« 戦場のヴァルキュリア 第二十三話 | トップページ | 真マジンガー 衝撃!Z編 on television 第二十二、二十三話 »

2009/09/06

CANAAN 第九、十話

 組織を抜けたユンユン。薬が切れたら死ぬ。しかもその薬は個人によって違うので襲ってきた奴を返り討ちにして薬を奪っても無駄と。

 自分たち、ボナーはまだマシ。才能を開花できなかったアンブルーム達は使い捨ての鉄砲玉など語るユンユン。そして、目の前で死んだアンブルームが顔見知りのパン屋のおじさんだったと気づき泣き崩れる。

 貴様らが自らを彼岸に置いてまで語る「愛」とは何なのか?アルファルドは問いかける。

 色が見えなくなったカナンは目を潰されて戦っているような物。それに頼り切っていたせいで経験を生かすことも出来ず、いまや素人以下。でも、リャンのヘリからのミサイル攻撃で生き埋めになったショックで共感覚復活?その目で見たアルファルドはかつての師と同じ色を纏っていた。アルファルドはカナンの本当の名前は絶望なのだと語るが…

 アルファルドを追ってアンブルーム収容施設に潜入したカナン達。そこにはリャンの罠が張り巡らされていた。

 ハッコーはリャンと誤認し、サンタナに殺人ボイスを叩きつけてしまう。もはやサンタナの死は避けられない。だからこそ彼は願う。愛していると言う確かな言葉を。
 愛する人に愛を囁かれながら逝く。最後に願いが叶ってサンタナは本望か。

 リャンはボイスキャンセラーを発動。ハッコーの声と逆位相の音を発生させることで相殺し、無効化する。だが、声が聞こえなくてもそれを別の感覚に変換するカナンにだけはハッコーの声が届いてしまう。無差別広域殺傷兵器がカナンだけを殺すピンポイント兵器に。

…って、その理論は正しいのか?逆位相で相殺されて0になってんだからそれを変換しても0、もしくは変換した物同士が相殺されて0じゃ?
 変換前にA+B=0、B=-Aだったからって、変換後もA’+B’=0とは限らないってこと?

|

« 戦場のヴァルキュリア 第二十三話 | トップページ | 真マジンガー 衝撃!Z編 on television 第二十二、二十三話 »

終了・か CANAAN」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CANAAN 第九、十話:

» CANAAN 第10話 [まだまだハマる☆現代アニメ]
サブタイトル 「想執」 CANAAN【4】 [Blu-ray]*********** [続きを読む]

受信: 2009/09/09 19:53

» (アニメ感想) CANAAN 第10話 「想執」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
CANAAN【1】 [Blu-ray]クチコミを見る アルファルドの話していた研究所に乗り込むカナン達。しかし、そこで待っていたのは・・・。 ↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます! ... [続きを読む]

受信: 2009/09/12 08:27

« 戦場のヴァルキュリア 第二十三話 | トップページ | 真マジンガー 衝撃!Z編 on television 第二十二、二十三話 »