« Phantom ~Requiem for the Phantom~ 第一話 | トップページ | ハヤテのごとく!! 第一話 »

2009/04/04

地獄少女 三鼎 第二十六話

 ゆずきの初仕事のターゲットは秋恵を流した真山梓。自らも恨みのあるゆずきは初の地獄流しに相応しいと黒い笑みを浮かべるが…

 町を去るつぐみ。あんたなら救ってやれたんじゃないか?と問いかける骨女に、ゆずきを救ってあげたかった。しかし、自分の中の何かがそれを邪魔をしたとつぐみは答える。
 それははじめちゃんのことか?と問われるがつぐみは答えず。でも、多分図星か。
しかし、この辺ははじめちゃんに何があったかが分からないと推測不能?
 あいとの因縁で見えてたのなら、ゆずきが地獄少女になったら見なくて済むようになるのか?

 その依頼者の秋恵の父が藁人形を返却。ゆずきは収まりがつかず、なら自分の手で流してやると暴走。もちろん、地獄のお偉いさんがそんなことを許すはずもなく。

 あいですら、400年前の恨みを忘れられず柴田親子を地獄に落とそうとしたくらいなんだから、ゆずきがこうなるのも当然と言えば当然。つーか、地獄のお偉いさんもあいの件でわかってんだから対策ねっとけよ。掟を破ったからすぐ処刑って短絡な。ま、これじゃただの悪霊や怨霊の類になっちゃうんだけど(--;

 ゆずきを救ったあいは、その理由を淡々と。

 人は弱い。どんなときでも自分を守ろうとする。

 ゆずきが餓死したのは誰も助けてくれなかったから。だが、ゆずきも最初の頃、地獄流しのターゲットを知りながら、それを見殺しにしてきた。それをどうしようもないから仕方がないと言うのなら、ゆずきの死も仕方がないで済まされてしまう。

 周りの人間にはどうしようもなかった。だから仕方がない。そう断じつつも、あいは死に逝く幼いゆずきに涙を流す。ゆずきの涙はあいが自分の死に涙を流してくれた初めての存在だと気づいたからか。
 一瞬、幼いゆずきを助けるのかと思ったが、あいにそこまでの力はないよな。

 秋恵の父が梓を流さなかったのは、梓が父の看病をしている姿を見たから。梓は既に地獄に堕ちることが確定している。罪に対する罰は受けている。今、梓を失ったら何の罪もない父親が自分と同じ苦しみを味わうことになる。そもそもこの親子が苦しんでいるのは、自分が事件をもみ消したから。つまりは自業自得と。

 そして、それは孤立無援で必死に母の看病をしていたゆずきの姿。梓は糸を引いてしまったゆずきに他ならない。

 ゆずきの代わりに裁きを受けるあい。人の世の恨みが消えぬ限り永遠に仕事を続けることになる。もう二度と解放されることはない…

 成仏していくゆずきにあいは口づけし、自分の過去を見せる。自分とよく似た境遇のゆずきを救ってあげたかった。再び目を開けたゆずきの瞳は元の青に。全てはゆずきの行動を見越した上でのあいの自作自演?

 地獄少女候補になった以上、地獄少女になるか現世と常世の間を彷徨うかの二択だったゆずきを成仏させてあげるにはこれしか方法がなかった?

 ありがとう、と言い残してゆずきは成仏し、青い彼岸花の川も鳥居に吸い込まれるように消えていく。これでこの町に開いた地獄の門も閉じたのか?

 父が死に、梓は脳天気に帰国した父の仇を自らの手で刺殺。それに間髪入れずに梓は流される。流したのは秋恵の家のお手伝いさん?

 人の世に恨みが尽きることはなく、そして恨みがある限りあいが解放されることはもうない。人が地獄通信を必要としなくなる日は、多分、来ない…

・総評
 第一期はあいの物語、二籠はあいの解放、そして、三鼎は地獄通信の肯定?
 三鼎は延々と理不尽な地獄流しを見せてきたから、てっきり地獄通信の全否定に来るのかと思ってたら、まさか、全く別の結論に達するとは…でも、肯定と言っても24話でつぐみが語っていた「日々を生き抜く希望として」であって、地獄流しそのものではないわけだけど。

 全てはゆずきを救いたかったあいの計画通り?ゆずきを救い、更に地獄少女の業を他者に背負わせることを嫌って、永遠にその業を背負っていく覚悟の上での行動か。もう、二度とゆずきのような悲しい地獄少女候補を生み出さないために。
 だが、そんなあいの自己犠牲もせいぜいが対症療法。死後の苦しみは減っても、人の世の苦しみは減らず恨みを生み出していく。あいが解放される日が来ることを信じたいけど…それが無理だと心の中では断言してしまっているのが鬱過ぎる。「どうしようもないから仕方がない」ってそんな無情な(T-T)
 カタルシスって何?空前絶後の憂鬱アニメ…その地位はますます不動の物に。

 スタッフの皆様、憂鬱なひとときをありがとうございました。えっと、はじめちゃんになにがあったかは第四期までお預けですか?

ストーリー:5
キャラクター性:4
画:5
演出:5
音楽:5
総合的な評価:5
総合点:29

|

« Phantom ~Requiem for the Phantom~ 第一話 | トップページ | ハヤテのごとく!! 第一話 »

終了・じ 地獄少女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/44565414

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄少女 三鼎 第二十六話:

» 「地獄少女三鼎」第26話(終) [日々“是”精進!]
   第26話「魂の軌跡」(終)行方不明になっていた愛娘。秋恵の行方を調べていた高杉憲久。藁にもすがる思いで地獄少女の噂話まで調べた彼は、かつて自分を怨んでいた女性、真山梓が地獄通信で、罪のない娘を殺害したことを突き止める。娘の復讐を果たすため、憲久は...... [続きを読む]

受信: 2009/04/04 21:24

» 地獄少女 三鼎 第二十六話[最終回] [おきまもとん -沖磨純雲-]
第二十六話「魂の軌跡」梓の父に重傷を負わせた辻乃橋巧は父親の権力で事件をもみ消し、外国に高飛び。 [続きを読む]

受信: 2009/04/04 21:43

» 地獄少女 三鼎 第26話「魂の軌跡」最終回 [White wing]
最終話は、地獄少女閻魔あいのゆずきへの慈愛を感じたストーリーでした。 [続きを読む]

受信: 2009/04/04 22:13

» 【最終話】地獄少女 三鼎 第26話「魂の軌跡」 [よう来なさった!]
1期や2期を無視して3期単体で評価すれば、悪くない出来。むしろ良い出来だと思います。あいは地獄少女へと戻ってしまったけど、自分の恨みや他人の恨みに苦しめられることのない永遠の安らぎをゆずきは得たのですから(自分はそう受け止めている)地獄少女らしくないと言った...... [続きを読む]

受信: 2009/04/05 00:12

» 地獄少女三鼎 第26話「魂の軌跡」(最終回) [のらりんクロッキー]
地獄少女3期もいよいよ最終回です! あいから地獄少女を引き継いだゆずき、 初仕事のターゲットとなったのは秋恵を流した真山梓… なんてタイムリーに書き込む奴…秋恵パパンでした まあ、この時点で糸は解かねーなとは思いましたが。 梓が流されるところを見てやると出向... [続きを読む]

受信: 2009/04/05 06:26

» 地獄少女三鼎 第26話「魂の軌跡」 [にき☆ろぐ]
今期唯一4月まで放送があった作品もやっと最終回を迎えましたついに地獄少女となったゆずきで、そんな彼女の初依頼はなんの因果か秋恵のパパ秋恵を流した真山梓を地獄送りにしたいためしかし秋恵パパは梓の今の生活を見て地獄流しをやめてしまうここはちょっと今まで散々...... [続きを読む]

受信: 2009/04/05 12:44

» 地獄少女 三鼎 最終話「魂の軌跡」 [ぷち丸くんの日常日記]
地獄少女となったゆずきのところに、地獄流しの依頼が来る。 流す相手は「真山梓」、依頼人はゆずきの親友・秋恵の父親だった。 ゆずきは、秋恵の父親の前に現れて、輪入道の藁人形を渡す。 彼は、真山梓が地獄に流されるところを見届けたいと彼女の家に向かう。 しかし、そこ... [続きを読む]

受信: 2009/04/05 15:32

» 地獄少女 三鼎 最終話『魂の軌跡』感想 [アニメ大王イカ]
地獄少女 三鼎 五 [DVD] 地獄少女 三鼎 オリジナルサウンドトラック~草喰~ 地獄少女 朱蘰 とうとう地獄少女も最終回です。 先週とうとう地獄少女になってしまったゆずき。最初のターゲットは梓。秋恵を流した張本人です。 ネタバレがあるので以下は続きで... [続きを読む]

受信: 2009/04/05 16:06

» 地獄少女三鼎第26話(最終話)感想 [うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳]
#26「魂の軌跡」 「あなたは、あたしなのよ」「あいには彼氏がいたんだね。それだ [続きを読む]

受信: 2009/04/05 17:58

» 地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第26話「魂の軌跡」 [無限回廊幻想記譚 別宅]
閻魔あいに変わって“地獄少女”となった御景ゆずき。 その最初に依頼人は高杉憲久。 [続きを読む]

受信: 2009/04/06 00:22

» アニメ地獄少女三鼎(みつがなえ)第26話 「魂の軌跡」 [獄ツナBlog5927]
アニメ,地獄少女の感想です。 発言者:→宵里、→春女です。 [続きを読む]

受信: 2009/04/08 23:51

« Phantom ~Requiem for the Phantom~ 第一話 | トップページ | ハヤテのごとく!! 第一話 »