« ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第六話 | トップページ | みなみけ おかえり 第七話 »

2009/02/15

絶対可憐チルドレン 第四十五話

 学校の超能力診断測定でまもなく超能力が開花することがわかった少年・タケシ。その超度は予測で4~6。更に目覚めたては強い力が出ることが多いため、チルドレンが彼の様子を見ることに。しかし、タケシの親は反エスパー団体・普通の人々の支援者で…

 キャリーの一件で超能力者は幸せになれないのか?と疑問を抱いてしまった薫に皆本は今回のことは彼が危険だから監視するのではなく、彼が正しく力を使えるようになのだと念押し。

 この作品世界における超能力者の立場を一般人視点から再確認。エスパーへの偏見は根強く、たいていの場合、それは恐怖の対象。目覚めたばかりのタケシみたいな行動をする奴が大勢いたらそりゃそうなるのも仕方がないところがあるが…

 だからこそ、エスパーを健全に育成し、その力を社会に役立てることで偏見を無くしてノーマルもエスパーも分け隔てのない世界を作ろうとするバベルが存在するわけで。

 一方、偏見に打ちのめされ世の中に絶望したエスパーがパンドラに集っているのも事実で。お前らがそう思ってるならその通りになってやる!とか自暴自棄な者も多そう。

 結局、要は力の使い方。全てのエスパーが悪いのではない。悪用する奴が悪いのだって話なんだが…この辺は超能力に限らずだよな(--;

 タケシの父はタケシがエスパーと分かった途端、宗旨替え。タケシにとってはいいことだったけど…ただの親バカか。個人レベルではいいけど、いきなり手のひら返しじゃ社会的信用が…経緯をちゃんと説明してれば納得してもらえるか。

|

« ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第六話 | トップページ | みなみけ おかえり 第七話 »

終了・ぜ 絶対可憐チルドレン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶対可憐チルドレン 第四十五話:

» 絶チル45話 天賦自然!子供たちの才能 [気ままに絶チル!]
第45話 天賦自然!ギフト・オブ・チルドレン 公式HPより 小学生たちの潜在超能力を測定する『全国一斉ESP検査』が行われる時期がやってきた。チルドレンたちの通う六條院小学校でも実施されるのだが、チルドレン3人の秘密を守るため、皆本や賢木らが検査スタッフとして駆り出されていた。そんな中、皆本が気になる数値を持つ児童を発見する。少年の名は河村タケシ。超能力が発現する直前のエスパーである可能性が非常に高く、予測される能力は最高でレベル6だという・・・。しかも、彼の父親は反エスパー団体『普通の人々』の支... [続きを読む]

受信: 2009/02/15 23:17

» 絶対可憐チルドレン 45th sense.「天賦自然!ギフト・オブ・チルドレン」 [電撃JAP]
博士「一番大切な物をくれるんですか     (´Д`;)ハァハァ」 助手「変態発言自重www」 [続きを読む]

受信: 2009/02/15 23:33

» 絶チル #45 天賦自然!ギフト・オブ・チルドレン [ビヨビヨ日記帳2]
テレビ版の 『絶対可憐チルドレン』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) 超能力を... [続きを読む]

受信: 2009/02/16 00:38

» 絶対可憐チルドレン 第45話 [おちゃつのちょっとマイルドなblog]
絶対可憐チルドレン第45話、「天賦自然!ギフト・オブ・チルドレン」。 [続きを読む]

受信: 2009/02/16 21:20

» 絶対可憐チルドレン 第45話 「天賦自然!ギフト・オブ・チルドレン」 [紅蓮の煌き]
絶対可憐チルドレン 第45話キャプ感想です。 天からのギフト [続きを読む]

受信: 2009/02/17 13:06

« ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第六話 | トップページ | みなみけ おかえり 第七話 »