« ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第八話 | トップページ | みなみけ おかえり 第九話 »

2009/03/01

絶対可憐チルドレン 第四十七話

 急激に悪魔の可能性の数値を増やしてしまったメーター。そりゃま、先週アレだけ権謀術数の限りを尽くしていたらそれも当然だよな(--;;;

 進級したチルドレン。でも、皆本のお祝いが適当で三人は不満たらたら。しかも、明日のことを覚えてないと来ては…

 そんな三人に兵部が進級祝い。行き先は遊園地。ESP対策により、チルドレンは普段は入ることすら出来ず、初めての体験に大はしゃぎ。

 こういう、エスパーの立場に立った上で皆本には出来ないことをしてあげることが出来るのが兵部の強み。

 兵部の過去。国のために尽くしてきた結果、彼に待っていたのは信頼しきっていたノーマルの指揮官に射殺されるという究極の裏切り。所詮、ノーマルにとってエスパーは都合の良い道具であり、都合が悪くなればあっさり廃棄する程度でしかない。

 皆本も結局、未来で薫を射殺しているし、未来の薫は葵と紫穂を仲間に引き込むためにバベルの裏切りの証拠を見せたよう。でも、あの局長や皆本がそんなことをするとも思えないし…未来の局長はどうしてるんだろう?局長は既に死んでいて、新局長が方針転換したのか?

 薫VS兵部。初めは薫を圧倒していた兵部だったが、薫の力はついに兵部を超えた?兵部はどうも心臓に病気か何かを抱えているよう。

 皆本が指揮官就任一周年を覚えていたおかげでひとまずチルドレンの機嫌は戻るが、その未来は未だに不安の影が。その影を回避し打ち消す方法は果たしてあるのか?

 次回、ここにきてようやくパティ参戦か。てっきり出ない物かと。

|

« ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第八話 | トップページ | みなみけ おかえり 第九話 »

終了・ぜ 絶対可憐チルドレン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶対可憐チルドレン 第四十七話:

» 絶チル47話 とっておきの日 [気ままに絶チル!]
絶対可憐チルドレン 第47話 一場春夢!明日の想い出 今回はかなり原作と近いためさらっといきます。というか今週はいろいろやり過ぎた感があるため押さえ気味にw 原作で言うと今回は10巻の「とっておきの日」に当たります。一場春夢の意味は「人生のはかないことのたとえ」ということだそうです。ではいきますか 公式ホームぺージよりあらすじを 深夜、蕾見管理官に呼び出された皆本。用件は『懸案事項666号』について。『ザ・チルドレン』がこの世に破壊をもたらす悪魔となる確率がさらに上昇したのだと... [続きを読む]

受信: 2009/03/01 22:58

» 『絶対可憐チルドレン』 第47話 「一場春夢!明日の想い出」 [★一喜一遊★]
ジャラジャラ少佐の出番です^^^^ リミッターを超いっぱいくっつけて、今風(?)なファッションの少佐、名付けてジャラジャラ少佐。 いや、勝手にうちの家族がそう言ってるだけなんですけどね(笑) このお話は原作で一番「うひょ〜〜〜」ってなった話だったので、アニメでやってくれてホントに良かった!!!{/kirakira/} もう悔いはないです{/good/} チルドレンたちは進級して5年生になったんですかね??? おめでとう!!!{/3hearts/}{/3hearts/} そろそろ女の子は一気に... [続きを読む]

受信: 2009/03/02 02:59

« ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第八話 | トップページ | みなみけ おかえり 第九話 »