« かんなぎ 第十話 | トップページ | とある魔術の禁書目録 第十話 »

2008/12/07

地獄少女 三鼎 第十話

 勤労新聞配達少年・和也。家はお金持ちなのになんでバイトをしているのかと問うゆずきにトレーニングになるからだと和也は答えるが…

 もう、和也が地獄通信にアクセスしたことをゆずきは知ってるのね。

 和也にばかり構って、母には目もくれない父。夫に女としてみて欲しい母。そして母の心の隙間につけ込んで毎日のように着物を売りつけてくる営業員。
 不倫している訳じゃなさそうだけど母の女の顔は見たいものじゃないよな

 新調した着物を父に披露する母。でも、父はまるで無関心で夕飯の準備が出来てないことを咎めるのみ。これで浪費を激しく咎められたりすればまた違うんだろうけど、父はそのまま外食へ。コミュニケーションがまるでとれてないし…

 和也はバイト給金を夜中にひっそり母の財布へ。母はそれを夫が入れてくれたと思って喜んでる。母の喜ぶ顔を見たい一心なのかも知れないけど、それ逆効果だから(--;;;

 藁人形は手にしたものの地獄への恐怖心から糸を引けない和也。そもそも送信をクリックしたのも金魚がはねたのに驚いた拍子みたいだし、今回は説得の余地はあるようにみえる。そろそろゆずきが動き始めるのかと期待していたんだが…

 マラソン大会の途中、あの営業マンが携帯で同僚に母をバカなカモ扱いして自慢している現場に遭遇した和也はついに糸を引いてしまう。そのころ、ゆずきはマラソン途中で疲れ切って休憩中。結局どうしようもなく。

 今回の地獄コントは正統派。そもそも骨女はこれが本職だし。あの金魚はピラニアなのか?

 自分は営業をしただけ、買ったのはあの奥さんの意志。まぁ、確かに。でも、流行遅れの古くなった着物を最新のデザインだと偽って市場の倍の値段で売ったことと、奥さんが正常な精神状態ではないことを知りつつそれを利用して暴利をむさぼったことについては言い訳は出来ないよな。
 あいにまで着物を売りつけようとしたことに関してはその営業根性だけは認めるが。

 そして、この営業員がいなくなったところで、父と母の関係に変化がなければ結局新たな営業員が現れるだけなんだよな…和也は図書室で地獄絵図を見てここが自分が行くところだと達観しちゃってるけど、何の解決にもなってないどころかむしろ悪化してないか?

 根本的解決をするには父と母の関係を変えるしかない。そしてそれには和也が地獄に堕ちる必要なんかない。ちゃんと父母と向き合って話し合えば少なくとも現状を変えることは出来たはずなのに。

 今回、和也が地獄を恐れていただけに尚更後味が悪いなぁ。

|

« かんなぎ 第十話 | トップページ | とある魔術の禁書目録 第十話 »

終了・じ 地獄少女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34704/43341506

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄少女 三鼎 第十話:

» 『地獄少女 三鼎』 第10話 「鏡の中の金魚」 [★一喜一遊★]
あの家って…… サ○エさんの磯野家にそっくりな気が…{/kaeru_en2/} っていうか、あの家が典型的な日本家屋なだけですかね{/face_ase2/} 自分が地獄に堕ちてまで殺したい相手かどうか…… 和也、イイ子過ぎる…{/face_naki/} あんな母親に文句言わないどころか、お金を稼いでこっそり財布に入れるとか…(><。) 健気とかいう問題じゃない{/kaminari/}{/kaminari/} 普通の子供だったら、逆ですよ!!!(笑) こっそり母親の財布から金抜く方です... [続きを読む]

受信: 2008/12/07 02:04

» 地獄少女 三鼎 第10話感想 [少年カルコグラフィー]
第10話「鏡の中の金魚」  あっしは、また今回も青筋たてながら視聴してましたよ……。  以前の団地妻邑子の話と通じるモノがありますね。 ... [続きを読む]

受信: 2008/12/07 05:10

» 地獄少女三鼎 第10話「鏡の中の金魚」 [のらりんクロッキー]
今回はまあまともな地獄流しの方なのかな? 問題解決には全くなっていないんですが(;^_^A 不協和音が生じている家庭、市村家。 しかしそれに気づいているのは依頼人、和也だけ… 旦那に相手にされない寂しさを紛らわすため、 母親は着物のセールスマンの言われるがままに着... [続きを読む]

受信: 2008/12/07 05:12

» (アニメ感想) 地獄少女 三鼎 第10話 「鏡の中の金魚」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
地獄少女 三鼎 二 [DVD]クチコミを見る 新聞配達に励む少年・市村和也。家が決して貧しいわけではないのに、なぜ少年はそこまでしてお金を稼ごうとするのか・・・。 [続きを読む]

受信: 2008/12/07 05:30

» 地獄少女 三鼎 第十話 [沖磨純雲 -おきまもとん-]
第十話「鏡の中の金魚」ゆずきって依頼者に結構積極的にアプローチするけど、 [続きを読む]

受信: 2008/12/07 07:56

» 地獄少女 三鼎 第10話「鏡の中の金魚」 [White wing]
毎日新聞配達をしている市村和也は中学生。この子が今回の依頼人。 裕福な家庭で、新聞配達をする必要もないのだが、マラソン大会に向けてのトレーニングらしい。それは表向きで、浪費家の母親の為に、内緒で稼いでいたのでしょう。... [続きを読む]

受信: 2008/12/07 08:56

» 地獄少女 三鼎 第十話 鏡の中の金魚 [Time of bliss - ゲーム音楽・関連イベントの記録]
地獄少女 三鼎 第十話 鏡の中の金魚 女は女を捨てられないとよく言うが、 家庭を... [続きを読む]

受信: 2008/12/07 18:40

» 地獄少女 三鼎 第十話「鏡の中の金魚」 [ぷち丸くんの日常日記]
ゆずきは、自分の住んでいる団地の郵便受けの前で、和也に出会う。 彼は、マラソンの練習になるからと、朝早くから新聞配達のバイトをして いた。 和也の家では、両親に不協和音が流れていた。 母親は、セールスマンの言いなりになって着物を買いまくっていた。 父親は、そん... [続きを読む]

受信: 2008/12/07 19:39

» 地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第10話「鏡の中の金魚」 [無限回廊幻想記譚]
新聞配達少年・市村和也。御景ゆずきが気に掛けている様子から、彼が地獄通信にアクセスしている事は序盤から判明。てか、中学生は原則アルバイト禁止の筈。彼の事情からして、許可が下りるとも思えないけど。朝刊の新聞配達ぐらいならOKだったのかな。学校生活には影響与えない... [続きを読む]

受信: 2008/12/08 00:28

» 地獄少女 三鼎 第10話 [ラブアニメ。]
「鏡の中の金魚」 営業マンの口車に乗せられちゃ駄目だろう……。 今回は、着物の営業マンの口車に乗せられて何着も着物を買うようになっ... [続きを読む]

受信: 2008/12/08 17:47

» 地獄少女 三鼎 第10話 [更級の絵巻日記]
「鏡の中の金魚」を観ました。 金魚のように綺麗に着飾った母親と地獄行きを覚悟した少年の悲劇。 [続きを読む]

受信: 2008/12/08 21:09

» 地獄少女三鼎第10話感想 [うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳]
地獄少女三鼎#10「鏡の中の金魚」 市村和也(三瓶由布子)プリキュアの人ですね。 [続きを読む]

受信: 2008/12/08 22:40

« かんなぎ 第十話 | トップページ | とある魔術の禁書目録 第十話 »