« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009/06/30

シャングリ・ラ 第十三話

 タルシャンはVIPだったらしい。一体何をたくらんでいるのやら。

 でっかいブーメランはステルス輸送機ですか。さすがにパイロットは雇ったよう。

 工区で一斉に暴動を起こし、それに目を向けさせて置いて空から侵入。でも、涼子はお見通しと。

 暴動を見て喜ぶ美邦をたしなめるミーコ。すっかり良いお母さんになってるな。躾もばっちり?

 ビットぽい、無人AI戦闘機登場。友軍を落とすのはいつものことだけど、アトラスが射線上にあるのに撃つとか無茶苦茶、ダイレクトアタックも物理法則を色々無視している気が(--;

 それをブーメランで撃ち落とす國子はもっと無茶苦茶だが。

 とりあえず、KDが使い捨ての無駄死ににならなくて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2009/06/29

咲-Saki- 第十三話

 和と透華の戦いはどんなスタンド合戦になるのかと思いきや、双方ともちょっとでも危険を感じたらベタ降りするため、流局ばかりの地味な戦いに。

 それでも透華は虎視眈々と和を観察。のどっちがまだ完全覚醒してないのを見て取ると、自分は短気だから覚醒まで待ってられないと言ってたはずなのに。

 気付いたら半荘終了目前。のどっち完全覚醒状態で和しか上がってないなんて状態に。ここから透華のターン?鶴賀の幽霊に割り込まれて、結局最後まで何も出来なかったりして…

 透華の手の進み具合はアンテナ見てれば一目瞭然な気が…感情についてはあのオーバーリアクションじゃ読むまでもないけどな(--;

 風越はリーチはしてるんだけど、それを全部吸い取られてるなぁ…ところでコーチは携帯で一体何をしているの?

 それはそれとして和、透華、咲の誰が一番濡れてますか?後、タコスは半分見えてた様な気が…発情状態の和に顔をゆるませている京太郎に対するアプローチか?

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2009/06/28

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第十三話

 体の全てを持って行かれたアルが一番通行料を払っているのだから、最も多くの真理を得ているはず、と言う考えからアルの記憶回復を目指すことに。

 しかし、そんな矢先、アルは不老不死を求めるグリードに誘拐されてしまう。アルは彼の手下が全てキメラで、彼自身はホムンクルスであるという事実に驚愕。

 ホムンクルスはともかくキメラは今までまともなのが出てきた記憶がないからな…つーかむしろトラウマ(--;

 グリードは魂を錬成し、物に定着されているアルこそが不老不死に近いと考え、救出に来たエドにホムンクルスの製法と交換にその方法を聞き出すとするがエドは拒否。というか、言動がほとんどどこぞのドラまたですよ?

 アルそっくりのホムンクルスを作ってそれにアルの魂を定着させれば今より遙かにマシ?
 ホムンクルスと人体錬成の違いがよく分からないが、元になる人物がいるかいないかなのか?

 グリードの再生能力と無敵の盾に為す術もないエド。しかし、グリードの盾が炭素であることを見破り、ダイヤモンド結合を単なる炭素結合に組み替えることでそれを打ち破ってみせるが、いかんせん構造変える度に一発食らってたら身が保つわけもなく。

 そこに師匠登場。攻撃をかわしざまカウンターで組成変更、間髪入れずに蹴りを叩き込むという流れるような連続攻撃を。それで「通りすがりの主婦」は詐欺だ…

| | コメント (0) | トラックバック (15)

戦場のヴァルキュリア 第十三話

 ウェルキンの存在を無視できなくなってきたダモン将軍。正規軍ならともかく義勇軍の株が上がっていくのが我慢できない…って、仮にウェルキンが正規軍にいたってウェルキンの部隊が気にくわないとか言い出しそうだが。

 そんなわけでそろそろご退場願おうと、ファウゼン攻略を義勇軍に要請。元々は防衛には向かない地形だったファウゼンだが、今ではグレゴールが配備した装甲列車からの長距離絨毯爆撃によって近づくことすら出来ない難攻不落の要塞と化していた。

 そもそも義勇軍を疎んじて僻地へ派遣したせいで陥落したファウゼンを義勇軍を捨てゴマに奪回しようとか恥も外聞もありゃしない。その上、うまくいったら手柄は正規軍が独り占め。うまくいかなくてもウェルキンごと義勇軍が壊滅してくれれば御の字。ウェルキンが生き残っても作戦失敗の責任を押しつけて軍法会議とかか?
 まったく、味方を陥れることにかけてだけは天才的って最悪だな。

 ファウゼンに突撃しようとした義勇軍第五小隊はその矢先に砲撃の豪雨を受けてあっという間に壊滅。それを囮に第一、第七小隊はレジスタンスの手引きでファウゼンに侵入することには成功するが…

 レジスタンスのリーダーはダルクス人。そのことにロージーは不快感を隠そうともしない。自分を連れてくればこうなることは分かっていたはずだと居直るロージーに対し相変わらず何を考えているか分からないウェルキン。ホントに何も考えていないのか、いつも通り、何とかなると脳天気に考えているのか…

 アリシアとファルディオが楽しそうに話しているのを見て、それ以外のことに頭が回っていないというのが正解かも(--;;;

 ロージーのダルクス人嫌いの訳もこのエピソードで判明するのか?

 イサラはダルクス人同士と言うことでレジスタンスの皆と談笑するという珍しい姿を。エーデルワイス号の自慢話で盛り上がっているらしい。ダルクス人には戦車好きが多いのか?

 第一目標は装甲列車の破壊、第二目標は基地司令部の制圧、第三目標はダルクス人強制収容所の開放だが、実質、装甲列車の破壊が作戦成功の要。他はそのための陽動に過ぎない。装甲列車さえ破壊すれば待機している正規軍がなだれ込んでくる手はずなのだが…正規軍は当てにならないよなぁ。何も考えずに突入してきて対戦車地雷で壊滅とか止めてね?

 そいや、ガリアはダルクス人への差別はあるけど強制労働させてる訳じゃなかったのね。賃金はかなり低そうだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (15)

真マジンガー 衝撃!Z編 on television 第十三話

 いきなりの修羅場。機械獣?と対峙するマジンガー。しかし、シローにとってはどちらが勝っても大切な者を失ってしまう。そんな戦いらしい。

 女将を訪ねてきた少女、ローレライに一目惚れしたシロー。だが、彼女の父は女将がガミアの制作者だと疑っているシュトロハイム博士だった。更に甲児はおじいちゃんからシュトロハイムが死んでいることを聞いていた。

 死者が蘇るということにドクター・ヘルの関与を疑う甲児。それを聞いたシローはローレライの父の潔白を証明しようと、ローレライと共にドイツへ。

 シロー、やたら行動力があるな…でも、今回はそのせいで事態悪化に全力疾走(--;

 ドイツでシュトロハイムというとジョジョ2部?ドイツのォォォォ科学力はァァァァアァ世界一ィィィィィ!ですか?

 スクランダーでシローを追ってドイツに向かった甲児だったが、その前にブロッケン伯爵が立ちふさがり、スクランダーが大破…って、えぇ!?丸一話保ってないじゃん。

 シュトロハイム邸に着いたシロー。出迎えたシュトロハイムはシローの母も来ていると招き入れるが、そこにいたのは女将?どゆこと?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/06/27

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ 第一話

 パチンコの人気シリーズからのスピンアウト。次の台からこういう絵になるのか?

 マリン達は海底人?ED見ると人魚?リングをつけると地上でも呼吸出来るようになるらしい。地上人は空人…海から見れば空か。

 拾った指輪を持ち主に返しに来てみれば、その相手は暗黒巫女?最低な元カレイに貰った指輪なんていらないということで今度は山に捨てられて…

 水着でうろうろするのは…とか思ってたら、お約束でスルーされずに、しっかり注目を浴びてるし。お尻フリフリはかなり危険(--;

 純真で人を疑うことを知らないマリンとそのフォローに追われるウリン、振り回される夏音のほのぼのストーリー、と思ってたらいきなりの魔王復活!?

| | コメント (0) | トラックバック (10)

ハヤテのごとく!! 第十三話

 9時に呼び出して置いて11時半。光画部時間でもアウトな大遅刻にヒナギクは怒り心頭。って、木刀正宗!?そうか、借り放しか。ヒナギク最強装備にさすがのハヤテも防戦一方。

 でも、完全に冷静さを欠いていたヒナギクは精神制御の抵抗判定に失敗。誕生日を忘れられていた寂しさに涙を流して戦闘停止。

 両親が8千万の借金を娘達に押しつけて失踪したことを打ち明けるヒナギク。それでも両親が好きな彼女は何か理由があるのだと思いたいと。両親を見限っているハヤテとはそこが違うところ。

 その借金は既に雪路が完済。桂家の養子になったのも雪路が小学校時代の担任だった今の養父の言質を取ってのことらしい。本来、ヒナギクは雪路に感謝してもしたらない頭が上がらない状態のはずなのだが、本人がアレだし(--;
 逆に雪路がどんなダメ人間ぷりを披露してもだからこそヒナギクは見捨てないと。

 ちなみに雪路は借金返済のためにあぁなったのではなく、元々の性格がなりふり構ってられないことで強調されて顕著になっただけだとか。

 過去が他人にはどんなに悲惨そうに見えても、自分が今いるここはそんなに悪くないのだと語るハヤテを見てヒナギクは自分がハヤテが好きなのだと認めることに。

 とりあえず、自分が好きな人はみんな遠くへ行ってしまう、というヒナギクのトラウマは克服?高所恐怖症はそのままだったけど。

 そして、コテツに対してだけはハヤテ、容赦ねぇ(--;;;

| | コメント (0) | トラックバック (11)

PandoraHearts 第十三話

 シャロンのチェインの能力でチェシャ猫の世界に侵入したオズとギル。しかし、ギルは実は猫が苦手でまるで役立たずに…チェシャ「猫」とは何度も聞いてたはずだけど、苦手だから無意識に聞き流していた…のか?

