« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009/09/29

かなめも 第十三話

 新人が入ってくるかも知れない、ということでその見本になるべく、まずは自転車に乗れるようになろうとかなは特訓開始。

 最近遅刻が多いし、授業が終わったらすぐに帰ってしまうかなを美華は不思議に思うが、それをクラスメイトが男が出来たのだと吹き込んだ物だから大変なことに。

 なぜか、仮想自転車レースをすることに。交差点は一時停止とか、トラックに轢かれたから遺言だとか黒い、黒いよ、かな…原作だと美華をからかうときは黒いらしいな(--;

 ジョニーって金魚か…

 絵日記のノートがそろそろ終わり。今までを振り返って読み返す中で、空白のページが。ページがくっついていて飛ばした…わけじゃなく、おばあちゃんが亡くなった日と家から逃げ出した日か。いつかこのページを描ける日が来るんだろうか?それとも、ずっとこのまま?

 新しい日記帳を買いに行ったものの、気に入った可愛い日記帳は2,980円。偶然居合わせたゆめが買ってあげようと提案するも、理由がないとかなは拒否。でも、未練はあるようで。

 お使いのおつりも受け取らないかなに、みんなは策を巡らせる。理由がないから受け取らない、小銭をあげても別の物に使ってしまう。なら、お手伝いのお駄賃を貯金箱に貯めて置いて貯まったところで渡せばいい。その策は見事に成功して、かなは可愛い日記帳をゲット。みんないい人だよなぁ…

 あぁ、そういえば新人のこと忘れてた。採用されたのかな?

 ジョニーに対抗心を燃やす美華…ガンバレ(--;;;

・総評
 脳天気に振る舞ってはいるが、それぞれ重い過去を背負ってるっぽいみんな。でも、具体的には触れられることはなく。かといって逃避してる風でもなく、なんだか不思議空間を形成。

 かなの理由のない疎外感は、まりも姉さん?との出会いで一応は払拭されたんだろうか?見ている限り、かなはみんなに大切にされてるし幸せなんだと思うけど…いきなり天涯孤独になったトラウマはやっぱり大きいのか。

 とかシリアス方向に考えるとどんどん暗くなっちゃうけど、明るい方向に目を向ければ、ガチ百合に超甘党に幼女愛好家の酔っぱらい変質者に守銭奴に営業スマイル詐欺師幼女…よくもまぁ、これだけの変人を集めた物だ(--;

 スタッフの皆様、お疲れさまでした。とても楽しかったです。

ストーリー:3
キャラクター性:5
画:4
演出:3
音楽:4
総合的な評価:4
総合点:23

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2009/09/28

咲-Saki- 第二十五話

 何故、別々の方向から…中央に共有スペースの広間があって、入ってきた方向に、それぞれの学校別の部屋があるって事?

 妄想要員・京太郎。居残りなのかよ(T-T)
はぎよしは、執事たる者、麻雀位できなくてどうします?ってこと?

 先に温泉に行ったのは間違いだったらしい。旅の疲れと湯当たりで脱落者続出。

 かじゅとステルスは二人きりで温泉。まるで周囲のことを気にしてねぇ…

 ビギナーズラックにリベンジのはずが…いつまでビギナーなんだよ!?

 咲と和も二人で温泉。黒いよ、そして白いよ。かじゅとステルスは朝もか!?

 主要キャラ集合で温泉作戦会議。咲は姉が「妹はいない」と答えていたと聞いて大ショック。でも、和のプロポーズ?で復活。指輪ならぬお守りの交換して、咲さん、和ちゃんと呼び合う仲に。もう籍を入れてしまえばいいよ。

 全国は…全員化け物なんですね。コレホントに麻雀か?

・総評
 何はなくとも超人麻雀。いかに相手の能力を看破し、その弱点を見破るか?という戦いの内はともかく、最後の方はお互い致命的な必殺能力過ぎて、力押しで押しきる感じだったのはどうなんだろう?
 透華は結局噛ませ犬だったし(--;

 咲と和のラブストーリーとしては大団円だったけど。

ストーリー:3
キャラクター性:4
画:3
演出:4
音楽:3
総合的な評価:4
総合点:21

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2009/09/27

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第二十五話

 グラトニーに飲み込まれたエドは、その中でリンと再会。お互いエンヴィーの変身ではないかと疑うくらいの緊張感は持続。

 建物の残骸と白骨化した遺体、そして一面の血の海が全て。出口どころか壁すらない広大な空間。

 走り回った末に出会ったエンヴィーが語るには、ここに出口なんてない。グラトニーはお父様が作った真理の扉の失敗作。

 真理の扉を作ろうとした、ということは真理の扉自体、誰かが作った物なの?

 イシュバール殲滅戦の発端となった少女を撃った将校はエンヴィーが変身した物。こんな可愛い娘を…許せねぇ!

 どうあがいても脱出不能だというエンヴィー。せめてもの暇つぶしにと本来の姿を現してエドとリンを襲う。どうせ外には出られないのだから殺してしまっても良いのだろう?

 エンヴィーの本来の姿は恐竜?変身してもこの質量は保存されているらしい。

 一方、グラトニーもエンヴィーとエドを飲み込んでしまって困っていた。自分の意志ではき出すとかも出来ないのか。アルが上手く誘導してお父様のところに案内させることに。

 ロイは息子のことを話題に出して大総統を牽制するも、息子は私にとって人質にならんとかわされた上に、逆に部下を散り散りに人事異動させられてしまうことに。
 更にリザは大総統の秘書に。

 人事権を持ってる奴が最強か…個人は組織には勝てないの典型だな(--;

 先手を打たれてロイは完全にがんじがらめ。でも、チェス盤をひっくり返せば大総統もここまでしなければならないほど余裕が無くなっているということか?息子を関わらせたくない?それとも単にウサギを狩るのにも全力を尽くしたというだけ?

| | コメント (0)

戦場のヴァルキュリア 第二十六話

 アリシアを救うため、マーモット内部に突入した第七小隊。しかし、その防衛網の前に、一人、また一人倒れていく…とはいえ、これでも防御が甘すぎな気が。要塞ではなくあくまで戦車で内部に潜入されることは想定されて無かった?

 聖槍の力を利用した人造ヴァルキュリア装備に身を包んだマクシミリアン。これでヴァルキュリア人と同等らしい。槍と盾がなく、しかも疲弊したアリシアを相手にそんなことを言われてもなぁ…

 結局アリシアにヴァルキュリアの力を過剰に流し込まれて装備はオーバーヒートして破損。でも、組み付かれた時点で取り回しが効かないから、ナイフで一突きとかで終わりだよねこれ。

 自ら縦穴に落ちていくマクシミリアン。これで炉心がメルトダウンして大爆発…しないのかよ(--;

 アリシアは暴走状態に。このままではセルベリアのように爆死するところだったが、ウェルキンのキスで回避。ま、コレはお約束だからいいけど。

 ダルクスの災厄ってもしかして聖槍の力を扱いきれずに暴走したヴァルキュリア人が次々に爆発したってのが真相なのか?だから滅びちゃったとか?

 第七小隊の他の面々はいつの間にか脱出待避済み…いいのかそれで?

 帝国とガリアは休戦。コーデリアがダルクス人だと国民に明かしたようだけど大丈夫なのかコレ?ダルクス人の権利回復とか色々大変なことになると思うが。

 イェーガー、ちゃっかり生きてる?あれ、ファルディオは?ホントに死んじゃったの?

 そいや、エーデルワイス号はどこに行ったの?

・総評
 前半はエーデルワイス号、後半はアリシアと、終始超絶戦力を有していた第七小隊。勝ち続けてこられたのはウェルキンの指揮ではなく、機体性能差による力押しが大きいよなコレ…

 イサラがシナリオに殺され、エーデルワイス号は途中でお払い箱に。ザガが来た意味は?ロージーのフラグだけ?

 セルベリア出陣後はもう、戦略とかまるで関係なくなっちゃってるし。マップ兵器で視界内殲滅とかもうどうしろと?

 マクシミリアンがここまで無能だったとは…対してダモンは前線に出てくるのが向いてないだけで戦果はきちんと上げてるし名将ではあったらしい。ただ運がなかった。
 ダモンは悲劇の英雄として歴史に名を残しそう。

 途中までは良かったけど、後半一気に失速した残念な作品。陰影に特徴のあるゲームのグラフィックを取り入れた作画は目を引いたけど、肝心のストーリーがなぁ…
 第七小隊の面々も描写が少なすぎてどんな奴なのかよく分からないのが多かったし。イーディとか原作じゃ人気あるんでしょ?もったいない

ストーリー:1
キャラクター性:2
画:4
演出:2
音楽:3
総合的な評価:3
総合点:15

| | コメント (2) | トラックバック (15)

懺・さよなら絶望先生 第十三話

 細かい間違いには気付くのに、大きな間違いは案外気付かれない物。いくらなんでもこれは…むしろわざとだろ?という心理が。

 美術館で専門家だらけなのに絵が上下逆って、気付いても自分が間違ってるんじゃないかと思っちゃうだろうしな。

 自虐ネタも多いなぁ…というか、他の作品とかにうかつにつっこめないんだろうけど。

 むしろ、スルーしてあげる優しさ?

 芽留の件は、単行本で芽留の全身カット1ページがまるまる抜けてたって事?確かになくても話通じちゃうしなぁ(--;

 風に飛ばされた霧の愛着のある安心毛布。それを探す話だったはずが…

 色々やばすぎてつっこめないよ!?最終回だからって飛ばしすぎ…ま、いつものことか。

 流行語大将。完全な出オチ。それを良くここまで引っ張る物だ。

 選ばれて初めて知る。流行だから後は廃れるだけ…つまり選ばれた瞬間に既に敗北決定。刹那の栄光か(--;

 清彦の夜。スタッフは完全に力を入れるところを間違ってると思います。

・総評
 …とはいっても、相変わらずと行った印象。安心して見ていられる作品…なのかな?
 スタッフの皆様、お疲れさまでした。あまり無理はしないで下さい。では、来世でお会いしましょう。

ストーリー:4
キャラクター性:5
画:3
演出:5
音楽:4
総合的な評価:5
総合点:26

| | コメント (0) | トラックバック (11)

真マジンガー 衝撃!Z編 on television 第二十六話

 ドクターヘルの最後の切り札・地獄王。武器はエネルギー吸収と反射?

 光子力ビームを吸収しつくさんとした地獄王だったが、内側からの攻撃で吸収システムを破壊されてしまう。やったのはあしゅら男爵に手引きされた甲児。

 トリスタンとイゾルテは本当は完全な状態で保存されていた。それを薬で半身を腐らせてから一つにし、恩を売る。全てはミケーネの情報を語らせるために。
 そして、同じく保存されていたミケーネの民を全て虐殺。その血はゼウスの裏切りを壁画として描く。自分たちが死して尚、それを語る執念故に。

 ドクターヘルの自作自演を知ったあしゅら男爵は甲児達に協力。柱から出て以来のことは全て女将とあしゅら男爵の計画だった。決闘の約束を反故にしたのも全部計画の内だったと。

 初めは小石がぶつかっている程度だったロケットパンチ。マジンガー軍団の中に隠されていたそれは、甲児の指揮の下、一点集中で地獄王を貫く。雨粒もやがては岩に穴を空ける?そして、ビッグバンパンチでトドメ。

 しかし、大勝利と思われた瞬間、天が俄にかき曇る。

 ドクターヘルは甲児達など相手にしていなかった。彼の敵は初めからミケーネ。地獄王はミケーネと戦うための決戦兵器だった。地獄王が光子力を手に入れたなら、ミケーネと互角に戦えるはずだった。それを甲児達は破壊してしまった…

 それだったら初めからそう言えよ!地獄王完成まで、それを気取られないようにする必要があったとか言うのか?それで真相を語る前に死んで目的も果たせないんじゃ全てが無駄じゃないか。もしもの為の予防線くらいはっとけよ。絶対に成功する自信があった、とかいうのはただの驕りだぞ?

 生け贄の血は既に捧げられている。ミケーネ完全復活の鍵はトリスタンとイゾルテの自害の血。ドクターヘルの暗示で今までは自害が許されなかったが、そのドクターヘルが死んだことによりそれが可能に。
 あしゅら男爵が自害するともに、空から柱に乗ったミケーネ軍団が。

 マジンガーはそれに破れたらしい。初めからバッドエンドなのは分かっていたとはいえ…どうすんのこれ?真グレートマジンガーとかに続くの?

・総評
 とりあえず、その場のノリと勢いと叫び声で全てを乗り越えた作品。整合性?何それ美味しいの?状態。いちいち指摘するのも馬鹿らしいというかむしろ無粋。

 確かにあしゅら男爵のあしゅら男爵によるあしゅら男爵のための物語だった。目的を完遂し、永遠の眠りに。もはや一片の未練もないだろう。まさしく今までのあしゅら男爵の集大成。

 スタッフの皆様、というかナレーションお疲れさまでした。

ストーリー:3
キャラクター性:5
画:4
演出:4
音楽:3
総合的な評価:4
総合点:23

| | コメント (0) | トラックバック (4)

CANAAN 第十三話

 ぶっちゃけ、これでカナンが勝っても、結局、どんなに努力しても天才には敵わないって話になっちゃうよなぁ…と思いながら見ていた。

 マリアは爆死…したのかと思ったら生きてた。どうやって助かったんだよ!?
そうか、ユンユンがこの土壇場で凄い能力に覚醒したんですね?

 アルファルド。お前が個人の目的のために動いたとき…お前はその名の意味、孤独を知る。孤高の戦士は誰にも理解されず誰も信じないと。

 光であるマリアを失ったはずのカナンに押され始めるアルファルド。マリアは光ではなく友達。それを聞いてアルファルドは戦いを中断、撤収しようとするが失敗。

 カナンはマリアをシャムの代わりに光に据えてその呪縛を断ち切ったのではないと知ったアルファルド。
 アルファルドはシャムを殺したときに既に心が死んでいたのだと気付いたカナン。

 鉄橋の上、列車から転落したアルファルドの腕をカナンは掴むが、アルファルドは自らの腕を銃撃で引きちぎり落下。
 カナンではなく、シャムと同じ入れ墨の入った自分の腕を撃ったことがアルファルドがシャムの呪縛から逃れた証か?

