« 2009春の新番組 | トップページ | とある魔術の禁書目録 第二十三話 »

2009/03/14

鉄腕バーディー DECODE:02 第十話

 セントラルタワー爆破テロの直前、ヴァリックに連れられて路地に入っていったナタル。何をしていたかと思えば、ダスクがイズダルタを抜けたのはお前のせいだとボコられていただけ…ではないっぽいな。ヴァリックの態度を見るとそこで何かがあったよう。

 カペラ、ロリッ娘アイドルユニットとしてデビュー?衣装が体操服、しかもブルマって時点でどんな色物だよ?とか思っていたら、連邦から追っ手が。匿われていた手前、イルマに逆らえなかったと。
 カペラはやっぱり戦っている方が似合ってるな。ブルマだけど。

 戻ってくるまで待ってるとイルマに言われてしんみりしてたら、通報したのイルマかよ!?
とことん食えない人だ(--;

 カエル娘もここでリタイアか。正体はともかく人間形態は可愛かったのに…だからこそナタルの狂気も際だつという物だけど。

 バーディーはナタルが逃亡犯の連続惨殺犯だと気づくが、対峙しながらもそのまま見逃してしまう。連邦捜査官と幼なじみの板挟み。バーディーはどちらを取るのか?

 ナタルの命が尽きる前にバーディーはナタルを止めることが出来るのか、って方だとは思うけど。それに逃亡犯も残ってるのは強者ばかりだしな。

|

« 2009春の新番組 | トップページ | とある魔術の禁書目録 第二十三話 »

終了・て 鉄腕バーディー DECODE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄腕バーディー DECODE:02 第十話:

« 2009春の新番組 | トップページ | とある魔術の禁書目録 第二十三話 »