« 鉄のラインバレル 第十八話 | トップページ | とある魔術の禁書目録 第十九話 »

2009/02/15

鉄腕バーディー DECODE:02 第六話

 バーディーの精神消滅を防ぐべく、彼女の精神にダイヴしたつとむ。そこで10歳当時のバーディーの生活をかいま見ることに。

 クリステラ=レビの起こしたテロにより同じアルタ人への迫害が激化している中、優しい世話役のマリオネット・ヴァイオリンを母親代わりに、メギウスとスケルツォ教官を父親代わりに幸せな日々を送っていた。

 遺伝子改良により人為的に生み出されるアルタ人の優生種・イクシオラとして生を受けたバーディーは、生まれたときから連邦警察入りが決まっていた。バーディーが自分の人生を自分で決められないことに対して哀れむつとむに対し、メギウスは優れた力を持って生まれたのだからそれを社会に役立てるのは当然と語るが…

 とはいえ、ヴァイオリンは元より、メギウスとスケルツォがバーディーに注ぐ愛情は本物。バーディー本人も持ち前の明るさで周囲の偏見の目を気にせず、学校で友達を増やして行っていた。

 おそらく、バーディーの人生で最も幸福だったひととき。しかし、ナタルとその父・ダスクとの出会いにより彼女は否応なく、自分がイクシオラとして生を受けた意味と向き合うことになる…のか?

 バーディーの豪快な性格はどう見てもスケルツォ譲りだよな。そしてこの当時からテュートは大事なパートナー。ホントに惜しい奴を(T-T)

 ダスクはバーディーをイクシオラと知った上でナタルに貧民街に連れてくるよう言ったようだけど、バーディーをあわよくば仲間に引き入れようとしたのか、イクシオラとしての自覚を持って欲しいと忠告したかっただけなのか。むしろ、健やかに育っているバーディーを見て改心?

|

« 鉄のラインバレル 第十八話 | トップページ | とある魔術の禁書目録 第十九話 »

終了・て 鉄腕バーディー DECODE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄腕バーディー DECODE:02 第六話:

» 鉄腕バーディー DECODE02 6話 [帝立貴族院図書館~読書日記~]
鉄腕バーディー DECODE02 オフィシャルHP 精神融合を起こし始めたつとむ [続きを読む]

受信: 2009/02/15 00:36

» 「鉄腕バーディ02 DECODE」 第6話『A PRISONER OF THE PAST』   [おきらく委員会 埼玉支部]
 第6話「A PRISONER OF THE PAST」 バーディの記憶が消える [続きを読む]

受信: 2009/02/15 19:05

» 鉄腕バーディーDECODE:02 第6話「A PRISONER OF THE PAST」 [TALKING SHOP]
バーディーの過去へつとむが迫る。 [続きを読む]

受信: 2009/02/22 00:43

» 大人が子供を虐めちゃダメだ!「鉄腕バーディー」 [Animeinmylife3号店]
こんな色っぽい幼女のドラマを見せてくれるのは日本だけ。 そもそも幼女の売春や虐待が日常茶飯事の国では、微妙繊細且つ香り立つ色香を描こうなどという試みなど起こり様もないですからね。 公式ホームページ http://www.birdy-tv.com/ WEBラジオ...... [続きを読む]

受信: 2009/03/07 20:10

« 鉄のラインバレル 第十八話 | トップページ | とある魔術の禁書目録 第十九話 »