 カナンの隣に立つことが出来なかったと落ち込むマリアに御法川は心なら寄り添えると諭す。心だけ側にいる?

 そして、カナンの次の依頼のターゲットは片腕の女。二人の戦いは永遠に続いていく?

・総評
 アクションシーンは超一流、ストーリーは…結局よく分からなかったなぁ。
なんか、カナンよりアルファルドの方に肩入れしたいんですけど

ストーリー:2
キャラクター性:3
画:5
演出:4
音楽:4
総合的な評価:3
総合点:21

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/09/26

1980円の君~I am a software.~

 

窓の杜で『ウイルス対策ソフトがヒロインの恋愛アドベンチャーゲーム「1980円の君」 』というフリーソフトが紹介されていたのでやってみましたよ。
 この記事自体、結構前の物なので今更感がありますが…

 ウィルス対策ソフト擬人化サウンドノベルということでウィルスと戦う萌ヒロインを想像していたら、まさかの純愛系ですよ?

 選択肢無し1~2時間くらいで読み終えることが出来るので、興味のある方はDLして読んでみることをお勧めします♪

作者様のサイト Physics/Games http://www.novelgame.org/

以下、ネタバレ感想。

 せっかくネットで拾ってきたお宝を問答無用で削除するウィルス対策ソフトうぜぇ…と感じる主人公。でも、それは大切なマスターを守ろうとするからこそ。
 そう考えると頑張り者のウィルス対策ソフトが可愛く感じられるという目から鱗の発想が凄い。

 もくじで初めから各章のタイトルが見られるので、それでいろんな有名なウィルスと戦って、更新期限までマスターを守り抜いて消えていくのかなーと勝手にストーリーを想像していたら…「こいぶみ」とか絶対LoveLetterウィルスだと思ってたし。

 このソフトはどこで買えますかー!?とか思ってたら、彼女は実は…という大どんでん返し。更新期限までに何とかしなくては、という緊迫感は主人公にもの凄い早さでJAVA言語を修得させていったが…

 世の中はそんなに甘くない。でも、諦めたらそこで終わり。強大な意志は運命を強固にし、限りなく絶対を生み出す、というわけで努力の魔女・大ラムダデルタ卿の「絶対」の加護を受けて、友人の協力の下、彼はついに悲願を達成。
 こう来るか…そして、まさかの友人の活躍に漢の友情を見た(T-T)

 長い年月をかけて努力の末に約束を果たした主人公に賞賛を。そして感動した!
この先、まだまだ困難はあるだろうけど、二人一緒なら大丈夫だよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PandoraHearts 第二十五話

 オスカーはオズにベザリウス家に戻ることを勧め、渋る彼に、彼を否定した父・ザイが成人の儀以来、行方不明であることを告げる。

 オスカーはザイが四大公爵家の当主の証であるチェイン、グリフォンと契約したまま行方不明になったことでオズに当主継承することもままならないと明かすが、オズは食堂の壁画を見て、自分をアヴィスに落としたチェインこそがグリフォンだったのだと気付いてショックのあまり引きこもりに。

 ギルもそれがグリフォンだったのだと気付いていたよう。顔も見ているんだし、ザイで確定じゃないか。オズを気遣って隠してた?

 引きこもったオズにしびれを切らしたアリスは部屋に乱入。お前は誰かに認められなければ存在できぬのか!?と叩きつける。それを聞いてオズは何か吹っ切れたらしい。

 バスカヴィルの本拠地って調べたらわかるような物なのか?

 それとおぼしき場所はサブリエ。確かにこれ以上相応しい場所はないけど。そして、そこに待ちかまえていたのはバスカヴィルの民とグリフォン。

 グリフォンは相手をアヴィスに落とすことに特化したチェインなのか?ギルはレイブンを出した方がいいんじゃ?この期に及んでビーラビットの封印が解けるからとか行ってる場合じゃないと思うけど…レイブンがいればすぐ帰ってこられるんだろうけど、この時間に戻ってこられるとは限らないんだよね?

 ビーラビットの封印を自力で解いたオズ。そしてグリフォンを一撃で屠るビーラビット。いくら何でもあっけなさ過ぎるからグリフォンは偽物か、やられたフリ?

 人一人の存在を否定することは正しいことではない。だが奴の存在だけは否定しなければならない。さまなくば…ザイはザイで個人的理由ではなく、何かのために動いてる?

 姿を現したザイにオズは宣言する。俺は前進を止めない。俺が何者であろうとも俺自身が俺を肯定する。俺はオズ=ベザリウスで在り続ける。

 これは謎だらけのおとぎ話。しかし、その物語に流されるのではなく書き換えてやる。この物語の主人公は自分であり、そして著者でもあるのだから…

・総評
 最初は何もわからない上に展開も遅く、何をちんたらやってるんだ?といった印象だったが、アヴィスから戻ってきたら一気にアクセルオン。十分な助走が効果を発揮して、見事に大空に羽ばたいた。謎の答えは小出しの上、新たな謎が更に追加されてむしろ増え続けていたけど。

 オルゴールの音色が印象的な作品だった。あの曲自体が謎の核心ぽいけど。

 原作が完結してないので終盤はアニメオリジナル。それは仕方がないが、あまりにも唐突だったな。例えるとゲームでメインルートを突き進んでいたけど、どこかでフラグを立て間違えて(もしくは初回は強制的に)、個別ヒロインルートに入れずに共通ノーマルエンドに来ちゃったみたいな?謎の解決は全て次回のプレイ以降で!てか。
 とりあえず一応の区切りはつけたか。第一部完。俺たちの戦いはこれからだ!そのものだけど。
 スタッフの皆様、お疲れさまでした。原作完結が見えたら完結編をお願いいたします。

ストーリー:3
キャラクター性:4
画:5
演出:4
音楽:5
総合的な評価:5
総合点:26

| | コメント (0) | トラックバック (9)

うみねこのなく頃に Episode III-II

 母に手ひどく叱られて家出した楼座。行く当てもなく森を彷徨う内に辿り着いた隠し屋敷でベアトリーチェに出会う。

 何のつもりだ?と警戒する戦人を見て、ベアトはやはり信じぬな…と落胆したように告げて席を外す。せっかく「人間のベアトリーチェ」という犯人役を押しつけるのに打ってつけの駒を出したのに戦人が喜んでくれなくてしょげてるのか?

 席を外したベアトに代わり、ロノウェは赤字で語る。
六軒島の中には、九羽鳥庵という隠し屋敷が実在します
1967年の六軒島の隠し屋敷に、人間としてのベアトリーチェさまが存在した

 純真無垢なこのベアトは楼座の話に興味津々。楼座に誘われるがままに屋敷の外へ。しかし、一回、足を滑らせて崖下に落ちそうになったことにまるで学習せず、再び足を滑らせて今度はホントに転落するという文字通り致命的なドジッ子ぶりを発揮し、頭を強打して即死してしまう。あのドレスじゃ足下見えないというのはあるんだろうけど…

 楼座は罪悪感に苛まれるが、ベアト本人は金蔵によって作られた肉の檻が破壊されたことで魔女としての記憶と魔力を取り戻しむしろ感謝していたらしい。

 せっかくの19人目をあっという間に失った戦人に戻ってきたベアトが追い打ち。
(人間のベアトは)間違いなく死んでいる
この六軒島には19人以上の人間は存在しない

 これにより、戦人は18人の内の誰かを疑うか、魔女の仕業と認めるかの二択を強要されることに。

 今回の金蔵は第一の晩の犠牲者に。チェスの勝敗に生死を賭けていたのか?

 紗音は既に達観の域に。譲治に贈られた指輪に指を通した時点で永遠の誓いは済んでいる。何の未練もないと語り、未練に囚われるベアトを醜いと哀れむまでに。EP2とはまるで立場が逆転。抵抗する事自体がベアトを楽しませることになる。無抵抗こそがベアトへの一番有効な反撃?

 嘉音はルシファーの慢心の隙を突いてそれを打ち破ることに成功。ルシ姉、もしかしてノーブラですか?

 続けて召喚された残る煉獄の姉妹達は不甲斐ない長女を言葉責めにした後、嘉音に襲いかかる。紗音がバリアでそれを防ぐが、源次が二人が嬲り殺される前に安楽死させ、自分もロノウェの手で安楽死。
 これは現実的に考えると源次が二人を殺した後に死んだ、と受け取って良いのかな?

 郷田は厨房で煉獄の七姉妹に一斉に襲いかかられて特に見せ場もなく死亡。そして、七姉妹の次のターゲットは熊沢に。

 しかし、熊沢は七姉妹の攻撃をバリアで防いだばかりか、ベアトをあの子呼ばわり。

 お師匠様キター!

 六軒島に魔力が満ちてきたことにより、熊沢の中で眠っていた先代が遂に目を覚ます。暴走した不肖の弟子を諫めるため、熊沢の姿からかつての姿に変身した彼女の実力は果たして?その魔力はいまだに健在なのか?

 でも、ここで目を開いちゃダメだよ。天舞宝輪が発動しちゃうよ(しません

 今回は前半は何となくミステリーに見せかけておいて後半は一気にファンタジー一色になるどんでん返し。アンチファンタジーの反魔法結界の準備は十分ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2009/09/25

化物語 第十二話

 ひたぎ、全力で釘を刺しに来たのか?

 初デートが父親同伴。それなんて拷問?そして尋問?

 周囲に常に完璧を求められるプレッシャー。それが翼のストレスの原因?
つばさキャット関係あるのここだけか?

 準備をしてくると言われ、ひたぎ父と残された暦。歓談って一体何を?と思ってたら、父からしてみれば、こんなに楽しそうにはしゃぐひたぎは初めてらしい。そして暦を高評価。
 自分は何もしていないと暦は言うが、いて欲しいときにそこにいる事こそが重要だと父は語る。

 暦を誘うひたぎ。辿り着いた場所は空のまにまに?

 勉強と可愛い後輩、そしてこの星空。これが今の自分が暦にあげられる全てだとひたぎは語る。体は少し待って欲しい。あの時の下衆が自分にしようとしたことを暦にされるのはまだ抵抗がある。暦を嫌いになってしまうのが一番怖い…
 冷静に語っていたけど、やっぱりトラウマになっていたんだな。

 でも、あの下衆は私の体が目的だったからキスをしようとはしなかった。だからキスを…言い方に悩むひたぎがなんか可愛い。結局、「キスをしましょう」に。

 放送分はひたぎエンドで締めか。コレはコレで綺麗に締めたと思うけど、つばさキャットなのに翼が全く出てこないとは。前回も撫子に持って行かれてたしなぁ…ネット配信版では思う存分暴れられるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (41)

09月25日のココロ日記(BlogPet)

いつか、収まる配達がほしいです。ココロの夢です。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/24

狼と香辛料II 第十二話

 この商談が成功しても失敗してもホロと別れることになる。唯一、ホロと旅を続けられる可能性があるのはこの商談自体がご破算になること。そんな一縷の望みをホロに否定して貰い、未練を断ち切ったかに見えたロレンスだったが…

 ロレンスは教会の裏切りと陰謀を逆に利用しようとしていたエーブの策略を看破していた。一旦は優位に立ったロレンスだったが、結局、KOされて現金を奪われてしまう。しかし、エーブのせめてもの情けか、宿の権利書をロレンスに。

 そのおかげでホロを買い戻すことだけは出来たが、そんなヘタレッぷりをホロが許すはずもなく。でも、実はどうやらここまで全てロレンスの計算のうち?

 ホロとの旅の継続を確保しつつ、更に一発逆転の秘策有り?

 ロレンスが遂にホロにお前が好きだと告白。それにホロは責任が取れるのかや?と返答。どう聞いてもプロポーズです。(ry

 で、ここからどう逆転するの?まずは街を脱出してから?それとも行きがけの駄賃に?

…あれ?最終回だったの???後一話あるんじゃ…

・総評
 旅の終わりが見えてきたロレンスとホロ。それは即ちそれぞれの目的の達成。だが、それを素直に喜ぶことが出来ないのは、それが二人の別れも意味するから…そんな矛盾しか気持ちに気づき、翻弄される二人が描かれた今期。二人が出した結論は…

 とりあえず、ホロを責任を持って無事にヨイツに送り届ける、その契約の履行が最優先。後のことはその時に?

ストーリー:4
キャラクター性:5
画:5
演出:4
音楽:3
総合的な評価:4
総合点:25

| | コメント (0) | トラックバック (20)

2009/09/23

宙のまにまに 第十二話

 朝まで観測して昼まで寝てゆっくり温泉。合同合宿を思う存分楽しむ美星達。天気が悪くて朝方少ししか見られなかったらしいけど、ゲーム大会で交流も更に深まったよう。

 温泉での赤裸々なガールズトークはお約束。誘ってる?誘ってるよね?タオルをお湯につけるのはマナー違反ですよ?

 女風呂の方が高いところにあって、男側からは見えないけど女側からは覗き放題?

 波動砲を伝統に、って毎回遭難者出す気か!?とか思ったけど合宿ラストみたいな使い方もあるのか。でも、冬は吹雪で夏は霧。遭難しやすい土地なんだな…

 近江さんの猛アタックに、何でこんなに良くしてくれるんですか?とか言い出しちゃう朴念仁・部長。でも、さすがに気付いたよね?続きは春になったら!?

 最終日は快晴。でも、上空の風が強くて揺らぎが大きいので望遠鏡観測には向かないとか。それでも満天の星空は圧巻。

 美星父の形見のアイピース。本体は事故で破損してしまったけど、箱とかに朔と美星の落書きの残る思い出の品。それを望遠鏡に着けて土星観測。

 サブタイの星空ループ。もうすぐ再会した頃の春の星座が巡ってくる。そして、バトンは次世代へ…

 部長と近江さんは同じ大学でキャンバスライフを満喫ですか。近江さんの管理で部長の虚弱体質も改善…するのかなぁ?

 ふーみんは会長留任。てか選挙はいつなのよ?