 ギルが自分のチェイン・レイブンを使わないのは、レイブンの全能力でアリスのビーラビットを封じているかららしい。
 封印解除後なら使えるのか?どもビーラビットがいたら戦闘はお任せだし、どっちにしろ出番はないのか(--;

 アリスの記憶を探しに来たというオズに、チェシャ猫はこの世界そのものがアイスの記憶であり自分はこの世界=アリスの記憶を守っているのだと語る。

 更に、アリスは自ら記憶を捨てた。ここの記憶はその中でもアリスにとって最も辛い物。それを取り戻したいなどと考えるわけがないとチェシャ猫は告げる。

 辛い記憶を捨てて幸せになろうとしたアリス。だが、記憶を失ったが故に自分が何者か分からないと言う不安を抱えることになり、記憶を失っているが故に、自らを不幸にする記憶を追い求めるジレンマ…

 記憶を捨てても幸せにはなれない。なら記憶を取り戻した上でそれを乗り越えるしかないと。

 百年前、首都を丸ごとアヴィスに堕としたバスカヴィル。それを倒した四大公爵家がパンドラの前身。そして、パンドラはバスカヴィルの持つ5つ目のアヴィスへの扉を欲しているらしい。

 そして、暗躍するヴィンセント。その命を受けたエコーの手がシャロンに?

| | コメント (0) | トラックバック (6)

涼宮ハルヒの憂鬱「エンドレスエイト」 2回目?

 度重なる既視感の積み重ねの末、セレブラントに覚醒したキョン達は、この世界が延々とリセットを繰り返し、ループしていることを知る。だが、それを知ったところでそれを防ぐ手だてを見つけることが出来ずタイムリミットは目前に。今回もリセットを迎えることになってしまう…のか?

 そんな「消されるなこの想い。忘れるな我が痛み」な話はおいといて…

 キョンがやたらにセクシー…妹の前でそんな格好しているのは危険では(^^;

 待ち合わせからプールの辺り、やたらハルヒの胸に意識が行ってたような。特に意味はない?

 前回、喫茶店の長門が「楽しそう」と書いたが、他のブログ様の感想では疲れてるとか書かれてて、(・3・)あるぇ~?と思ってたんで、今回確認しようと思ったら表情を映してくれなかった(T-T)

 自分は観測者だから自分からはループについて語ることが出来なかったという長門。キョンから話しかけられる度に長門はもしかしたら、と期待してたんだろうなぁ。それだけに失望も大きかった?
 ひぐらしの梨花が百年で精神の死を迎えかけていたのに、長門は500年以上、それもたった2週間の繰り返しだもんなぁ…梨花の言う精神の死は高次元精神体への昇華だから長門は初めからその状態とも言えるけど。

 みくるの禁則事項って、もしかしてNGワードは口にしても全てリアルタイムで禁則事項と聞こえるように修正されちゃうのか?みくるだとついうっかり言っちゃいそうだし、みくるはちゃんと説明しているけど、キョンには禁則事項としか聞こえないとか?放送禁止用語とは実は的を射ている表現なのかも。

 為す術もなく30日の深夜を迎えたキョン。どうせ巻き戻るならと宿題をせずに就寝。と開き直ると9月が来ちゃったりする罠?

 後一日で運命の袋小路をうち破れるのか、それともまたループなのか…

| | コメント (0) | トラックバック (17)

けいおん!第十三話

 最後は番外編。で、なんでそれでわざわざ鬱展開(もどき)を入れるかなぁ…どんな状況に陥っても、唯の脳天気さがあれば万事解決…とかか?

 バイトする紬とかあずにゃん2号とか新曲の歌詞かよ!?とかの小ネタは良かったけど。

・総評
 今期の京アニ祭りの御神輿。本編より周りのお祭り騒ぎぶりが目立った作品。
…ぶっちゃけ過度な期待を抱きすぎてた上に後に引けなくなって踊らにゃ損損状態だったのでは?と思わなくもない。

 練習シーンがほとんど描かれず、影でやってる様子もないのも、ただ仲間内で集まる理由と場所を作るために軽~く音楽やってみますか程度の意識だったからで、武道館もその場のノリで言ってみただけってことでしょ?

 そんなお遊び気分から本気でバンド活動に移行するきっかけはあずにゃんの登場と共に訪れていたはずなのだが…

新学期に大きな戦争がありました。
それは練習したいあずにゃんと練習しない上級生の全面戦争でした。
合宿まで続いた長く激しい戦いの末、勝ったのは上級生の方でした。
そしてあずにゃんはあの旋律を忘れていったのです…

てなわけであくまで軽い音楽を続行。学園祭のステージこそ私たちの武道館という結論に行き着いたことこそが唯達の音楽に対するスタンスの答えそのものかと。

 難しいこと考えずに唯達の挙動を見て楽しんでいればいい作品だったわけだな。そういう作品としては良い作品だったと思う。

 スタッフの皆様、盛り上がっていた皆様、お疲れさまでした。特にこの作品を楽しむに当たって澪の私物を特定したりそれを購入してみたりと盛り上がっていた皆様の貢献は不可欠な重要な要素だったと思われます。

ストーリー:2
キャラクター性:4
画:4
演出:3
音楽:4
総合的な評価:3
総合点:20

| | コメント (0) | トラックバック (22)

2009/06/25

ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編 其の参

 母の中にカケラがあることに気付いた梨花。元の世界に帰るには母を殺さなければならないと言う事実に直面し、どうすればいいのか分からなくなった梨花は羽入に相談するが、羽入は選択肢を僕いえ、私に委ねて責任転嫁をするな、と一刀両断。

 自分が神になった時のことを語る羽入。罪を押しつけ合う人間に絶望していた羽入は、人々の全ての罪を自ら背負い鬼神として討たれることでその罪を禊ぐことを決心し、その役に娘の桜花を指名した。桜花が鬼神の娘と蔑まれることがないように。

 桜花は羽入の再臨の約束を信じ、人の和を尊び不和を諫める厳しい戒律を作って平和な村を作り上げたが、羽入の絶望は深く、羽入の再臨は叶わなかった。

 それでも桜花は諦めず、古手家に八代続いて長子が女子が生まれたときに羽入=オヤシロ様が降臨するという伝承を遺し、そして、羽入の方も長い時間の中で絶望が薄れ、自らを牢獄に閉じこめていたのだと考えるようになり八代目の女子が産まれるのを心待ちにするようになった。

 しかし、そうして待ち望んだ梨花が幼くして殺されてしまったことで羽入は梨花の時間を巻き戻してしまった。それが自分の罪なのだと語る羽入。あのまま死んでいれば良かったのか?と反論する梨花に羽入は本来ならそうあるべきだったのだと答える。

 共に歩んだ百年の旅そのものを否定する羽入の言葉に梨花は憤るが、羽入は続けて語る。ここは梨花に関わる皆に罪のない世界なのだと。

 圭一はエアガン事件を起こさなかった。だから転校してくることもなく、普通に暮らしている。
 レナは両親が離婚せず、平和な家庭に暮らしている。
 魅音と詩音にも罪が無く、だから悟史が失踪することもない(?)
 沙都子は養父と仲違いしなかった。だから両親も健在。
 梨花は時間を巻き戻すことで自らの人生を汚さなかった。
 そしてこの世界の羽入は梨花の母と楽しく過ごし、満足して眠りについたから梨花の人生を汚さなかった。

 そんな皆が幸せな世界を破壊し、母を殺めてまで元の世界に帰る覚悟があるのかと問う羽入。自分の選択に責任を持てと告げ、更に期限を明朝までに指定。それを過ぎればもう元の世界には帰れない。自分ももう梨花の前に現れることはない。と最後通告。

 羽入が娘に母殺しの十字架を背負わせたことを糾弾する梨花だったが、羽入は自分や娘達が悩み抜いた末に選んだ選択肢を否定するなと告げ、梨花も、時間切れでなし崩し的にこの世界に残されるのではなく、人の身で神の視点を持ってしまった者としてどちらかの世界を責任を持って選んで欲しいと語る。決して後悔をしないように。

 果たして、梨花の選択は…

 鬼狩柳桜が短かったなぁ、とか思いつつ。桜花が小さいからか。原作見ても羽入が神になった経緯って曖昧だし。伝承だからわざと曖昧にしてるんだろうけど。

 魅音と詩音に罪がないと悟史が失踪しないってのはよく分からないけど…ダム戦争がないから村八分が起きないというのはあるんだろうけどそれと魅音詩音は関係ないよな。
 とりあえず、入れ替わりはアニメでは無かったことに?

 目を覚まして、自分が元の世界に帰ってきたことを知る梨花。それと同時に自分が母殺しの大罪を犯したのだと茫然自失。しかし、羽入はそんな梨花に、あの世界は夢だったのだと断言。

 皆が来たので羽入は姿を消してしまい、しかたなく、あの世界の話を皆に話す梨花。せっかく皆に罪がない世界だったのにそれを台無しにしてしまったことに罪悪感を覚える梨花に皆は予想外の反応を。

 罪を犯しそれを後悔し成長したからこそ今の自分たちがある。罪のない温室育ちの自分たちは綺麗だったかもしれないが温室の外で雑草として育った自分たちには温室育ちにはない何かが備わっている。だからこそ、自分たちは運命をうち破ってここにいるのだと。

 それでも納得しない梨花にレナはあめ玉選びのゲームを。選んだ方にあめ玉があって勝ったのだと喜ぶ梨花にレナはもう片方にはあめ玉が二つあったのだと告げ、温室の中と外を選ぶとはこういうことなのだと語る。
 もう片方に何があったのかなんて分からない。自分たちは選んだ方で賢明に生きていくしかない。それを比較しようと言うのは神様の考えること。

 それを聞いて、梨花は魔女を辞め、人間として生きていく決意を。羽入も次に梨花が死んでもそれを受け入れ時を戻さないことを宣言。数多の世界を渡り歩き選択する魔女・フルデリカ=ベルンカステルと決別し、人間・古手梨花の人生が今始まる。

 どっちを選んでもつまらない物しか入ってないと語った箱選びゲームと対比させた飴選びゲームは見事だと思う。もう一方に何が入っているのかなんて人間には分からない。両方を知って選ぼうと考えること自体が人間には叶わないことと。

 あの世界を自分が梨花に意地悪したくて見せた夢なのだと語る羽入。この辺、解釈はいかようでも取れるわけで。梨花が母を殺したという心の重しを軽減するための方便とも取れるし、ホントに夢だったとも取れる。
 どちらにしろ梨花は自分が数多の世界で母を見殺しにしてきたことに気付いたわけで、それに気付いて欲しかった羽入の目的は達成されている。夢だったかどうかは実は些細なことなのかも。

 羽入の能力じゃ元の世界には戻せない(それが出来るなら皆殺し編で殺された直後に沙都子救出後に戻すのがあの時点では一番確実)とか、あれは元の世界に限りなく近い別の世界、って説もあるけど。

 そいや、結局羽入は実体化してないけど…実体化止めちゃったんだろうか。逆に実体化してないなら見えないんだから皆が来たからって席を外す必要はないよな。いや、あの場に自分がいると梨花が自分で結論を出せないからか。

 他力本願で、自力では何もせず、ただただ自分の都合のいい世界を探し、そしてその数多の世界で両親や仲間達を見殺しにし続けてきた梨花の罪。それを梨花が自覚し、悔い、皆に赦される、梨花にとっての罪滅し編。魔女と決別した梨花はこれ以降、普通の人間として生きていくことに。
 そしてそれを容認し、梨花の両親から役割を奪い、両親への敬愛の念を失わせてしまった羽入にとっても罪滅し編といえる「ひぐらしのなく頃に」最終章に相応しい話だったと思う。

って、まだ昼壊し編があるんですけどね。惨劇なんてない。この先にあるのは喜劇と皆の笑顔かな?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009/06/24

宇宙をかける少女 第二十五話

 ネルヴァルVSプリンス・オブ・ダークネスはまさかのネルヴァル敗北。大ダメージを受けたネルヴァルは一時撤退。

 家族なのに無視して見捨てた。実の妹を背中から躊躇無く撃った。自分の物だと思っていたイグジステンズが実は秋葉の物だった。自分からは何もしない秋葉が何でみんなからちやほやされて全てを得、それに飽きたらず自分から全てを奪っていくんだ?
 ナミの慟哭はもっともだ。こんな理不尽を受け続けてたら性格が破綻するのも無理はないと言うか、ナミがこうなったの明らかに姉どものせいだよな(--#

 ナミのアンチQTを受けてアレイダから正気に戻った神楽が言うには、「宇宙をかける少女」とは黄金銃を持ち、イグジステンズの頂点に立つ女王であり、人類とブレインコロニーの争いに終止符を打つ者だそうな。

 で、今、宇宙をかける少女に求められているのはプリンス・オブ・ダークネスとなったレオパルドを破壊すること。まさかのレオパルドラスボス化。どう収拾をつける気だこれ?

| | コメント (0) | トラックバック (6)

シャングリ・ラ 第十二話

 救出された草薙。一緒にいた海兵達のことを聞くが…口封じに殺された?いや、無能だから処刑されたの方か。

 小夜子は美邦がアトラスの声を聞いたのに何故、後継者に選ばれないのかご立腹。それに対し涼子はAAAは三人いるから声だけでは決定打にはならないと答える。
 国子と草薙のことなんだろうけど、国子がAAAなら何故外に?

 外に出られるようになった香凜。でも、話しかけられるのは怖いと言うことで熊の着ぐるみを着て秋葉原へ。確かに話しかける奴はいないだろうけどそれで良いのか?

 ぬいぐるみを大人買いどころかセレブ買い。挙げ句、歩き回るのがめんどくさいと、秋葉丸ごと買い占めるにはどうすればいいかとか言い出すし。
 國子の話しかけられてパニックを起こしたおかげで未遂に終わったが(--;

 涼子がアトラス移住を中断して、完成を優先させると発表。それに対し國子はアトラスを空から強襲する作戦を発表。でも方法は他人任せとか…

 残り二人の後継者候補を知ろうとゼウスに侵入。驚異的なクラッキング能力で最高機密に迫るが後一歩で拘束されてしまうことに。

 しかし、そのおかげでミーコがモモコを救出。無事帰還。

 モモコ生きてたんだ…國子のメタルエイジ総裁就任を知り、國子が自分で決めたことだと確認すると見守ることにしたらしい。とりあえず、國子の総裁としてのお手並み拝見

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2009/06/23

06月23日のココロ日記(BlogPet)

にこっ◇にこっ◇きょうはなんだか面倒臭いです!えへへ……☆

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/22

咲-Saki- 第十二話

 ファントムファイヴ龍門淵家の執事たる者、裁縫くらい出来なくてどうします?ってな感じで完璧に修復されたエドペンを無事、和に届けることが出来た衣。でも、言いあぐねている内にお友達になるのはお預けに。

 キャプテンも部長に話しかけたい気持ちをこらえて、文堂にアドバイス。今は敵同士。話しかけるのは決勝戦が終わってから?
 その甲斐あって文堂が部長に振り込むことはなくなったよう。

 赤く咲いても白く咲いても薔薇は薔薇だ、ですか?(違

 上がりは減っても部長はまだまだ大暴れ。一の当たり牌を抱え込んだ上で上がれない空リーチでプレッシャーをかけて流局に持ち込む。しかし、一はそれを面白いと評価。部長のペースに巻き込まれることなく2位をキープ。敵わないまでも善戦を。

 それを、自分のために見せ場を残してくれたのでは?と解釈する透華もポジティブにも程があると思うが…それだけ信頼していると言うことか?

 もう鎖からは卒業という透華に対し、この鎖は透華との絆だと返す一。しばらく百合百合タイム。

 ずっと寝てた咲はようやくお目覚め。どこからどう見てもはいてないよな…京太郎の妄想では仮眠というより、ご休憩後、もしくは朝チュンだったが(--;

 咲が起きてこないので私の試合を見てくれないのか?とテンションが上がらない和だったが、席に着く直前に咲が駆けつけてくれてテンションMAXに。エドペンと咲の双方が揃い、最強状態の和に透華はどう対抗するのか?

 不気味なのは鶴賀の幽霊だが…風越は大丈夫なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2009/06/21

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第十二話

 師匠の許を訪れたエド達。でも、師匠はエドが国家の犬に成り下がったことにご立腹。いきなりボコられる事に。これで禁忌を犯したことが知られたらどうなることかと思っていたら、師匠もかつて死産だか流産だかした子供を蘇らせようとして失敗した過去を持っていた。

 やたら吐血するのはその時に内臓をあちこち持って行かれたかららしい。
普段はベッドの上らしいけど、それでも良く普通に動けるな、強靱な精神力とかか?

 扉の向こうで真理を見ると体が丸ごと錬成陣になってしまうのか?それで手を合わせることによって循環を表すと。

 ウサギが可哀想で魚なら食べられるてか。どちらも同じ命ですよ?そして、その命を糧に我々は生きている。その感謝を忘れるなと。
 マグロも豚も牛も鯨も野菜も人間もみんな食物連鎖の中で生きているわけで。

 食物を消化して自分の血肉にすることと、物質を分解再構成する錬金術は原理的には同じ物。なるほどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (19)

戦場のヴァルキュリア 第十二話

 姫と共にアリシアがさらわれたことを知ったウェルキン。ラディ達に協力を求め、それを追跡。

 宰相ボルグの目的は姫が連邦に亡命したことにして、それを後ろ盾に自分がガリアの全権を握ること。ファルディオの言うとおり、この国もうダメだよな…

 ウェルキンのガリアが連邦に吸収されたら帝国も困るだろうと言う話をラディが受け入れたのもほとんど遊び心だと思うし。

 ところでエーデルワイス号やらバイクやらはどこから湧いて出ましたか?5人乗りの車で来たよね?

 全てをすっかり諦めて受け入れているコーデリア姫。別にこんなことしなくても亡命して欲しいと言われたら言われるまま従った気もするんだが…他の貴族の目を盗む必要があったんだろうけど、コーデリアの事前同意があれば遙かに簡単に事が済んだんじゃ?
 事前同意はいくらなんでも取れそうにないから事が終わってから事後同意させる気だったとか?もしくは事前に話しておくと姫の様子がいつもと違うと感づかれる可能性を恐れた?

 後ろ手に縛られている状態で追走している戦車に飛び移れと言うのはアリシアはともかくコーデリアに対しては無茶要求な気が…

 コーデリアは奪回した物の、ボルグは宰相のまま。事態がまるで好転してないよ?ボルグの仕業という証拠がないからどうしようもないのか。あ、コーデリアに事前同意を取らなかったのは証拠を残さないためか(--;
 ほとぼりが冷めるまでしばらくは大人しくはしているだろうけど…

 帝国が本気になったらガリアなんてひとたまりもなく、かといって連邦も敵の敵は味方ってわけでもないらしい。どうしたらいいんだこれ?帝国と連邦が休戦するまで守りきったとしてもガリア侵攻が止まる保証もないような…

 それはそれとしてファルディオがウェルキンにアリシア争奪戦の宣戦布告。これはウェルキンもいつまでも昼行灯じゃいられないか?

| | コメント (0) | トラックバック (16)

真マジンガー 衝撃!Z編 on television 第十二話

 マジンガーと甲児を捕縛して大はしゃぎのあしゅら男爵。こっそりホバーパイルダーに乗ってみてご満悦。なんか可愛いとか思ってしまったじゃないか。

 でも、パイルダーオンに失敗して不機嫌に。くそ、拗ねてるところも可愛いじゃねぇか…

 衝撃のあしゅら入浴シーン。下がどうなっているのかは永遠の謎。そいや頭巾は取らないのね。

 今回はボスの子分いや、側近?が大活躍。ただの重しじゃ無かったのね。あしゅら軍団の雑兵よりは強いらしい。

 ブロッケン伯爵にマジンガーごと海の藻屑にされそうになるあしゅら男爵。ブロッケンの独断かと思ったらドクターヘル公認なのかよ…よっぽど質悪いわ。

 海中では思うように身動きが取れず、絶体絶命。そこにマジンガー軍団がジェットスクランダーをお届け。マジンガー軍団がカタパルト代わりだとか。

 今回の件で一人では戦えないのだと気付いた甲児。マジンガー軍団と協力して戦うことを誓う。マジンガー軍団もサポートに徹することを決め、ようやく役割分担決定。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/06/20

戦国BASARA 第十二話

 濃姫に撃たれそうになった市は暗黒面に覚醒し、濃姫を返り討ちに。このまま信長も無力化してまさかのラスボス化!?とか思ったらそんなことなかったぜ!

 光秀は蘭丸を人質にするという外道ぶりを発揮するが、織田の武将が俺に対して人質になるか!との小十郎の冷静なツッコミの前に敗北。でも、その後、蘭丸にお小遣いあげてるし。

 光秀は宙づりにされて足が着かなくて逃げられずに焼死?

 頑丈すぎる安土城の城門に立ち往生する連合軍。しかし、そこに謎の砲撃が。慶次が向かっていた瀬戸内からの援軍か。城門は吹き飛んだけど、連合軍の足軽も一杯吹き飛んでるよ?いいの?

 信長ににじり寄った市は信長を説得しようとするが、結局撃たれてしまう。ここまでいったい何のために?実は生きてるとか?

 信長の攻防一体伸縮自在のマントに手も足も出ない政宗と幸村。そこにホンダムMk2が参戦。鎧の隙間を正確に狙撃され、鎧の胸に開いた大穴にゼロ距離狙撃を受けて今度こそ爆砕。
 ラスボスの信長にメガンテは効かなかったが攻撃で信長のマントを爆発で銃を破壊していた。

 連合軍の皆の思い?を受け取った政宗と幸村の合体攻撃で遂に信長墜つ。

 後日談の信玄と謙信。元気そうだな。特に単騎で信玄の陣に攻め込む謙信は…二度と戦場に立てないんじゃなかったか?常人ならそうだけど謙信様には当てはまらないってこと?

 蘭丸の前に現れた少女は何者?

 そして、幸村と政宗のパーリィは終わらない。

・総評
 ツッコミどころ満載のバカアニメ。その全てにツッコンでいたら身が持たない…という印象で始まったが、慣れてくるとその辺は華麗にスルーする技術を身につけて演出過多な超戦闘を楽しく堪能できた…と思う。エンターテインメントとしては良い作品だったと思う。

ストーリー:3
キャラクター性:5
画:3
演出:5
音楽:4
総合的な評価:4
総合点:24

| | コメント (0) | トラックバック (14)

ハヤテのごとく!! 第十二話

 コテツに言い寄られる綾咲ハーマイオニーという光景を目をきらめかせながら見学する泉。泉的にはアリらしい。そしてハヤテが男だと暴露。BL好きの腐女子か(--;

 しかし、ハーマイオニーを女だと信じ込んでいたコテツは逆上し、ナギを誘拐。SP全く役に立ってないし(--;

 遂に降臨した真・綾咲ハーマイオニー。うさだとデジ子を足したような衣装に身を包みながらも、それがさらわれたナギの許に一刻も早く辿り着ける道だというのなら、彼は走る。ひな祭り祭り会場のど真ん中を。ヒナギクの歌う残酷な天使のテーゼをバックに…少年は神話になれるのか?

 一目惚れした相手が男だったから逆上しただと?お前の愛はその程度か!?とナギに突きつけられたコテツは男同士だろうとハヤテへの愛を貫くという想定範囲外の悟りを。
 ナギは悪くない…と思うよ多分(--;;;

 ナギのハヤテの全ては私の物だ。誰にも渡さん!攻撃でコテツは轟沈。呪いの元凶の人形師ぜぺっと(随分ハイカラな名前だな…)は退散。呪いも解けて一件落着。

…あれ?何か忘れてる?

| | コメント (0) | トラックバック (14)

涼宮ハルヒの憂鬱「エンドレスエイト」

 夏休みは残り2週間。たった一度しかない高一の夏休みをとことん遊び倒そうと言い出したハルヒの提示した強行スケジュールにキョンはいつも通りに振り回されることに。

 まず最初は夏祭り。ジュースを飲んでる長門が何となく嬉しそうに見えるのは気のせいだろうか?ストローで吸ってるから口の端が上がってるだけか。

 浴衣をこの国の古い民族衣装と評するみくる。望遠鏡もケプラーの時代と変わらないとか時々どんだけ先の未来から来てんだよ?と思わなくもない。

 長門の選んだお面はウルトラマン?てっきりカエルを選んだのかと…そうか宇宙人同士ってことか。でも、口が開いてるとドッコイダーを思い出すな。

 花火は…キョンのアレはどうやってんだ?一歩間違えば大惨事のような(^^;

 夏に着ぐるみのバイトは死ねる…バイト代代わりにカエルの着ぐるみをゲット。

 市民プールはともかく、クラゲだらけの海も死ねる。蝉は…タイとかではカラアゲにするんだっけ?キャッチアンドリリースってのも確かに人間本意な考え方だよな…

 全員ストライクが出るまでボーリング。みくるが帰れないんじゃ?長門は123454321…って何やってますか?

 そんなこんなで予定は全てクリアしたものの、ハルヒは何か物足りない様子。あと夏というと何だ?一夏の恋…とかはどうでもいいと思ってそうだし。

 キョンは強制的に夏を思う存分堪能し、宿題は諦めて寝床に。明日からは新学期ですか。

…エンドレス?

| | コメント (0) | トラックバック (25)

PandoraHearts 第十二話

 街のごろつきとギルの帽子争奪腕相撲。オズは相手に何やら延々とボソボソ相手に囁いて勝利。相手が見る見るうちにやせ細っていくとか一体何を?オズって悪人面がよく似合うなぁ…

 オスカーおじさん、軽~く登場。迷惑かけたと謝るオズとベザリウス家を裏切ったことを後ろめたく思っているギルの態度を笑い飛ばし、再会を喜んで頭を撫でまくり。

 それを見たアリスはいたたまれなくなってその場から逃げ出すが、そこにはブレイクが。そして、ブレイクと共に彼がアリスを囮におびき寄せたチェイン・チェシャ猫に捕らえられ、その支配する世界に閉じこめられてしまうことに。

 違法契約なのに人間を食べないアリス。食べたいとも思わんというアリスに対し、ブレイクはアリスは「食べる必要がない」、そしてチェシャ猫は自分の作ったこの世界に留まること自体が目的で「契約者を必要としない」特殊なチェインであり、それ故にアヴィスの意思に近い存在なのだという持論を展開。
 アリスはブレイクの目的がチェシャ猫を知ることでアヴィスの意思を知ることだと推測するが…

 今まで、自分の記憶の気配を感じたときに感じるのは狂おしい愛おしさだったが、ここに感じるのは深い恐怖だと、パニックを起こすアリス。どうやらアリスにとっては辛い、思い出したくない記憶のようで。でも、それも自分が生まれた理由を知るには不可欠な物のよう。真実は時に辛く過酷な物…ってのはもはや使い古された常套句ではあるけどな。

 シャロンのチェインの力を借りてオズとギルもチェシャ猫の世界へ。笑って誤魔化してるけどちゃっかりブレイクの影に自分のチェインを潜り込ませている辺りシャロンが一番油断ならねぇ…

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2009/06/19

けいおん!第十二話

 風邪で寝込んだ姉を心配する憂。でも、唯本人は熱にうなされつつも紬の眉から無限に生成されるたくわんをお腹一杯食べられる夢を見ていてこれはこれで幸せそう。

 出来れば代わってあげたいと思う憂。風邪はうつせば治る。なら口移しで…是非実行を!

 今まで散々カットされていたらしいコスプレ姿がお目見え…でも、可愛い浴衣ではしゃいでいたのも風邪の一因らしい。

 憂によるコピー唯。その完璧さに驚愕すべきなのか、全く気付かない親友達に呆れるべきなのか…とりあえず、胸は憂の方が大きいらしい。

 ギターの腕はテンポが正確な分、憂の方が上なのか?唯の練習に付き合っている内に習わぬ経を読めるように…唯いらないじゃん(--;;;

 でも、唯もライブへの情熱だけはあるようで熱をおして部室へ。とりあえず、余計なことは考えずに寝て一刻も早く治せということに。

 何故に幼い頃の唯は獲った大量のザリガニを和の家の風呂に?和が喜ぶと思ったのか?つーか、あれだけいると共食いするよね?いろんな意味で恐ろしすぎる(--;;;

 ギリギリで復活した唯は、一番心配していたというあずにゃんをハグ。でも、キスしようとしたら殴られた。そう言うのは誰も見てないところで二人っきりでってことか?

 ぎー太が部室にあると思いこんでいた唯はダッシュで家に取りに戻る羽目に。病み上がりにいきなり…誰かに取りに行って貰うわけには?
…なんて言うのは無粋なのか。

 唯の代わりはさわちゃん先生が努め、唯は二曲目から。部室でお茶してみんなで遊んで…真面目に頑張ってきたとはとても言えないけど、ここが私たちの武道館。なるほど、そう来るのね。で、アンコールはずっと観客に背を向けてたのか?

 アンコール2曲目は時間切れでおしまい。最終回だというならここでエンディングにつなげても良かったんじゃ?次回は番外編。

| | コメント (0) | トラックバック (21)

2009/06/17

宇宙をかける少女 第二十四話

 とりあえず、イモちゃんが特攻する寸前にネルヴァルが何かして反物質爆弾を破壊、イモちゃんはその余波で気絶していただけと。

 あんな小さい船でと…いうけど、反物質爆弾って物質と出会った瞬間に対消滅するんだからいいんじゃないの?対消滅する物質が足りないから反物質が残って結局、慣性でカークウッドに降り注ぐってこと?

 自己実現を達成したレオパルドを警戒したネルヴァルはベンケイを呼び戻そうとするが、ツツジがそれを拒否。なんか滅茶苦茶言っている気が…ベンケイを神にして、自分はそれを崇拝する教祖にでもなるってか。アレイダポジション?

 一刻も早くイモちゃんに会いたい秋葉。しかし、風音はカークウッド奪回が先決、そのためにはレオパルドから離すわけにはいかない、と秋葉を監禁。

 カンナギとほのかのおかげで脱出は出来たが、レオパルドが暗黒面に堕ちるという面倒臭い状態に。剣が妖刀で手順を踏んでつけないとこうなるらしい。ホントに面倒臭い(--;

 で、ネルヴァルがレオパルドを息子とか呼ぶ展開ってどうよ?

| | コメント (0) | トラックバック (12)

シャングリ・ラ 第十一話

 草薙、あっさり撃沈されて漂流…もはや噛ませ犬とかそんなレベルですらないのか(T-T)

 香凜は…いきなりこんな自己の存在証明されても感想に困るんだが(--;
 カナリアが自分の二の舞になりかけていた娘を救った…でいいのか?外に出られて香凜は普通の女の子に戻ります!でここで脱落?…なわきゃないよな。全く話の先が見えないよ?

 とりあえず、國子、美邦、草薙、香凜は何かの目的のために作り出された存在なわけか?

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009/06/16

咲-Saki- 第十一話

 大事な場面であるほどあえて狭い待ちをする部長。待ちが広いと来ない気がするという部長を和は何度もオカルトだと否定していたとか。和に仮眠させたのは怒られないためか?

 確率論で言えば、ツモならそりゃ待ちが広い方が上がりやすいはずだけど、振り込みに関しては、危険牌だから抱え込むという行動がある以上、単に確率論じゃないよね。
 むしろ、あり得ない待ちの方が捨ててくれやすいと考えると、実は大差ないんじゃ?

 手堅く打つ相手であればあるほど部長のペースに巻き込まれて自滅していくと。半荘終わった時点で、部長がトップ。風越は貯金を全て失っていたり。

 休憩時間に駆けつけたキャプテンはどんなアドバイスを?って、あれ?視線が部長の方に?

 一方、和はエドペンがいないことに気付き捜索を開始。その前に一回起きたときになんか咲がうなされてた様に見えたのは気のせい?

 届けに来た衣のことを勘違いして…なんて展開になるのかと思いきや…雑魚ども、まだ諦めてなかったのか(--;

 腕(翼?)をもぎ取られてしまうエドペン。このままでは衣との確執と副将戦のミス連発は必至?かと思われたが、予告であっさり直ってる!?いや、それ見せちゃダメだろ?せっかくの引きが台無しに(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (14)

06月16日のココロ日記(BlogPet)

ゆたかさんとココロがセッキンチュゥ♪セッキンチュゥ♪

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/14

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第十一話

 オートメイルの聖地に着いて大はしゃぎのウィンリィ。自作のエドのオートメイルも珍しい型だと注目を浴びてご満悦。
 身ぐるみ剥がされてるエドはたまった物じゃないけど…ってどさくさに紛れて銀時計すられた!?

 住所も名前も知られているスリって良いのかそれで?全員グルなのか?

 スリ師の少女を追うエド。思いっきり環境破壊している気がするが…アレは勝手に元に戻るのだろうか?というより直してるよね?

 開かない銀時計。見られたら恥ずかしい物が入っているに違いないと考えたウィンリィはそれをこじ開けるが…てっきり国家錬金術師の身分証明だから錬金術じゃないと開かないのかと。

 消されるなこの想い。忘れるな我が痛み。ってな感じで刻まれていた日付を見て、ウィンリィは後悔に駆られることに。

 妊婦の出産に居合わせ、錬金術師がいまだに到達できない生命を作り出す母親の偉大さと生命の神秘を垣間見るエド。逆に言えばだからこそ人体錬成は神への冒涜と。

 ドミニクに押し掛け弟子入りを決意したウィンリィと別れ、エドとアルは師匠の許へ。

 今回はなかなか良かったんじゃないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (22)

戦場のヴァルキュリア 第十一話

 戦時中に晩餐会とは貴族様は優雅で結構なことですな、と思ったが連邦へのおべっかなのね。ウェルキンへの受勲も完全なパフォーマンスと。

 ダルクス人のイサラが公式の場に顔を出して良いのか?とも思ったけど、ウェルキンが受勲に身内の参列は当然、イサラの参加が許されないなら辞退するとでも言ったんだろうか?普通、そんなことを言ったら受勲取り消しどころかその場で反逆罪適用だろうけどウェルキンだからなぁ…

 ウェルキンとアリシアの朝帰りは既に周知のことらしい。怪我で休んでいる内に圧倒的大差をつけられたファルディオは焦り気味。でも、ウェルキンは相変わらずでまだまだ付け入る隙はある、と遺跡の破片をプレゼント。

 公国のコーデリア姫はお飾りで実権は完全に摂政が握っているよう。姫様がしっかりしてくれないと…とか言いながら何もさせず何も出来ない様にし向けてるのはお前だろ…

 晩餐会に潜入してきたセルベリアとラディ。セルベリアはてっきりヴァルキュリア人の血を引くと言われる姫に興味があるのかと思ってたけど眼中になしなのか。
 姫は容姿だけ見るとセルベリアと似た特徴はあるけど、セルベリアは姫がヴァルキュリア人ではないと思ってるのか、逆に誇り高きヴァルキュリア人が傀儡の身であることに失望して見限っているのか?

 ラディは面倒に巻き込まれたくなければ早く帰れとアリシアに忠告。この後起こることは把握済みで、そのための潜入か。
 本物のヴァルキュリア人・セルベリアを知るラディがアリシアを伝説のヴァルキュリア人のようだった、と評するのは意味深?

 姫様誘拐。それに当然のように巻き込まれるアリシア。首謀者は摂政。

 姫様がいなくなったら摂政も失脚じゃないのか?帝国に姫様を売って地位確保?ラディが帝国と連邦の両方にこびを売ってるみたいなこと言ってたしなぁ。

 姫が幼きゃ摂政が好き放題できるけど、成人したら姫自身はどうとでもなっても周りが黙ってないだろうからそうなる前に手を打ったってことか?

| | コメント (0) | トラックバック (21)

真マジンガー 衝撃!Z編 on television 第十一話

 マジンガーのお持ち帰りを目論むあしゅら男爵。お前、熱海じゃ一晩放置していたくせに今更…後悔先に立たず?

 とりあえず、パイルダーのはいるスペースは塞いでおいた方がいいと思うよ?

 ばあさんは捕まえられなかったけど、素早く動くコツはマスターしていたらしい。ボス達はパワーリストの重り扱いか(--;

 海中でブレストファイヤーなんか使ったら水蒸気爆発起こしそうな物だが…ま、なんか対策してあると言うことにしておこう。海底の土が軟らかくて沈むなら、むしろ潜っちゃえばいいじゃない…なのか?

 理不尽すぎるマジンガーの強さに涙が止まらないあしゅら男爵。さすがにこれは同情した。

 ようやくマジンガーの装甲に穴を開けられる機械獣が出てきたのに…猪突猛進では不意打ち以外当たらない(T-T)

 さやかを人質にされ、甲児はついに戦闘を止める。さやかを見殺しにして仇を討ってもおじいちゃんは喜ばないと。女将だったら躊躇なくさやかごと倒してたよなぁ…

 ガミアは一体だけ修理?

 ジェットスクランダーで移動スピードが増すからこれからは同時攻撃されても大丈夫…っていいのかそれで?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009/06/13

戦国BASARA 第十一話

 今までずっと流されるままだった市。長政の亡霊に問われて信長を止める決意をするが…それを実行に移せるかどうかはまた別問題のようで…

 甲斐に集合した連合軍は小十郎の指揮で政宗と幸村の後攻めに。あれ?慶次は?間に合わず?

 門をひとっ飛びな政宗と幸村。門も門番も意味ねぇ…門番は命拾いか。

 本能寺に信長は不在。裏切り者の光秀諸共政宗と幸村を葬るための濃姫の策略だったらしい。本能寺に火が放たれるが、一向に燃え落ちる気配なしってどういう事だよ?とか思ってたんだが、蘭丸が光秀を殺したくなくて手加減していたらしい。

 政宗と幸村に対し、互角の立ち回りを見せる光秀。策略だけでなく実力もかなりの物なのね。そうじゃなきゃ信玄が不覚を取るわけもないか。

 部下のため、主君のために命を賭ける政宗と幸村にはお互い裏切り合う信長と光秀が理解不能。光秀の方は愛しすぎてもう殺すってな感じなわけだが(--;

 絶体絶命のかすがが笛を吹いたらハングライダーに変形した!?甲斐忍軍脅威のメカニズム!そら普通佐助が来ると思うよな(--;

 信長は安土城にあり!光秀は小十郎に任せ、政宗と幸村は最終決戦の地・安土城へ。

 あれ?ホンダム???

| | コメント (0) | トラックバック (9)

ハヤテのごとく!! 第十一話

 毎晩、ハヤテの夢を見ているらしいヒナギク。何故、こんなにハヤテのことが気になるのかと悶々。

 一番に思いついたのは、両親が自分に借金を押しつけて逃げたことをハヤテがどう思っているのかを知りたいという物だったが、意を決して聞いてみた結果は望む物ではなく…

 ハヤテの両親は正真正銘の外道だから何の参考にもならないと思うよ?正真正銘のお人好しのハヤテが何のフォローもなく言い捨てる辺りでどれだけ救いようがないか分かろうという物だし。

 雪路には聞けないんだろうなぁ…こっちはこっちでまともな返答が返ってこないだろうけど。

 幽霊神父が珍しくお悩み相談なんて神父っぽいことしているのに、自分がハヤテが好きだと認められないヒナギクは、無差別マラソンの時の勝負の決着がうやむやになっているからだとか斜め上の結論を。
 西沢さんに協力すると言ってしまった手前、認めること=裏切りという思いも。

 一方、ハヤテは咲夜が壊したひな人形の呪いで強制に女装状態に。ひな祭りが終わるまでにこの一帯で一番高い位置にいるおひな様を倒さないと一生このままだとか。
 ナギはこれもあり。マリアはドキドキ。困るのハヤテだけなんだがな。

 一番高い位置にいるのはヒナギク、ということで知り合いならわざと負けてくれる…はずだったが伊澄がどうみても果たし状にしか見えない要約文を渡してしまったため、ガチで決闘に…珍しく迷わず渡せたと思ったらこれか…

 そうとは知らないハヤテは、いきなりコテツに一目惚れされて勝手にピンチに陥っていた…とことん不幸だ(--;;;

 綾崎ハーマイオニー降臨回だというのに、なんかテンポが悪くて盛り上がらなかったような…基本、ヒナギクが悶々と悩んでいるだけだったしな(--;

| | コメント (0) | トラックバック (10)

PandoraHearts 第十一話

 どうみても事後なオズとアリス…を牽制しつつ昔話を始めるギル。

 オズがアヴィスに落とされた後、ギルをナイトレイ家の養子にしたいと訪ねてきたのはブレイクだった。

 ナイトレイ家の養子となったヴィンセントが探している生き別れの兄というのがギルだと分かったから迎えに来たらしい。ヴィンセントもギルと同じく全身傷だらけで行き倒れていたとか。

 ギルをナイトレイ家の内情を探るスパイにしたい、と本音(かどうかは微妙だが)を打ち明け、君も自分の目的のために僕を利用したらいいと言うブレイクの口車にあえて乗り、ギルはナイトレイ家へ。全てはオズを救うために…

 ブレイクって左目ないのね。鬼太郎?

 ヴィンセントを見た途端、恐ろしげな記憶をフラッシュバックするギル。二人の間に何かがあったのは間違いないよう。ギルは覚えていないけどヴィンセントは覚えている?

 ベザリウス家とナイトレイ家だけでなく、四大公爵家は互いに相互監視する関係らしい。百年前、それぞれが契約したチェインにより国を救った英雄の家柄。今ではお互いが所有するチェインによりお互い牽制しあってるよう。

 ベザリウス家とナイトレイ家は光と闇。表の仕事はベザリウス家が、裏切り疑惑のあるナイトレイ家は裏の汚い仕事を主に請け負ってきたとか。

 数年後、ギルはナイトレイ家のチェイン・レイブンと契約を果たす。他にも養子がいたような感じだったし、自分より上の継承権者を皆殺しにでもしたのか?
 養子同士を競わせて殺し合わせて生き残った者に継承とか?

 ブレイクと再会したギルは、君の忠誠心は異常。盲目的な忠誠心はいつしか大切な者を傷つける刃となる。視野を広く持て、みたいな忠告を受けるが聞く耳持たず。
 既にその片鱗は出ている気がするが(--;

 オスカーおじさん生きてた。こっちも年をとってない気が…パンドラの人間なのか?ベザリウス家だから当然?でも、特に何かたくらんでるって感じではないな。今のとこ。

 相変わらず、回想にはいるのにスルーされている妹…出番あるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (6)

けいおん!第十一話

 2回目の学園祭が近づいてた。あずにゃんは初めてのライブにわくわく。

 澪の去年の勇姿は余すことなく録画されていたらしい。さわちゃん先生、うっかり流出させないでね?

 なにやら軽音部最大のピンチが差し迫っているらしい。

1.錆び付いた唯のギター
 あまりにも酷くてメンテが学園祭に間に合わない!?…のかと思ったらそんなことなかったぜ!

2.メンテ代が払えずギター質流れ?
 という展開でもなかった。紬お嬢様のおかげでこの店、大赤字なんじゃ?澪が欲しがっているレフティを全部買ってあげる位してあげても。紬の「手持ちがない」って言葉の意味はそんな小銭は持ち歩いてないって意味だよね?きっとカードなんだよね?

3.律に引っ張られて澪が転倒
 変な音がしたからベースが壊れたか、骨折でもしたのかと…でも、反抗期に入ったらしい澪の激しい言葉に律は困惑。険悪な雰囲気に。

4.澪の浮気と律の嫉妬
 和と仲の良い雰囲気の澪に律が嫉妬。二人きりの一時のことごとくに割り込んで邪魔を。やたらベタベタしてくる律に澪は不機嫌になりますます険悪に。

5.律の部活参加拒否
 かと思ったら、風邪で欠席していただけだった。テンションが変だったのもドラムにパワーがなかったのもそのせいらしい。澪とのいざこざは別問題だった気がするのだが、どさくさでうやむやに。ま、変に引っ張るより風邪のせいにして水に流した方が無難か。

6.ステージ使用許可届けを出していなくてライブ不能!?
 和のおかげで最後のチャンスをもらえてなんとか滑り込み。ダメならダメで、みんなで相談した結果、ストリートゲリラライブをしようって流れになっても良かった気が?

7.律の風邪が唯に
 澪に染ると思ってた…今年も唯は歌えないのね。それどころかステージに立つこともままならないのか?

 なんか、今回は延々と肩すかしされ続けた印象が…来週最終回?その後、番外編でもやるのか?けいおん!AS?

| | コメント (2) | トラックバック (34)

2009/06/10

宇宙をかける少女 第二十三話

 未来を見通す目、戦う力、天才的頭脳、アンチQT、願い、それが獅子堂姉妹が神楽から受け継いだ力。ってことは神楽はそれを全部併せ持ってるってこと?どこのチャイルドマンだよ!?

 ようやく全てのパーツが揃ったレオパルド。しかし、剣には封印が。それを解除できるのは秋葉のみ。そんな自分にしかできないこと=自分の存在意義とイモちゃんのような犠牲者をこれ以上出さないという戦う理由を見いだした秋葉は、封印を解いてクサンチッペを撃破。

 それはそれとしてイモちゃんが生きてるだと?またかよ…もうサンライズのアニメでは死体がない=生きてるなんだな。

 反物質爆弾に特攻したイモちゃんをネルヴァルが未知の方法Xにて救い出した!その後、イモちゃん不在の脱出艇のみが反物質爆弾に触れて爆発したんだぁぁぁぁッ!
 イモちゃんを救った方法Xについては悪魔の証明により説明拒否ッ!!

 何も信用できない…赤くない言葉は何も信用できない!!(T-T)

 イモちゃんが生きてて良かったとは思うけど、何故このタイミングで?

 ネルヴァルを倒してとどめを刺す寸前に出てきて、私を救ってくれた。完全な悪ではないとかそう言う展開の方がベタではあるけど良くね?せっかく秋葉がイモちゃんの犠牲を無駄にしない決意をしたのに思いっきり水をかけてる気が…

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2009/06/09

シャングリ・ラ 第十話

 謎の攻撃を受けたところが急速に緑化しているらしい。緑化爆弾?植物の種と肥料と成長促進剤でも撃ち込んだのか?

 小夜子はモモコを尋問しようとして逆にオカマの眼力で知られたくないことを看破され、逆上。モモコは殺されちゃったのか?ピンク色の液体が腹から足にかけてぶちまけられてたけど…血には見えなかったがどうなんだろ?

 美邦が小夜子の娘という可能性はあるのか?

 美邦は地上が楽しかったらしく、また行きたいと駄々をこね、お付きのミーコを騙して外に出ようとするが、突然遮光シールドが開いたため日光をもろに浴びて昏倒。

 ミーコさん、焦ってるのは分かるけど、自分の影にしてかばうなり日陰まで走って運んでいくくらいはしようよ(--;

 意識を失う寸前、美邦はアトラスの声を聞いたらしい。アトラスって意思があるの?

 美邦が外に出ようと適当にいじったら遮光シールドが開いた…のかと思ったら涼子の仕業だったらしい。で、今度は首相就任ですか?どうやら、一番現状を把握してるのは涼子っぽい。凪子も実は把握しているけど動かないだけという可能性はあるが。

 國子は悩み抜いた末にメタルエイジの総裁になることを決意。凪子から剣を受け取ったら、こっちにもアトラスの声が。天に昇って地上を照らせ?

 メデューサ掃討作戦って、ここで香凛退場なの?公社に存在が知れてもはやお払い箱?メデューサすら別のシステムの捨て石なのか、それともこれもメデューサ成長のための布石なのか…オロチの二の舞にならぬよう学習したことがちゃんと身になっているかの実戦テスト?

| | コメント (2) | トラックバック (12)

06月09日のココロ日記(BlogPet)

そろそろないものが空から降ってきますよ!ココロダムスの予言ですよ!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/08

咲-Saki- 第十話

 次峰戦は全員メガネ対決…だったのに、まこがいきなりメガネを捨てたため台無しに。

 まこはメガネを外すと、祖父経営の雀荘で見た数多の牌譜を記憶していて、目の前と似た展開の牌譜を思い起こすことで今後の展開を予想できるらしい。
 ってことはガチガチの定石打ちだよね?それのどこが非論理的?と思ったが、それなら上がり役も平均になるはずなのに染め手に偏ってるのがおかしい訳ね(--;

 しかし、そんなデータも素人には通用しなかった。鶴賀の人数合わせがビギナーズラックで場を荒らしまくったため結果、まこは最下位に。

 振り込みは回避できてもツモはどうしようもないし、親の時にツモられたらダメージは他の二人の倍。それが役満と来ては不幸な事故レベル。先に振り込んでおけば、なんてのは結果論だしな。
 龍門淵のラックイーターなら訳の分からない鳴きでツモ順変えて防げるのかも知れないけど。

 副将戦まで5時間、大将戦まで7時間あるため、咲と和は仮眠室へ。どう見ても和が咲を連れ込んでるし。先輩が戦ってる間にお楽しみとは良いご身分ですね…
 SAGA理論でパワーアップですか?

 ま、冗談はおいといて、目つきの悪い雑魚A、Bまだいたのか…エドペンを誘拐未遂ってお前らどこまで小物なんだよ(--;
 てっきりエドペンを拾った衣がそのまま持っていっちゃうのかと。返しに行ったみたいだけどこれはこれで誤解が生じて一悶着ありそうだな。

 部長を見て戦慄するキャプテン。中学時代の大会で唯一自分と互角以上の勝負を演じた相手。大会中に姿を消し他県に引っ越したのだと思っていた…その相手が今ここに。文堂じゃ勝負にならないと、キャプテンらしからぬ取り乱しよう。

 名字が変わっているってことは大会中に両親が離婚して、その結果、経済的理由で清澄にってとこか?

| | コメント (0) | トラックバック (20)

2009/06/07

2009夏の新番組

 夏の新番組のチェックと一次選考を。
参考:MoonPhase-アニメ予定表
*放送日は関東首都圏

現時点の評価
5:感想決定
4:多分書く
3:書くかも
2:気分次第
1:ひやかし
0:パス

6/25(木)
AT-X 8:00~
ファイト一発!充電ちゃん!!
 視聴不可 0

6/26(金)
TBS 26:25~
うみものがたり~あなたがいてくれたコト~
 これ、パチンコのだよね?でもARIAの佐藤監督か…あれ?なんで藍華がいるの? 3

6/27(土)

6/28(日)

6/29(月)

6/30(火)

7/1(水)
フジテレビ 26:08~
青い花
 百合ですか?百合なんですね? 2

7/2(木)
東京MX 25:30~
NEEDLESS
 絵柄見る限り夕方枠じゃないの? 1
TBS 25:59~
大正野球娘。
 大正浪漫? 1

7/3(金)
東京MX 23:00~
化物語
 なんか注目されてるようで。PVの中盤までは絶望先生に見える… 3

7/4(土)
NHK教育 18:00~
エレメントハンター
 元素消失って酸素や人体構成に不可欠な元素が消失したら即死なんじゃ?
ま、とりあえず重いほうから順番に? 1
東京MX22:30~
CANAAN
 スタッフが豪華すぎて逆に地雷臭がするのは気のせいなのだろうか? 2
TVK 24:30~
懺・さよなら絶望先生
 絶望リスナーには義務だよね… 5
TVK 25:30~
うみねこのなく頃に
 アンチミステリーVSアンチファンタジー。うみねこのなく頃に生き残れた者はなし…
原作はEP4まで出てるけどどこまでやるんだろ?2クールでEP4とか無茶だし。
ひぐらしのようなダイジェスト化でなけりゃいいけど。 5

7/5(日)
TVK 25:30~
プリンセスラバー!
 様子見 1
テレビ東京 25:30~
かなめも
 様子見 1

7/6(月)

7/7(火)
東京MX 26:00~
宙のまにまに
 聞き覚えはある。 2

7/8(水)
TVK 水曜日 25:15~
狼と香辛料II
 今再放送やってる枠 5

7/9(木)
フジテレビ 24:45~
東京マグニチュード8.0
 君は生き残ることが出来るか?ピンチで引いて次週で解答だったらおもしろいかも? 2

7/10(金)

7/11(土)
BS11 24:00~
よくわかる現代魔法
 視聴範囲外
TVK 25:00~
GA 芸術科アートデザインクラス
 CMでよく見るので気になってはいた。 2

曜日別で初回だけでも見る予定の物だけ


TVK 25:15~ シャングリ・ラ


東京MX 26:00~ 宙のまにまに


TVK 25:15~ 狼と香辛料II
フジテレビ 26:08~ 青い花


フジテレビ 24:45~ 東京マグニチュード8.0
TBS 25:29~ PandoraHearts
東京MX 25:30~ NEEDLESS
TBS 25:59~ 大正野球娘。


東京MX 23:00~ 化物語
テレビ東京 25:23~ ハヤテのごとく!!
TBS 26:25~ うみものがたり~あなたがいてくれたコト~
東京MX 26:30~ 涼宮ハルヒの憂鬱


NHK教育 18:00~ エレメントハンター
東京MX22:30~ CANAAN
テレビ東京 23:20~ 真マジンガー 衝撃!Z編 on television
TVK 24:30~ 懺・さよなら絶望先生
TVK 25:00~ GA 芸術科アートデザインクラス
TVK 25:30~ うみねこのなく頃に
TVK 26:30~ 戦場のヴァルキュリア


テレビ東京 10:00~ クロスゲーム
TBS 17:00~ 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
TVK 25:30~ プリンセスラバー!
テレビ東京 25:30~ かなめも
テレビ東京 26:00~ 咲-Saki-

 相変わらず、月~水がスカスカで木~日曜が大渋滞だなぁ…

 公私ともに忙しいので感想は平日1本、休日2本までに絞りたいところなんだが。
日曜はうみねこだけで精根尽き果ててる気が(--;;;

6/14追記:ヴァルキュリアって2クールだったのね。狼と香辛料Ⅱの放送日も決定

6/17追記:あれ?咲も2クールなの?原作ってまだこの決勝戦やってると聞いたけど…オリジナル展開?それとも和と咲で1クール使うの?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第十話

 第五研究所であったことをアームストロングに報告するエド達。そこに大総統が登場。この件については軍内部の誰が敵か味方か分からないから他言するなと釘を刺しに来た模様。

 このところ自分の実力不足を感じていたエドは師匠の許で修行し直すことを決意。でも、事情を話したら殺されると戦々恐々。その途中にオートメイルの聖地があるとかでウィンリィも同行。
 殺されるか強くなるか二者択一?それはそれとしてウィンリィ可愛いよウィンリィ。

 資料室で何か重大な秘密に気付いたらしいヒューズ。ラストの急襲を受け負傷しつつも何とか脱出。眉間に正確に投げナイフを叩き込んでいる辺りのほほんとしているけど戦闘力はかなり高いんだな。

 庁舎内の電話は盗聴されると思ったのか外からロイに電話しようとするが、妻に変身したエンヴィーを撃つこと気出来ずに殉職。明らかに敵の変装だと分かってはいてもそれでもなお妻の顔に銃口を向けられない、愛妻家であったが故の悲劇。
 しかもそれを嘲笑うとか、卑怯とか卑劣とかそんな言葉ではとうてい言い表せない外道ぶり。

 葬儀でのエリシアの懇願の叫びが悲痛すぎて聞いていられない(T-T)

 ロイに犯人の目星はついているが教えることは出来ないと答えるアームストロング。大総統の釘刺しの効果がこんなところに(--;
 しかし、そのことやヒューズがわざわざ外から電話してきた事実を受けてロイは自ら上層部が怪しいと判断し、行動開始。

 ところでヒューズが怪我しているのにそのままスルーした受付の対応はアレで良いんだろうか?下手に関わったらヒューズと一緒に消されていたんだろうけど…

| | コメント (0) | トラックバック (31)

戦場のヴァルキュリア 第十話

 二人きりでデート偵察中、突然、吹雪が来るとウェルキンに言われて、近くの山小屋に連れ込まれた避難したアリシア。貞操の危機?

 吹雪が来ることを疑っていたアリシアだったが、すぐに天がかき曇り激しい吹雪に。幸い、山小屋はしっかりしてたのですきま風に凍える心配はなかったが焚き火だけでは足りないのも事実。毛布が一枚しかないのはお約束。

 アリシアはいつの間にこんなにウェルキンLOVEになりましたか?ファルディオ涙目(T-T)

 アリシアのスカーフは自分はパン職人であるという証…はともかくどんな由来があるのかと思ったら、親方にそんな長い髪でパンをこねられるか!と怒られて急いで買いに行ったって、良いのかそれで?

 ギュンター将軍が意外に家庭的だったことを知り、羨ましく思うアリシア。自分が孤児であることを打ち明けて寂しくなったのか…アリシアの方から誘ったぁ~!?
 慌てて寝てしまうウェルキン。このヘタレめ…

 そんな桃色空間は一人の帝国兵の乱入で台無しに。ピンを抜いた手榴弾を片手に銃を構えるその男とそれに銃を向けるウェルキン、アリシアのにらみ合いに。

 非常事態なんだから敵も味方もない、というウェルキンの説得は今回に限ってはもっともだと思うけど帝国兵は聞き入れず。

 そんな中、帝国兵が怪我をしている事に気づいたアリシアの捨て身の説得により治療だけはさせてもらえた物の、その帝国兵は既に致命傷を負っていて手の施しようがなかった。このまま彼が意識を失えば、やっぱり手榴弾は爆発。むしろ状況悪化…

 しかし、死期を悟った帝国兵は身の上話を。農民の三男に生まれた彼が出世するには軍で手柄を立てるしかなかった。だが、戦場の悲惨さを思い知った彼は、人を殺してまで出世してどうなると考えるようになり、脱走。背中の銃創はその時に背後から撃たれた物。ウェルキンはそれなら何故すぐに投降しなかった?と聞くが味方も信用できないのに敵を信用できる訳もないわな。ガリア軍に捕まったら銃殺だと吹き込まれていたらしいし。
…ダモン将軍以下、正規軍だったらやりかねんか(--;

 手榴弾のピンを元に戻して息を引き取る帝国兵・ミヒャエル=ウェーバー。自分が生きていた証にその名を覚えていて欲しいと言い残して。

 吹雪が去り、ウェルキンとアリシアも去った山小屋に訪れた帝国軍の追っ手は、そこにミヒャエルの墓を発見する。残された足跡がガリア軍の物と知りつつも同胞を弔ってくれたことに敬意を表して追わないことを決定。

 これだけ見れば美談なんだろうけど、そんな温情的判断が出来るなら初めからミヒャエルを撃つなよ、と思うんだが。脱走阻止なら足を撃てばいいじゃない、とか言っちゃダメ?
 そんな的確に足を撃ち抜けるわけがないとか、そのつもりだったのに狙いがそれて背中に着弾したとかそう言うこともあり得るけど。

 悪いのはこの戦争だとかウェルキンとアリシアは言ってたけど、じゃあ、どうすればいいのか?というのは今後の行動で示してくれるの?

 ついでに、足跡を消していかないウェルキンはうかつすぎだと思う。ここは帝国軍の勢力下で第七小隊は潜伏してるんだよね?帝国軍に追跡されたら全滅なんじゃ?

 ちょっといい話をしたかっただけ。細かいことは気にするなというならそれならそれで良いけどさ。

 ところで小隊をほったらかして朝帰りした隊長と副官にはお咎め無しですか?
色々詮索されそうな状況な上に第七小隊の連中はそう言う話題好きそうだしなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (22)

真マジンガー 衝撃!Z編 on television 第十話

 日本各地にに散らばる機械獣と個別に戦うマジンガー軍団。でも、アフロダイともども足止めすら出来ずに全滅。ま、束になっても勝てないのに個別で勝てる道理はないわな(--;

 一方、甲児暗殺に現れたガミアの方は、警部とシローがスケベ心を発揮して、結果的にそれなりの時間足止め。マジンガー軍団よりよっぽど役に立ってるよ?

 とりあえず、ハレンチ学園はお前らの方だ、警部…

 ガミア達をあっさり屠るくろがねやの人々。それぞれが超合金Z製の武器を持ってるとか。

 自爆専門の爆弾男は完全な一発屋だが…

 ガミア達は戦闘になったら体に人形っぽい線が。せめて球体関節で(T-T)

 ガミアに命じたのはあくまで甲児抹殺。だから途中で女将が巻き込まれたところで知ったことではない…とか屁理屈をこねるあしゅら男爵。いや、それをたくらんでいる時点で故意だろ?

 どさくさに紛れて甲児はパイルダーで出撃。結局何も学んでないし、あしゅら男爵は二重三重の作戦で必殺の体制…どう考えても負けるんだが、どうするの?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009/06/06

戦国BASARA 第十話

 一命を取り留めはした物の謙信はもう二度と戦場には立てない体に。謙信の側を離れたくなかったかすがだったが、謙信の頼みを聞き、甲斐へ。

 途中で佐助に会い、信玄への伝言を託したかすがはその足で尾張に向かおうとしたらしいが佐助の説得で思いとどまる。
 かすが自身はたとえ敵討ちが果たせず途中で果てても最後まで謙信様のために戦った、と納得できるかも知れないが、かすがまで失った謙信はどうなる。そんな物は只の自己満足と現実逃避…確かに反論できんわな。

 信玄も幸村が濁流から助け出したが意識不明の重体。お館様がいなくなったらどうしたらいいか分からない、と幸村はすっかりヘタレに。しかし、意識不明のはずなのに、布団の中で固く握り拳を作っていた信玄を見てどうにか復活。
 意識があったら信玄は幸村を9割9分9厘殺し辺りまでボコボコにしていたかも知れないな(--;

 政宗はいきなり伊達軍を解散。織田のやり方はもはや天下取りの戦ではなく、恨みと憎しみの連鎖を作り出している外道の所行。なら武将としてではなく、個人同士として決着をつけてやる…ということ?

 一方、光秀は強行軍の遠征を理由に大兵力を貸し与えられて着々と謀反の準備を。

 もはや史実など何の参考にもならない本能寺で倒れるのは、そして最後まで立っているのは果たして誰なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (14)

ハヤテのごとく!! 第十話

 泊めて貰っていたお礼にヒナギクに誕生日プレゼントを、と考えるハヤテ。マリアに女の子はどんな物を喜ぶかと聞いてみるも答えはイマイチ(酷いよ、ハヤテ…)で気軽に相談できる同い年の女の子はいないものか、と考えているところに西沢さんとばったり。

 というわけでまた西沢ハムスター祭り。つーか、ヴァレンタインに始まったイベントキャンペーンがまだ進行中。

 ハヤテに惚れたきっかけも判明し、ゲームだったらどう考えてもハムスタールート爆進中のはずなんだが…

 ハヤテの方は前の彼女に、女の子と付き合うなら一生養っていけるだけの甲斐性がないとダメだと吹き込まれており、今の自分には女の子と付き合う資格がないと考えていた。

 そいや鬼面組の一堂零もそんなこと言ってたよな…

 遂にあーたん登場。幼稚園でこの恋愛観はどれだけマセてんだよ!?とか思っていたわけだが…うかつな事書くと全てネタバレになるのでこれ以上は控えよう(--;

 ともかく、ハヤテにとっては、あーたんの言葉はいまだに絶対の重みを持っていると言うことで。

 ハヤテがヒナギクの誕生日プレゼントを買ってきたことを訝るナギ。そういえば、泊めて貰ったお礼とは言えないしな。ナギにもプレゼントを買ってきていて誤魔化そうとしたが失敗。ハヤテ、見積もり甘過ぎ(--;

 マリアの誕生日。そう言えばそんな設定もあったか。すっかり忘れていたよ…

 次のクリスマスイブって原作だと何年先になるんだ?まだGWだぞ…
一期の暫定最終回がその日のはずだが、忘れているかそれどころの状況じゃなくて、結局何もしてないっぽいな。そもそも、「ナギと出会った日」になってるし。マリアの反応としても、今までも祝う日と言うよりは自分の境遇を思い出して辛い日だったみたいだし、約束のプレゼントだけ渡して終わりって感じか?

| | コメント (0) | トラックバック (13)

PandoraHearts 第十話

 謎の男の言うとおりビーラビットをアリスに戻した上に動きを封じることが出来たオズ。でも、負担は大きいようで。

 チェインと契約したのは過去を変えるため、全てはフィリップの為だったと語るフィリップの父。彼は息子のために自らの全てをなげうっていた。オズは父親とはそう言うものなのかと思いつつも、あんたはフィリップの側にいるべきだった、それだけで良かったのだと語るが…

 何とか説得できそうだったのに、フィリップの父は射殺されてしまう。ギル、目を覚ましたばかりで状況把握できなかったのと、オズが銃を突きつけられていて焦ったのは分かるけど…と思ってたら、撃ったのはヴィンセントだった。後味悪いのは変わらないけど、ギルが撃ったよりは多少はマシか。

 契約者が死んでも死体はアヴィスの最下層行きなのか?違法契約者が契約破棄して救われる方法ってホントにあるの?

 ところでオズは時々妹の存在を忘れてる節があるのだけど…それともこの当時は妹と別々に暮らしていたのか?腹違いで妹は母の実家にいるとか?

 それと、今回の件でオズの時計の針はどのくらい進んでるんだろう?

 ブレイクはヴィンセントがフィリップの父をわざと逃がして口封じに殺したのだと考えているらしい。二人の歪んだ会話が剣呑すぎる(--;;;
 エコーは元気がないし。ヴィンセントに従いつつも罪悪感を感じてる?

 ギルはオズが自ら進んで危険に飛び込んでいくことにご立腹。そしてそれ以上に自分がオズを守らなきゃいけないのに守り切れていない不甲斐なさに落ち込む。というわけで、次回はオズがアヴィスに落とされてから今までギルが何をしていたのかという話?

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2009/06/05

けいおん!第十話

 あずにゃん、まだ希望を捨ててなかったのか…合宿に過度の期待を寄せる様は見ていて痛々しいよ?

 唯が自宅でもゴロゴロしてばかりだと聞き、また一つ希望が潰えるあずにゃん。ゴロゴロしているお姉ちゃんが可愛いと満面の笑みで語る憂との感覚の違いを痛感。

と言ったって、憂のそれは愛玩動物に対する愛情で、ゴロゴロしている様に癒されるというメリットが発生してるけど、あずにゃんの場合は唯が練習してくれないと困るというデメリットが発生しているわけで。唯に求めているものが違うんだから評価が違うのも当然だろ(--;

 それでも憂は姉を甘やかしすぎだとは思うが。

 紬はフィンランドで避暑中。家だけでなく紬自身も最低一週間前にアポを取っておかないと会うこともままならずか。

 別荘に着いて早速練習したいあずにゃんと澪VS遊びたい唯&律。決定権を握る紬が遊びに賛同したため仕方なく海へ。どうやら紬は庶民の海水浴に憧れているようで。
…いや、水着で戯れる女子を堪能したいだけか(^^;

 こんがり焼けたあずにゃんが一番遊んでいたように見えるから困る。他の4人は紫外線対策完璧か…なんという罠。

 ところで何で今回は唯×律を倍プッシュ?

 ようやく練習。唯の絶対音感を知り驚愕するあずにゃん。ホントにこの人はつくづく才能の無駄遣いをしている、と思ったんだろうなぁ…
 合わせてみればそこそこ良い演奏が出来てしまうからむしろ困る。ダメダメならもっと練習しなきゃダメだと主張も出来るが、これじゃ今のままで良いじゃんと惰性に走りかねんし(--;

 結局、律の飯喰わせろとの主張により練習はあっという間に終了。その後も花火に肝試しにお風呂で練習せず。

 でも、夜中に起きてみたら唯が練習しているのを発見してあずにゃんは大喜び。騙されてる、騙されてるよあずにゃん(T-T)
 そんな気まぐれに今まで練習してなかった事実をなかったことにされないで!

 あずにゃんにとっては練習をほとんどしなかった不満はあるものの、先輩達のことをより深く知ることが出来て有意義な合宿ではあったんではないかと。
 その知識を利用して、巧く先輩達を乗せて練習するようにし向けるようになれればいいんじゃないかな?

| | コメント (2) | トラックバック (24)

2009/06/03

宇宙をかける少女 第二十二話

 月の連中はネルヴァルの報復を受け、支配する価値もない、と氷漬けにされて全滅。こんな出オチの連中にイモちゃんが殺されるなんて(T-T)

 死亡した箱人間も脳神経をリサイクル…なのですか(--;

 箱の中にいる限り、健康管理は万全。理論上理想の環境で長生きできるはずなのに早死にする者がいる謎。所詮は機械であるネルヴァルの考えた理想環境で、全ての人間に対する理想環境にはなり得ないと。

 徹底的に合理主義を追求するネルヴァルには人間の非合理的行動は只のノイズとしか解釈できない。そこに人間が生きていくのに必要な何かがあるわけだな。

 高嶺が復帰し、戦力が整いつつあるレオパルド陣営。でも、秋葉はイモちゃんの死を引きづったまま。秋葉の立ち直るきっかけが見あたらないんだけど…姉たちはナミという実績がある以上、むしろトドメを刺しそうだし…

| | コメント (0) | トラックバック (12)

シャングリ・ラ 第九話

 美邦のお花見に近づく者は問答無用で射殺ですか。日食は短いから敵かどうかを判別する時間も惜しいと?
 初めから半径2キロくらい制圧して近寄らせなきゃいい話じゃないのか?余計な殺生を。

 小夜子の銃撃をかいくぐり肘を叩き込んだモモコだったが、肉を切らせて骨を断つでその一瞬の接触で小夜子はモモコに睡眠薬か何かを注射。昏倒したモモコは連れ去られてしまう。

 ミーコがいれば話も変わったんだろうけど、ミーコの方も美邦をかばって國子のブーメランをはじき返した余波で昏倒中。間が悪いったらありゃしない。

 小夜子はモモコを何の材料にする気なんだ?美邦が日の下にいられるようにする薬?
そんなのとりあえずメラニン色素注射じゃダメなの?

 涼子は小夜子がモモコを拉致したことを把握済み。それどころかメデューサの存在にも気づいたらしい。いつもは専用回線で秘匿通話だったのが、音声通話だのネットカフェからの通信だので傍受されたってこと?

 ヒルコは霊体で、生け贄に憑依して存在しているらしい。生け贄の肉体が耐えきれずにすぐ崩壊するらしいが。これもアトラスくじで選んでるのか?

 國子は武彦がいまだに穴を掘っていた穴からセンターに舞い戻るが、そこに広がっていた惨状に慟哭。
 射殺した上に死体をそのまま放置してカラスの餌って死者の尊厳蹂躙も甚だしすぎだろ。

 メデューサがしゃべった!?オロチの二の舞を避けるべく学習し、軍事衛星をクラッキングして太陽光レーザーという物理的攻撃力まで身につけたメデューサは何を行おうとしているのか?

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2009/06/02

06月02日のココロ日記(BlogPet)

椅子降る夜に夢が叶うらしいです。ココロの夢は…… いっ、言えません!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咲-Saki- 第九話

 キャプテンが先鋒とは。先行逃げ切り?

 いきなり井上にタコス力の源たるタコスを食べられてしまったタコス。何をどう考えたら対戦相手が自分に差し入れをくれたと思うんだよ…あのテーブルは龍門渕の陣地だったとかか?
 泣きじゃくるタコスにキャプテンがお弁当を進呈。その中のタコさんウィンナーで多少の補給はした物の、やっぱりタコスじゃなきゃフルパワーとは行かない。

 今考えると、これがそのまま今回の対局の縮図に。

 タコスはいい手は入ってくる物の、井上の訳の分からない鳴きで流れを断ち切られた上に狙い撃ちされボロボロに。半荘が終わる頃には既に普通だったらとっくにハコテンの3万点負け。

 京太郎の勝ってきてくれたタコスで後半での挽回を狙うも、井上の鳴きでの場荒らしと狙い撃ちであっという間に東場を流されてしまうことに。勝負は非情とは言っても、もうほとんどいじめだな、これは…

 もはや打つ手を失い万事休すのタコスを救ったのは開眼したキャプテンだった。タコスが切るに切れなかった危険牌を切って救ったのを皮切りに、タコスをフォローして逆に井上を狙い撃ちに。タコスを不憫に思ったのと、それでも立ち直る姿勢を見せたことに対するご褒美?

 ほとんどコンビ打ちの様相が見えてきたところでサービスタイムは終了。今度は上がりまくるキャプテン。ツモはともかくロンは引き続き井上狙い撃ちだし。

 終わってみれば、+4万点でキャプテンがダントツトップ。2位がタコスで3位が井上…恐るべしキャプテン。

 結局、キャプテンはタコスを援護していたわけではなく、前半は様子見で各自の打ち筋や癖を観察、中盤は一番凹んでいたタコスを隠れ蓑にトップの井上を削って、井上の注意をタコスに向けたままにして置いて、終盤に一気に突き放し、気づいた頃には全てが終わっているという戦略だったと。
 タコスと逆に長期戦になればなるほど力を発揮するタイプか。

 衣、ようやく登場。あれ?天然ロリだと思ってたら透華以上のタカビーなの?

| | コメント (0) | トラックバック (16)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »