« とある魔術の禁書目録 第十七話 | トップページ | 絶対可憐チルドレン 第四十三話 »

2009/02/01

ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第四話

 塔の最上階。再び姿を現したドルアーガ。しかし、今のドルアーガは塔の力が失われているため、自重を支えることすら出来ず、無敵の防御結界もない。そんなまな板の上の鯉状態の相手をなぶり殺しにするのもなんか抵抗がある…なんて思ってたら、攻撃力はそのまんまなのね。こんな状態ですら恐るべき強敵。前回のラスボスの面目躍如?

 力を取り戻しつつあるカイによる謎解きネタバレ。イシターの適当ッぷりはカイの冒険でこれでもかと言うほど見せつけられてはいたが(--;

 ギルはドルアーガを倒した際に呪いをかけられ不死になっている(不老でないところがミソか?)。
 ギルは王となり善政を敷き頑張っていたが度重なる戦乱により愛する息子達を失い、飢饉で民を失い、その心は疲弊しきっている。
 ギルは二人いる。一人は今のギルガメス王。もう一人は幻の塔にいるギルの心の闇が具現化した存在。闇ギルを殺さない限りギルガメス王も死ぬことはない。
 疲弊したギルガメス王の心は徐々に闇ギルに浸食されつつある。このままではギルガメス王は暴君として永遠に君臨していくことになる。
 カーヤはギルとカイの血を引く唯一の子孫。闇ギルを倒し、ギルガメス王を不死の呪いから解放するために幻の塔を目指していた。
 幻の塔に入ればもう、帰ってくることは出来ない。だからカーヤはジルを連れて行かなかった。

 ジルはニーバのことを聞こうとするが時間切れ。話の流れからするに、ニーバもジルのために王の暴君化を防ごうとしている。そしてジルにこの先も生き続けて欲しいから置いていったってことだよな。ま、ジルのことだから直接聞かなきゃ気づかないんだろうけど…それとも気づいていて誰かに肯定してほしかったのか?

 闇ギルこそ本当のドルアーガなのか?時間をかけて徐々にギルの心身を浸食して乗っ取るつもり?イシターは何をしているんだとも思ったが、ギルと融合して命を共有しているから手を出せないとか?人間の手で倒さないといけない?

 ジルがカイの開封者とか言ってたけど、第一期の第8話でのかつての塔の最上階のアレか?

 旧スーマール派は王を殺してスーマール王国を復興させたい。だから闇ギルを殺したくて幻の塔を目指している。
 現政権派はギルが生きている限り安泰だから幻の塔への鍵であるカイを追っていた。でも、幻の塔が現れた時点でそれは失敗。真相を知らされていない黄金騎士団は既に任務失敗しているにもかかわらず幻の塔へ…まあ、闇ギルを殺そうとしている勢力を全滅させることが出来れば任務達成は出来るのか。でも、その前に全滅しそうだよな…

 今度の鍵はレッドクリスタルロッドか。じゃ、次で鍵は打ち止め?

 この先は危険だからクーパを置いていきたいというメルト。たまには汚名返上もしないとてことか。でも、それはかなわず。たまにこういうことするからクーパもメルトを見捨てられないのかも。

 ジルはファティナとウトゥに片道切符であることを告げ進退を問うがそんなの答えは決まってると。ニーバは死に行くようには見えなかったから戻る方法はきっとある。そんな希望的観測とともに。

 戻る方法があるかはともかく、ニーバは闇ギルに勝てる算段が何かあるのか?元々一人で行くつもりだったらしいし。切り札の虚無の矢はもうないのに…他の切り札があるのか?でも、このままだとカイの見せたように返り討ちなんだろうなぁ…

|

« とある魔術の禁書目録 第十七話 | トップページ | 絶対可憐チルドレン 第四十三話 »

終了・ど ドルアーガの塔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第四話:

» ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜 第4話「幻影の中へ」 [電撃JAP]
博士「♪捜し物はなんですか〜」 助手「古い上に違うわwww」 [続きを読む]

受信: 2009/02/01 17:41

» ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第4話「幻影の中へ」 [ミナモノカガミ]
明かされた秘密。 [続きを読む]

受信: 2009/02/01 19:34

» ドルアーガの塔 -the Sword of URUK- 第4話 [更級の絵巻日記]
「幻影の中へ」を観ました。 カーヤの真の目的と2人のギルガメスの存在。 [続きを読む]

受信: 2009/02/01 20:13

» ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜 第4話「幻影の中へ」 [シバッチの世間話]
ドルアーガの塔 the Sword of URUK 第1の宮 (初回受注限定生産版)「とんだ無駄足だったわね」 とんだオッパイだわね。 凄い迫力のオッパイだわね。 何かファティナの胸って、二期になってから増量してないか? 凄く大きいんですけど。 「そんなんだから何やって...... [続きを読む]

受信: 2009/02/01 20:59

» 『ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜』 第4話 「幻影の中へ」 [★一喜一遊★]
ノリがいいカイwww オトナの姿から子供の姿まで…www でも、おばあちゃんの姿にはなれないんですね{/3hearts/} なんか愛嬌があって好きです{/face_heart/} フワっとしたキャラだけど、凄い人…{/kaminari/}{/kaminari/} 能ある鷹はなんちゃらってヤツです{/good/} カーヤ、ニーバは今何やってるんでしょうか…{/hiyo_uru/} 特にニーバは全然出てこないくて寂しい{/face_naki/} ニーバチームとジルチームで分かれていたあの頃... [続きを読む]

受信: 2009/02/02 22:02

» ドルアーガの塔〜theSwordofURUK〜 第04話「幻影の中へ」感想 [物書きチャリダー日記]
壮大な雪崩オチだった前回。今回はある程度まともだろうなぁ・・・。【送料無料選択可!】ドルアーガの塔〜theSwordofURUK〜第1の宮[初回受注限定生産版]/アニメ早速感想。一気に謎が解明されていく今回。とりあえずカイは正真正銘の伝説の巫女の仮の姿。まぁそこに関し...... [続きを読む]

受信: 2009/02/02 23:22

» 世界日本ハム 1月場所30日目の取組 [【非公式】熱闘!世界日本ハムダイジェストへの道!]
 活きの悪いドルアーガ登場、やっぱ魔物も鮮度だよね。ドルアーガ2期第4話です。 ※こちらは本家blog「世界日本ハムの哀れblog@非公式」より直接TBの飛びづらいところへの送信用です、TB・コメント等は以下のリンク先記事にお願いします。 決戦!天空飲み屋 Sword of URUK第4話  今回色々な謎が明らかになったと言いますか、やっとスーマール派の姉ちゃんが前に出てきてくれたと言いますか、アミナ様が登場してくださいましたと言いますか、ケルブ隊長も事件を解く鍵を探しに修道院に到着したと言... [続きを読む]

受信: 2009/02/06 22:19

« とある魔術の禁書目録 第十七話 | トップページ | 絶対可憐チルドレン 第四十三話 »