 美星が部長襲名。前にも増してアグレッシヴな部になりそうだな。その前に最低一人新入部員をゲットしないと存続が危ないけど。あの勧誘だと一般生徒は引き気味で、来るのは余程の星猛者か何も考えてないノリだけの奴の二択になりそうだけど(--;

・総評
 どたばたコメディを主軸にしつつ、星空の魅力を十二分に伝えきった作品。見ているとプラネタリウムや天文観測に行ってみたくなる。
 部長みたいに本物の星空で星座にまつわる神話を語ってくれる人がいるといいなぁ。そう考えると部長って偉大な人だったんだなぁ。

 スタッフの皆様、素晴らしい作品をありがとうございました。

ストーリー:4
キャラクター性:5
画:5
演出:5
音楽:4
総合的な評価:5
総合点:28

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2009/09/22

真里亞@うみねこのなく頃に

Mixi_0909真里亞が描きたくなって突発的に。

でも、これネタバレか…

イラスト全体(ネタバレ注意)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/21

かなめも 第十二話

 今日はフリーマーケット。目標はその売り上げでエアコンを買うこと。なかなかハードルが高いな、と思ってたら、代理が営業スマイルでクラスメイトを籠絡して、不要品をタダで貢がせていた。恐るべし、代理。

 かなはお金を落としてそれを拾いに行き、振り返ったところで、スペース内でまりも姉さんの思い出話をしているみんなの姿を見て、そこに自分の居場所がないように感じてしまう。この期に及んで何でこんなに疎外感を感じているんだかなぁ…

 美華はいろいろドジをやらかして売り場から追い出されたらしい。本人に自覚がないのが一番の問題だと思うが(--;

 かなは、まりも姉さん?にぶつかってしまい、野菜を台無しにしてしまったことから、なし崩し的に彼女を手伝うことに。

 野菜を全品10円で売ったり、おばあさんに配達OKと請け負ったり、猫と会話したり、道なき道を歩いて金木犀のある場所に向かったりと自由気ままな行動をする彼女にかなは振り回されまくり。でも、何故か憎めない。代理が慕うわけもわかる気がする。

 結局、名前は聞けずじまい。でも、「まりも姉さん」はニックネームだから本名聞いても本人と確認できないのか。

 あれ?代理達に会っていかないの?

| | コメント (2) | トラックバック (14)

咲-Saki- 第二十四話

 透華、まだ出番あったのね。まだ決着が付いていないというのはさすがに同意しかねるが…いや、アニメスタッフの陰謀で噛ませ犬キャラにされてしまった感はあるけど。
 あれ?原作者監修してるんだっけ?じゃあ公認?

 タコスは試験勉強せずに試験を受けるという無謀なことをしたせいで見事に赤点で追試。その日は祭りだからとそれすらもばっくれようとするが、そんなことしたら補修決定で合宿に行けなくなると、咲、和、京太郎の三人がかりで勉強する羽目に。でも、全然やる気ねぇな(--;

 龍門淵、風越、鶴賀に合同合宿を持ちかける部長。龍門淵、鶴賀からは参加の返答があったが、キャプテンは自分一人のためにみんなを巻き込むのは、と返答を保留。

 でも、結局、池田達に説得されて参加を了承。電話では失礼だからとか理由をつけて部長に会いに来て至福のひとときを。

 タコスも何とか追試をクリアして合宿へ。で何するの?

| | コメント (0) | トラックバック (18)

2009/09/20

CANAAN 第十二話

 車がエンストしたため、電車で移動することになったカナン達。

 シャムが殺されたときと同じような状況を再現されて、カナンの共感覚はそれに敏感に反応。相乗効果で幻覚を見てしまう。

 お前は生まれ持った特異な感覚に頼り切りすぎている。それ故に真実が見えない。
 それは、以前、シャムに指摘されたことなのか?今見ているのは視覚情報なのか、それとも他の感覚が視覚情報として見えているだけなのか。

 超人という物が存在する。まるで殺し合いをするためだけに存在するような、それだけに特化した才能を持って生まれた存在。そんな奴と戦場で出会ったら、もうどうしようもない。諦めるしかない絶望…もはや突発的事故か自然災害レベルか(--;

 カナンが絶望なら、アルファルドは極限。あくまで人間の限界は超えずに、そのMAXパラメータを突き詰めた存在。

 人間の身で超人を凌駕する。それがシャムとアルファルドが目指していた物?そして、シャムはカナンを育てることで超人がいかにどうしようもない存在なのか再認識して心折れたのか?

 

お前が来なければシャムは死ななかった。殺した私が言うのだから間違いない。赤き真実、有効です。

 シャムを殺すことではカナンは真価を発揮しなかった。守る者がいてこそカナンは真価を発揮する。だからマリアを拉致し、危険にさらすことでカナンの真価を極限まで発揮させ、その上でそれを殺す。絶望を極限が殺す。それがアルファルドのシャムへの手向けなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (12)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第二十四話

 グラトニーの放つ力は効果範囲の全てを削り取り消去するとんでもない物。ロイの錬成した炎まであっさりと飲み込まれて打つ手無し。
 背後からの攻撃は有効みたいだけど拳銃程度じゃ足止めにもならず。

 その絶体絶命のピンチを救ったのはエンヴィー。人柱候補のロイやエドを消されては都合が悪いとグラトニーを説得。でも、リンは候補者ではないから食べて良いと。

 それを逆手に取り、壁で分断。アル、エドVSグラトニー、リンVSエンヴィーに持ち込んだまでは良かったが、壁を壊されて作戦失敗。

 リンをかばってエド、それを阻止しようとしてエンヴィーまでが消滅?

 グラトニーの腹の中は別空間になっているらしい。即死は免れた物の、このままでは消化されて終わり?残っていたエンヴィーの胸から下が灰になったけど、賢者の石は胸にあるみたいだし、こっちの空間で再生しているんだろうな。

 で、どうやって脱出するの?

 軍上層部に大総統がホムンクルスだと告発しに行ったロイ。でも、上層部は既に大総統が掌握済み。ホムンクルスであることは周知の事実だったらしい。完全に四面楚歌。こっちもどうやって脱出するのやら。

 予告では話をしているみたいだし、大総統としては殺すのではなく仲間に引き入れたい感じか?

| | コメント (0) | トラックバック (21)

戦場のヴァルキュリア 第二十五話

 侵攻してきた帝国軍と交戦になる第七小隊。ウェルキンがまともに指揮をしているように見えるけど、実はアリシアのところに行こうとしたら帝国軍と鉢合わせになってなし崩し的に戦闘になっただけか。

 アリシアの所に行きたいのに足止めされたって認識みたいだし…お前ら、主君よりアリシアがそんなに大事か?つーか、戦闘している位置自体がおかしいし。マーモットは城に突入済みだからマクシミリアンがその気ならコーデリアが殺されてゲームオーバーだよね。

 城の塔に隠されていたヴァルキュリアの聖槍を搭載し、マーモットは最終兵器として完成。ヴァルキュリア人がいなくても聖槍だけでビーム撃てるのかよ。

 力こそ全て。歴史は勝者が作るとか小物ぶりを遺憾なく発揮するマクシミリアン。それじゃ勝者のはずのヴァルキュリア人が何で今、少数民族として細々と暮らしていて、ダルクス人が王家の血筋として君臨しているんだよ?そこまでちゃんと考えて発言してね?

 アリシア登場。ヴァルキュリアワープですか?セルベリアは自爆ではなく、全ての力を使ってアリシアをワープさせたとか?

 聖槍の直撃も防ぐアリシアの盾。かたやマーモットにはアリシアのビームを防ぐ手立てはなし。攻撃力MAX、防御力0…いや、通常攻撃は防げるんだから、スパロボ設定のATフィールドか。4000までの攻撃は無効化するけど、それ以上の攻撃を受けると全ダメージそのまま喰らうとか。

 それで力尽きたアリシアをさらわれる第七小隊はとことん無能だよな(--;

| | コメント (0) | トラックバック (12)

懺・さよなら絶望先生 第十二話

 シュレディンガーの猫箱。箱を開けなければ幸せな自分がパラレルワールドに存在し続けられる。で、今の自分は?

 箱嫁。箱さえ開けなければ理想の嫁か。中身空っぽかと思ったら、何コレ!?

 日本を飛び越えて海に落下したはずのアレが校庭に。このままでは国家機密の目撃者として消されてしまうと考えて隠蔽工作。のはずがことごとく裏目に。で、結局爆発オチか(--;

 隣の家を買収していってラーメン屋にの続き。無事ラーメン屋に着いたものの、オーナーが変わって味が落ちてる!そんなベタオチか…その後、カラオケだのなんだの買収を続け、結局学校まで買収して普通の授業に…結局自宅待機の理由は何だったんだろう?

 地上げした土地は2倍で売れたって、それただの地上げですから!

 いけない!カエレ先生。本編ほったらかして何やってんだよお前ら!いや、こっちが本編なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (8)

真マジンガー 衝撃!Z編 on television 第二十五話

 出たーッ!!じゃねぇ!揃いも揃ってやられたフリか、お前ら!!とか言ってみたくなる超展開ではあった。敵を騙すにはまず味方からですか?

 光子力は平和のためのエネルギー、というポリシーに反するから使いたくなかった。でも、ここまで追いつめられたら背に腹は代えられない。というわけで光子力要塞出陣。光子力ビーム撃ち放題?

 まさか、ボスボロットが相打ちとはいえ機械獣あしゅら男爵を倒すとは思わなかった。

 我々の今までの戦いはお互いに疑い騙し合い、味方にさえ秘密を作って裏切りの連続。そんな不毛な争いに今こそ終止符を打つ!
 例え、開き直りだとしてもドクターヘルの方が正論を言ってる!?

 第一話の最終決戦ダイジェストにあった場面が時系列に収まり始めてきているけど、結果はやっぱり敗北なの?

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009/09/19

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ 第十二話

 巫女の力を失い、もはや為す術のないマリンと夏音。しかし、力を失ったこと以上に、セドナの正体が自分たちが捨て去ってきた闇の心の集合体だったという事実が二人の戦意を喪失させる。

 もはや、セドナに闇に染められるのを待つのみだった二人だったが、ウリンに残されていたわずかな自我が、お互いを忘れてしまうことを拒絶。この土壇場になって巫女の血に覚醒。

 セドナと同化した自分にしかセドナを倒せないと言うウリン。しかし、その方法は自らの巫女の力で自分ごとセドナを消滅させるという物で…どっちにしろウリンを救うことは出来ないのか?と思った刹那…

 自らの危険を顧みずウリンに抱きつくマリン。ウリンといつまでも一緒にいたいと泣くマリンを自分も同じだと抱きしめるウリン。その時、二人の周りの光と闇が混じり合って解けて消えていった。

 光も闇も元々は人の心。一方だけを拒絶し、捨てるのは間違っている。心の闇を拒絶するのではなく受け入れつつ、双方のバランスを保って生きていくのが人間、と。

 抱き合うマリンとウリンの姿に泣けた。くっ…これがサトジュン監督の実力だというのか。

 しかし、後半の松本はとことん空気嫁だったな。掟によりもうマリンと夏音は会うことが出来ないらしい。サムは最後まで海ブドウだし。

・総評
 パチンコの人気シリーズのアニメ化という無謀としか思えない企画にサトジュン監督。どうなることかと思ったら。

 愛してる!連呼のピュアピュアストーリーで、日常描写だけで十分。変身はともかく戦闘シーンはいらないとか言われ、だんだん空気アニメ化。

 でも、最終回ではきっちり泣かせてくる辺り、終わりよければ全て良しで評価上昇。

ストーリー:3
キャラクター性:3
画:4
演出:3
音楽:4
総合的な評価:4
総合点:21

| | コメント (0) | トラックバック (10)

ハヤテのごとく!! 第二十五話

 バイト+咲夜のパーティー疲れで寝込んでしまったナギ。春休み中に寝込むとは不覚。倒れるなら新学期が始まってから…まだ余裕はあるな。

 漫画もアニメも見尽くし、ハヤテに本を読むことを要求。不思議の国のヒナギク?

 生徒会三人娘がウサギというかバニーガール。泉の胸が意外に大きい…それはともかく頑張り者のヒナは迷いも容赦も一切無く、あっという間に不思議の国の女王に。月光条例執行?

 合衆国日本て…ヒナギクはルルの知能とウザクの身体能力を兼ね備えていると言うことか?

 ナギの命令でハヤテはパッキーを買いに。ナギはそれを密かにモニター監視。

 パッキーブームで町中のパッキーが売り切れって…忘れそうになるけど、ハヤテって不幸を吸い寄せる体質だったな…そして、それでも生き残るために超人的な身体能力は必須と。本人は既に慣れっこで何とも思ってないらしいけど、一般人には刺激が強すぎる…てか、何回死んでいるかわからんな(--;

 手作りパッキーを渡して力尽きたハヤテの頬にナギはお礼のキスを。

 新学期。新入生が入ってきたとこで一時閉幕。あーたんは第三期にお預け?
…この進行ペースだと第四期になりそうだが(--;

・総評
 第一期と違い、原作準拠進行。というわけで時間進行が超スロー。2クール使って1月から4月初めまで約3ヶ月。実時間の1/2。それ言ったら原作はもっととんでもないことになるが。今現在GWだし(--;

 前半は単発イベントをこなし、後半はヒナギクがハヤテを好きなのだと自覚し、歩との友情との葛藤の末、ハヤテが好きだと(歩に)告白する話。でも、今期で一番成長したのは歩なんじゃなかろうか。一期じゃただのハムスターだったのに、今じゃヒナギクの恋のライバルにして良き相談相手。悟りを拓いて賢者にでも転職したのかって位の安定ぶりだし。

 スタッフの皆様、お疲れさまでした。あーたん三期も期待しています。

ストーリー:4
キャラクター性:5
画:4
演出:3
音楽:4
総合的な評価:5
総合点:25

| | コメント (0) | トラックバック (8)

化物語 第十一話

 翼の今の両親は実母の再婚相手とその再婚相手。つまり、翼と血縁関係は皆無。それ故、疎まれ虐待されているらしい。だから休日は散歩の日。

 それでも、義父母と余計な諍いを起こさないようにと優等生たらんとしていた翼だったが、莫大なストレスは障り猫に取り憑かれたことで爆発。夜な夜な人間を襲うようになってしまったらしい。

 メメが言うには障り猫は翼の抑圧されてきた裏の人格、ブラック羽川らしい。障り猫の本体は翼が埋葬してあげた事故死した猫?猫自身は恩人にストレス発散させてあげて恩返ししているつもりみたいだな。

 障り猫の能力はエナジードレイン。最初の犠牲者で最も重態だったのが義父母だある辺りは当然の報いとも言えたわけだけど。
 Wizだと、自分のレベル以上のエナジードレイン喰らうと問答無用でロストだし…ギリギリ手加減はしたのか?

