« うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ 第七話 | トップページ | CANAAN 第六話 »

2009/08/08

うみねこのなく頃に Episode II-I

 OPの肖像画がEP2仕様に。コスプレにしか見えないから困る。

 時は遡り。譲治に密かな恋心を寄せていた紗音。譲治もまんざらではない様子でつかの間の幸せを感じていた頃…

 そう、所詮はつかの間。譲治に紗音が近づくことを嫌った絵羽により譲治の見合い話が持ち上がることに。

 肖像画の前で嘆く紗音の前に現れたベアトリーチェは紗音に自分を封じている霊鏡の破壊を依頼。代わりに恋を成就させる黄金蝶のブローチを渡す。

 一旦は拒否した紗音だったが…

 愛は世界を構成する一なる元素。愛が満たされないと言うことは即ち世界が満たされないと言うこと。霊鏡が破壊されない限り、それはただのブローチに過ぎない。譲治との関係は永遠にこのままであることを保証する…

 原作では、譲治の見合い相手が譲治に最も相応しい。そして、紗音。お前が最も相応しくないとまで言い切ってるし(--;

 結局、霊鏡の破壊を選んだ紗音は譲治と恋仲となり、沖縄へ旅行するまでの仲となる。全ては魔法のおかげだと感謝する紗音。その様子を苦々しく思い嘉音は否定するが…

 夜の海は嘉音君には真っ黒に見えるのかも知れない。でも私には真っ青に見える…紗音の言葉を嘉音は理解できない。愛がなければ視えない…

 一方、嘉音は朱志香の学校の学園祭に招待され、普段とは違う朱志香の様子に驚くことに。しかしそれは嘉音にとっては人間である朱志香と家具である自分の差をまざまざと見せつけられたに過ぎなかった。朱志香の家具だと自分を卑下するのをやめろとの言にも耳を貸さず、朱志香の思いも、家具と人間の間に恋愛感情は成り立たないと拒否しその場を去る。

 現れたベアトリーチェに、お前は決して結ばれない者に無駄な希望を持たせて弄んでいるだけだと食ってかかり、紗音に譲って貰ったブローチを破壊する嘉音。
 その激情は自らも朱志香に惹かれていたことを自覚させられた故か。気付かなければ自分はただの家具でいられたのに…

 ベアトリーチェが蒔きし恋の種は3つ。譲治と紗音。朱志香と嘉音。後の一つは?金蔵とベアトリーチェ?

 ところで譲治はデートにTOMITAKE FLASHのTシャツって一体何のつもりだ?

 彼らが海だと信じれば、ここは海なんです。六軒島から出られなくても、そこが世界だと信じれば?いや、現に沖縄に来てるし別の意味か。

 僕はこんなところで何をやってるんだ…コスプレお嬢様に電波ソングを聴かされているんだと思うよ?

 ところで喘息なのにボーカルなんて出来るの?とか原作の時から言われてるけど…調子が良ければ大丈夫なのかな?

 ベアトリーチェに会った証拠の蝶の火傷自分を見ることが出来ない金蔵を哀れむベアトリーチェはカットですか?

 ゲーム盤の準備は整い、魔女はゲーム開始早々、速攻で勝負を決める気満々です。

|

« うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ 第七話 | トップページ | CANAAN 第六話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

終了・う うみねこのなく頃に(アニメ)」カテゴリの記事

コメント

いつもお世話になってます、◎こころんてんとち◎のとなみです。
TBがどうしても飛ばないみたいなのでコメントで失礼します~。

金蔵のうおおおおと
ベアトの「*がなければ…」がなかったのは意外でしたね。

でもところどころでアニメスタッフの遊び心(というか原作既プレイ者へのサービス?)に
クスっとしたり。
富竹フラッシュシャツですって…?!
ちょっと見返してきますw

投稿: となみ | 2009/08/08 22:15

>となみさん

 紗音の太ももがまぶしいです。そしてちんすこう。

 金蔵とベアトのアレは重要シーンだと思ってたんですけど…後でやるのか、それとも実はたいしたシーンではなかったのか。

 TOMITAKE FLASHは原作では引き延ばして一見わからなくしてあったのに…今回は時報だとでもいいたいのか!?
 

投稿: 藤ゆたか | 2009/08/08 23:59

原作読んだ印象からうみねこはあまり期待してなかったのですが
なんかいきなり盛り上がってきました・・・
どっきゅん☆ハートはたまげましたけどw

投稿: 野次馬アニメ | 2009/08/12 01:37

>野次馬アニメさん

 つるぺったん+弾幕ではありませんでしたけど、これでも十分すぎるインパクトがありましたね。

 嘉音と紗音の活躍に期待です♪

投稿: 藤ゆたか | 2009/08/12 08:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/45867881

この記事へのトラックバック一覧です: うみねこのなく頃に Episode II-I:

» うみねこのなく頃に 第6話 『EpisodeII-I middle game』(感想) [アニメ-スキ日記]
戦人VSベアトリーチェじゃないのか? ラブラブ展開いいですねw ベアトリーチェい [続きを読む]

受信: 2009/08/08 14:12

» うみねこのなく頃に #6 [日々の記録]
前回までの展開から一転。今回からは魔女ベアトリーチェも頻繁に登場して、事件が起こるまでの過去の経緯が描かれるようですね。今回は、紗音と嘉音にスポットが当たったお話でした。...... [続きを読む]

受信: 2009/08/08 14:48

» 「うみねこのなく頃に」第6話 [日々“是”精進!]
   第6話EpisodeII-I middlegame時は戻り、1984年10月。金蔵の長女・エバのひとり息子・譲治に思いを寄せるシャノンは、身分違いの叶わぬ恋に苦しんでいた。そんな折、シャノンは、ベアトリーチェと名乗る女性からある条件と引き換えに願いを叶えてやろうと提...... [続きを読む]

受信: 2009/08/08 15:52

» うみねこのなく頃に散 [★youtube動画and最新ニュース★]
【20%OFF!】うみねこのなく頃に Note.05 コレクターズエディション(仮) 【Blu-ray disc 専用】 (初回限定生産) 【発売日お届け!2010年2月24日発売】商品価格:6,550円レビュー平均:0.0 刹那的虹色世界: うみねこのなく頃に 第6話うみねこのなく頃に 第6話『Episode Ⅱ-Ⅰ middle game』 右代宮家に仕える紗音は、いつしか右代宮家の一人・譲治に想いを寄せていた。だが、所詮紗音は使用人―――右代宮家では、“家具”として扱われる存在。たとえ、譲治と... [続きを読む]

受信: 2009/08/08 15:53

» うみねこのなく頃に 第6話「Episode II - I middle game」 [日記・・・かも]
「人間と家具は恋愛など出来ません」 ベアトリーチェの魔法で、紗音が人間としての幸せを知る話。 エピソード2の序盤は紗音・嘉音の視点... [続きを読む]

受信: 2009/08/08 17:10

» (アニメ感想) うみねこのなく頃に 第6話 「Episode2-1 middle game」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
TVアニメーション 「うみねこのなく頃に」 コレクターズエディション lt;Blu-ray 初回限定版gt; Note.01クチコミを見る 第2のゲームが幕を開ける。運命の日から遡ること数年、譲治のさりげない気配りに助けられ、密かに想いを寄せるようになった紗音。身分違いの...... [続きを読む]

受信: 2009/08/08 18:50

» うみねこのなく頃に 第6話「Episode2-1 middle game」 [ミナモノカガミ]
家具と人間。 [続きを読む]

受信: 2009/08/08 19:30

» うみねこのなく頃に 第6話 感想 [黒猫コミック館]
「EpisodeⅡ-I middle game」 OPのベアトリーチェ肖像画が朱志香に変わっているなあ。これに一体どんな意味があるんだろうか。 学校の文化祭では魔理沙のコスプレして歌ってたし、何この妙に世界観ぶち壊し気味な回は。 とか、妙な方向で突っ走ってはいたものの、本筋とな..... [続きを読む]

受信: 2009/08/08 22:05

» うみねこのなく頃に [橋本甜歌 前略 画像]
Kazu#39;Sの戯言Blog(新館) うみねこのなく頃に 5話レビュー うみねこのなく頃に 6話 - かわりな色 うみねこのなく頃に Episode II−I: ぶろーくん・こんぱす [続きを読む]

受信: 2009/08/09 01:26

» 「うみねこのなく頃に」 第6話『episode Ⅱ‐Ⅰ middle game』 [おきらく委員会 埼玉支部]
 第6話「episode Ⅱ‐Ⅰ middle game」  「そうですね・・・ [続きを読む]

受信: 2009/08/09 09:05

» うみねこのなく頃に episode II-I middle game [Time of bliss - ゲーム・アニメ音楽関連イベントの記録]
うみねこのなく頃に episode II-I middle game 肖像画チェ... [続きを読む]

受信: 2009/08/09 09:30

« うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ 第七話 | トップページ | CANAAN 第六話 »