« CLANNAD ~AFTER STORY~ 第二十三話 | トップページ | 地獄少女 三鼎 第二十四話 »

2009/03/20

黒神 The Animation 第十一話

 テラの消耗により倒れた慶太を保護した蔵木。その正体は慶太の親友の沢村だった。ドッペルライナーシステムの存在に気づいた彼は黎真と出会い、彼の側近として暗躍するために事故死した自分のサブ・蔵木の死体を自分の死体に偽装して「沢村」という存在を抹消。以降、蔵木として生きてきたのだという。

 しかし、彼はドッペルライナーシステムは人間の物であるという考えから、黎真を裏切る気らしい。回想を見る限り、典型的な人を見下した嫌な奴だったっぽいし、とてもじゃないが信頼できない気もするが、慶太に救われたことを感謝している気持ちは本物のよう。
 慶太は性格的に完全に信用しているみたいだけどな。

 サブやルートに出会わず生活できるようにしてやる。そうすれば消滅を恐れることなく普通に生活していける。慶太にとっては願ったりな提案だな。裏さえなければ…

 茜、死亡フラグ立てすぎ。蔵木は茜の情報を雪に与えてるし。でも、茜の方がルートなの?蔵木は茜を保護したいのか殺したいのか。雪の行動を抑えるためなら今まで通り見つからないでいいし、殺したいならこんな回りくどいことをしなくても。茜は邪魔だけど自分が殺すと慶太の信用を失うから、他人に殺させたいのか?

|

« CLANNAD ~AFTER STORY~ 第二十三話 | トップページ | 地獄少女 三鼎 第二十四話 »

終了・く 黒神 The Animation」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒神 The Animation 第十一話:

« CLANNAD ~AFTER STORY~ 第二十三話 | トップページ | 地獄少女 三鼎 第二十四話 »