 本家エナジードレインの吸血鬼、現役だった頃の忍のエナジードレインを受けて、障り猫は消滅したと思われていたが、再びその兆候が?

 ひたぎとの仲を心配する翼。自分の想いを押し殺しての応援がストレスになってる?

 何故かやたらめったらマニアックなたとえ話をする撫子。それにツッコミを入れられる暦を尊敬。ところで暦は何故いきなり撫子の頬に触ろうとしたり、スカートをめくろうとしたりしてたの?一瞬、何かに操られていたのかと…

 ブルマとスク水。せめて何か袋に入れて(T-T)

 翼を見た途端、驚いて大慌てで逃げ出す撫子も意味不明だが。

 そういや、最近本編でひたぎを見て無いなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (26)

2009/09/18

PandoraHearts 第二十四話

 首都を襲うチェインの群れ。最弱のトランプとは言え、ここまで数が多くては処理しきれずに押し負けてしまう。

 オズはバスカヴィルの関与を疑うがシャロンの見解ではバスカヴィルにここまでのことを起こす力はない。アリスはアヴィスが悲鳴をあげていると直感的に口にするが…アヴィスの意思の変調でバランスが崩れた?

 ビーラビットになり戦うアリスだったが、オズの方の体力が保たず。オズが虚弱体質というよりビーラビットの出力が高すぎるのでは?

 シャロンもエクエスで戦うが焼け石に水。というわけでブレイクのマッドハンターが出陣。アヴィスに関わる全てを消し去るその力は絶大で、一瞬で広範囲のチェインを消滅させるが、反動も莫大。普段でさえ死にかけなのに瀕死に。

 何故かオズを助けるバスカヴィル。彼らにとっても今の状況は想定外で望む物ではないらしい。

 ラスボスっぽい巨大チェインに挑むビーラビット。でも、さすがに力負け。トドメを刺される寸前。オズの止めろとの叫びと共にアヴィスの意思の姿が見えて…

 巨大チェインが持っていたアリスの記憶。アリスとジャックの最後のお出かけの日?ボートに乗る二人を見つめるアヴィスの意思。顔を逸らし去っていく姿は寂しげで。

 ビーラビットに撃ち込まれそうになっていた怪光線は空を穿ち、巨大チェインは石化し崩壊。

 オズの叫びにアヴィスの意思が応えた?

 命の危機に、初めて心の底から生きたいと思ったと言うオズ。それを聞いてブレイクは以前、薄気味悪いと評価したことを撤回。

 最終回に向けて頑張ってまとめようとしているけど、ちょっと強引かなぁ…でも、父親に生まれてこなければ良かったと言い捨てられたトラウマの件は解決してくれそう?

| | コメント (0) | トラックバック (10)

うみねこのなく頃に Episode III-I

 OPがEP3仕様に。EP3オールスター大集合。さらに若くなった肖像画に、煉獄の七姉妹にうさみみに執事に魔女バトルにベルンにラムダに投身自殺?に…クローズドサークルなのにどこまで増えるのやら。押し出されてフェードアウトしちゃった人もいるけど。

 父が大事にしていた壺を割ってしまった少女。父に怒られると泣きつかれたベアトリーチェは、少女が父に怒られないで済むようにと魔法で割れた壺を元通りに修復してみせる。

 だが、ベアトリーチェは言う。これは一時だけ壺に割れたという事実を忘れさせて、割れる前の姿を思い出させただけなのだと。彼女の言葉を証明するかのように、どこからか紛れ込んだ猫が、再び壺を割ってしまう。

 壺が割れるという運命はもはや回避できないこと。だが、少女が割ったという事実は猫が割ったという事実に置き換えられ、少女が父に怒られるという運命は回避された。
 
 ベアトリーチェは語る。自分はまだ未熟だから、ほんの少ししか壺に割れる前の姿を思い出させておくことができなかったが、自分の師匠ならもっと長くその姿を留めておけたはず。その姿を少しでも長く留めておくことが魔女の目標であり、そしてそれを永遠にすることが到達点なのだと。

 ベアトリーチェに弟子入りを志願する少女。それが現在のベアトリーチェが先代に師事し、魔女としての一歩を踏み出した瞬間だった。

 浜辺で遊ぶ従兄弟たちと紗音。戦人は親たちの仲がどんなに悪くても自分たちはいつまでも信じあい、仲良しでいようと誓い合うが、そこでベアトリーチェの横槍と嘲笑が割って入る。そうはさせませェ~ん♪ってホントに嬉しそうだな。ホントにさっきの無垢な少女と同一人物か?いったいどこでこんなに歪んで(T-T)

 薔薇庭園で風雨で吹き散らされてしまった真里亞の薔薇を蘇らせてみせるベアト。それの考察については、当時の記事があるのでそちらで。

 金蔵が窓の外に投げた当主の指輪をベアトがキャッチしようとした瞬間、それをインターセプトする手が。六軒島に魔力が満ちはじめたため顕現可能となった悪魔の執事・ロノウェ。彼の焼くクッキーは魔女の間でも大評判で行列ができるほどらしい。

 親族会議では、絵羽が諦めていた当主の座が碑文を解けば手に入るのだと知り、密かに野心を燃やしていた。その傍らには父に自分の才能を認めさせ、当主になろうと必死に努力していた当時の若き日の彼女の姿が。当主の座は私たちの物だと語りかける彼女は絵羽にとって天使か悪魔か?

 絵羽が夢で彼女にあの当時には存在しないはずの碑文を教えてもらっていたけど、現在の知識と過去の情景が夢でごっちゃになったとしても別におかしいとはいえないか。

 そんな絵羽の心の中とは無関係に、兄弟たちの話題はベアトリーチェに。

 霧江はベアトリーチェが黄金で右代宮家の家督を買い取ろうとしているのだと推理。しかし、ならば黄金の存在を自分たちに明かし、その場所のヒントを与えるリスクを冒すのはおかしいと訝しむ。
 霧江はそれを絶対的有利に立ったものの驕りだと考えるが…

 しかし、その直後、楼座の口から思いもよらない言葉が。「私がベアトリーチェを殺した!」それははたして真実なのか?

 前回の無双に続いて今度は魔女殺しを告白。楼座の伝説は止まらない。

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2009/09/17

狼と香辛料II 第十一話

 ホロの値段はトレニー銀貨2000枚。支払いはリュミオーネ金貨60枚で、毛皮取引寸前で受け渡し。そんな高額な現金を持っているのは物騒だし、そうすればホロを置いていかないで済むってこと?

 エーブは自分の身の上話をするが、ホロの反応を見ると嘘なのか?

 ホロはここで旅を終わらせると宣言。当然、ロレンスはホロを故郷に送り届けるのが契約だったと突っぱねるが…

 ロレンスとの旅は楽しかった。しかし、幸せな日々は更なる幸せを求めてしまう。そしてそれが満たされなくなったとき、幸せだった日々は色を失ってしまう。それが怖い。

 だから、この幸せの中で別れたい。そうすれば、ロレンスとの日々が思い出の中で永遠に輝き続けるから…

 人間とは寿命が違うホロだからこその価値観にロレンスは沈黙。幸せを失うことに臆病になっているだけというのは簡単だけど、ホロはそれを実体験してきただけに説得は困難?

 ロレンスは宿屋の主人とエーブが出ていった後に宿をもらえることになっていたのか。つまり、この商談が成功すれば店が持てると。ホロが旅は終わりと言い出したのはそれで?ならまだ説得の余地はあるな。むしろ、商談失敗で続行?

 リゴロに本を返しに行くがリゴロは不在。そこにあった聖母像は…岩塩ででも出来ているのか?単に塩の塊なわけじゃないよね?中をくりぬいて塩が詰めてあるとか?

 武装蜂起って何故?会議の決定が不満だったの?それとも別の理由が?

 どっちにしろ、ロレンスの店はまたお流れか。

| | コメント (0) | トラックバック (31)

2009/09/16

宙のまにまに 第十一話

 高見女子天文部との合同合宿をすることになった朔達。合宿地は雪山。部長は受験準備のため欠席。来ていたら駅を出た瞬間に凍死してたかも?

 姫はオシャレを優先してしまい防寒がイマイチ。美星が貸してくれるというのを意地を張って断ってしまい、夜にこっそり抜け出して途中で見たコンビニに向かうも既に閉店後。地方のコンビニを過大評価しちゃダメー!!その上、吹雪になって遭難?

 姫が抜け出すのを見ていた美星もその後を追って二重遭難?

 一般人が吹雪でホワイトアウトした山道を無事帰り着ける可能性は0だろうし、コンビニから動かないべきだった。朔が助けに来る幻覚を経て走馬燈が。ホントに死んじゃう!?

 目の前に落ちた熊さんカイロに何故かキレて…投げちゃダメー!!美星に押しつけられた物が懐に紛れていたらしい。

 本物の美星が現れて一安心…と思ったら足を滑らせて転げ落ちて雪だるまに。ギャグっぽい演出だけど洒落になってねぇ(--;;;

 雪の吹きだまりのカマクラみたいになっているところを見つけて避難。美星の持ってたチョコで一息ついた物の方向を完全に見失い救助待ちに。

 幸いにも吹雪は止んで、その後には満天の星空が。そこに走る流星…かと思ったら旅館からの即席サーチライト。そのおかげで無事帰還。怒られたけど生還出来たことに勝る物はないよな。

 カマクラで勢い余ってライバル宣言した物の、やっぱり美星は理解していなかった。ガンバレ姫(--;

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2009/09/15

シャングリ・ラ 第二十四話

 最終回なので全ての謎が明かされます。口頭で。

 美邦は卑弥呼因子を持つ者を掛け合わせて作られた試験管ベイビーで、國子は卑弥呼のクローン、草薙は卑弥呼の直系の子孫らしいですよ?

 ニュータイプと強化人間相手じゃ、血統だけの一般人は相手になりませんか。

 この世界の核兵器は放射能がないんだろうか?バーチャルバーチャル。データなのに溺れ死ぬとか。香凛が残り1秒でやってくれました。

 ゼウスの中から何故か卑弥呼が出てきて、そのラスボス倒して大団円ですか…

 訳わからねぇ、と切り捨てるのは容易いけど、ここまで見てきた義理で一応、まとめてみよう。

 涼子の目的。このままでは消滅するらしいのでディグマの体を乗っ取ること。アメノヌボコを引き抜いた者に憑依するはずだったが何故か失敗。つまるところ涼子も騙されてたの?

 卑弥呼の目的。アトラスを利用して龍脈の力を解放し、復活すること。ゼウス=涼子は彼女に生体エネルギーを供給するシステムに過ぎなかった?ゼウスが壊されたので生命維持できなくなって消滅?ヒルコと同じようなものか…

 凪子&タルシャンの目的。卑弥呼の復活?別の夢を求めて国外逃亡?ただの愉快犯か?全ての元凶なのに何のお咎めもなく、反省すらしていない。こんなタチの悪い連中、野放しにしていて良いのか?

 武彦。なんか暴れたいだけ暴れて勝手に満足して死亡。アトラスを壊せて本望ですか?

 とりあえず、アトラスが破壊されたので、人々は大空襲で草の根一本に至るまで焼き尽くされた死の荒野で暮らしていくことに。アトラスから持ち出した物資でどのくらい生きていけるのやら。焼き畑農法は有効ですか?

 ミーコが美邦を救ったことだけは認めても良いか。あと、自爆は漢のロマン。

 そういえば、オカマの銀は?

・総評
 てっきり、アトラス内が先進国、地上が後進国という世界の縮図で云々かんぬんとかそう言う説教臭いことを暗喩して進行していく話なのかと思ってたら全く違ったらしい。炭素経済なんて見事に机上の空論だし…

 結論として、諦めなければ何でも出来る、ですか?

 風呂敷広げるだけ広げて、収拾付かなくなるのはゴンゾのいつものパターンなので今更言うまでもないけど…

ストーリー:1
キャラクター性:2
画:4
演出:1
音楽:3
総合的な評価:1
総合点:12

| | コメント (0) | トラックバック (6)

かなめも 第十一話

 風が吹くと桶屋が儲かる…ゆうきのたとえ話は無茶苦茶だけど、意味としては概ね合ってるような気もしないではない…って倒れた!知恵熱?

 熱でおかしくなっていたらしい。ゆうきの分まで張り切るゆめ。やたらテンションが高いと思ったらやっぱり倒れた(--;

 汗をかけば治りも早いって…死ぬぞ?それで全快しているゆうきはどれだけ(--;;;;;

 今度は代理がダウン。配達所最後の日?かなの妄想がいちいち酷すぎる(--;

 代理がダウンすると負担をかけないように返って皆てきぱき働くのね。

 代理の看病を頑張るかな。でも、あまりに構い過ぎてゆめ達に注意を受ける。気を遣われると遣ってしまうから、なるべくそっとして置いた方がいいと。

 案の定、かなもダウン。みんなに見捨てられる悪夢にうなされて目を覚ますと隣に代理が。治りたてで畳に直接も良くないと思うけど…

 あんたにはあんたの役目があると諭されるも、かなの不安は払拭できず。最終回まで引っ張るの?

