぁ…

 ぶっちゃけ、双方にこれ以上余計な犠牲者を出したくないと考えるなら、アリシアとセルベリアの一騎打ちで勝敗を決めるのが一番被害が少ないよな…
 幻獣という切り札のあるマクシミリアンが承諾しないだろうけど。

|

« 懺・さよなら絶望先生 第十話 | トップページ | CANAAN 第九、十話 »

終了・せ 戦場のヴァルキュリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦場のヴァルキュリア 第二十三話:

» 戦場のヴァルキュリア 第23章「愛のかたち」 [つれづれ]
「僕、行きます!」勢い良く立ち上がったカロスが格好良かったですね。正直このメガネ君は誰?って感じでしたけど。そこは良かったのですが、その後が気の毒すぎますね。提供のところまで…。 ... [続きを読む]

受信: 2009/09/06 18:22

» 戦場のヴァルキュリア 第23章 [サイネリア~わたしのひとりごと~]
【タイトル】「愛のかたち」 作  画  :7(イサラの笑顔に) ストーリー :7(ガリア側と帝国側の人間ドラマもついに決着か) 演  出  :9(アリシアとセルベリアの愛のかたち) 燃  え  :8(いよいよ竜虎相打つ) ====================================================== 【批評・感想】 本国へ帰還する気がさらさらないマクシミリアンの狙いであるが、帝国という国にこだわっていないような気がする。ガリア公国への侵攻にこだわ...... [続きを読む]

受信: 2009/09/09 00:18

» (アニメ感想) 戦場のヴァルキュリア 第23話 「愛のかたち」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
戦場のヴァルキュリア 3 [DVD]クチコミを見る アリシアは階級が大尉になり、正式に正規軍所属の身となった。第7小隊から離され、次々と戦いに駆り出される。一方の第7小隊の面々は、これまでアリシアと過ごしてきた日々を思い返し、最後に傷つけてしまったことを悔いていた....... [続きを読む]

受信: 2009/09/12 14:51

« 懺・さよなら絶望先生 第十話 | トップページ | CANAAN 第九、十話 »