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2009/09/14

咲-Saki- 第二十三話

 部長VS咲の勝負は、咲がデジタルで桃子のステルスを破って逆転勝利。でも、それを合宿でアドバイスしたのは部長だから、後輩の成長を喜ぶ図に。

 桃子はその程度でステルスが敗れたことにショックを受けるが…ステルス強化よりも、それに頼り切って安易に危険牌を捨ててしまうという本末転倒を直した方がいいかも知れない。

 それは南浦にも言えることだけど。自分を凌駕する化け物相手に自分の能力を過信しすぎ?ま、魔王・咲じゃ相手が悪すぎか(--;

 キャプテンVS部長の直接対決は部長に軍配。でも、総合点では1位キャプテン、部長は4位で予選落ち。2位の和はともかく、3位の咲は前半±0やった上でだからなぁ…1点差で惜しいとかそう言う話でも…

 それはそれとして、透華は結局最後の最期まで噛ませ犬なのかよ(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (23)

2009/09/13

2009秋の新番組

 そろそろ新番組のチェックと一次選考を。
参考:MoonPhase-アニメ予定表
*放送日は関東首都圏

現時点の評価
5:感想決定
4:多分書く
3:書くかも
2:気分次第
1:ひやかし
0:パス

10/1(木)
TBS 25:29~
けんぷファー
 見てから考える 1
TBS 25:59~
にゃんこい!
 見てから考える 1
東京MX 26:00~
11eyes
 むう… 1

10/2(金)
東京MX 25:30~
とある科学の超電磁砲
 また揚げ足取りかも? 3

10/3(土)
テレビ東京 9:30~
しゅごキャラパーティー!
 公式が重すぎ 0
テレビ東京 22:55~
テガミバチ
 シゴフミ? 1
TVK 23:30~
天体戦士サンレッド 第2期
 見てるだけ 0
TVK 24:30~
アスラクライン2
 見てるだけ 1
TVK 25:00~
生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録
 どうだろ? 1
TVK 26:00~
WHITE ALBUM TVシリーズ後半
 前半切っちゃったし 0
日本テレビ 26:20~
犬夜叉 -完結編-
 パス 0

10/4(日)
日本テレビ 7:00~
夢色パティシエール
 パス 0
テレビ東京 25:30~
夏のあらし!~春夏冬中~
 前作途中で切ったし 0
TVK 25:30~
聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)
 見てから考える 1
テレビ東京 26:00~
ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~
 !? 0

10/5(月)
テレビ東京 17:30~
あにゃまる探偵 きるみんずぅ
 パス 0
TVK 25:15~
そらのおとしもの
 これ、アニメ化して大丈夫なの? 3
東京MX 26:30~
乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪
 見てるだけ 0

10/6(火)
日本テレビ 24:59~
君に届け
 見てから考える 1
テレビ朝日 25:21~
秘密結社 鷹の爪 カウントダウン
 見てるだけ 0
東京MX 26:00~
真・恋姫†無双
 見てるだけ 0
東京MX 26:30~
クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者
任せた 0

10/7(水)
テレビ東京 7:30~
チェブラーシカ あれれ?
 ロシア語? 0
テレビ東京 26:20~
ささめきこと
 むう? 1

10/8(木)

10/9(金)
TBS 25:55~(初回のみ26:10~)
DARKER THAN BLACK -流星の双子(ジェミニ)-
 今期の本命? 5

10/10(土)
テレビ朝日 11:20~
ご姉弟物語
 パス 0

10/11(日)

10/12(月)
テレビ東京 19:00~
たまごっち!
 何で今更? 0
テレビ東京 19:30~
FAIRY TAIL
 よくワンピースワンピース言われてる奴か 0

10/13(火)

10/14(水)

10/15(木)
フジテレビ 24:45~
空中ブランコ
 うーん 1

10/16(金)
東京MX 26:30~
キディ・ガーランド
 キディ・グレイドの続編? 1

視聴不可
戦う司書 The Book of Bantorra
こばと。

曜日別で初回だけでも見る予定の物だけ


TVK 25:15~ そらのおとしもの
東京MX 26:30~ 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪


日本テレビ 24:59~ 君に届け
テレビ朝日 25:21~ 秘密結社 鷹の爪 カウントダウン
東京MX 26:00~ 真・恋姫†無双


テレビ東京 26:20~ ささめきこと 


フジテレビ 24:45~ 空中ブランコ
TBS 25:29~ けんぷファー
TBS 25:59~ にゃんこい!
東京MX 26:00~ 11eyes


東京MX 25:30~ とある科学の超電磁砲
TBS 25:55~ DARKER THAN BLACK -流星の双子(ジェミニ)-
東京MX 26:30~ キディ・ガーランド


テレビ東京 22:55~ テガミバチ
TVK 23:30~ 天体戦士サンレッド 第2期
TVK 24:30~ アスラクライン2
TVK 25:00~ 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録
TVK 25:30~ うみねこのなく頃に 


TBS 17:00~ 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
テレビ東京 25:30~ 夏のあらし!~春夏冬中~
TVK 25:30~ 聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)

 本命・DTB2、対抗・電磁砲、期待・そらのおとしもの、ってとこか?
 そらのおとしものは原作読んでて何がしたいかよくわからないけど…

 思わぬ良作はあるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CANAAN 第十一話

 夏目は生体兵器ボナーのデータが欲しかったらしい。アルファルドが、ここから立ち去るのを条件にデータを渡すとあっさり撤収、かと思ったらもはや用済みだからとファクトリーの破壊を指示。こいつも生かして帰しちゃダメな奴か…

 リャンはアルファルドに始末されそうになるが、姉様と戦って殺されるなら本望と公言してしまったために殺してももらえなくなり、共感覚付与剤に手を出すが発狂。白髪になった自分を鏡で見てカナンだと誤認。側近に撃たれた自分の姿をカナンが撃たれたのだと思いこんだまま逝く。愛とはやっかい…アルファルドがそう思うのも無理ないかも(--;

 ハッコーが喋るのを止めたために助かったらしいカナン。施設内に残り、サンタナの後を追おうとするハッコーを連れ戻しに行くが、ハッコーの意思は固く…

 マリアの役目は帰ってきたカナンの写真を撮ること。それは果たして叶うのか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第二十三話

 ランファンを抱えて逃走するリン。それをじりじりと追いつめる大総統。ランファンの腕から滴る血で追跡は容易。

 ランファンはもはや腕が動かないことを悟ったのか腕を切断、囮に。くないで切断できる位だから既に骨も断ち切られていて、皮一枚で繋がっていた感じか?
 その甲斐あって、大総統をまくことに成功。

 リンはグラトニーを爆破し、再生する前にワイヤーで梱包、捕縛することに成功、リザのおかげで無事脱出。

 リザの変装まるで役に立ってねぇ…憲兵の目さえ誤魔化せれば上出来?

 リザに行きがけの駄賃で足を撃たれて窮地に陥ったスカーだったが、パンダ娘に救われて脱出。

 リンの情報で大総統が敵だとわかったけど、大総統の方もロイの関与を確信。早速ウィンリィと一緒にエドを出迎えて牽制?

 ウィンリィは戻った方がまだ安全か。でも、ランファンの義手は作ることになりそう。

 捕縛したグラトニーの所有権についてもめるエド達。だが、ラストの仇、ロイの名を聞いた途端暴走モードに。やはり生け捕りは無理か。

| | コメント (0) | トラックバック (22)

真マジンガー 衝撃!Z編 on television 第二十四話

 1対1は私とお前の間の約束。勝手についてきた奴らのことは知らん。文句があるならこいつらに言え!…なんという暴論。

 ここは密かについてきていた、作戦に組み込まれていないボスボロット辺りが他の連中を引き受けて、甲児はあしゅら男爵とタイマンという流れなのかと思ったらそんなことはなく、甲児は1対6の戦いを強いられることに。しかも、あしゅら男爵はこの場にいないとか、もう何の誠意もない完全にマジンガーを足止めしてその隙に光子力研究所を襲うためだけの罠。

 足止めを完全にこなす機械獣達。それぞれの得意分野で交代で戦い、決して深追いせず防御優先。まさに鳥かご状態。

 今回の光子力バリアは、今までのすぐ割れるというイメージを覆す鉄壁の防御力…だったのだが…騙されて解いちゃったら何の意味もねぇ(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦場のヴァルキュリア 第二十四話

 アリシアVSセルベリア。お互い長距離からのビームは盾で防がれるから意味がない。というわけで接近戦に。体勢を崩してからのゼロ距離射撃なら有効か。

 戦闘シーンはぐりぐり動いて良い感じ。

 セルベリアの過去。研究員の言ってることが支離滅裂すぎる。良好な関係を築きたいなら虐待するなよ。戦力として考えているなら尚更。反抗できないような制御装置なんて作るよりよっぽど安全だよ?それともホントに研究だけで、最終的に解剖する予定だったとか?

 セルベリアが一番数値が良かったから後は廃棄ってのも意味不明。覚醒の見込みがないならともかく、研究対象は多い方がいいんじゃないの?
 逆に廃棄なら別の施設送りではなくきっちり殺しておかないとアリシアみたいなのが出てくるよ?

 こういう非人道的施設なら、ちょっと半殺しにしてみて覚醒するか確かめる位はしてそうだけど…それともここの研究員はファルディオに及ばない無能揃いでそこにも至れなかったのか?

 マクシミリアンのバラ園に逃げ込める辺り、あの研究所は帝国のものか?

 何のために戦っているかわからないアリシアが劣勢に立たされるのもお約束ならウェルキンやみんなのことを思いだして一発逆転もお約束だけど、現時点でその絆が微妙になってるからいまいち説得力に欠けるんだよな…セルベリアのマクシミリアンへの思いと変わらないし。

 ヴァルキュリア人の死体が残らないのは負けると自爆するから?さすが戦闘民族。え?ダモン将軍戦死?

 セルベリアを囮にランドグリーズに現れたマクシミリアン。今更停戦協定。ホントに今更。もう少し前ならともかく、無能確定の今となっては…

 二人のヴァルキュリアで帝国を倒そうとか言うならまだわかるが、王位とヴァルキュリアの血統目当てのコーデリアとの政略結婚とか何言っているんだ(--;;;;

 コーデリアはダルクス人。つまるところ、神話の話は全部逆な訳ね?

 幻獣VS第七小隊?久々にエーデルワイス号の出番か?

| | コメント (0) | トラックバック (13)

懺・さよなら絶望先生 第十一話

 色眼鏡から始まって色ヘッドホンに色マウスピース…ただ偏見で言いたいことを言ってるだけだよね、これ。とりあえず、マウスピースしてラーメン喰ったらそりゃまずいだろ(--;

 学級閉鎖?千里がランダムで在宅確認の電話をかけてくるため、外出不能で退屈。家電ならともかく携帯なら誤魔化せないか?と思ったが、位置検索サービス付きか?

 家から出られないなら隣の家を買収すればいいじゃない、とかブルジョワ発言をかます倫。ホントにやるから始末が悪い(--;

 近所のラーメン屋に行くため、次々買収。その経路に奈美の家があって…続くのこれ?

 最近わざと取られるために足をあげてる輩が多すぎる!

 ツッコミ待ちの揚げ足を取ったらむしろ負け!つまり、この話につっこんだら負けなのか?

 大草さんの穿いてない?マ太郎の穿いてる!?はわかるが、春海は何だ?誘い受け?

| | コメント (0) | トラックバック (11)

うみねこのなく頃に EP2再考察

 この記事はEP5までの赤字を足がかりにEP2の魔法密室を再構築しています。というわけでEP5までのネタバレが含まれますのでご注意を。

 EP5で戦人がベアトの全てを理解したと宣言したことにより、推理を構築する上で必要不可欠な要素がここまでで全て提示されたことが保証された。それが必要最低限だったとしても、もはや、この物語は推理可能となった。

 この時点で魔女の敗北は決定。だが、ノックスの十戒により、超常的な方法や第六感による推理は認められない。だから、人間が集めた証拠で全てを人間で説明しない限り人間の勝利もない。

 ノックスの十戒は思考の杖。しかし、それに頼り切って、ヱリカと同じ愛のない推理をしてはならない。愛がなれば視えない。愛がないから視えない。

 以上を前提条件に、まずは誰が探偵なのかを定義すると、やはり戦人か。第9の晩以降に幻想を見ているけど、あの時点では泥酔しているからお役ご免と言うことで。

・礼拝堂
・生死は捨て置く。6人は確かに扉から入った
礼拝堂の鍵は一本しか存在しない
礼拝堂の施錠は礼拝堂の鍵以外では開錠不可能!!
礼拝堂の扉は、施錠時には如何なる方法での出入りも拒む!!
6人は確かに“この正面扉”から入った!!
楼座は今朝、確かに真里亞の手提げの中から封筒を取り出し、そこから正真正銘の礼拝堂の鍵を手に入れたぞ
妾が真里亞に預けた封筒の中身は、確かに礼拝堂の鍵だった
妾が真里亞に渡した封筒と、楼座が開封した封筒は同一のものであるぞ!!
(以下EP4で追加)
真里亞の鍵は、真里亞受領後から翌日の楼座開封の瞬間まで、誰の手にも渡っていない!!
金蔵の書斎以外にオートロックの扉は存在しない!
6人は発見時にすでに全員死亡していた! 全員が他殺だ! 6人は全員が純粋な犠牲者であり、相互の殺人には関与しない! 相打ち殺人は存在しない!!
あの礼拝堂には誰も隠れていなかった。よってその、引き篭もり密室は通用しない!
礼拝堂での6人の殺害時、犯人は礼拝堂内にいたわ!(ラムダ卿)

 

楼座が犯人または共犯なら何の問題もない。
 礼拝堂の扉を鍵で開けた後、封筒に入れて真里亞に渡す。その後、真里亞のためにハロウィンパーティーをする、子供達には内緒とでも言って大人達に礼拝堂の飾り付けをさせる。飾り付けを終えた後、睡眠薬で眠らせて殺害。
 施錠はしてなくても可(後に夏妃の部屋の鍵を取りに来た譲治が礼拝堂の扉は角度を工夫しないと開かないことを示している)。
 もしくは深夜零時以降に真里亞の封筒から鍵を取り出し施錠、その後戻した(零時を回れば翌日の楼座開封には抵触しない)。

 兄弟達が礼拝堂で魔女を認めたとき、確かに楼座はそこにいたのに、そのことをその後一切言及してないし。この時点で楼座は碑文の謎を解いて当主を継承していたのかも。だから、兄弟は飾り付けの手伝いを黙ってするし、封筒の封蝋もし放題。
 ま、楼座は共犯で主犯に利用されたってところか?せっかく真里亞のためにハロウィンパーティーの用意をしたのにそれを自ら台無しにはすまい。

・朱志香の部屋
・隠し扉の類は一切ない
・出入りはこの扉からだけだ
・扉と窓以外に出入りする方法はない
・施錠時には如何なる方法をもってしても出入りは出来ぬ
・扉は鍵を使用せずに外から施錠する方法は存在しない
・扉の施錠は、朱志香の鍵が一本と使用人たちが一本ずつ持つマスターキーのみ
・部屋の外から鍵を使わずに施錠するようなカラクリも通用せぬぞ
・窓は内側から施錠されている
・窓については外からは如何なる方法でも施錠する方法は存在しない
・嘉音はこの部屋で殺された
・朱志香の死体発見時、朱志香の部屋にいたのは、戦人、譲治、真里亞、楼座、源次、郷田、紗音、熊沢、南條のみだった 死体の朱志香ももちろん含む
・よって、朱志香の部屋の件、そしてこの使用人室の件の両方について、そなたが認識していた以外の人間は存在しない 誰も隠れていない

 EP4で言及されたとおり使用人が犯人または共犯ならマスターキーを使えるため密室ですらない。でも、だからこそ使用人を犯人にしたい誰かの仕組んだ罠という可能性も…

・使用人室
・使用人室の鍵は使用人室の奥のキーボックスに収められているぞ
・使用人室の鍵は数本あるがその全てがキーボックスに収められている
・出入りは唯一の扉と唯一の窓から以外は不可能
・そしてそれらはいずれも施錠されていた
・扉も窓も、施錠時には如何なる出入りも許さない
・扉の開錠は使用人室の鍵とマスターキー以外は不可能
・この部屋には、お前たち以外は存在しない。
・お前達の定義とは、戦人、譲治、真里亞、楼座、源治、郷田、紗音のことを指す。
・よって、朱志香の部屋の件、そしてこの使用人室の件の両方について、そなたが認識していた以外の人間は存在しない 誰も隠れていない
・扉は鍵を使用せずに外から施錠する方法は存在しない
・窓については外からは如何なる方法でも施錠する方法は存在しない
・マスターキーは5本しかない
彼らは異なる人物を嘉音と誤認することは絶対にない!(EP4)
嘉音の名を名乗ることが出来るのは本人のみ! 異なる人間が名乗ることは出来ない!(EP4/ラムダ卿)

 嘉音が死んでいるのに本人しか名乗れず誤認することもない「嘉音」が現れることはあり得ない。つまり、全員が口裏を合わせた嘘。南條と熊沢の死体(もしくはこの時点ではまだ生きていて後で殺した?)を隠した後手紙を置き、施錠してから客間に楼座達を呼びに行った。この時点の郷田は怯えっぷりからみると従わされているだけ?

・夏妃の部屋
・夏妃の部屋もまったく同じだぞ、いつもの通り
・扉も窓も内側から施錠されていた

・如何なるイカサマも細工もなく、そして隠された通行手段もなければ隠れる場所もないッ

・夏妃自身の鍵は譲治のポケットに入って、室内に閉じ込められていた

・あとは5本のマスターキーしかないが、それは全て“楼座”が持っているッ

マスターキー全ては楼座が管理した!(EP4)
楼座がマスターキーを管理して以降、それら全ては一度たりとも彼女の手を離れていない! 夏妃の部屋を開錠した時に戦人に貸し出した際を除いてね。(EP4/ラムダ卿)

 戦人、楼座、真里亞が客間に籠城して相互監視している以上、犯人は源次と殺された3人、それとこの時点では隠れていた可能性のある熊沢と南條の内の誰か。しかし、誰も外から施錠は出来ない。となると、部屋の中で犯人と格闘になるが、何とか部屋から追い出し、施錠した。だが既に撃ち込まれていた杭が致命傷となって死亡か?
 もしくは施錠した後に相打ち殺人

・客間
・ついでに言おう、その客間も同じよ
・本来の客間の鍵は使用人室に封印されている

・だからマスターキー以外では開錠不能! 部屋の密室定義もいつもに同じよ!

 

楼座が犯人なら手紙なんて自作自演し放題。何の問題もない。あくまで手紙を置いた犯人という意味で。この後、インゴットを取りに行く都合上、戦人を追い出したかっただけ?

 どうでしょうか?皆様方。ただ推理可能と提示されるだけで、私にはこの程度の推理が可能です。

 以上、私が掲げる青き真実有効なりや?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/09/12

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ 第十、十一話

 ウリンを介して放たれた闇の力により、海も空も闇に染まっていく。松本はセドナを封印する方法を二人に教えるが、それはウリンという依り代もろとも消滅させる可能性があった。当然マリンはそれを拒否。

 改めてウリンを救う方法を模索するマリン達。しかし、セドナが先手を。サム、ワリン、市川が刺客として登場。悪いのはマリンをかどわかした空人と二人を巫女にした松本だとか随分と海よりの判定を。ウリンの主観だとそれで当然か。

 マリン一人の力では浄化できなかった彼らを倒すしかないと言う松本。しかし、二人はそれを拒否。手を取り合って協力することで生み出された新たな光の力で彼らの浄化に成功。

 その力でセドナに挑んだ二人だったが、その光を取り込まれ、逆流させられて、巫女の力の源そのものを破壊され、完全敗北。闇の心を撃ち込まれることに。

 しかし、二人はその闇の心が島で捨てられた悲しみの記憶である事を理解する。

 島で捨てられた悲しい記憶が海に流れ、それが貯まって生まれたのがセドナってこと?

 悲しみや自分の嫌なところを捨てて消し去ってしまうのではなく、自分の一部として受け入れ、それを乗り越えてこそ成長する。ピュアなだけでは生きていけないとかそういうこと?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うみねこのなく頃に Episode II-VI

 ベアトリーチェに追いつめられた紗音と譲治。しかし、紗音は霊鏡の力を解放し、バリアーを展開。

 愛は肉欲なのだと語り、初夜を迎えられなかった無念で未練たらたらなのだと嬲り、嘉音をけしかけてその死を冒涜するベアト。だが、紗音は動じない。指輪を受け取り、それを着けたことで既に永遠の誓いは済んでいる。もはや何の未練もないのだと。

 ベアトは二人を殺すことは出来たがその絆を断つことは出来ず。この勝負の勝者は間違いなく紗音だった。

 中庭で見つかった熊沢と南條の死体。膝と足にはそれぞれ杭が。そして、紗音、郷田、譲治にも頭、胸、腹に杭が。でも、紗音の頭の杭は抜け落ちていたりと何かずさん。

 物語の時系列でも発見順でも碑文と殺害順が異なってるんだけどいいの?

 戦人以外に手紙を置けなかったことを理由に客間を追い出された戦人は飲んだくれているところを源次に呼び出され、ベアトを目の前に。そして、全ての謎の答えを聞き、納得して屈服?そして、悪魔達の生け贄に。

 あの…使用人室以降の赤字全てカットなんですか?

 一方、楼座は黄金のインゴットを持って逃げようとしたが、捕まって、兄姉たちを材料にした料理を無理矢理食べさせられることに。デザートは真里亞のリンゴ焼きって、いや、いくら頑張ったって真里亞の頭丸ごと口に入らないだろ?

 一度は屈服していた戦人が、戦意を取り戻し、ゲームは続行…って端折りすぎて何がなんだか全然わからないよ!?
 楼座無双はアクションは元より名台詞のオンパレードのはずだったのに随分と残念なことに。まともにやったらBパート丸ごと必要だろうけど、ここで真里亞と楼座の親子の絆を示してこその、私を食べてなんだし、後のEPへの伏線だと思うんだが(--;

 アニメだけ見てると、何でいきなり戦人が屈服して、更にいきなり復活したのかまるでわからないよね(--;

以下、原作比較の愚痴が続くので反転。

 とりあえず、真里亞に10kgもある金塊持たせて走らせて、「身を守る銃が手放せない。未来を守る金塊を手放せない。なのに私は、自分の未来そのものの娘の手を手放すのか…!」から「世界にママはひとりしかいないんだよ。いいママも悪いママもいない…ただ、ママがひとりいるだけなの。だから真里亞は、世界でたったひとり、ママがいてくれればいい~」に応えて「黄金なんかいらなかった。ただあなたの手だけを引いていればよかった~」に至る下り全面カットとかありえねぇ…確かに当時、真里亞の金塊持たせてその手を引いてれば良かったんじゃね?的なツッコミをした覚えはあるが…これがあるのと無いのとじゃ、私を食べての言葉の重みが全然違う上に、EP4への伏線だよね、ここ。

「うおおおおおおおお来いよォォォォォォ!!真里亞の込めてくれた銃弾を食らいたいヤツから前へ出ろよォオオオオ、うおおおおおおおおオオオオォオオォオオッ!!!」で締めて欲しかった…と思ってたら予告でやってくれた。

 原作じゃオーブンに入れられる前に戦人が復活して助けてくれたのに…ギャグなのか、これは?

 戦人を励ますベルン卿の「ふぁいと、おー…みーにぱー」を期待してたのにッ!!いや、今となっては邪悪な笑みでしか思い浮かべられないが。

 ラムダ卿の超パー発言が無くて絶望した!!

| | コメント (2) | トラックバック (14)

ハヤテのごとく!! 第二十四話

 ヒナギク一世一代の大決心。遂にハヤテが好きだと告白!…歩に(--;

 ヒナギクは歩相手だと完全にペース握られてるなぁ。しかも、大観覧車に乗せられて精神的余裕全くなしと来ては尚更。

 自分から告白するのは負けたみたいで嫌とか…歩がハヤテを口説き落とすのとヒナギクがハヤテに告白されるのどっちが先かと考えると、まだ歩の方に分があるような。

 一方、咲夜はハヤテお兄ちゃんとか言い出してやっぱり無しにするとか微妙すぎる乙女心を発揮。

 両親が改心してまた一緒に暮らそうと言い出したら。そんな咲夜の問いかけをきっぱり否定するハヤテ。二度目はない。だが、兄だけは探し出したいと。

 咲夜の問いはハヤテの両親がどれだけ最低最悪のド外道かを知らないからこそだよな。どんな理由があろうとも許しちゃいけない輩だし、そもそもその理由が嘘ばかり(--;

 自分の大切な人は全て自分から離れていく。一生守ると言った姫神も自分の元から消えた…そう語るナギにかける言葉が見つからないハヤテ。見つからないからせっぱ詰まった挙げ句、手品…でも一応思いは伝わったか?

 愛歌も王玉を持ってるとか、今後の伏線も展開中。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

涼宮ハルヒの憂鬱「涼宮ハルヒの溜息 V」

 止まらないハルヒの妄想による現実浸食。

 しゃみせんはやたら哲学的なことを言ってるなぁ…

 ともあれ、これを止めることが出来るのはキョンだけ。みくると古泉はなりふり構ってられなくなってきたらしく、それぞれキョンに接触して相手陣営を牽制。

 目的が観察である長門は中立だが、自分が例え真実を語っても貴方にはそれが真実なのだと判定する術がないとけんもほろろ。
 赤字で復唱要求!

 キョンの発案でハルヒ自らにこの物語はフィクション云々を語らせることで劇中設定の全てを否定させ、世界を元に戻すことには辛くも成功。キョンが世界を救ったことになるのか。

 後日、喫茶店でキョンはみくる達の正体をハルヒに暴露するが、ハルヒはそんな都合のいいことがあるわけがないと信じないばかりか怒り出す始末。
 額に手を当てて溜息を吐くキョンの図が最終回ぽいな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

化物語 第十話

 撫子専用女子中学生直球ピュアピュアOP。

 撫子に取り憑いているのは蛇切り縄ジャギリナワまたはクチナワ。

 暦は蛇の怪異を蛇を殺すことで祓おうとしたのが間違いだったのではないかと問うが、メメは方法自体は間違っていなかったと返答。ただし、手順が間違っていた。

 撫子に呪いをかけたのは彼女が告白を断った男子を好きだったクラスメイト。しかし、本来、中学生に発動できるような術ではなかった。

 力ある吸血鬼・忍の影響で悪い気が貯まっていた神社で間違った手順の解呪を行ったために逆に発動、悪化していってしまったらしい。

 それはそれとして、暦がメメのところに行って帰ってくるまでずっと半裸待機だったんかい!?

 メメに貰ったお守りのおかげで解呪は無事に成功したかに見えたが蛇切り縄はクラスメイトと振られた男の二匹分いた。暦が引きはがしたため、撫子は救えた物の、1匹は祓えずに逃がしてしまう、逃げた蛇切り縄は術師を襲う。人を呪わば穴二つ…

 感謝する撫子に暦は心の中で謝罪する。自分はお前を呪っていた奴らまで助けようとしていたのだと…

 前回、翼が言っていた言葉はここに繋がるのね。誰も彼もを全て助けようとするのは優しさではなく、無責任で傲慢なことなのだと。

 メメもいつまでもこの街にいるわけではない。かといって、暦は自分は1/10吸血鬼、怪異なのだからとメメのような祓う側にもなる気はない。

 人間に戻るには忍を滅さなければいけないらしいがそれはしたくない、とどこまでも中途半端。このまま首を突っ込み続けていたらそう遠くなく怪異に殺される…とはいえ、妥協できる性格でもなさそうだし、難儀だなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (28)

2009/09/11

PandoraHearts 第二十三話

 違法契約者狩りを再開したオズ達。チェインがアリスの記憶を持っていることを期待してのことだったが、いくら倒しても記憶を持っているチェインは現れず。記憶を持つチェインはごく少数なのだという結論に。

 ま、ぶっちゃけ全てのチェインが記憶を持っていたら、全てを倒さなきゃいけなくなっちゃうしな。

 ギルは兄である自分ならヴィンセントの持つ情報を引き出せると考えるが、兄さんと同じで記憶がないと告げられて深追いできず、オズ達はエコーに門前払いを食らわされて進展無し。

 10年の時を経て成人の儀を成し遂げたオズ。だが、期待していた何かは起きず、オルゴールがかけられていた墓も記憶とは関係なし。

 八方塞がりかと思われた直後、突如、大量のチェインが首都を襲う事態が。

 謎解きパートが終わって、アニメ版クライマックスに突入。首都防衛して一旦締めかな。

 ほとんどの謎は保留っぽいけど原作進行中だから仕方がないところか。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2009/09/10

青い花 第十一話

 早めの最終回。つーか短すぎるよ!?

 杉本さんは海外留学するらしい。誰にも告げずに傷心旅行ですか?定番と言えば定番だが、なんかそう言う行動自体が杉本さんらしいというか。

 康は自分のプレゼントは全て京子に見透かされているからとあきらにプレゼント選びを依頼。そのおかげで好評は得たらしい。あきらに選んで貰ったのはすぐばれたっぽいけど。がんばれー。

 あきら兄はどうみても完全に漁夫の利です。本当にありがとう(ry

 ふみはこの期に及んで杉本さんを駅で見かけて動揺したり、あきらが康と一緒に買い物をしているのを見てもやもやしたりと忙しい。でも、クリスマスパーティーの後、あきらの部屋にお泊まりして、取り壊される小学校を見に行って…

 夜の学校は不気味と怖がるあきら。可愛いなぁ。そしてふみはノリノリ。ま、こういうときしか優位に立てないけど。

 あきらのスケッチブックに貼られていた青い花。それが小学校の花壇の物だと確かめ、そして、自分の初恋があきらだったのだとふみは思い出す。

 これはふみが初恋の相手に至るための物語だったのかな?

・総評
 前半はずっと杉本さんのペースで振り回され続け、中盤以降、杉本さんの弱さとヘタレぶりが露呈してからは、あきらのナイトっぷりや周囲の人間模様を楽しめた作品。

 ふみが従姉と肉体関係にあったっぽかったり、杉本さんを慕う京子の登場でもっとどろどろした作品になるのかと思ったら、あくまでさわやか路線を堅持。色鉛筆風の背景と相まって美しい青春の1ページ風に…精神的百合が爽やかで健全なのかどうかは知らないが。

 スタッフの皆様、美しい作品をありがとうございました♪

ストーリー:5
キャラクター性:5
画:5
演出:4
音楽:4
総合的な評価:5
総合点:28

| | コメント (0) | トラックバック (3)

狼と香辛料II 第十話

 50人会議の結果は、外地商人に現金でのみ毛皮を売るという物。それは手っ取り早く確実に現金収入を得て、司祭指名権が欲しい教会の思惑が絡んでいた。 

 エーブは自分が没落貴族なのだと明かす。パンを食うにも困る程でも、家名だけは健在。出身地の大司教にも伝がある。それを利用して教会に取り入り石像の売買をしていたが、切り捨てられたとか。

 毛皮を大量に仕入れるためには大量の現金が必要。そのためにホロを貴族の娘と偽って担保にして金を借り、毛皮を売った差額で返済することをもちかけるエーブ。毛皮は原価の3倍で売れるから問題はない?

 ロレンスは全てをホロに告白。だが、ホロは担保のことを了承するどころか、それを躊躇していたことを叱責。そしてそれが罠だろうが、その裏を看破して更に儲けを増やすのが主様じゃろ♪と焚きつける。あくまで攻める姿勢を貫くのね。

 ロレンスは街で情報収集。教会は権力争いのまっただ中。大司教の座が欲しくて評判を気にするあまり炊き出しの羽振りが良すぎる。そしてエーブは本当は塩商人?

 で、酒場のお姉さんは一体何物なの?情報通過ぎるような…羊が一匹いるだけでは狩るのも面倒だが、それに狼がついていたらどんなに美味しい羊なんだろうと興味が湧くとか。ホロとの対決もあるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (11)

宙のまにまに 第十話

 休日、草間と出かけた美星を追跡する朔達。

 姫にとっては草間と美星がくっついた方が都合がいいんじゃないの?あぁ、決定的証拠を押さえて朔から引き離すためか…とも思ったが、純粋に朔の憂いを晴らしてあげたいって感じっぽいな。好奇心も入ってるっぽいけど。

 二人が向かった先はお墓。そこで朔は初めて美星の父が亡くなっていたことを知る。それから美星への態度がおかしい朔。端から見てるといつも通りスキンシップをしてくる美星を朔が無下にできなくなって受け入れているように見えるという…

 姫も遠慮してしまって間に入れずだし。

 朔達は知ったばかりだけど、美星にとっては今更だし、いつもと同じように接した方がいいんじゃないかと思うんだが…

 美星が寂しさを隠していたのか、寂しさを思い出してしまったのかは追求するだけ野暮か。

 朔企画の双子座流星群観測会で大団円。

 それはそれとして恋する乙女モードのふーみんはどうすれば…姫以上に報われなさそう(--;

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009/09/09

シャングリ・ラ 第二十三話

 うわぁ…設定全部口頭で説明しやがりましたよ。最悪だ(--;;;

 謎が明かされても全くカタルシスが感じられないとか。アトラスの0番区画で卑弥呼のミイラと雨のアメノヌボコを発見して、卑弥呼のミイラからバイオコンピュータゼウスを作って、アメノヌボコと人柱とヒルコを使ってオカルト的に安定させた云々かんぬん。

 卑弥呼のミイラに生体エネルギーを供給するために涼子が必要とか。

 小夜子はモモコさんが助けて生きてた。涼子は口だけで美邦に従う気はないらしい。美邦と同じ病気で死んだ小夜子の子供。でも、その生前に既に特効薬は出来ていたらしい。でも、涼子が公表しなかった。小夜子が喜ぶ顔を見たくなかったから。

 香凛の両親も既に死んでいたが、香凛にメデューサの開発をさせるために涼子が隠蔽していたらしい。

 はいはい。涼子の情報操作は万能ですねー。

 で、次回に國子が御印の力で涼子を倒して終わりですか?

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009/09/07

かなめも 第十話

 早朝、クッキーとゆうきへの伝言を残してお迎えの来るまで去っていったゆめ。かなは夢が実家に連れ戻されたのだと大慌て。そして、元気のないゆうきに気を遣いまくり。

 塩クッキーの花言葉は永遠の別れ…クッキーは花じゃないよ!?

 他の連中の落ち着きっぷりから毎年恒例のことだとは察しが付いたが、ゆうきの虫歯までは予想できなかった。それで塩クッキーか。ゆうきが一人お留守番で落ち込むのも恒例なんだと思ってた。

 ゆめの家の法事でいつもならゆうきも連れて行くが、今年は虫歯でおいて行かれたらしい。一件落着した物の、別れを意識してしまい、かなはネガティブモードに。

 でも、美華のおかげで復活。友達って良い物ですね、ということで。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

咲-Saki- 第二十二話

 京太郎…(T-T)

 そして個人戦2日目は東南戦。しかも、初っぱなから南浦に当たってるし…タコス終了のお知らせ。
 それでも、東場で容赦なくハコテンにできれば勝てたんだよね。とか言うのは簡単だけど。

 開始時に透華がいなかったから予選落ち?と思ってたが、午前終了時、ちゃっかり4位にいたな。でも、その後もずっと出番無し。9回戦時点では4位に井上がいるし。

 最終戦で私を忘れるなとかいって出てきて南浦にカモられるじゃなかろうな(--;;;;

 咲はこの期に及んで±0とかやっていたのを和にばれて怒られることに。本気で戦って勝ち取ってこその全国だと。

 部長VS咲。部長は順子場に誘導することでカンを作りにくくし、咲を封殺。しかし、皆制限付き故に高い手も作れずそんなに点差は無し。
 そこに桃子がステルス発動。一歩抜きん出るが、果たして部長と咲にどこまで通じるのやら。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2009/09/06

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第二十一話

 スカーがウィンリィの両親を殺害するに至った経緯。目の前で仲間を虐殺されて、自分も重態、そして目を覚ましたら自分の右腕が兄の物になっている。そんな状態で恐慌をきたすなって方が無理だし、発作的に暴れた末に…ってのは不幸な事故としか言えないわな。

 自分の銃を向けるウィンリィにお前には俺を撃つ権利があると語るスカー。そして、撃ってしまえば自分は反撃するとも。

 スカーは撃たれたら避けずにそのまま受ける覚悟はあったんじゃないかな?でも、復讐は終わってないから殺されてやる義理もない。そして撃たなければ見逃してやれる?

 撃って良いのは撃たれる覚悟のある奴だけだ?

 スカーの兄はホントに死んだのかな?自分の腕を移植するくらいなら対価で全身消滅までは行かないんじゃないかと思うし。

 ウィンリィの件で一旦仕切直すのかと思ったら、まだ戦闘続行なの?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

真マジンガー 衝撃!Z編 on television 第二十二、二十三話

 二十二話はプチ総集編になっていたような…とか思ってたら機械獣・あしゅら男爵キター!

 念願の神の体を遂にゲット?って、別に合体する訳じゃないのか。

 マジンガー軍団どころかビューナスAも登場早々噛ませ犬にされてるし(T-T)
安国寺に指摘され弓教授が躊躇する光子力研究所の秘密とは?

 甲児との1対1の決闘を望むあしゅら男爵。バードス島攻略作戦にはないから応じる必要はない、と頭では理解していた甲児だったが、魂が許さなかった。

 決闘を挑まれた以上、それに応じるのが男。例えそれが罠だとわかっていても…って罠なのかよ!?

 なんか機械獣がいっぱいいるけど、立ち会いなだけだよね?そうだよね、あしゅら男爵?

 これで決着が付いちゃったら最終決戦もなくなっちゃう…わかってるけどさ、でもさ、あしゅら男爵は信じてあげたいよ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CANAAN 第九、十話

 組織を抜けたユンユン。薬が切れたら死ぬ。しかもその薬は個人によって違うので襲ってきた奴を返り討ちにして薬を奪っても無駄と。

 自分たち、ボナーはまだマシ。才能を開花できなかったアンブルーム達は使い捨ての鉄砲玉など語るユンユン。そして、目の前で死んだアンブルームが顔見知りのパン屋のおじさんだったと気づき泣き崩れる。

 貴様らが自らを彼岸に置いてまで語る「愛」とは何なのか?アルファルドは問いかける。

 色が見えなくなったカナンは目を潰されて戦っているような物。それに頼り切っていたせいで経験を生かすことも出来ず、いまや素人以下。でも、リャンのヘリからのミサイル攻撃で生き埋めになったショックで共感覚復活?その目で見たアルファルドはかつての師と同じ色を纏っていた。アルファルドはカナンの本当の名前は絶望なのだと語るが…

 アルファルドを追ってアンブルーム収容施設に潜入したカナン達。そこにはリャンの罠が張り巡らされていた。

 ハッコーはリャンと誤認し、サンタナに殺人ボイスを叩きつけてしまう。もはやサンタナの死は避けられない。だからこそ彼は願う。愛していると言う確かな言葉を。
 愛する人に愛を囁かれながら逝く。最後に願いが叶ってサンタナは本望か。

 リャンはボイスキャンセラーを発動。ハッコーの声と逆位相の音を発生させることで相殺し、無効化する。だが、声が聞こえなくてもそれを別の感覚に変換するカナンにだけはハッコーの声が届いてしまう。無差別広域殺傷兵器がカナンだけを殺すピンポイント兵器に。

…って、その理論は正しいのか?逆位相で相殺されて0になってんだからそれを変換しても0、もしくは変換した物同士が相殺されて0じゃ?
 変換前にA+B=0、B=-Aだったからって、変換後もA’+B’=0とは限らないってこと?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

戦場のヴァルキュリア 第二十三話

 アリシアのおかげで連戦連勝のガリア軍。そりゃビーム一斉掃射で終わりだもんな。

 ダモンはお調子者だけに調子に乗せると手に負えない(--;

 マクシミリアンは幻獣に絶対の自信を持っているらしく、もはや自分は準皇太子などではなく一国の王だとかなんだとか。その言動にはイェーガーもついていけず。

 セルベリアは体調不良で伏せっているらしい。アリシアの事を思い出して戦いたくないと思ってる?イェーガーにいつか故郷を開放したいと聞かされて何かを吹っ切ったようだけど。

 セルベリアはマクシミリアンのために最期まで戦う気みたいだけど、マクシミリアンはもう幻獣の方に頭が行っていてセルベリアからは心が離れてるような。

 コーデリアがファルディオに語るランドグリーズ家の秘密。ファルディオのせいではない。全ては私たちの責任…一体何が?

 アリシアのコーデリアへの願い。それは第七小隊のみんなとファルディオを無事故郷に帰すこと。コーデリアはそれを受けて、第七小隊に自分の護衛を勅命。

 守りながらは戦えないとか以前に、これ以上、自分の化け物ぶりを見て欲しくないと思っての事だろうし、実際、現時点じゃ第七小隊は何の役にも立たない足手まとい(ガリア軍全てにも言えるけど)だしな。アリシアを支援し、共に戦えるだけの何かがないとなぁ…

 ぶっちゃけ、双方にこれ以上余計な犠牲者を出したくないと考えるなら、アリシアとセルベリアの一騎打ちで勝敗を決めるのが一番被害が少ないよな…
 幻獣という切り札のあるマクシミリアンが承諾しないだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

懺・さよなら絶望先生 第十話

 卵が先か鶏が先か。だったのが、いつの間にか本当にそちらが先なのか?な話に。

 ハンバーガーが先にあって、それに挟む物としてハンバーグが出来たとか、ティータイムにスコーンだけじゃのどが渇くから飲み物としてティーが生み出されたとか…

 希望を抱くから絶望するが絶望の中から希望が生まれるに?メ布望先生始まりません。

 全てはゴルゴム工作員の仕業。風が吹けば桶屋が儲かるというか、小さいところからこつこつと、草の根活動?イライラ…はっ、全ての日本人をストレス性胃潰瘍で全滅させる気か!?

 工作員なんだから物作りしなきゃおかしいと言い出す千里だったが、産業スパイに技術を教えちゃダメー!!

 飛距離も大事だけどアプローチも大事。でも、近づければいいと言うわけでもない。って、何?そのチキンレース…てかアウトだろそれ(--;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うみねこのなく頃に Episode II-V

 熊沢と南條が殺されたことを報告に来た郷田達。しかし、郷田は混乱していて的確な状況説明が出来ず。変わって源次が「それは初めは嘉音に見えた」と説明。

 死体の確認のため、皆で使用人室を訪れるが、血溜まりを残して熊沢と南條の死体は消失。代わりにベアトからの手紙が。その中には南條が朱志香の死体から回収した嘉音の分と熊沢の分のマスターキーが。

・使用人室の鍵は使用人室の奥のキーボックスに収められているぞ
・使用人室の鍵は数本あるがその全てがキーボックスに収められている
・扉の開錠は使用人室の鍵とマスターキー以外は不可能

 郷田達は使用人室を施錠して客間に報告に行き皆で戻ってきた。つまり犯人は、まず鍵を開けて熊沢と南條の死体を運び出し、二人の鍵を入れた手紙を置いた上で再び施錠する必要がある。ついでに客間から使用人室まで全員で来た以上、その間、お互いのアリバイは立証されていると。

 この時点で南條と熊沢の死亡は赤字で宣告されてないから、実は生きていて部屋から出ていったと主張も出来るけど、今度は施錠する方法がないし…

 源次はマスターキーとは信頼の証。信頼を失ったのならお返しするのが当然、と紗音と郷田の物も含め、楼座にマスターキーを渡す。これで5本全てのマスターキーが楼座の手に。楼座はそれを真里亞の手提げへ。

 使用人達が去った後、使用人どもは信用できないと言い捨てる楼座に戦人は愕然。犯人は魔女だと認める発言までして、もう屈服状態。ベアトに楼座にマスターキーは5本しかないと宣言してくれと頼み込む始末。

 譲治は紗音から、使用人室で起こったことの詳細を聞き、自衛のため、夏妃の持つ霊鏡を手に入れることを提案。ご用命があるかも知れないから残るという源次を残し、まず夏妃の部屋の鍵を手に入れるため礼拝堂へ。

 礼拝堂の鍵はないため、窓を割って侵入。6人の死体はそのままなので死体入れ替えや死んだフリはない。夏妃の遺体から部屋の鍵を手に入れた直後ベアトが出現。その場は逃げおおせるが…

 夏妃の霊鏡が入っているだろう宝石箱をこじ開ける前に山羊さん軍団が襲来。郷田が扉に施錠しようとするが何故かひねってもひねっても元に戻ってしまい、しかたなく体で塞ぐが、扉を通り抜けて現れたベルゼブブの腕に顔をなで回され、その本体である杭に胸を抉られて絶命。

 礼拝堂でわざと逃がして置いて、ここで殺す理由は…窓を割った礼拝堂じゃ密室に出来ないから?

 扉をぶち抜いて杭を撃ち込んだならまだわかるが、扉を通り抜けてだし…どうなってるの?

 今回、自分が原作で注目していた描写が無くなっていたんだけど、つまりはミスリードだったんだろうか(--;

 でも、戦人が何でこんなに屈服寸前まで打ちのめされているのかに至る描写がカットされてるような…いいの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/05

ハヤテのごとく!! 第二十三話

 今日は咲夜の誕生日。ナギとハヤテが来ないか心配だった千桜だが、ナギが初バイトの疲れで寝てしまって来られないと聞いて一安心…しかのもつかの間、愛歌にばれてるし。
 もっとも弱みを握られたらやばい人に…ジャプニカ弱点帳って(--;

 でも、一応、ナギとハヤテとの鉢合わせは回避させてくれた。

 ワタルはぶっつけ本番でオンステージ。咲夜は鬼か(--;
 同じ事されて、それを大成功させるハヤテの方が絶対におかしい。

 咲夜の親父はただの露出狂か!?さすが、ギルバードの父でもあるだけはあるな。

 一方、ヒナは歩に対し、重大な決意を。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

涼宮ハルヒの憂鬱「涼宮ハルヒの溜息 IV」

 ハルヒのみくる虐待に遂に堪忍袋の緒が切れたキョン。衝動的にハルヒに殴りかかろうとして古泉に止められる始末。

 ハルヒは映画撮影のせいで現実と虚構の壁が曖昧になってきていて、その力が現実に漏れ始めている。この世界を消し去りたくなかったら我慢しろって、要するに世界を人質にハルヒの横暴を黙認して機嫌をとれってことか?

 鶴屋さん、笑ってみているだけどころか、みくる虐待の片棒まで担ぐなんて酷いよ…と思ったが、もはや一般人はハルヒの支配下だからしょうがないのか?

 ハルヒを叱れるのはキョンだけなのに、そのキョンが懐柔されちゃダメなんじゃ?

 ポニテで反省しようとしてたみたいだし、今回はキョンも頭に血が昇りすぎてたみたいだから、これで手打ちが妥当?とか思ってたら桜が(--;;;;

| | コメント (0) | トラックバック (5)

化物語 第九話

 メメのお使いで山の上の倒壊した神社にお札を貼りに来た暦。何故、駿河と腕を組んで?と思ったが、駿河もメメに莫大な借金がある訳か?腕は二十歳までには治るらしい。

 駿河が神社に近づけないのは低級悪魔だから神域には近づけないとかそう言うこと?

 神木に巻かれまくっているしめ縄。まるで蛇のごとく。その神木に滅多刺しにされた白蛇の死体が。それ以外にもそこかしこに蛇の死体が。

 神社のご神体は白蛇。その神域でご神体の眷属を大量虐殺って冒涜どころか完全に挑発して喧嘩売ってるよね?

 道中にすれ違ったのが妹の友達の撫子だと思い出した暦。今日も神社で蛇を殺そうとしていた彼女を見つけて家に連れ帰る。男の自分では警戒されるからと駿河を呼んでた物の撫子が覚えていたおかげですんなりと。

 お兄ちゃんは大人だから私の裸を見ても興奮なんかしないんだよね?という撫子の認識は世間一般的には通用するものなんですか?

 撫子の全身には蛇に巻き付かれたような鱗の跡が。これを消したくてオカルトの本を参考に蛇の虐殺をしていたらしい。虐殺なんかしたら呪いで更に酷いことになる気が…普通はお供え物とかして静まって貰う方じゃ?それとも気に入られてつけられたとかで、拒絶の意味でってこと?どちらにしろ、素人判断は危険かと。
 メメの出番なんだろうけど、既に随分こじれちゃっているような…ま、メメも何か異変があることには気付いていてお札を貼らせにいかせたのだとは思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PandoraHearts 第二十二話

 チェシャの目を潰したのはヴィンセントらしい。猫だった時の傷がチェインになっても残っているのか、猫の受けた傷がそのままリンクするのか。その他にもヴィンセントはアリスの部屋に侵入しては人形を切り刻んでいたらしい。なんて陰険な。

 幽閉されている現実から目をそらし、ジャックを信頼しきって幸せそうにしている。自分に都合のいいことしか見ようとしない態度が虫酸が走るったって…

 アリスとアヴィスの意思は魂で繋がれた双子。それぞれの肉体で12時間を現世で、12時間をアヴィスで過ごしていたらしい。グレンが彼女を幽閉していたのはアヴィスの意思を手に入れるため。ジャックはアリスを救う手段を見いだせず苦悩の日々を?

 アホ毛公爵に毅然と立ち向かうオズ。なんか成長した?と思ってたら、後でヘタレた(--;

 かつて、貴族の家に仕えていたブレイク。そこのお嬢様と散歩に出ている間に賊に押し入られ一族は皆殺しに。その過去をアヴィスの意思に願って変えて貰った。
 だが、その数年後、その貴族は貴族同士の権力争いに敗れ結局滅んでしまった。

 ブレイクは自分が過去を変えなければお嬢様は生き残れていた。お嬢様を殺したのは自分だと悲嘆に暮れる。オズはそんな結果が待っているとは知らなかったのだからブレイクに罪はない。仕方がなかったのだと告げるが…

 道筋は変えることは出来ても結果は変えられない。むしろ、より過酷な方向に変化すると言うことか?

 シャロンってブレイクの使えていたお嬢様の娘とかかと思ってたんだけど違うのか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/09/04

青い花 第十話

 先生と姉の結婚式の後、あきらとふみのデートにくっついてきた杉本さん。あきらの兄も運転手として同行。いつもならあきら兄が空気の読めなさ加減全開なところだが、今回ばかりは杉本さんの方がウザさは上。

 傷心のふみに杉本さんを近づけまいとあきらは必死にガード。ふみも会いたくなかったときっぱり。

 拒絶された杉本さんは状況がまるでわかっていないあきら兄に洗いざらい韜晦。

 好きになったら姉の恋人だった、のではなく姉の恋人に一目惚れだったのか。そして、京子に対しては詰まるところ同族嫌悪だった訳ね。京子には可哀想だけど、絶対に受け入れたくない自分の負の部分をまざまざと見せつけられる存在なのか。

 結局、今日、ふみに会いに来たのも心の奥でふみに甘えていたから。でも、ふみに、「好きな人に一心でいてください。それが叶わないなら諦めてください。私は諦めました。大人になって下さい」とぴしゃりと言いきられては、はいと答えるしかなく。もう杉本さんが振ったのではなく、ふみに見切りをつけられた形に。これで完全終了か。

 岩屋ってあぁいう風に観光するところなのか。なかなか風情があって良いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/03

狼と香辛料II 第九話

 エーブの紹介で年代記作家リブロに会いに行く道中、相も変わらずホロに翻弄されるロレンス。なんとなくホロの様子がおかしいような?

 リブロの家に着いたらシスターが出てきてびっくり。修道女ってホロが機嫌を悪くする筆頭じゃないか。リブロってシスターと同棲してるの?それとも兄妹とかなんだろうか?

 リブロの信頼を得られたらしく、無事、北の伝承に関する本を借りることに成功。豚の丸焼きで前祝い?ホロ一人で全部食べたのか(--;

 ベッドの中で怖いとつぶやくホロ。怖いのは旅の終わり。そしてロレンスとの別れ?独占欲と自己嫌悪の葛藤の末にどんな答えが導き出せるのか?

 ホロを寝かせて、下に降りてきたロレンス。エーブは教会の都合で商い物である石像が利益の見込めないガラクタになってしまったため、この商売に見切りをつけて南へ向かう資金を欲していた。そこでロレンスに持ちかけてきたのはホロを売ること。

 エーブはホロの正体に気付いていたのか?ロレンスが承諾する訳がないが、エーブはホロを教会に告発するという手段もあるし、そうなったらロレンスとホロはすぐに逃げるしかない。詰まるところ脅迫?

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2009/09/02

宙のまにまに 第九話

 県内高校天文ネットワーク秋期観測会に誘われるままやってきた朔達。そして、そこで他校の星猛者達の装備の充実ぶりに驚愕。

 特に主催の近江の高校には大口径の天体望遠鏡が備品として装備。いくら私立でも天文部のためだけにそんな予算は割いてくれないだろうし、近江が寄贈したんだろうか?

 近江は部長と過去に何かあったらしい。でも、部長本人が覚えていないと知ると朔にやたらべったり。本来ならここで姫が割り込んでくるのだが、その当人はイケメンにちょっかいをかけられてそれどころではなかったり。

 姫にちょっかいをかけていたイケメンは勘違いで姫にボコボコにされ、いらん事を口走ったためトドメを刺されることに。姫当人はおかげで朔に上着を貸してもらえたりと結果オーライ?

 圧倒されまくりだった朔達だったが、美星と部長もやはり星猛者。美星は人間星座早見盤・星見ちゃんとして崇拝され、部長は気象情報から天気図を作成し雲の流れを予想、更に秋の星座にまつわる神話を披露し尊敬を集めることに。
 機材の性能差が星猛者の実力の決定的差でないことを教えてやろう?!

 小学生の頃、部長と近江は同じ地域の天文観測クラブにいたらしい。でも、部長は体調のせいで通いきれずリタイヤ。近江は自分に星空の素晴らしさを教えてくれたのに突然になくなった部長のことをずっと気にしていたらしい。

 で、自分も部長のように皆に星空の素晴らしさを布教したくて観測会を開いていた。そして部長が再び天文部としての第一線に帰ってきたから招待状を出して恩返し、というか再び同じ場に立ちたくてってところか。

 でも、いつでも来て良いとか言うと、美星が毎日入り浸りそうだよ?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シャングリ・ラ 第二十二話

 美邦に後継者になりたければ小夜子を捨てろと迫る涼子。美邦以外だったら条件なんて出さないとか言ってるけど、もし國子が来ていたらモモコを捨てろとか言い出してたんだろうけどな(--;

 当然、美邦に小夜子を捨てることなど出来ないが、小夜子はこれも当然の行動として美邦のために自ら身投げ。これで美邦は後に引けない形に。

 涼子はゼウスの対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェースなんだそうですよ。
 メデューサはゼウスにハッキングしたところを逆にハッキングされ、既に傀儡。軍事施設にハッキングをかけてるのはゼウスの指示らしい。
 世界は支配するには広すぎるから適度に縮小するとか。要するにアトラス以外は殲滅と。

 アトラスの後継者には従うと言いつつ、その後継者・美邦の望みはミーコの仇を取ること。つまり国連との全面戦争。結果やることは変わらないと。巧いこと誘導したのものだな…
 全ての黒幕が涼子=ゼウスと気付かない限りはこのまま滅亡コースか。

 今更、小夜子が腹違いの姉だの何だの言い出した涼子の側近が鍵?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009/09/01

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第二十話

 自分の肉体が扉の向こうにあるとしても、全く栄養がとれてないから取り戻せたとしてもミイラ化してたりするんじゃないかと心配するアル。

 それに対しエドは、あのとき自分たちはいったん分解され再構成された。その時、混線が起こって自分とアルの肉体がリンクしているのではないかとの仮説を打ち立てる。

 根拠は自分の背の低さ。栄養をアルの肉体に取られているからではないかとの自らの願望も入った希望的観測を。

 それはそういうことにしてもいいとは思うけど、年中寝てるのをアルの分も睡眠を取っていると考えるのは買いかぶりすぎでは(--;

 前回の戦闘でハボックは脊髄を損傷。半身不随にされてしまっていた。エドはマルコーなら何とかしてくれると考えるが、彼の家はもぬけの殻。ハボック無念のリタイア。

 動けない役立たずはさっさと捨てていって欲しい。諦めさせてくれと懇願するハボックの望み通り、ロイは置いていくと宣言。しかし、続けて、先に行っているから必ず追いついてこいと付け加える。熱いな。

 再び錬金術師殺しを開始したスカー。エドは自分がホムンクルスたちにとって死なれちゃ困る人柱なのだと言うことを利用して、自分をおとりにホムンクルスをおびき出す作戦を立案。

 この前はぼろ負けだったのに、ホムンクルスがおびき出されてくるまで持ちこたえられるのか?とのアルのもっともな質問に、エドは俺たちも強くなっているはずだとアバウトな返答を…計画倒れにならなきゃいいけど(--;

 スカーをおびき寄せるため、街で奉仕活動をしまくるエド。なんか気持ち悪いよ?でも、その甲斐あってスカーをおびき出すことに成功。でも、スカーを射殺されても困るのでロイが憲兵隊のかく乱役。凄ぇ楽しそうだな(--;

 一方、グラトニーもおびき出されるが、ランファンがその気を覚えたから、どこまでも追跡できると宣言したことで大総統に危険人物と判断されて…斬り捨てられた?

 仮面だけで済んだかも知れないけど、大総統も姿を現した以上、生かして帰す気は毛頭ないよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »